駒の流儀・第5部

第23章「NHK杯将棋トーナメント」

   毎週日曜日の午前中は、将棋フアンのみならず、プロ棋士も楽しみにして見ているというNHK将棋トーナメントが放送される。
   今年は、女流枠も増えて、清水一夜女流王将と里見華菜女流名人が参加する。楽しみである。

  この日の対戦は、2回戦第3局。羽生義治名人<40歳>対中田宏喜8段<45歳>の一戦である。
   放送開始日の3日ほど前の収録の日であった。

 先手となった羽生名人は、いまさら紹介が必要ないほどの大棋士であり、ここでは省略させていただく。

 後手番の中田宏喜8段の略歴。

     東京都武蔵野市出身 1964年生 45歳 桜井登8段門下
      竜王戦4組 順位戦B級2組 1985年4段 2006年8段

    タイトルの獲得歴は無いが、攻守のバランスがとれた実力者である。
     生粋の居飛車党で、矢倉が得意な正統派というのが、中田の評価だった。

   先手羽生名人の▲76歩で、開始された。

 中田8段は、順位戦では勝てず、C級を抜け出すのに20年近くかかっている。
   したがって、彼の昇段はすべて勝数によるものであり、通算560勝を挙げたとき8段昇段を果たした。

 順位戦でB級1組もA級も経験していない8段の誕生となった。
   中田は、通算600勝も達成し、将棋栄誉賞を獲得している。
    また、過去に日本将棋連盟の野球チームの監督も務めていたこともあるスポーツマンである。

  後手の中田8段は、なかなか着手をしない。
   5分が過ぎた。

  何を考えているのか、怖い顔で盤面を睨んだまま、さらに3分が経つ。まだ指さない。

   NHK杯で、中田8段といえば、思い出すのは島8段との対局であろう。
     もう何年前になるのか忘れたが、たしか相矢倉の定跡形であった。

    島8段の序盤の構想が良く、快心の出来で必勝態勢を築き上げたが、終盤の寄せを間違えて逆転で中田が勝った。

   NHK杯史上でも、まれにみる島の大ポカがあった。
    最後は桂馬が利いているところに、銀を打ったのだった。
   解説をしていた三浦8段が<何ですか?これは・・・>と絶句したのが、印象深く記憶に残っている。

    中田8段は、羽生名人が訝しげな顔をして、首をかしげるのを見て、ようやく手を盤上に伸ばした。
     体を心持ち前に倒して、鉄火面のような表情で着手した。

         後手 △92香
   

    なんと、中田8段の初手は△92香であった。

     これには、見ていた関係者も驚いた。天下の羽生名人に対して、こんな手が通じるのか?

       明らかに奇策である。

    ここまで中田8段は、羽生名人に1度も勝ったことが無かったため、どうせ勝てないのならやってみようと思って指したと、局後質問に答えて語った。

  島8段との対局とともに、NHK杯の中田は、何かと記憶に残ることをしてくれたのであるが、あの堅実な実力者が奇策を弄するほど、羽生名人の実力は威圧感があったということかも知れぬ。

   この対局が放送された日曜日には、テレビを見ていた将棋フアンの誰もが唖然とした。
  
   もちろん将棋担当記者の温対や後呂、皆本編集長らも見ていたが、彼らはただ一様に驚くだけだった。

    しかし、同じようにテレビで見ていた暇名小五郎には、別の意味で関心を抱く出来事だったのである。

投稿者: 悪魔仮面 投稿日時: 水, 03/31/2010 - 12:17 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

駒の流儀・第5部  第28章

第28章「変装の名人」

  中田宅を訪問すると、幸い中田8段夫妻は家に居てくれて、2人を快く迎えてくれた。

中田宏喜8段 「連盟の越中事務局長さんから、先ほど電話がありましてね、おふたりが訪ねてくるかもしれないと聞いていました」

    やはり越中氏は、気が利いている。

中田宏喜8段 「それに、夜には名人審議委員会の方たちも来ることになっています」

     不利舎耕介や喝采賢介たちも、暇名小五郎に負けじと迫ってきているようだ。

 暇名小五郎 「そうでしたか。何度も同じことを聞かれてご迷惑でしょうけど・・」

中田宏喜8段 「いいえ、そんなことはないです。何から話しましょうか?」

    
      対局の時と変わらず、中田8段は物静かな好青年という印象で、落ち着いた受け答えだった。

 暇名小五郎 「では、先ほど怪人60面相と名乗る者から、犯行声明が出されました。それは、もうご存知ですね?」

     中田は、軽く頷いてみせた。

暇名小五郎 「その声明文によると、中田先生は、対羽生名人戦において<香の流儀>に反する行為をしたため、罰として大切な本を盗んだとありますが、心当たりは?」

     あくまでも中田は、冷静な態度である。

中田宏喜8段 「NHK杯戦のことだと思います。私が定跡外の手を指したということらしいですが、それほどのことでもないように思いますけどねえ」

     中田は、いかにも心外だという表情をみせた。

中田宏喜8段 「ま、普通の手とは言い難いですが、それでも罰を受けるとかいう性質のことではないですよ。変質者の仕業ですね」

  温対記者 「そうですよねえ。僕もテレビを見てましたけど、大熱戦でしたよね」

    むしろ、温対のほうが興奮していた。

暇名小五郎 「この団地には、防犯カメラは設置されているのでしょうか?」

  中田宏喜8段 「あることはあります。でも、各廊下とエレベーターや階段などの一部に置いてあるだけで、防犯カメラに映らないように出入りすることは可能のようです」

    この防犯カメラや指紋については、後日警察で確認するつもりだった。

暇名小五郎 「怪人60面相は、盗難予告をするほどですから、おそらく事前に現場の下調べをしているはずです」

  温対記者 「暇名さん、もしかするとその下調べの時に、防犯カメラに映ってるかも知れませんね?」

暇名小五郎 「あるいはね。でも彼は怪人60面相ですよ。必ず変装をして来ているはずです。仮に映っていたとしても、変装した姿でしょうから決め手にはなりません」

   暇名探偵は、ふと怪人40面相も変装の名人だったことを思い出していた。

中田宏喜8段 「ま、盗られたのは本1冊だけですから、どってことないのですが、私にとっては大切な思い出のある本なので、できれば取り返したいです」

   
      中田夫人は、2人にお茶を出しただけで、あとは黙って傍に座っていた。控えめで賢い女性のようであった。

  暇名小五郎 「よくわかります。怪人60面相も、それを承知で盗んでいます。盗られても平気なものなら手を出さないでしょう」

中田宏喜8段 「それにしても、あの本は私には大切なものでも、他の人には何の価値もない古本ですけどねえ。道に落ちてても誰も拾いませんよ」

     その通りだが、今は金額や価値の問題ではなかった。

 暇名小五郎 「部屋の中は、特に荒らされた形跡も無かったのですね。本はカムフラージュで、別に何か盗られたということはありませんか?」

中田宏喜8段 「ないです。私も不思議なので、何度も確認しましたが、やはり本1冊だけでした」

  暇名小五郎 「そうですか。ところで、その盗られた本があった場所に、将棋の駒が置いてありませんでしたか?」

中田宏喜8段 「ああ、そうそう。駒が1枚置いてありましたよ」

  暇名小五郎 「香車ですね?」

中田宏喜8段 「はい。よくお分かりですね」

  暇名小五郎 「どんな駒でしょうか?」

       やはり<ギンナン面>の装飾がしてあったのは読者諸氏の想像通りである。

     帰り際に、この団地は普通のマンションなどと雰囲気が違うことを伝えると、一時期自殺者が多勢でたために、廊下などに防護柵が取り付けられていて、屋上にも上がれないようになっているためではないかと、中田夫人が話してくれた。

駒の流儀・第5部  第27章

第27章「推理のプロ」

不利舎耕介副委員長 「それには同感だ。単純な窃盗ではないことは確かだ。私も盗難が続くと思う。少なくとも、あと5回はある」

     推理作家の筋立ては、事実より奇なりかどうか。

 暇名小五郎 「私も不利舎さんと同意見です」

      名探偵と推理作家の意見が一致した。

渡り鳥旭警部 「わかった。推理のプロが2人ともそう言うのなら可能性は高い。問題は、どうやって次の盗難を防ぐかだ」

      警部は難問中の難問を口にした。

不利舎耕介副委員長 「警部。申し訳ないが、盗難を防ぐことは不可能だと思いますよ。事件が発生するたびに、犯人の残した手掛かりから追跡するしかないでしょう」

 丸潮新次郎委員 「だが、手掛かりなんか何もないでしょう?」

  
     さっそく丸潮委員が、反発してきた。

不利舎耕介副委員長 「今のところはね。しかし、今できることはそれ以外に無いのだから・・・」

  後呂記者 「あの、怪人60面相からの手紙ですが、そこから割り出すことは出来ないんでしょうか?」

      後呂が、いかにも記者らしい言葉で質問した。

細波雷蔵刑事 「うん。そっちからも調べてはいるがね。自筆でもないし、パソコンでもないし、新聞や雑誌から切り抜いた文字を貼り付けているだけなんでねえ」

  不利舎耕介副委員長 「使われた雑誌は、特定できませんか?」

渡り鳥旭警部 「ああ、なにしろ何冊ものいろんな雑誌から、ごちゃ混ぜにして切り抜いている。実に用心深い奴だ」

  喝采賢介委員 「それだけ何種類もの雑誌や新聞を購入しているということですかねえ?」

不利舎耕介副委員長 「いや。たぶん古雑誌を購入してきたか、駅あたりで拾ってきたものを使っているんでしょう」

  喝采賢介委員 「なるほど。安く買うことは何処ででも可能ですな」

温対記者 「じゃあ、まったく手掛かりなしってことじゃないですか」

     刑事たちは、温対の質問には聞こえない振りをしていた。

    【板橋区高島平団地】

      暇名探偵と温対記者は、千駄ヶ谷の将棋会館を出ると、JRで水道橋まで行った。
     そこから今度は、都営地下鉄三田線に乗り換えた。

     高島平駅に着いて、駅を降りると都道を挟んで、すぐ目の前が団地群である。
      まるで巨大な壁の山脈が立ちはだかっているように感じた。

  温対記者 「なんか凄いですよねえ。圧倒されますよ」

暇名小五郎 「ええ、本当に。私は2回目ですが、活力のある団地ですね」

     これは、この団地を初めて訪れる者に共通の感想のようであった。

温対記者 「中田8段の自宅は、分譲団地なので3丁目のほうですね」

     まだ空いている部屋もあるようで、真ん中辺りの壁には、<入居者募集>の横断幕がかかっている棟もあった。

      14階建ての団地の1階は、商店街になっていた。

温対記者 「へえ。団地の1階がスーパーなんですねえ。僕はこういう光景は初めて見ましたよ」

  暇名小五郎 「たしかに珍しいですよね。それに凄く活気がある」

     2人は、エレベーターに乗ると、真っ直ぐ7階へ直行した。

温対記者 「今日は連絡しないで来たので、留守かもしれませんね」

暇名小五郎 「はは」

      笑いながらも、暇名小五郎の視線は、廊下や壁、階段などに、抜かりなく注がれていた。

  温対記者 「なんか、普通のマンションなどとは違う雰囲気ですけど、なんだろ?」

暇名小五郎 「私もそれは感じます」

     ゆっくり話しをしながら歩いているうちに、目指す中田8段宅の前に着いた。

何でも屋

>細波雷蔵刑事 「はは。温対さん、泥棒が職業なら
>団地の鍵なんか、掛かってても掛かってなくても同
>じですよ。ヘアピン1本で開けて入りますから」

当方「何でも屋」にある事を依頼したことがある。その何でも屋さんの話では、自分はどのようなドアでも開けられとのこと。

鍵を落として自分の家に入れない場合、その何でも屋さんに頼めば、家のドアを開けてもらえる。いくら取られるかわからない。

ヘアピン1本でドア開けることが出来る人が世間にはいる。

駒の流儀・第5部  第26章

第26章「香の流儀」

  すでに警視庁の刑事が2人、週刊ポテト社から2人、そして名人審議委員会から3人、それぞれ暇名探偵から連絡を受けて、将棋会館に集まっていた。

    怪人60面相から届いた犯行声明は、次のようなものだった。

   越中褌事務局長 「では、私が読み上げます」

     日本将棋連盟 米中会長様

       駒の流儀書<香の流儀>に反する行為があったため、板橋区高島平の中田宏喜8段宅所蔵の書籍を、1冊頂戴したことを報告する。

      NHK杯2回戦において、中田8段は羽生名人に対して、第1着手を△92香と指して、時の名人を愚弄する奇策を講じた。

       これは常に奇策を弄さず、正道を目指すべしという<直の心得>に著しく違反した行為である。
      よって、中田8段が大切に所蔵していた定跡書を、罰として取り上げることとしたので、ここに報告する。

                 怪人60面相

米中会長 「ふふ。しかし、これは不思議な事件だねえ。こんなことしてどうするのか、私にはさっぱりわからない」

    越中事務局長が読み終わると同時に、米中会長が発言した。

 西村和義専務理事 「まったくです。普通の感覚ではありませんな」

     盗られた物が、金銭的価値があるものでないだけに、連盟役員ならずとも、その理由がわからなかった。

渡り鳥旭警部 「一応、中田8段から盗難届けは出されましたので、警察としても捜査はしますが・・」

  細波雷蔵刑事 「大事件ではないが、難しい事件ですね」

不利舎耕介副委員長 「名人審議委員会も、この事件を追いかけていますが、これで怪盗による盗難事件が2件発生しました。何か手掛かりになるようなものはありましたか?」

  渡り鳥旭警部 「いや。中田先生宅にも伺ったのだがね、指紋は勿論、手掛かりになるようなものは何もなかった」

   不利舎耕介にしてみれば、まだなんの手掛かりもないことは、先刻承知のうえでの質問だった。

温対記者 「家の人は、みんな留守だったそうですが、鍵がかかっていたはずですよね?」

 細波雷蔵刑事 「はは。温対さん、泥棒が職業なら団地の鍵なんか、掛かってても掛かってなくても同じですよ。ヘアピン1本で開けて入りますから」

      合鍵など作る必要も無いといいたげだった。

喝采賢介委員 「当然、千葉県の犯人と同一人だということですか?」

 渡り鳥旭警部 「うむ、それは確実だ。犯行声明も同じだ」

丸潮新次郎委員 「では、暇名探偵が指摘されるように、これからも同じ事件が続くと考えられますね?」

  渡り鳥旭警部 「それはどうかな。これで打ち止めということもあり得る」

暇名小五郎 「はは。それなら有難いんですが、そうはなりません。続くはずです」

  不利舎耕介副委員長 「なぜ言い切れる?」

  
   不利舎耕介も、同意見だったのだが、あえて暇名小五郎の意見を求めた。

暇名小五郎 「犯行声明ですよ。普通の犯罪では、こんなことはしません。これは、また次もあるよと言う意味です。お前たちに防ぐことができるかなと、我々に挑戦しているということです」

  丸潮新次郎委員 「なるほど。捕まるまでやるつもりだね」

暇名小五郎 「そして、この事件の裏には、何かとてつもない企みがあるような気がするのですよ」

  

    読者諸兄も予想しているであろうが、勿論単なる盗難事件だけで終わるはずも無く、やがて恐怖の連続殺人事件へと発展していくのは必至であった。

駒の流儀・第5部  第25章

第25章「団地の騒ぎ」

  東京都板橋区に<高島平団地>がある。昭和47年に入居が開始されたこの団地は、総戸数約1万個、3万人が住む都内屈指のマンモス団地である。

   もともとは水鳥などが棲息する沼地だったが、東京ドーム60個分の団地群を形成して、さながら小さな街が創られているようだった。

  14階建ての住宅群が立ち並び、団地内には公園、図書館、児童館、交番などが一体となって配置されていた。

   ここの住民は、年齢も職業も様々で、既婚者も独身者も居たが、職業がプロ棋士というのはかなり珍しいほうの部類にはいった。

  高島平2丁目団地は賃貸住宅が8千戸、3丁目団地は分譲住宅が2千戸となっていたが、職業棋士の中田宏喜8段は家族4人で、分譲住宅のほうの7階に居住していた。

   この日、中田8段は毎週木曜日に行われている研究会で、三軒茶屋にいた。
    中学生の子供2人は学校、妻は棋士仲間の奥様たち数人で、渋谷で映画を観ていた。

  最初に自宅へ帰ってきたのは、中学3年の長女だったが、別に何も変わったことはなかったと、警察官に述べている。
   その後帰宅した長男と妻も同様であり、夜8時過ぎに中田が帰宅した後も、暫く泥棒が侵入したことに気がつかなかった。

 その晩の11時頃になって、将棋関係の書籍が詰まっている本棚に、いつも置いてある本の位置が、なんとなく違うことに気がついた。

   調べてみると、故原田泰雄9段の著書が1冊無くなっていた。
     この棚には原田9段著の<将棋を始めたい人に>、<将棋基本戦法>、<将棋入門1週間>は残っていたが、中田が小学生の時の誕生日に、父親が買ってくれて一番大事にしていた<駒落ち定跡>が見当たらなかった。

  家族の誰も、その本には手も触れておらず、何者かが侵入して持ち去ったことが判った。
    翌日、中田8段は警察に被害届を出した。

 このプロ棋士宅の盗難事件は、早速所轄の警察署からの連絡で、警視庁捜査三課の知るところとなった。

世渡甚六三課長 「やはり、プロ棋士の所有品が盗まれたね」

     碁が趣味の世渡は、淡々とした口調である。

  渡り鳥旭警部 「怪人60面相だな。間違いないだろう」

      無趣味の渡り鳥は、仕事が生きがいである。

世渡甚六三課長 「うむ。前回同様なら、犯行声明があるはずだね」

   細波雷蔵刑事 「たしか前の時は、連盟の米中会長宛に届いています」

       
       秀才の細波は、記憶力抜群である。

世渡甚六三課長 「そうだったね。今度もたぶんそうなるだろう。細波くん、暇名探偵に連絡して、こちらに来てもらうように」

    細波刑事が、暇名事務所に連絡を入れると、30分ほどで暇名探偵が現れた。

暇名小五郎 「そうですか。そんな事件が起きていたんですね。盗難に遭ったのは、やはり定跡書でしたか・・」

     暇名の顔には、驚きというより、悔しさが滲み出ていた。

  細波雷蔵刑事 「暇名さんの予想が的中しましたね。しかし、何故中田8段だったのですかねえ?」

 世渡甚六三課長 「うむ」

暇名小五郎 「実は、先日のNHK杯を見ていて、これはもしかすると中田8段が危ないかなという気がしたのですが・・・」

 世渡甚六三課長 「それならそうと、私に話してもらいたかったねえ」

暇名小五郎 「申し訳ないです。ただ、私の単なる勘で、何の根拠も確証もなかったので、すみません」

      ただの勘や推測だけで、警察を動かすことはできなかったが、今となっては後悔先に立たずである。

  渡り鳥旭警部 「暇名さんも、これは怪人60面相の仕業だと思うかね?」

暇名小五郎 「はい。そう思います。明後日ぐらいには、将棋連盟に犯行声明が来るはずです」

 世渡甚六三課長 「その時は、連絡してもらえれば捜査員を向わせるよ」
 
 
暇名小五郎 「わかりました。連盟の越中事務局長には、私から連絡入れときます」

    暇名小五郎が予想したとおり、それから2日後に怪人60面相から、犯行声明の書かれた手紙が届いたのである。

駒の流儀・第5部  第24章

第24章「動く巨象」

  横浜関東連合会の大橋宗雪理事長も、密かに駒の流儀書を狙っていた。
   なんといっても駒の流儀書は、将棋界において権威の象徴であり、その流儀書を所持する団体ということになれば、日本将棋連盟よりも将棋道の総本山として、揺るぎない地位を築くことができる。
  
  そのため、天下の覇権を目論む大橋には、是が非でも欲しい文献だったのである。

筒井村重本部長<50歳> 「理事長、連盟の米中会長は断ったそうですが、うちは怪人60面相と交渉して、1億円で手に入れてはどうでしょうか?」

     将棋連盟と違って、資金は豊富にあるようだ。

 大橋宗雪理事長<85歳> 「馬鹿なことを言うな! どうせ奴も何処からか盗んできたのじゃ。そんな盗人に金を払うことはないぞ」

      1億ぐらい出せないわけではなかったが、金を出し惜しんだ代償は、後に大きな災いとなって返ってきたのである。

仁歩犯則書記長<47歳> 「では、あきらめるということですか?」

  
      実践派の仁歩が、大橋に問かけた。

 大橋宗雪理事長 「いやいや、そうではない。うちが奴から取り上げればよいだけじゃよ」

     なんでもないことのように言い放った。

 
筒井村重本部長 「力づくででもですか?」

 大橋宗雪理事長 「そういうこともあるのお。ま、あまり手荒なことはせぬことだが・・」

仁歩犯則書記長 「しかし理事長。怪人60面相の居場所を探すのが大変です。どうやって探すのですか?」

    これは難問だった。警察でさえ、その存在を掴めていない。

筒井村重本部長 「専門家にまかせてみてはどうでしょうか?」

 大橋宗雪理事長 「うむ。儂もそれを考えていた。だが、単なる興信所などでは駄目だろう」

仁歩犯則書記長 「というと?」

  大橋宗雪理事長 「相手は暇名小五郎に挑戦するほどの怪盗だ。一筋縄ではいかぬ。プロが必要だ」

   大橋は、グイと筒井本部長のほうも見た。

筒井村重本部長 「つまり、裏社会の人間を使えということですね」

     大橋の言いたいことは、すぐに分かった。

大橋宗雪理事長 「そうだ。蛇の道はヘビじゃよ」

  筒井村重本部長 「わかりました。心当たりがありますので、早速連絡をとります」

     筒井が思い描いたのは、池袋を本拠地とする広域暴力団山岡組であった。
      この筒井村重と組長の山岡鉄収は、同郷の友人で同年齢、趣味は将棋。段位も同じ2段同士で、長年兄弟同様の付き合いをしていた。

大橋宗雪理事長 「うむ。山岡のところだな。あの男は元気にやっておるのか?」

  筒井村重本部長 「最近は、マル暴の締め付けも厳しいらしくて、おとなしくはしているようですが、元気のようです」

 大橋宗雪理事長 「そうか。会ったら、こんど儂のところへも顔を出すようにな」

筒井村重本部長 「承知しました。ところで、山岡には何処まで話しておけばいいでしょうか?」

  大橋宗雪理事長 「そうだのお。1億の話は、しなくてもよい。あとは適当に窃盗の常習者あたりを探らせることだ」

筒井村重本部長 「謝礼の額などは、どうしましょうか?」

  大橋宗雪理事長 「それは、本部長にまかせる。書記長も一緒に行くようにな」

   いよいよ、関東連合会という巨象が動き出した。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。