会長の錯覚

会長曰く、『新聞棋戦は私が署名捺印して契約します。棋戦の契約相手は理事会をmtmt氏と同じように見ているのか、これから然るべき方法でお尋ねして参ります。』

http://www.yonenaga.net/w_syogi.htm

松本氏との悶着はさておき、この人物の倒錯ぶりはどうしたものか。将棋界は(近年業績に陰りのある)新聞社に「生かしてもらっている」状態。スポンサーに「自分の言う事を聞かないと絶縁だ」と宣言する常識のなさよ。

以下に引用する世間の現実は名人戦問題が起きた数年前よりもっと切実でっせ。

『将棋の代わりに、数独パズルを掲載することにします。これにかかる費用は年間でおそらく数百万円でしょう(将棋は数億)。そして、うれしく思う読者はどっちが多いでしょう?

将棋の代わりに、マンガを掲載することにします。超一流の人を使ったとしても1年間に1千万~2千万円程度ですむでしょう。対して、将棋は数億。どっちがうれしい読者が多いと思いますか?

あるいは将棋の代わりに、あの場所に広告を掲載してもいいのです。単純に、お金が入ります。新聞によって違いますが、あの大きさだと1回100万円~200万円くらい入ります。年間に直すと、3億円~6億円以上の黒字になります。

いかがでしょう。新聞に将棋を載せる意味って、ほんとうにありますか?

僕は将棋の大ファンですが、経営側から見たら「ない」と言えますよ。断言できます。』

http://blog.goo.ne.jp/shogi-think/e/673dc924f4a05ba864ea6071b2381afc

まあ、会長としては(将来独占したい)ネット配信において競合する立場にある松本氏を難癖つけて追い落としたいとの意図が見え見えなんですがね。

投稿者: 紫外線 投稿日時: 月, 02/16/2009 - 14:39 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

日本将棋骨董連盟

また珍品が出現したので記録をとって置く...

まったく持って脈絡・焦点のない文句のつけかた...これでは(ヤ)印と大差ない...

-----------

http://www.shogi.or.jp/topics/2010/08/post-315.html

テレビ東京の放映についての見解

更新: 2010年8月 9日 15:20

 テレビ東京をキー局とした「開運!なんでも鑑定団」は人気番組です。
全国各地で放映されています。
その中に徳川時代中期に作成された将棋盤と水無瀬兼成の直筆の象牙の駒が出品しました。
東京では6月22日に放映されました。
この鑑定を巡っては、多くのファンからのお問い合わせがあり、関心の高さが伝わって参りました。
社団法人日本将棋連盟の見解、経緯を公表してお答えをさせて頂きます。
尚、この見解につきまして個人、法人を問わず異議申し立てられる場合は広報部までご連絡下さい。

 葵の御紋が描かれた素晴らしい将棋盤です。果してそのお値段は?
鑑定人は「本来のままであれば1000万円から1500万円くらいのもの。残念ながら後に紋を付け替えたので値打ちが激減して50万円。」と判定しました。
バラエティ番組ですのでその評価、金額はさておき、問題はその紋の付け替えの有無にあります。
弊社団は独自に鑑定を試みました。
その結果「紋を付け替えた」というのは誤りであると確信を持つに至りました。
制作局であるテレビ東京とも話し合い、文書によるやりとりを経て、本日以下の発表をするものであります。

* テレビの放送は真実に基づいてなされるべきものであります。
今回の放送はテレビ局が鑑定人の判定結果をそのまま放映しているので あって、その人選の権限は局側にあり、その鑑定結果を信じ、そして放映を続けているのが現状です。
※ 弊社団はテレビ局側の判断に口を差し挟むことは致しません。
それは局側が決めることであり、視聴者がそれをどう受け止めるかに あります。
* 鑑定ミス
これは決定的なことです。
紋を付け替えたのであればその根拠を分かり易く説明、証明することです。その証明があれば鑑定結果にクレームをつけることは出来ません。どのような理由によって付け替えた事実を証明されるのか私共も楽しみにしているところでございます。
弊社団の鑑定に関しましては手法・氏名・団体名等々は控えさせていただきます。ベストの方法は複数の第三者による鑑定を関係者一同が見守ることかと存じます。しかしこれは勝負師の思考であり、テレビ局側に求めるものではございません。
* 鑑定人の言い分について(テレビ東京の見解)
これは頭を悩ます問題でした。
テレビ東京から弊社団宛の返信には次の一文がございます。
「なお、貴殿が問題視していると思われる「鑑定に問題は無し」との文言は、弊社が鑑定人に伝えたものではないことを念のため申し添えます。」
※ 私共とすれば残念なことにテレビ東京のホームページは付け替えをされています。
6月22日のものは「駒が2000万、将棋盤が50万、駒入れが70万。将棋盤と駒入れは尾張徳川家に輿入れした姫の調度品。各面に3つずつ徳川家の家紋が入っているが、そのうちの一つは本来輿入れ元の家紋だったものを、後年徳川家の紋に変えてしまっている。これが元通りであれば1000万~1500万ついてもおかしくないが、台無しになっている。(後略)」となっております。しかし現時点では、
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/database/20100622/03.htmlとなって おります。
文言の付け替えをしても、紋の付け替えはしていないという事実が変る訳ではありません。この一点は局側の猛省を促したい。

今年は徳川開府四百年祭にあたります。
秋の「将棋の日」は11月14日に名古屋市にて開催致します。当日はこの名盤がお目見えしてNHKを通じて全国のファンに観ていただけるものと思います。あくまで予定です。

以上、経緯を説明させていただきました。

恥の上塗り、職人仕事

http://www.shogi.or.jp/topics/2010/05/4-5.html

第4回日レス杯に関する見解

更新: 2010年5月17日 17:45

平成22年5月17日

社団法人日本将棋連盟
理事会

この度の日レス杯に関する件は余りにも理不尽でございます。
弊社団に属する女流棋士3名は、本人達に全く事前了解も無くインターネット上に名前をさらされました。
一人は泣き、一人は理事会に一任し、一人は口頭にて断りました。罪も無い  か弱い女性へのこのような仕打ちは今後は止めて下さいますようお願い申し 上げます。

私共は文書による回答を4月21日付で申し入れました。
然るに大林会長におかれましては全く話し合う姿勢を見せず、しかも今回の 発表があたかも日本将棋連盟側に非があるが如き内容は承服しかねます。

そもそも弊社団会長米長と中井代表理事と大林会長との三者での協議が第3回(1月21日)で決裂したのは当日の第二号議案にありました、日レス杯への  女流棋士の出場要請を米長がお断りしたことに起因します。
弊社団に所属する女流棋士個々人を苦しめること、自主棋戦にもかかわらず 弊社団のイメージを損なうようなことは困ります。
どうか大林会長と中井代表理事におかれましては、これ以上紛争の元になるようなことは以後慎んで下さいますようお願い申し上げます。

誠に遺憾ではありますがファンの皆様に事実と経過をご報告致します。
LPSAから日本将棋連盟への第一報と、それに対する返書を掲載致します。

--------------

そもそもなぜ「日レス杯への女流棋士の出場要請を米長がお断り」なのかな?

①対局機会が比較的少ない女流から対局の場を減らすのが女流の為なのか?
②建前でも「女流の事は女流棋士会が仕切る」...だったのでは?(それを信じるほど純粋培養ではないが)

独裁者

...の去った後は焼け野原と残骸の山。全く持って迷惑なり。

いやいや

暇人さん、効果がありますよ
小生の友人達も、結構(小生の周りだけでもフタケタ)参加してます。 一つ一つは小さい動きですけれど、積み重ねで冷酒みたいに効いてきます。

勿論、朝日、読売は購読してません。蟻の抵抗ですが、そのうちに大会社も理解するでしょう。

独裁者

当方は、独裁者がいなくなるまで

将棋世界、週間将棋を購入しない。

連盟主催の解説会に行かない。

連盟が関係している書籍を買わない。渡辺著「永世竜王の軌跡」を買おうを思ったが、発行所が連盟なのでやめた。

その他に朝日OPの聞き手を交代させた朝日の購読をやめた。竜王戦の女性枠にLPSAを差別したので、読売もやめた。現在東京新聞を購読している。

何十万人のうちの1人の抵抗だから効果がまったくないが。

独裁者

そうですね、どこでも独裁者の末路は厳しいですね。

折角ですから思い出すままに:
ヒットラー・ムッソリーニ・アミン・チャウチャウスク・ >お粗末な最後でした

将棋が好きですが、将棋世界・週間将棋と購入停止。
新聞各社もこれからは厳しく交渉してくる事でしょう。
連盟は段階的に儲けなくなりますね >もうすでに赤字? こんな感じで良いのでしょう。 何はともあれ、どこかでガラガラポンが必要なのですから。

理事選挙

2年ごとに選挙がある。

3年後の理事選挙。その時は、普及協力金もない。票を集める手段がない。

新聞社の経営はどこも苦しい。読売も朝日も例外ではない。3年後は新聞社の契約金が相当減らされているだろう。3年後はまず当選しない。

どの独裁者でも、自分の後釜はいない、と言う。これはあまり意味がない。

あと3年で暗黒時代は終わる。

未来

将棋のプロ棋士と現在の状況に関して話した事があるのです

返事は
現会長は終身でやるつもりのようだ。他に誰も候補者がいない。

でした。
お寒い現実ですのであまり期待できません。

将棋界

>将棋界も終焉が来るのか?

将棋・将棋界は無くならないが、無いほうが良い物が消滅する日が早く来るのは望ましいです。

口が

あんぐり開いたままで閉まらない・・・
将棋界も終焉が来るのか?
対局だけは見続けたいんだが・・・スポンサー問題、社団法人問題、LPSA苛め・・・問題あり過ぎだ。

LPSA苛め

日本将棋連盟の米長邦雄会長は将棋界をどうしたいのか
http://rayvaughan1963.blog83.fc2.com/blog-entry-47.html

『米長会長は「これでは所司七段だけが良い事をしている様ではないか。こんな事は許せない。」』

...はぁ?これは怒るね。

とりあえすコピーをここに残しておく。

日本将棋連盟の米長邦雄会長は将棋界をどうしたいのか

わたしは今まで、米長会長のLPSA苛めの話を聞いていて、言いたい事が沢山ありました。
しかしLPSAとしては、連盟とも仲良く協力して普及に努める事が将棋界の為であるとの考えで我慢しているので、わたしもブログに連盟の事を書くのを控えていました。
今回、米長会長がLPSAの1Dayトーナメントを潰した事を聞いて、黙っていられなくなりました。
将棋ファンの皆さんにも今回の事を知っていただきたく、ここにその経緯を明らかにします。

事の始まりは所司七段が『渡辺明竜王位六連覇&A級昇級記念将棋大会』を開催するにあたり、所司門下の女流棋士を参加させた1Dayトーナメントを併催しようとした事でした。
初めは伊奈川愛菓女流1級と渡辺弥生女流2級を松尾香織初段と共に1Dayトーナメントに参加させてもいいかと連盟に問い合わせると、連盟女流がLPSAと交流するのは拙いと断られました。
それではLPSAの女流のみの1Dayトーナメントなら『渡辺明竜王位六連覇&A級昇級記念将棋大会』と一緒に行なってもいいかと問い合わせると、連盟職員が西村理事にお伺いを立てました。
西村理事はそれならばいいだろうと許可しました。
それで所司七段と渡辺竜王がブログで発表しました。

この事が駒音で話題になりました。
駒音の『将棋連盟の会報 part2』というスレッドに御茶園魔さんが『LPSAにも、強力な味方が居られるようです』とコメントしています。
これを知った米長会長は「これでは所司七段だけが良い事をしている様ではないか。こんな事は許せない。」と西村理事に指示を出しました。
西村理事から所司七段へ「一度許可したけれども、やはり許可は出来ない事になった。」との連絡が入りました。
所司七段が理由を問うと、「そんな事はあなたは知らなくてもいい。LPSAとは仲が悪いんだ。」と米長会長は答えたそうです。
結局、一度発表された1Dayトーナメントの共催は中止させられる事になってしまいました。

所司七段だけが良い事をしている?
だったら米長会長も良い事をすればいいんじゃないんですか。
こんな事が将棋の普及の為になると思っているのですか?
米長会長、あなたは将棋界をどのようにしようと思っているのですか?
1Dayトーナメントの共催を楽しみにしていたファンの事をどう思っているのですか?
わたしは一将棋ファンとして、将棋連盟会長の見識を疑います。

社団法人の会員

「社団法人の会員にふさわしくないホームページ、ブログについても話し合いました。」

...それって、会長自身のHPの事かな?

不知火さん、お久しぶり!

お久しぶりです、お元気でしたか?お忙しいとのこと、大変でしょうが、この不況下なにより
かもしれません。矛盾した言い方で申し訳ありませんが、他に言いようもありません。

連盟の理事選、こんなものではないかと思いますよ。会長の起こした不祥事は誰も自分で
引き受けたいとは思わないはず。本人たちで解決してくれよ、との思いが強いのではないかな。
現理事会はマグロ名人戦、LPSA、公益法人問題などいろいろ難問を抱えています。
しっかりと解決していかないと、本当に連盟解体の危機に陥るかもしれない。

会長が能天気にすべて順調として、自分の面子や利害にこだわっているようなら、本当に
連盟は自滅してしまうと思います。それはそれで仕方のないことかもしれないが…

このごろのことなど

ちょっと忙しくしばらく拝読してるのみでした。

理事選挙はかなりの皆様が書かれたように論外。
長年購入してた、将棋世界と週間将棋を買うのを止めました。
気持ち的に、現在の会長・連盟を支持できないからです。
小生が満足する連盟になったら、また買うつもりです。

マグロ名人戦騒動のまとめサイト

http://maguromeijin.blog54.fc2.com/

『現在、2chの将棋板で話題になっている「マグロ名人戦騒動」。

将棋界の色々な問題を凝縮したような面白い事件なのですが、将棋や将棋界に詳しくない人にはよく分からない事が多いです。

 2chの該当スレッドの冒頭説明では、

優勝賞品は「マグロ丸ごと1匹」!!
このユニークなマグロ名人戦を育てた将棋連盟三浦支部が
あろうことか総本山の将棋連盟の介入で消滅してしまう・・・

とありますが、残念ながら騒動の登場人物の豊かな個性や将棋界の不可思議さまでは、とても紹介しきれていません。

そこで将棋界の知識がなくても分かるように、このページでは、時系列に沿って騒動の流れや背景を説明して行きたいと思ってます。』

会長、どうする?

だいぶ煮詰まってきた感じですな。LPSAの回答状の内容がまだ分かりませんが、
中井さんの文から推察すると、会長にとってかなり痛い内容のはず。

女性蔑視が当たり前の会長にとっては、思いもかけなかった反撃かもしれない。
それにしても、自分が女性から生まれたことを忘れてしまったのかな?
女性は自分の性的欲望の対象としか思えなくなっているのか?
まったく情けない限りだな。

女性は、我々の対話の、なくてはならない相手ですよ。女性無しで社会が成り立つとでも
思っているのか。馬鹿馬鹿しい。

女流の棋力は確かに低い。同じように我々の棋力も低い。だからといって蔑視される
いわれはない。将棋が好きだということに関しては連盟以上ですよお~。

会長さん、そろそろ将棋界から全面的に身を引いてはいかがかな。

声明文の比較

一方は分別のあるオトナの文章で、もう一方は小学生以下...自明ですね。

LPSAから声明文が出ました!

中井さんの名前で出ていますね。

http://joshi-shogi.com/lpsa/news/090520_oshirase.html

全く当然のしっかりした文章・表現です。これに対して、すでに回答を受け取っている連盟執行部は、あのマヌケな質問状をいつまでさらしておくのでしょうか?あのような文を書く者が、とてもマトモな人間であるとは思えない。将棋の品格を大きく落としています。少しは反省した方がいい。

小学生以下の作文

http://www.shogi.or.jp/topics/news/200905/post_187.html

『ご指摘の通り、第三者の将棋ファンの方々にとって分かりにくい表現が含まれていることは、今後改めてご説明をさせて頂くことでご理解を頂けるように努めて参ります。初めから具体的な表現を重ねて、険悪な状況を招きたくなかったという方針にご理解を賜れば幸いです。』

具体的に事実を挙げられるのならすればよろし。一読して理解できない「公開質問」なぞ価値がない。よって小学生以下の作文ですね。

なんというか・・・

こっちにもお邪魔します。

「公開質問状」は、将棋のイメージダウンにしかならないと思います。そういう意味では、LPSA掲示板のN弁護士の文章も感心できません。このようなことにならないように、もうちょっと何とかならなかったのかな・・・頭のいい人はいっぱい居るでしょうに・・・

情報によると、理事選挙の立候補は現理事の他には上野五段だけだとか・・・ これは、150名ほどの現役棋士が現執行部を容認したと考えてもいいことになります。

・・・残念ですね。 ただし、棋士がそれでいいということなら、私もこれ以上批判的なことを投稿するのを自粛し、経過を見守ることにします。

公開質問状について

一応コピペして回折は後ほどに...

http://www.shogi.or.jp/topics/news/200905/post_183.html

『公開質問状について

更新: 2009年5月 7日 16:08

公開質問状

平成21年5月7日

一般社団法人日本女子プロ将棋協会
代表理事 中井広恵 様

社団法人日本将棋連盟
理事会

貴方に次の質問をさせていただきます。
錦織名誉理事長、鵜川相談役の発言及び記述について中井広恵様におたずねします。
貴女はLPSAの代表理事ですので、その職責上の貴女からのご返答を宜しくお願い 申し上げます。
弊社団理事会はLPSAの皆様方とは仲良く話し合いを強く望んでおります。友好裡に事態が推移しますよう念じております。

1. 弊社団に文化庁からの行政指導が3回あったと記されています。
そのうち1回は前文部大臣(正しくは前文部科学大臣渡海紀三朗先生)に弊社団会長が呼びつけられ、その会話内容まで記されております。
全て嘘偽の記載であります。
一度も指導を受けたこともなく、渡海先生とは昨年の名人戦前夜祭以降どの 理事もお会いして話した事実はございません。
鵜川善郷氏がご指摘の3回の指導の日時を明確に教えていただけませんでしょうか。
関係省庁や前文科大臣に多大なご迷惑をおかけしては申し訳ありませんので事前に正確にご指摘下さい。
以上の件は事実でしょうか。嘘偽の記載でしょうか。
2. マグロ大会
三崎のマグロ大会は多くの将棋ファンが楽しみにしている大会であり、湯川博士氏が永らく関係していたものです。
神奈川県支部連合会に於いて当事者同士が話し合いをして全て解決済みのことと認識しております。
湯川博士氏及びLPSA側に与した者と、神奈川県支部連合会に与みして横須賀 支部に編入した者とに分かれました。
これも当事者同士で解決済みでございます。
弊社団の普及に携わる職員や神奈川県連の方々に手続上何ら瑕疵はございません。
然るに、貴社団(代表理事中井広恵)は、弊社団があたかも恫喝まがいのことをしたなどの喧伝は不本意であります。
人の悪口を言わないのは貴社団の設立時の理念であると信じております。
鵜川善郷氏のブログ上の削除と他のブログへの書込みの削除を求めます。
本年4月15日、4月19日、4月26日の記載です。
貴女の見解をお聞かせ下さい。
3. ネット中継について
3月3日のA級順位戦最終日にネット中継の担当者が現場から外されるという一件がありました。
同日、LPSAホームページ上に錦織弁護士名で「緊急声明」なるものが発表されました。
文中に弊社団は公益法人たるにふさわしくないかの如くに受け取られる個所がございます。
「社会的に指弾を受けて当然」との件りでございます。
弊社団としましては甚だ遺憾に存じます。
私共は、これはあくまでネットの担当者個人と主催新聞社との間のトラブルで あると認識しております。
弊社団が間接的に関わっているとしましてもLPSAとは何ら関係ないことで あります。
この件は今後どのような展開になるかは当方は静観致しております。
中井代表理事が錦織弁護士を代理人としてLPSAと毎日間での話を進めるおつもりでしょうか。
それともLPSAは関与しないおつもりでしょうか。
これを明確にしていただきたく存じます。
4. その他
女流分裂に関する記述等につきましては改めて申し入れをさせていただきます。

以上』

一手一手から詰めろがかかったようなもの。

管理人さん、御返答ならびに資料の提供をありがとうございます。

注目すべきは「行政指導に対しては、異議申し立てができない」というところです。 「行政処分」に対してはできる。 しかしこれは、自動車のスピード違反などで反則金や罰金を命じられた時に「一応できる」程度のことと同義ではないでしょうかね? 「行政処分」になったら ‘詰み’ の状態。 「行政指導」に対して正しく応じないと ‘必至’ がかかる。 2ちゃんねるの「必至の定義とは」のスレは良かったです。今でもあるのかな。

棋士はもう少し危機感を持つべきですね。 連盟のあり方と、現会長&執行部でいいのか、を。 それとも、もう敗勢なのでしょうか?

行政指導

>「行政処分」というのが恐ろしいことであるのは、何となく知っていましたが、
>「行政指導」が「指導に従わなければ大変なことになる」というのは知りませんでした。 
>口頭注意程度かと・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%8C%87%E5%B0%8E

『行政指導(ぎょうせいしどう)とは、日本の行政法学で用いられる概念であり、行政手続法は、行政機関(同法2条5号)がその任務又は所掌事務の範囲内において一定の行政目的を実現するため特定の者に一定の作為又は不作為を求める指導、勧告、助言その他の行為であって処分に該当しないものをいうと定義している(同条6号)。日本国外においても「Gyoseishido」として学説上などで広く認知されている。』

「行政処分」・「行政指導」等とは全然かけ離れた業界の住人なのでさっぱりなのですが、考えるに...

 ①政府機関からの「指導、勧告、助言」...最低でも無視すべきものではない。
 ②だが、強制力・罰則は無い...無視しても直接的な「痛み」は無い。

...されど無視すべきではないのは小学生でも判りそうなもの...

 ①「行政処分」にエスカレートする。複数の行政指導の「合わせ技」ってところ?
 ②後に政府に何かを申請した時に(「公益法人」?)「指導」を無視する様な団体は同様に無視...される。最悪の場合、却下される。

誇大な比喩ですが、「威嚇射撃」...みたいなものですか?

行政指導、って・・・

みなさんおはようございます。

駒音掲示板をみてきました。 管理人さんも御活躍されています。

「行政処分」というのが恐ろしいことであるのは、何となく知っていましたが、「行政指導」が「指導に従わなければ大変なことになる」というのは知りませんでした。 口頭注意程度かと・・

連盟が公的なこと(に準ずる?)を行っている機関であったとしても、まさか行政が介入するとは・・・ 冗談かと思っていました。

これでは、私が思っていた‘落とし所’など無く、会長の辞任や執行部の総辞職程度では収まらなくなりそうな気配です。

馬さん(略称御免)の主張なさる、連盟解体論が現実のものになるかもしれませんね。 私はちょっと反対意見ですし、それはないだろうと考えていたんですが。

松本問題が少しわかりました。

連投させて頂きます。

駒音掲示板で、喝采さんが松本問題について主観を交えたまとめをしてくださいました。 実は私、この3月3日は何をしていたのかをよく覚えていません(たぶん何かの理由で酔っ払っていた)。順位戦を終局近くまで観ていましたが、松本問題については何が起こったのか、その後に何が行われたかの知識がありませんでした。

駒音には、過去の不祥事をすべてはっきりさせねば許さない、という方がいらっしゃいました。そうしなければまた同じことが起きる、と。 気持はよくわかりますが、現実には不可能でしょうし、連盟もLPSAもそんなことは望まないでしょう。

ただ、声の大きい者が勝つとか言ったもん勝ち、のような、暴露した方が後の交渉で有利になる、などの事情があるのかもしれません。

私はちょっと違うと思っています。感情的になると「議論」にならない。 議論をしてそれでも意見が異なることは十分にあります。 賛成できなくても「理解」しなくてはいけない。 譲れないからと言って、何でも正しい事なら暴露してもいい、ということにはならない。 そういう意味でLPSA関係者にも、将来の将棋道を高尚なものに保つために自重して欲しいと思います。

まずは喜ばしいこと。

みなさんこんばんは。

みなもとさんから情報がありました。 ありがとうございます。

名人戦移行問題、女流独立問題、松本問題、マグロ問題、など。 どれも複雑にからみ合い、小出しの情報と意味不明の釈明なども入り乱れて、一人の将棋ファンには事態がどうなっているのかよくわかりません。

しかしながら駒音掲示板では、「何かのはじまり」の8と9あたりで、女流独立問題の経過がある程度理解でき、独立反対派がどのような行動をしたのかがわかりました。また、何が「勘違い」や「そんなはずではなかった」などとされているかもある程度わかりました。 ただし、この情報もLPSA関係者からの主観もある程度含まれており、感情的な部分を抑えなくてはなりません。 将来の統一を目指すためには、という意味です。

どんな情報であろうが、情報は情報である。それが正しいか正しくないかは、読んだヤツが判断すればいい。

たぶん、2ちゃんねるでしたか? その通りだと思います。 マグロの件でも、誰かが事実を歪曲して報じた、などと言っている某会長ですが、「誰かが」ではなく誰だったのかをちゃんと突き止めてから言うべきですし、正しくない情報がこれほどの騒ぎになるはずもありません。

連盟執行部の対応は間違っています。 多くのファンを失望させたことは事実です。 マグロ問題に関しても、誰かのせいにして連盟の責任が「無かったことにする」のは見え見えで見苦しいです。 恥ずかしくないのだろうか。

追伸; 今宵は珍しく酔っ払いではありません。

松本さんのブログより

「名人戦の中継に関しては、毎日新聞社からは自分の現場復帰にOKの意向が
出ているそうだ。だったら問題はなさそうだが、自分が第3局以降現場にいるのかどうかは、
自分にはまだよくわからない」

どうやら、連盟が青葉記者の名人戦の中継作業を認めたみたいですが、松本さんは
少し躊躇っている。これは連盟の理事戦前の撒き餌作戦のような感じもする。

いったん現場復帰を許可して、後になって再び拒否するということも十分に考えられる。
それとも会長が八方塞りになってしまい、何とか打開策を見つけ出そうとしているのか?

マグロ名人戦の関係者との話し合いなどの件もあり、これからどんなことが起こるのか、
目が離せなくなってきました。

言い訳のようですが。

みなさんこんばんは。 名人戦の最中に失礼します。

時間が経過してしまいましたが、みなもとさんお疲れさまでした。 18(土)、19(日)の駒音掲示板は自宅では見られず、20(月)に出勤してから駒音掲示板を拝見したら今回の件(マグロ)で熱弁を展開していた方がいらっしゃいました。 ほとんど全部賛成なのですが、私としては珍しく過剰に反応してしまい、具体的にはやり過ぎを咎める投稿をしてしまいました。

難しい問題です。

例えば、&さん(略称御免)は自己申告ではかなりお若い方。 しかし、自分の意見をはっきり言われつつ、反対意見にも一度はよく聞いている(確認を怠らない)。 私はread only memberとしては、2004年年末辺りから駒音掲示板を拝見しているはずです。 とても博識&博学の方が多いと思います。

誰々とは挙げませんが、駒音で必ず反対意見を言っているか、連盟擁護を思わせて大勢の反応を楽しんでいる常連がいらっしゃいますね。 この方々は、駒音掲示板に博識&博学の方が多く集っていることを承知で問題提起してみせているのでしょう。

一人の将棋ファンとしてできることはそれぞれですが、これまでの歴史から考えると、残念ながらノーラン・ライアンのように「剛速球一本勝負」とはいかない時代です。 20年と少し前、NHK BS放送が始まった頃、ノーラン・ライアン晩年の投球姿勢をナマで観て感激しました。

時には羽生名人のように変化球を投げてみる。 具体的には、居飛車&矢倉&相懸り&角換わり&横歩取り、が最も得意なんだけれども、定跡への挑戦、先手で振り飛車、後手で相振り飛車、などを注目度の高いタイトル戦でやってくる。 将にプロ根性です。

支離滅裂な投稿になってしまいました。すみません。 紫外線さん、みなもとさん、暇人さん、など諸兄のみなさんには、そろそろ落とし所ではないだろうか、という私の考えも少しは理解して頂けると思い投稿しました。 おやすみなさい。

なぜだろう?

今日は駒音の方で頑張っていました。連盟の無理無体な行動を、それでも擁護しようと
するエントリには愕然。そこまで連盟を弁護してなんのメリットがあるんだろう?

連盟のHPに載った声明文が、実は架空の支部に対する声明ということが判明してからは、
さすがに連盟擁護のエントリが少なくなりました。弁護の方法がなくなった?

いつの時代でも、世界のどこでも権力におもねる人々が存在してきたのは知っていますが、
それにしても、ここまで失態をさらけ出した連盟執行部に何を期待しているのか?

とにかく疲れた一日でした。さあ、もう寝よう!

なんだか悲しくなります。

寝る前に開いたら・・・

なんと言ったらいいのか言葉がみつかりません。 これからも頑張ってマグロ大会を続けて下さい! それしかありません。

いわゆる「気分が悪い」。 なぜこんなことをするのか? 30年以上も地元が頑張っていることに対して全く配慮されていない。 気持ち良く将棋を指したい。 プロもアマも同じだと思うが・・・

私は、日本将棋連盟とLPSAが「将棋界」のためにお互いに歩み寄り、棋士会と女流棋士会となるなりお互いに友好団体となって、棋界発展に尽くすべきである、という考えです。 しかし、ここまでこじれると簡単ではない。

でも、棋士・女流棋士は努力しなければならない。「将棋界」とファンのためにも。

私は、「棋士 米長」を非常に尊敬しており、たくさん棋譜を並べて鑑賞・研究しました。 しかしながら、「会長 米長」あるいは「現執行部」に対し、退陣を要求したい。恥ずかしくて見ていられない。 何かをやろうとした(名人戦の移行や女流の独立。たぶん資金の関係)、これは評価したいところですが、やり方があまりにも稚拙です。 勝てば何でもいい・勝てば問題無い、というのは「将棋に関してのみ」通用することです。 それがわかっていないのではないか。

本当に全面対決しかないのでしょうか? 棋士の中に良識ある社会人が居ないのであれば、駒音の馬さん(短縮御免)のように一旦リセットすることも考慮すべきです。

返す返す残念な出来事です。

マグロ争奪将棋大会の件

詳細にわたる補足と説明に感謝いたします。

『他の団体の棋士が運営に関わるということであれば、当連盟は後援をさせて頂くことを再考せざるを得ない状況にあります。』

何といえばいいのか...信じがたいほどの縄張り根性とでも形容しましょうか。公共性を帯びた団体がこの様な書面を書くなんて...幻滅。

『「連盟の意に反する他団体」への協力を排除する旨が会長より強く要請され...日本将棋連盟は将棋の総本山である事は理解していただき、他の団体がきても日本将棋連盟を支持していただきやいとおもいます。』

宗教団体ならいざ知らず、なんたる傲慢・慢心・無明ぶりか。連盟に将棋の専売特許・排他的占有権はありませんよ。

三浦三崎マグロ争奪将棋大会の件

平田 様
私のブログへのコメント有難うございました。
誤解もありますようで、ここに掲載をさせていただきます。
「三浦三崎マグロ争奪将棋大会」は今年で33回目を迎えようとしております。
それ以前は、三崎支部による一般的な市民将棋大会でした。それが、マグロ将棋大会に移行したのには次のようなことがありました。
 34年前の大会で、連盟棋士を迎え将棋大会が開催されましたが、その時に費用として
連盟関係で、約十万円がかかりました。市民大会としては、その金額を参加費に上乗せすることが出来ず、「十万円あれば、マグロの本場である三崎でのマグロの浜値は、一本
三万三千円(当時)、それならばA・B・C各クラスの優勝者にマグロを一本づつ賞品として提供できる。また、三崎の町興しにもなる。」これが、それ以前からの大会運営をされていた、元実行委員長の大井利夫さん達の考えとして『三浦三崎マグロ争奪将棋大会』へと移行されたのです。
 「市民大会として長く続けるために、手弁当で費用を抑え、豪華な賞品を提供する。」
この、コンセプトに共感し、友人の湯川博士氏が審判長となり、大会は次第に話題を呼び
大きな大会へと発展していきましたが、このときには連盟とは、関係がありませんでした。第20回記念大会では、三浦市より百五十万円の補助金や後援を受けることが出来、その補助金により大局時計を購入することが出来、より大会は盛り上がっていきました。
 30回の大会を終え、大井氏と、湯川氏は年齢の関係もあり、次の世代へ運営を託すべく、大会のコンセプトを永続的に協力できる団体を探している時に、LPSAの発足があり、3月にマグロ将棋大会実行委員会より、LPSAに運営協力依頼がされました。
その為、協賛として迎え入れられました。連盟の後援は6年前からで、それは大きくなったマグロ大会に県連からの実行委員会への依頼によるものでした。
 ところが、1昨年の大会同日に、相模原であったと思いますが、連盟主催の将棋大会が開かれ、出場者の減少を心配することになりましたが、マグロ大会の魅力は大きく出場者の減少もなく、盛会に終了できました。
 昨年、9月に例年とおりに、連盟へ後援依頼の文書を送りましたところ、次のような内容の文書が連盟の普及推進部・普及開発課よりありました。抜粋します。
 『これまで、当連盟は、貴大会の開催に際しましては、その運営実績と関係各位の熱意に敬意を持ち、後援をさせて頂いて参りました。
 また、以前は当連盟棋士・女流棋士にも声がけをして頂き伊、盛会の内に終った旨を聞いております。
 今後も、そうした方針に変更がないようでしたら、これまで通り後援をさせて頂くことはもとより、共催させて頂くことも厭わないと考えております。
 しかし、これまでの方針が変更され、当連盟の棋士に声がかからず、他の団体の棋士が運営に関わるということであれば、当連盟は後援をさせて頂くことを再考せざるを得ない状況にあります。』
との内容で、同時に大会実行委員会事務局長が神奈川県連において、県連役員・連盟役員
より、『連盟の意に反する団体』との運営は困る。その場合、除名を考えている。
との話がありました。期を同じくして、連盟全国支部連合会会長会議において、「連盟の意に反する他団体」への協力を排除する旨が会長より強く要請され、議事録にある文章を
抜粋します。
 「女流問題については、社団法人日本将棋連盟と別の団体が相対することがある。
 日本将棋連盟は将棋の総本山である事は理解していただき、他の団体がきても
 日本将棋連盟を支持していただきやいとおもいます。」
とあります。
 マグロ将棋大会の実行委員会は三崎支部そのものであり、時期的に見ても自分達がそれに相応していることを考慮しましたが、一番の問題は除名よりも『共催』であったそうです。三浦市が後援している市民将棋大会に、それまで、ほとんど貢献のなかった連盟が
共催となれば、それは、市民の手を離れ連盟の将棋大会になってしまうことを危惧したのです。尚、連盟の後援は県連の要請で6年前からでした。
 その為、マグロ実行委員会は予定を変えることなく、大会を開催し、LPSAに運営の
協力を再度要請し、市民将棋大会としての位置づけを守ろうとしたのです。
 その後、連盟より除名の話が再度持ち上がり、三崎支部は毅然として市民活動を守るため、除名される前に解散することを決定し、会費の納入をやめる事により除名以前にに自主解散しました。10名の支部会員は、3名が支部名人戦などの連盟主催の大会に参加するため横須賀支部を立ち上げ、残り7名は支部会員となることを拒否しました。
 今後は、三浦市民としての将棋大会の実行委員会としてその10名がその実行委員となります。
 この話は、最初の立ち上げから実行委員長を努めた大井利夫氏と、提示版掲載に関し、ほとんど毎日連絡を取り合い、30年間審判長を務めた湯川博士氏に内容を確認の上掲載させていただいてきたものです。
 連盟の考えは、いまだによく理解しかねます。しかし、彼らは連盟に対し怒りを持って
私に話をされました。
 以上長くなりましたが、これが私が知っている「事実」です。
内容をご検討の上、今後の推移を見守って頂きたいと思います。
                  
                         鵜川善郷  拝     

三崎支部について

http://blog.livedoor.jp/mikuraukawa/archives/581378.html

に関連して連盟から発表が...

コピペしておきましょう...

http://www.shogi.or.jp/topics/news/200904/post_180.html

『三崎支部についてご説明させていただきます。

 マグロ名人戦は三崎マグロ大会実行委員会(元連盟三崎支部)が主催し、神奈川県支部連合会と将棋連盟が協力している32回の歴史ある大会でした。
 しかし、女流棋士会が分裂後、この大会はLPSAが協賛となり永く協力してきた日本将棋連盟に対しては「後援」、LPSAは協賛という扱いでした。
 そこで今回の件に関して、将棋連盟の姿勢と経過をご説明いたします。

 三崎支部はLPSAに協力している方と、意見の違う支部会員の方が新しく立ち上げた横須賀支部に分かれました。
 これは三崎支部の会員が決定したことです。
 普及部は神奈川県支部連合会と横須賀支部に対して全面協力と信頼関係を密にして普及に努めております。
 今回、正会員(棋士)のHP上で事実に反したことが記載されているために、普及部では正しい事実をご説明させていただきました。

日本将棋連盟普及部』

『女流棋士会が分裂後、この大会はLPSAが協賛となり永く協力してきた日本将棋連盟に対しては「後援」、LPSAは協賛という扱いでした。』...即ち、「後援」だから普及活動に協力しないと言う事ことですか。

でも、
http://kanagawasyougi.sakura.ne.jp/guide/2005/maguro.html

以前の大会でも日本将棋連盟は後援でしたね。ネットの時代は嘘をついてもすぐばれますよ。

憤怒だね、これは。

http://blog.livedoor.jp/mikuraukawa/archives/581378.html

「マグロ名人戦で起こった出来事」...恥の上塗り。テカテカだよ、これは。

名人戦解説会

http://www.shogi.or.jp/kisen/kaisetsukai.html

名人戦解説会ですが...

①新聞社主催の解説会は無料
②東京将棋会館での解説会は有料(2000円也)

新聞社に「ネット中継を無料公開しろ」と宣言しておいて手前では「有料」解説会を開催ですか。いやーなかなか説得力のある申し出だと思う。

将棋ペンクラブログのアンケート

http://silva.blogzine.jp/blog/

将棋ペンクラブログにアンケートがあるが、

『現段階(3月4日午前8時時点)でのアンケートの結果は

日本将棋連盟の主要な役員が行っていることは社会的に許せない行為である。
→ (347票/95.3%)

日本将棋連盟の主要な役員が行っていることは社会的に認められる行為である。
→(17票/4.7%) 』

であったが、現在

『日本将棋連盟の主要な役員が行っていることは社会的に許せない行為である。
50.0% (644票/50.0%)
日本将棋連盟の主要な役員が行っていることは社会的に認められる行為である。
50.0% (645票/50.0%)』

この様な奇怪な変動は統計学から見て「宝くじ10回連続当たり」位の在りえない話。①組織的投票があったか、②愉快犯がボットで投票したか。多分②でしょうけれど。

会長とフセイン大統領

両者はにている。違う点は、フセイン大統領は、反対者を粛清した。一方、会長は、反対者から仕事を取り上げている(対局以外に仕事を与えない)。

両者とも、イエスマンで側近を固めている。

両者とも独裁者である。

緊急声明

http://mtmt-blog.com/
http://www.joshi-shogi.com/

LPSAのHPと松本氏のブログに緊急声明が掲載されましたね。詰まるところは一連の会長主導と見られる(会長、理事会、連盟は「一枚岩」ですから)女流(とその関係者)いじめ(例・朝日オープンの女流聞き手の変更を強要とか)が限界を超えたという事でしょう。

中継配信もとの毎日新聞としては商売営業中に横槍を入れられてエライ迷惑ですね。事前に連盟からの「松本氏を外せ」との圧力に屈しなかったという点で評価します。中継開始直前での「実力行使」への対応は「中継を停止・混乱させてはいけない」が至上命令の責任者の立場であればあれ以外仕方無かったのではと想像します。

しかしあきれるのは私怨としか形容の仕方が無い会長とそれを野放しにしている理事会ですね。ひいては(黙認と言う形で合意したと見られる)棋士全員の良識・人格が疑われます。

なんやて?

http://mtmt-blog.com/2009/03/post-1255.html

『自分の担当は郷田九段-木村八段戦だったのだが、対局開始の午前10時直前、自分は中継業務から強制的に排除されることになった。』

穏やかではありませんのう。何ゆえA級最終戦に揉め事を???

‘将棋はおもしろいんだぁ~’と言いたいだけですよ。

みなさんこんばんは。

暇人さん> 越中さんはいろいろなレスを見ていると、将棋もお強いようだし、かつその他の面でも高い見識をお持ちのようです。

いや~っ、暇人さん本当にありがとうございます。 私も年をとりましたが、いつまでも「将棋小僧」の精神です! 将棋はあなり強くないし、高い見識などはありません。 将棋と棋士が好きなだけです。

ただ、女流棋士の分裂などは良い影響があるはずが無く、結果が悪ければすべて負けであることが社会の常識である、そのことを現執行部が知らないのかな? というところから私の疑問は始まっています。

追い打ちをかけるような不景気の今日この頃でありますが、一刻も早い将棋界の正常化を望みます。 ‘将棋道審議委員会’はいいですね。 有識者の愛棋家で委員会を造って欲しいものです。

公益法人とか、税金問題とか、そのような難しいことは「将棋小僧」にはわからない。 将棋の普及には、女流(女性)が不可欠であることは自明のことです。 早く解決すべき問題であると思います。

横綱審議委員会に代わる将棋道審議委員会

横綱審議委員会のような委員会を将棋でも設けたらどうかという越中さんのご意見に大賛成です。

越中さんはいろいろなレスを見ていると、将棋もお強いようだし、かつその他の面でも高い見識をお持ちのようです。

相撲や野球とかサッカーと比べて将棋は、マスコミの注目度がどうしても低いです。たとえば、朝青龍が優勝したとき、スポーツ紙の一面を飾りました。しかし、将棋界最大の出来事である竜王戦での3連敗後4連勝して渡辺竜王が防衛したとき、スポーツ紙の一面を飾るどころか、一般紙の後ろのほうでわずかに報道されただけでした。

朝青龍が優勝後ガッツポーズは、スポーツ紙やテレビで非難の嵐でした。もし仮の話として、将棋でもタイトル戦で勝者が終局後にガッツポーズをしたとしても、週間将棋や将棋世界で非難の記事が載るかもしれませんが、一般紙やスポーツ紙で取り上げられることはまずありえない。

このようにマスコミの注目度が低いことが、会長の恫喝や恐喝を許していると思います。それと、1億2千万円強の普及協力金です。これがある限り棋士は会長おろしに立ち上がることは出来ません。失敗するとほされます。

連盟の定款を読む限り、会員には、理事を罷免する権限はありません。相撲の北の海理事長が辞任したのは、会員、すなわち親方の4分の3以上の賛成で理事長を罷免できる規定があったからです。

将棋連盟の理事の交代は、選挙です。しかし、引退棋士も会員になっており、棋士総会で委任状の提出制度があります。もし現理事が不穏な空気を察知すれば、引退棋士とかFCの棋士やC級の棋士に総会を欠席し、委任状提出を強要するでしょう。この制度がある限り、選挙で理事を交代させることも不可能です。

期待するとしたら、当局が連盟から提出された公益法人化の申請を却下することだけです。そうすれば、棋士も目が覚めるでしょう

難しいですね。

みなさんこんばんは。

みなもとさん、暇人さん、いつもありがとうございます。

‘将棋は楽しいんだよ~’と、みんなに言うことが‘普及’であるハズです。 いろいろな政治的背景(利権の分配)があるのは、どこの世界にでも少しはありますが、現執行部は一般常識が無さ過ぎます。 恫喝や恐喝などはあってはならない行為です(自分たちのやっていることが恫喝・恐喝である、と自覚していないところが「将棋は下衆なもの」と伝わってしまう大きな問題です)。

何かいい方法は無いのでしょうか。

現執行部には、ちょっとしたブレーキをかける人材が居ないようです。 ブレーキばかりかけているのも物事が進みませんが、将棋好きの有識者はいっぱい居ると思います。 アドバイスを求める行為は恥でも何でもない。 横綱審議委員会のような機関までも必要とはしませんが、舵取りを誤ることはあることです。 女流分裂のように、どうしようもなくなる前に何とかすべきです。  (異論はあるでしょうが、横綱審議委員会に権威があるのは「無償」であるからです。真剣に相撲のことを愛し考えている人たちで構成されている。給料が無く、名誉のみ。 参議院議員も給料をゼロにして50人位にし、日本のことを本当に考えている人だけにすればいい)。

どさくさに紛れてヘンなことを書き込みました。 自分たちの過去の栄光を守るだけの執行部は必要ありません。 いろいろな愛棋家の意見を幅広く聞いて、現在から未来への明るい棋界を造る、そのような執行部(理事会)を希望します。

米長会長

越中さんが将棋連盟の将来について、レスされたので、小生も意見を述べさせていただきます。

現会長は、何もしなかった過去の会長よりも、ましだと言う越中さんのご意見に賛成です。以下に米長会長が執った政策とか行為について小生の意見を述べる。

1.名人戦移転問題
米長会長は、名人戦の掲載紙を毎日から朝日に移そうとしたのはさんせいです。その理由は、毎日新聞と朝日新聞の発行部数です。どの新聞社の正確な発行部数はわかりませんが、毎日新聞と朝日新聞との発行部数は、後者のほうが断然多いと思います。それは、新聞販売店から想像できます。下記

http://www.areamainichi.jp/agency/1tokyo.html

は、東京都内の毎日新聞の販売店のリストです。朝日新聞の販売店はこの5倍以上はあります。
名人戦は由緒ある棋戦です。その由緒ある名人戦を発行部数の多い朝日新聞に掲載されるべきと思います。

しかし、棋士総会で毎日案が否決されたにもかかわらず、名人戦を朝日毎日の共催にしたのは、反対です。一つの棋戦を複数の新聞社の共催が可能ならば、将来新聞棋戦は、名人戦と竜王戦のみになる可能性があります。

2.女流問題
女流棋士を抱えて、連盟が負担になるのなら、米長会長は、女流棋士は独立するように、との指導したのは賛成です。しかし、しかし、女流棋士が独立しようとしたとき、3分の2以上の女流棋士を呼び戻したのは大反対です。すなわち米長会長が女流を分裂させました。これは、連盟所属の女流棋士も、LPSAの女流棋士も将来を不安にさせました。

女流は分裂状態にあることは、連盟の公益法人化にも多分影響あると思います。これは米長会長の自業自得です。

3.普及協力金は、会長と引退棋士の救済だけになっていると言う越中さんの意見に大賛成です。
特に会長は、1億2千万円強の普及協力金を自身の延命策(永久的に理事に当選できるように)のために使用しているように思える。要するに自分を支持してくれる棋士に普及協力金で各地に指導に行かせているように思えます。

例えば、女流名人戦の宇奈月温泉での開催です。越中さんのご報告のとおり、非常に盛り上がりました。しかし、女流名人戦の第3局以後は、将棋連盟で行なわれ、解説会もありません。

女流名人戦の開催に手を上げてくれるところがなければ、その普及協力金を使って地方で開催すべきだと思います。これは、棋王戦の第4局や第5局も同じです。将棋連盟で開催すべきでないと思います。

見栄と保身と傲慢と

会長の頭の中はこの三つで一杯なのだろう。自分には権力があるのだと思わせたいし、
思いたい。そのためにはなりふり構わぬ行動に出ることもあり、皆の失笑を買ってしまう。
大崎善夫さんに対する個人攻撃はその典型。

自分の愚行を暴露されたり、自分の陰謀がうまくいかなかった場合には、何とか表面を
取り繕うか(名人戦移籍問題での毎日に対する謝罪など)、暴露した相手に対して恫喝し
(石橋メモや松本ブログなど)謝罪を要求して自身の体面を守ろうとする。
本当は気の小さな、気の毒な人間なのかもしれない。しかし、とにかく陋劣な人格なので
始末に負えないのは確かだろう。

彼が今もっとも頭にきているのは、とっとと潰れるだろうと思っていたLPSAが意に反して
順調に活動を続けていることではないか。おまけに成田さんという強い女流アマまで出現する
という予想外の出来事には歯噛みをしていると思う。

LPSAの活動を阻み、できることなら潰してしまいたいと思っているから、そのための手段を
選ばずに、いろいろと画策し(船戸さん、松本さんetc.)恫喝に走っている様子。

自分が所詮、超一流の棋士ではなかった(大山、中原、谷川、羽生に比べると)という
劣等感が、結局、策士として生きる道を選ばせたのか?
彼の書いたブログには論理も倫理も全く存在していない。あるのは自慢と自己保身と
他人に対する恫喝だけ。
およそお粗末な文章が並んでおり、読むに値しないと思う人も多いはず。
私もその一人である。

連盟などどうでもよいが(結局、自業自得)、それぞれの棋士がこのことに気が付かないと
最後にはスポンサー、ファンから見放され、生活に困窮するということになるかもしれない。
会長をこのまま野放しにしていていはいけない!
早く、自分たちの危機的状況に気が付かなければ!!

みんなで将棋界の将来を考えるのもいいかも。

みなさんこんばんは。

私はこの手の論議には極力口を挿まないようにしてきました。が・・・ 

何かを変えようとし、行動力を見せつける※会長は、歴代の(最近の)何もしなかった会長よりは幾分かマシ、とも思った時期もありました。 理由はここ3~4年、無料ないしは¥1000~2000で一流プロの大盤解説が、越中など地方で聞けるようになった。以前はそのようなことはありませんでした。 そして、最近まで想像もできませんでしたが、NET中継がここ2~3年でたいへん充実し、仕事の合い間や自宅で気軽にNET観戦ができるようになった。 全部、※会長一人の業績であるとは思いませんが、将棋ファンにはいい時代になりました。 (逆に、20年位前にこのようであったなら、私は学校など行かずにひたすら棋譜を観て駒を並べていたでしょう・・・)

※会長と引退棋士達は、既得権(昔将棋が強かった)の保持と自身の地位を守ろうとしている「ダケ」だ! そのように言わざるを得ません。 将棋の普及というのはゴマカシです。

関根銀次郎さんは「ワシは凄く弱いので」などという書き込みがありましたが、将棋を愛し礼儀を大切にしていらっしゃる方です。 将棋も強い。 

羽生名人ただ一人に客寄せパンダを押し付けるのは大悪手です。 タイトルホルダーや近くに対局のあるA級棋士の、将棋祭への強制参加も悪手です。 そんなことよりも、つい先日の棋王戦第一局 佐藤v.s.久保戦や、B1級 松尾v.s.先崎戦 などが「素晴らしい対局であった」という将棋ファンを「増やす」ことが必要です。

タイトル戦ではなくとも素晴らしい対局はたくさんあります。 たしか以前に、沼先生(武者野先生だったかもしれない)が「私は相撲が好きでよく観戦するが、自分で相撲をやろうとは思わない。将棋も同じだ。自分は指さないけれども、好きであるし観たい、そのような将棋ファンが増えて欲しい」と書いていらっしゃった。 いい将棋、いい勝負を丁寧に解説し、将棋に興味を持たせたり低級の将棋愛好者を有段者に底上げすることこそ「将棋の普及」ではないでしょうか?

「誤った正義」を掲げ、将棋の普及に大切な女流棋士を恫喝と脅迫で本流(将棋連盟)から追い出し、自身だけを世間に認めさせようとする。 以前、駒音掲示板に投稿しましたが、たとえば※会長が「俺が会長を辞める。だからお前たち女流棋士は統一せよ」とでも言えば最も格好が良くて※会長らしい。 でもそうはならないんですよね~

長々と失礼いたしました。

ワシは怒るぞ!

少なくともタイトル戦番勝負中の棋士はイベントからはずすべきではないのか?

負ければ負けたで勝つ作戦を立てる時間が必要な筈。ワシも経験があるが全く知らぬ定跡で来られた場合2-3番負けて勝つ方法を見つけることも良くあった。それからは負け知らず。羽生クラスなら作戦を根本から見直す時間が必要じゃ。

羽生つぶしは某会長の陰謀、、、?

羽生をつぶして誰が将棋界をしょって立つんじゃ???

華のある棋士を!

関根名人>「羽生がいないと盛り上がらぬ、」

そうなんでしょうねえ。他に棋士はおれへんのかい?
森内さんや郷田さんでは華が無い?知名度にも大きな差があるかも。

このままでは、羽生さん、イベント出演で疲労困憊してしまいそう。
とてもではないが将棋の研究の時間は無さそうですね。
対局以外の用事で羽生さんが潰れたら将棋界全体の責任やで!

若くて、強くて、華のある棋士が登場しないものか。阿久津さんなんか
最有力候補なんだが、どうも成績がもう一つ伴わない。勝率が7割を大きく
超えたら、あるいはと思うのだがとても無理か。

渡辺さんも、成績的にもう一つやしねえ。誰ぞおらんかいな。

新聞

>「羽生がいないと盛り上がらぬ、」

プロ棋士の本分は、将棋に勝つことか、それとも将棋の普及か?
これは常に議論されている話題ですね。
羽生名人のように、対局数が過多の棋士よりも、対局数の少ない棋士が普及に力を入れる方が良いに決まっていますが、イベントなどではやはりスター棋士でないと集客力がないというジレンマがありますね。
勝てば勝つほど対局数が増え、イベント等にも引っ張りだこで、疲労困憊・・・
羽生名人はこういう生活を20年近く続けている。やはり凄い・・・

>棋譜だけ並べられても分からんよ、

これもその通り。
1局分がまとめて掲載されれば、棋譜を並べてみるかもしれませんが、数回に分けて掲載されては並べる気にもなりません。

>将棋欄と漫画だったら絶対漫画を読む。

これもその通りですね。
私は新聞はとっていませんが、たまに買ったときに、詰め将棋や次ぎの一手をみることはありますが、新聞の将棋欄をみることはほとんどありません。

将棋世界

ワシは以前に「竜王戦第7局の羽生の終盤はアマ2-3段」と書いたことがあったが、将棋世界によると深浦だったかTVで見て「終盤の乱れに唖然とした、」というようなことが書いてあった。

原因として将棋祭りなどに「羽生がいないと盛り上がらぬ、」という理由でひっぱり回されているらしい、、、佐藤も森内もいるだろうに、、、羽生をつぶす気か?

新聞棋戦についてはワシは凄く弱いので棋譜だけ並べられても分からんよ、せめて指し終わり図と変化図を載せてくれんとさっぱりじゃ。

将棋欄と漫画だったら絶対漫画を読む。日本人の95%はそうじゃろう、、、なにやら連盟か会長は誤解しているのか?それとも3手先が読めんのか?

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。