棋戦中継

感想戦

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 23:08

(勝った八代弥七段。終局後、主催紙のインタビューに対し、「藤井王位・棋聖には2組の決勝で負けているので、リベンジの気持ちを持って臨みたい」と決意を述べた)

(敗れた久保利明九段は「最近、結果が出ていないので、何かきっかけを見つけられるように頑張っていきたい」と述べた)

以上で本局の中継を終了いたします。ご観戦いただきましてありがとうございました。

カテゴリ: 棋戦中継

八代七段が準決勝進出を決める

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 22:42

▲八代-△久保戦は127手までで、八代七段の勝ちとなりました。終局時間は22時37分で、消費時間は▲八代4時間58分、△久保4時間59分。勝った八代七段は、次戦で挑戦者決定三番勝負進出を懸けて、藤井聡太王位・棋聖と対戦します。

(武蔵)

カテゴリ: 棋戦中継

幻の逆転劇

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 22:16

 

図の▲5二馬は危険な手だった可能性があります。ここで△7七金▲同玉△8五桂打とすれば後手が勝ちだったかもと北浜八段。本譜は△4五馬でしたがそこで▲7九玉で、逆転劇は幻と消えたようです。

カテゴリ: 棋戦中継

再戦が見えた

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 22:07

図は22時頃の局面。久保九段が△7三桂と跳ね、8五に利かせたところです。ただ、いかにもひねり出した感じの受けでもあり、先手優勢がはっきりしてきました。八代七段と藤井聡太王位・棋聖の再戦が見えてきたようです。

カテゴリ: 棋戦中継

決着をつけに

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 21:48

図から久保九段は△6六桂と歩頭桂の王手を選択。6五と1マスの違いですが、決着をつけにいった一手で、以下▲同歩△同金と進みました。果たしてどちらが勝っているのでしょうか。

(久保九段は歩頭桂の王手で決着をつけにいった)

カテゴリ: 棋戦中継

千日手の可能性

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 21:41

図は21時35分頃の局面。ここで△6五桂だと▲8九桂△7七桂成▲同桂△6五桂で、千日手模様と言われています。

カテゴリ: 棋戦中継

前例を離れる

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 14:37

図は14時過ぎの局面で、八代七段が▲6八金寄として前例から離れたところです。この手で▲3八飛や▲2六飛なら前例があり、久保九段は▲3八飛と寄られた将棋を経験していました。6八に金を寄った形は「箱入り娘」と呼ばれている玉形で、本局のような右銀急戦では時折り出現する形です。船囲いから1手進めただけで玉の守りがそこそこ強化される点が魅力。反面、玉の右辺への逃げ道がなくなっており、8七の地点を攻められるとすぐに詰めろが掛かります。

(朝、着座の前に軽く足を伸ばす八代七段)

カテゴリ: 棋戦中継

イレブンのサービスランチ「エビフライ&カニクリームコロッケの盛り合わせ」

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 14:19

両対局者が昼食時に注文したイレブンのサービスランチ、「エビフライ&カニクリームコロッケの盛り合わせ」を紹介します。

(「エビフライとカニクリームコロッケの盛り合わせ」。水曜日のサービスランチはほかに、「豚ロース肉のしょうが焼き」の2品から選べる。ただし、第1、第4水曜は定休日)

(大きくてプリプリのエビフライが3本、タルタルソースが掛けられて出てきた)

(こちらは程よい大きさのカニクリームコロッケ。デミグラス風のソースは見た目とは違い控えめな味で、女性にも好まれそうだ)

カテゴリ: 棋戦中継

昼食休憩明けの一手は▲3五歩

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 12:59

12時40分に対局が再開されました。八代七段はさらに3分ほど考えると、▲3五歩と開戦しました。対して、久保九段は自身の前例通り、△3二金と上がって迎え撃つ姿勢を取りました。

(12時35分、久保九段がすでに対局室に戻っていた)

(12時38分、八代七段が対局室に戻った)

(12時40分に対局再開。それから2分たっても八代七段に着手の気配はなく、対局室をあとにすることに)

(部屋を出ようとした瞬間、八代七段が▲3五歩を着手した)

カテゴリ: 棋戦中継

昼食休憩時の対局室

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 12:22

(昼食休憩時の盤面。△8二玉まで)

 (昼食休憩時の対局室)

(先手玉。源兵衛清安書)

(後手玉。児玉龍兒師作)

(久保九段盤側)

(八代七段盤側)

カテゴリ: 棋戦中継

昼食休憩

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 12:01

図の局面で八代七段が17分考えて昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は▲八代55分、△久保51分。昼食時の注文はともにイレブンのサービスランチで、「エビフライとカニクリームコロッケの盛り合わせ」。対局は12時40分に再開されます。

カテゴリ: 棋戦中継

久保利明九段ー八代弥七段戦は7月21日に関西将棋会館で対局

竜王戦中継plus - 水, 07/21/2021 - 06:00

おはようございます。第34期竜王戦決勝トーナメント準々決勝より、久保利明九段(1組2位)と八代弥七段(2組2位)の一戦をお送りいたします。対局は関西将棋会館「御上段の間」で、7月21日(水)10時開始予定。持ち時間は各5時間。先後は振り駒によって決定されます。なお、本局の勝者は挑戦者決定三番勝負進出を懸けて、藤井聡太王位・棋聖と次戦で対戦します。


本局の中継は、棋譜コメントを武蔵記者、ブログを潤が担当します。よろしくお願いいたします。

【第34期竜王戦決勝トーナメント 久保利明九段-八代弥七段戦】
http://live.shogi.or.jp/ryuou/kifu/34/ryuou202107210101.html

カテゴリ: 棋戦中継

感想戦

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 23:16

(勝った藤井聡太王位・棋聖はどこまで勝ち上がれるか)

(山崎隆之八段が藤井聡太王位・棋聖に敗れたのは初めて)

(対局室カメラより。山崎八段は頭を下げ、投了を告げた)

本日の中継は以上で終了いたします。勝った藤井聡王位・棋聖は、次戦で久保利明九段(1組2位)-八代弥七段(2組2位)戦の勝者と対戦します。ご観戦いただき、まことにありがとうございました。

カテゴリ: 棋戦中継

終局直後

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 22:45

(勝った藤井聡太王位・棋聖は初のベスト4入りを決めた)

(敗れた山崎隆之八段)

(終局直後)

終局直後にインタビューが行われました。

(インタビューに答える藤井聡王位・棋聖)

――本局、終盤まで難しい競り合いが続いたと思うんですけど、一局を振り返っていただいていかがですか

藤井 こちらが△4一玉(48手目)から瞬間の堅さを生かして攻めていければと思ったんですけど、ただ、そのあと先手玉の広さを生かされる展開になってしまって、中盤は自信のない展開が長く続いたように思います。

――どのあたりから形勢が自分の側にきたと感じられましたか

藤井 ちょっと分からなかったですけど、△5二歩(70手目)と受けた局面でそれ以上攻めがなければ、難しいのかなと思いました。

――この勝利でベスト4に勝ち進みました。この後の抱負をお願いします。

藤井 竜王戦でベスト4に進んだのは初めてで、次は非常に大きな一局になりますけれども、いい状態で臨めるようにしたいと思います。

(山崎八段は無念の表情)

――中盤のあたり、形勢はどう見られていましたか

山崎 難しいけどちょっと苦しいように思っていて、どこで勝負を懸けようか、非常に難しいなと思っていました。

――67手目の▲5三歩成のあたりはいかがですか

山崎 終盤はちゃんとやれば勝ちがあるかなと思ったんですけど、私の力では分からなかったですね。時間も切迫していましたので。

――全体の流れとしてはどこで悪くしたと思われましたか

山崎 ▲2六角(65手目)が利くかどうかで時間を使いすぎてしまって、次の△7二金を軽視していて、それなら▲2六角は早く打っておくべきだったなと。そのあと間違えて逆転になったと思います。少し苦しいと思えば精神的に開き直れ、少し盛り返してチャンスはきたように思うんですけど、▲5三同角成(79手目)あたりがよくなかったのかもしれないです。あそこはもう負けなのかもしれないですけど、その前にもうちょっとよくなる順があったかと。▲5四歩(73手目)から▲5三歩成が思ったより厳しくなく、▲2二歩(77手目)をもっと早めに打っておくべきだったかもしれず、チャンスを生かしきれなかったですね。

(書き起こし:潤記者)

カテゴリ: 棋戦中継

藤井聡王位・棋聖が準決勝に進出

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 22:24

▲山崎ー△藤井聡戦は22時20分、94手で藤井聡王位・棋聖の勝ちとなりました。消費時間は▲山崎4時間59分、△藤井4時間57分。勝った藤井聡王位・棋聖は決勝トーナメント準決勝に進出。次戦で久保利明九段(1組2位)-八代弥七段(2組2位)戦の勝者と対戦します。

カテゴリ: 棋戦中継

突撃

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 22:05

図は馬取りに歩を打って受けたところ。2枚の金がよく利いており、後手玉に迫る手が見当たりません。この局面で山崎八段は一分将棋に入り、▲4二銀と打ち込んで突撃していきました。

(朝、対局開始を待つ両者)

カテゴリ: 棋戦中継

攻め合いに

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 21:37

局面は終盤の寄せ合いに入りつつあります。藤井聡王位・棋聖は△5三同銀直と応じました。後手は手番が回れば△7七歩成が楽しみです。

(藤井聡王位・棋聖は△7七歩成~△7八とを間に合わせたい)

カテゴリ: 棋戦中継

夕食休憩中の対局室

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 18:15

(夕食休憩時の盤面)

(夕食休憩時の御上段の間)

(使用駒の作者名は王将に。児玉龍兒師作)

(玉将には書体。源兵衛清安書)

カテゴリ: 棋戦中継

夕食休憩

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 18:00

18時、夕食休憩に入りました。この局面で藤井聡王位・棋聖が使った時間は23分。ここまでの消費時間は▲山崎3時間32分、△藤井3時間22分。夕食の注文は山崎八段がイレブンのハンバーグBセット(パン、カップスープ)、藤井聡王位・棋聖がやまがそばの親なん定食(うどん)でした。対局は18時40分から再開されます。

カテゴリ: 棋戦中継

新聞解説は折田翔吾四段

竜王戦中継plus - 土, 07/10/2021 - 17:10

棋士室を読売新聞の新聞解説を務める折田翔吾四段が訪れました。折田四段は今期が竜王戦の初参加で、いきなり6組ランキング戦を優勝。決勝トーナメント進出の快挙を果たしました。

(観戦記担当の藤井女流初段に序盤から解説する折田四段)

(アマチュア強豪から編入試験を合格。ユーチューバー棋士としても名高い)

カテゴリ: 棋戦中継