「サルかも将棋」 その18 将棋の「強さ」の測り方

100メートル競走や重量挙げなら正確に「測る」ことが出来るので比較は簡単ですね。

では…基本的に測ることが出来ない競技の序列はどの様に決めるのか?何回も対戦して統計を取る…なんてのは実際的ではありませんね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%...

『イロレーティング(Elo rating)とは、チェスなどの2人制ゲームにおける実力の測定値(レーティング)の算出法である。…現在は、チェスのFIDE(国際チェス連盟)レーティングに採用されるなど、公式的な強さを示す指標として広く用いられている。日本では、将棋倶楽部24などで、イロレーティングを簡素化した算出法を採用している。』

その実際は…

①測定する競技者は規定の持ち点からスタートします。
②他のレーティングを持っている競技者との対戦結果により点が加減します。

 勝ち=UP、負け=Down
 引き分けでも相手のレーティングが高い場合には上がり、格下との引き分けならレーティングが落ちます。

③レーティングの増減幅は対戦相手のレーティングの差により決定。

…と、「勝てばUP,負ければDOWN」の判りやすいシステムです。これで相対的に序列を推定します。

レーティングの差の意味するところは…

http://en.wikipedia.org/wiki/Elo_rating_system

”Elo suggested scaling ratings so that a difference of 200 rating points in chess would mean that the stronger player has an expected score (which basically is an expected average score) of approximately 0.75”

簡単に訳すと、

「レーティングの差が200点なら上位者は下位者と対戦した場合75%の確率で勝利する。」

…です。

投稿者: webMaster 投稿日時: 火, 09/06/2011 - 09:13 categories [ ]