駒の流儀・第1部

 新井田基信氏とは、一度だけ対戦したことがある。余が油断して負けた記憶が残っているが、余の棋歴の中でも、あれほど強く高潔な将棋人は、他にいなかった。
             慎んで哀悼の意を表する。

第1章「奇妙な盗難」

 将棋の駒を打ち下ろす時、それぞれの棋士によって個性がでる。激しく盤上に音を立てて打ち下ろす者、穏やかな手つきで音も無く駒を動かす者、あるいは桝目に添ってきれいに並べる者など、千差万別である。

 だが、1つだけはっきりしていることは、盤上の桝目の中に駒を置かねばならず、決して四角形の桝目の外にはみ出すことは許されなかった。
   <徳川幕府将棋指南役 伊藤宗白著「駒の流儀」より>

秋田県の中央に位置し、南北に長く北秋田群の西南部の山間に「上小阿仁村」がある。
 この村へは、小阿仁川が中心から北へ流れ、途中五反沢川、仏社川などの支流を合わせて米代川へと向っている。
北部は平地で、南部は山林が多く、総面積の93%が山林原野で占められており、そのうち75%が国有林である。

平成の大合併の時も、上小阿仁村は合併協議会に参加せず、独立独歩の姿勢を貫いてきたが、秋田県においては最も人口の少ない村で、高齢化、過疎化、空洞化が進んでいた。

 村内には鉄道は通っておらず、主な交通手段はバスが中心であり、その分のどかで美しい村だった。
そののんびりとした上小阿仁村で、ちょっとした盗難事件が起きた。

大沢一向巡査<46歳> 「猫面さん、んがのどこで、なんか盗られたもの、んだどもあるどか?」

 猫面尺治<67歳> 「さあ、それがなんただものがあったか、覚えてないんだで」

猫面の妻<65歳> 「駐在さん、こごさあるのは古くしぇものほいどりで、たいしたものはなんも無かったんだどもねえ」

大沢一向巡査 「んだどもも、蔵の中がこれだけ荒らされてるんだべら、なんかを探したことは間違いないな」

 猫面尺治 「んだども、盗られるようなものは、なんも無いんだでけどねえ」

    猫面夫婦は全く心当たりが無かったが、一応蔵の中をもう一度探してみることにした。
    猫面尺治の家は、村役場と村立図書館と上小阿仁中学校の三角地点の真ん中あたりにあって、先祖代々この家に住んでいる。

    主人の猫面尺治は、村役場に勤務した後、村会議員を長年務めていたが、定年退職後は悠々自適の年金暮らしであった。

猫面の妻 「んだ、ここんとこになんかあったんでねえべか?」

猫面の妻が、思い出したように声を上げた。

 猫面尺治 「おお、そういえば古くしぇ巻物みてえなもんがあったんだども、なくなってるみてえだで」

大沢一向巡査 「巻物? なんだが、それは」

 猫面尺治 「詳しく見たわけでねんだども、時代劇の忍者の巻物のようなものがあっただ」

猫面の妻 「んだんだ。たすかにあっただよ駐在さん」

 大沢一向巡査 「そしたら、たしかさその巻物が無くなったんだな?」

猫面尺治 「んだども、おめだもの盗んでどうこぐんだがねえ?」

     猫面夫婦は、不思議なことだと首をかしげた。

大沢一向巡査 「猫面さん。一応盗難事件なので訴えますだか?」

猫面尺治 「はあ。んだども、この程度で訴えるのもめんどくへねえ」

  猫面の妻 「んだばって、たいしたもの盗られてないけど、蔵の中荒らされたのは気持ち悪いし、怖わねえ」

大沢一向巡査 「そうだべ。わも出来るだけ見回るようさこぐがらよよ」

   このちょっとした田舎の盗難事件が、やがて起きる連続殺人事件の引き金となったのである。

投稿者: 悪魔仮面 投稿日時: 月, 03/01/2010 - 16:15 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

展開予想...

>越中褌事務局長 「そうだ、あの人なら知ってるかも・・・」

そして流儀書の中身を知っている関係者達が次々に殺され...

①流儀書の中身を知る物はいなくなり(知っていても口外しない)

②60面相が殺人の容疑者となる

...かな?

駒の流儀・第1部  第6章

第6章「辣腕」

  東京千駄ヶ谷にある将棋会館を訪れた後呂記者は、1階の事務室で、顔なじみの伊加訓生職員に会った。

 後呂記者 「編集長が、流儀書とかいうものにいやに興味を示しちゃってさ、困ったよ。誰か知ってる人いない?」

伊加訓生職員<37歳> 「いるわけないよ。米中会長だって、そんなに知らないみたいだし」

  伊加職員は、まだ独身だったが、最近ようやく結婚したいと思う女性にめぐり合ったばかりである。
   ふたりが将棋関係の雑誌や扇子、駒などの販売コーナーの前で立ち話をしている時に、見覚えのある棋士が3人連れで通りかかった。

越中褌事務局長 「伊加じゃないか。何してるんだ?さぼるんでないぞ」

     穏やかな口調だったが、聞く者によってはきつく聞こえた。

 伊加訓生職員 「あ、事務局長お帰りなさい。いやだなあ、さぼってるわけじゃないですよ。雑誌社の友人と打ち合わせ中です」

    後呂記者は事務局長に挨拶をしてから、名刺を渡した。

  後呂記者 「よろしくお願いします」

   どうやら3人で昼食に行ってきたようだった。会館の中にも食堂はあるが、外で豪華な食事をしてきたようだ。
    なにしろ一緒だったのが、谷川光司9段と郷田雅隆9段だっただけに、気後れして話しかけることが出来なかった。

伊加訓生職員 「事務局長、よかったら後呂君の話を聞いてやってくれませんか?」

 越中褌事務局長 「うん、かまわないよ。じゃあ先生、ここで失礼します」

    越中は、両棋士に礼をしてから事務室に後呂記者を招いた。

 後呂記者 「谷川先生も郷田先生も、意外と元気でしたね」

      Å級順位戦最終局では、両者ともそれぞれ高橋9段と三浦8段に敗れていた。
       結果、名人戦の挑戦者には、三浦8段に決定したのだが、羽生名人との対戦成績も悪く、期待が薄いというのが、もっぱらの評判だった。

越中褌事務局長 「何か相談事でもあるのでしょうか?」

この越中褌は、辣腕事務局長として米中会長も一目置く存在だった。

 後呂記者 「お忙しいところすみません。実はもうご存知の怪人60面相のことなのですが」

越中褌事務局長 「はい。いま噂になってますよね」

 後呂記者 「その怪盗が持っているという流儀書とは、どんなものなのか、知っている人はいないでしょうか?」

越中褌事務局長 「ああ、あれね。週刊誌が興味を持ったのですか?」

  後呂記者 「そうなんですよ。うちの編集長がいやに興味を持っちゃって困ってるんですよ」

越中褌事務局長 「いやいや、鋭い編集長さんですよ。あの流儀書のことは私も知りたいです。でも、まだ中身を見た人はいないんですよ。私の知る限りはですけど・・・」

 伊加訓生職員 「連盟の役員や棋士でも、ほとんど聞いたこともないと言ってましたよね」

越中褌事務局長 「流儀書は、本物みたいですがね」

  後呂記者 「と言うと?」

越中褌事務局長 「金額があまりにも高くて、手が出なかったようですが、米中会長はずいぶん悔しそうでしたから」

  後呂記者 「なるほど、そうですか。なんか僕も興味が出てきたなあ。何処かに詳しい人はいませんかねえ?」

越中事務局長は、暫く考え込んでいたが、ふと思い出したように顔を起こした。

越中褌事務局長 「そうだ、あの人なら知ってるかも・・・」

駒の流儀・第1部  第5章

 第5章「模倣犯」

 後呂と温対の二人の記者は、編集長の命令に返事はしたものの、いったいどうやって流儀書や怪人60面相のことを調べたらいいのか、皆目見当もつかなかった。

後呂記者 「温対さん、とにかく僕は将棋会館に行ってみますよ。何か聞き出せるかも知れないし。温対さんはどうしますか?」

 温対記者 「僕は怪人60面相のほうだもんなあ。どうしていいかわかんないよ」

        実際、途方にくれていた。

後呂記者 「暇名探偵に会ってみたらどうですか?」

 温対記者 「あ! そうだね、それだよ。今から僕は銀座へ行ってくるよ」

   暇名小五郎は、かつて怪人40面相と名乗る怪盗を、知恵比べの末に捕まえた経歴を持つ、わが国屈指の名探偵である。
   この魔界奇談シリーズにおいても、温対記者と協力して数々の難事件を解決している。

   温対記者が、この暇名小五郎を訪ねたのは至極当然であった。
    尤も、その探偵事務所の秘書兼受付兼事務員の藤田舞子がいることが、絶対的な決め手であったことは言うまでもない。

   【銀座帝王ビル 暇名小五郎探偵事務所】

 温対記者 「と言うわけなんですよ。不思議な事件でしょ?」

暇名小五郎<48歳> 「はは。事件というほどではないですが、これから何か起こりそうな予感がしますね」

 藤田舞子<26歳> 「先生。怪人60面相というのは、先生が10年ぐらい前に捕まえた、怪人40面相と関係があるんでしょうか?」

      紅茶を運びながら、藤田事務員が聞いた。

温対記者 「そうなんですよ。僕もそれが聞きたかったんですよね」

 暇名小五郎 「たぶん関係ないでしょうね。怪人40面相も捕らえてみれば、怪人20面相とは全く関係の無い人物でした。今回も同じ模倣犯ですよ」

温対記者 「編集長には、流儀書の出所と怪盗の正体を突き止めるように命令されたんだけど、僕の力ではとても無理ですよ。暇名さんの力を貸してください」

    傍にいた藤田舞子も一緒になって、暇名探偵に頭を下げた。

暇名小五郎 「はは。温対さん、実はもう既にそのことで依頼が来てるんですよ」

  温対記者 「え! どういうことですか?」

暇名小五郎 「昨日、将棋連盟の理事の方が3名来て、温対さんと同じことを頼みに来ました」

  温対記者 「ほんとですか。誰ですか?」

暇名小五郎 「桜井常務と淡路、上野の各理事です。私が怪人40面相を捕まえたことを誰かに聞いてきたようですね」

 温対記者 「そうでしたか。それで引き受けたのですか?」

暇名小五郎 「ええ。久しぶりに面白そうな仕事ですからね」

  温対記者 「じゃあ、うちのほうの依頼は?」

暇名小五郎 「はは。ご心配なく。温対さんと連絡しあいながら、一緒に60面相を追いましょう」

     温対記者は、暇名探偵が引き受けてくれたことで、大船に乗った気分になった。

  温対記者 「早速、編集長には連絡しときますが、さしあたってどうしますか?」

暇名小五郎 「私はすぐ、長野県へ行くつもりですが、温対さんも行きますか?」

長野と聞いてピンとこないようでは困る。

駒の流儀・第1部  第4章

第4章「怪人60面相」

  米中会長が、内密にするように厳命したにもかかわらず、怪人60面相からの手紙の一件は、瞬く間に世間の知るところとなった。
   それというのも、将棋連盟事務局の伊加訓生職員と、週刊ポテト社の後呂泡勢記者とは、同世代であり飲み仲間でもあったため、将棋連盟の内情は筒抜けだったのである。

【週刊ポテト社担当者会議】

 皆本義経編集長<51歳> 「怪人60面相? なんだそれは」

温対低脳記者<38歳> 「あれ、編集長知らないんですか? 怪人20面相の孫ですよ」

      温対は、おどけたしぐさで言った。

皆本義経編集長 「ばっきゃろー。くだらねえことゆってんじゃねえよ。怪人20面相だって漫画や小説じゃねえか」

 温対記者「すみません。冗談で言っただけなんですけど」

     相変わらずの編集部である。

後呂泡勢記者<37歳> 「連盟事務局の伊加君の話では、怪人60面相と名乗る男は、1億円を要求してきたそうですよ」

  温対記者「すげえ!」

驚くのも無理がなかった。温対記者の年収の50年分であった。

皆本義経編集長 「それで連盟はどうしたんだ?」

皆本は、金が絡むとムキになる性格だった。

 後呂記者「即断せずに、様子を見て値下げ交渉も考えたようですが、結局いらないと突っぱねたそうです」

皆本義経編集長 「連盟も財政難ていうことだな。で、その駒の流儀書というのは、どういうものなんだ?」

  後呂記者「詳しくは知りません。プロ棋士でも、ほんの数人しか知らないそうです。実際に見たことがある人となると、誰もいないようですよ」

 温対記者「でも編集長、そうやって1億の値段で売るということは、相当に価値のある書物なんでしょうね?」

皆本義経編集長 「うん。それはそうだろうな。連盟としても本当は喉から手が出るほど欲しいものかも知れんな」

 温対記者「やはり金が無いから、断ったということでしょうかね?」

  後呂記者「そうだと思います。米中会長も悔しそうにしていたと、伊加君が言っていましたから」

皆本義経編集長 「つまり、欲しいことは欲しいが、金が無いからあきらめたというところだな」

    なぜか皆本は、うれしそうだった。金が無くて欲しいものをあきらめた経験が豊富のようだった。

温対記者「そうだとすると、その流儀書というのは実際に存在する本物で、しかも将棋界にとっても、価値ある文献だということですよねえ」

  皆本義経編集長 「そういうことになるな」

温対記者「それほどの物を、怪人60面相は何処から手に入れたんでしょうか?」

駒音探偵団の諸氏の疑問も、同じであろう。

皆本義経編集長 「尤もな疑問だがな、それだけは本人に聞かねえとわからんな」

     本人に聞いたところで、教えるわけもないが。

温対記者「その後、怪人60面相から何か言ってきたんでしょうか?」

 後呂記者「いや。連盟が断ってからは、それっきりです」

皆本義経編集長 「よし、後呂はその流儀書が、どんなものなのか調べろ」

  後呂記者「はい」

     皆本編集長の決断は早い。

皆本義経編集長 「温対は、流儀書の出所と、怪人60面相の正体を追え」

 温対記者「わかりました」
 

     週刊ポテト社が、怪事件の追求に乗り出した。

 

駒の流儀・第1部  第3章

第3章「1億の価値」

 中川理事の質問は、他のほとんどの理事たちの問いでもあった。

上野宏和理事 「僕も恥ずかしながら、初めて聞きました」

  
    新任の理事らしく、率直に言った。

  西川敬二理事<48歳> 「私も上野理事と同じです」

 米中国雄会長 「はは。実際に見た者はいないんだねえ。噂話だけです。西村さんは詳しいでしょう?」
 

    会長は自分より年上の、西村専務に振った。

西村和義専務理事「いえいえ、詳しくはありませんよ。ただ、奨励会時代には、先輩棋士から流儀書のことは聞いたことがあります」

      この人らしく、慎重な物言いだった。

淡路仁重理事 「僕も話だけは、何回か聞いたことあるんやけどね」

     関西のベテランも、首をかしげた。

 西村和義専務理事 「まあ簡単に言えば、剣道の極意書みたいなものだろうね」

    年の功らしく、西村の表現には味があった。

青野輝一常務理事 「なるほど。昔から伝わる極意書ということなら、確かに貴重なものでしょうね」

     万年青年の青野が、相槌を打った。

 淡路仁重理事 「そやけど、ほんまに1億も出すほどの価値があるんかねえ?」

  これには全員が、首をかしげた。

越中褌事務局長 「事務局で調べた限りでは、国宝級の書物らしいですが、金銭価値としてはどうでしょうかねえ」

 桜井登常務理事 「見る者、手にする者の価値観しだいだろうね」

越中褌事務局長 「はい。そう思います」

 中川大介理事 「それで、連盟としてはどうするのですか?」

    熱血漢の中川らしく、直接切り込んできた。

西村和義専務理事 「連盟も財政的に苦しい状況だけに、1億は出せないでしょう」

  桜井登常務理事 「そうだね。見てみたいことは見てみたいけどね」

  桜井は、いかにも残念だという素振りをみせた。

青野輝一常務理事 「つまり断るということですか? それとも値下げ交渉をして、手に入れますか?」

   実直な青野らしい真面目な問いかけだ。

  米中会長 「はは。5千万でも無理だね」

青野輝一常務理事 「じゃあ、1千万ぐらいですか?」

 米中会長 「ははは。青野君、オークションじゃないんだから。ははは」

    狸とスピッツでは、勝負にならないようだ。

西村和義専務理事 「ま、1億が1千万になったんでは、私だって断りますよ」

 米中会長 「うむ。まだ時間があるから、即断することもないが、まず無理だろうね」

越中褌事務局長 「それでは、まだ返答はしないということでよろしいですね?」

  米中会長 「そういうことだ。2,3日後に役員会を開いて正式に決める」

    今夜は顧問の弁護士や、衆議院議員の先生たちと食事でもしながら、相談してみるとも付け加えた。

  越中褌事務局長 「承知しました」

米中会長 「それから、この件はしばらくマスコミにも、棋士たちにも内密にしておくように頼みます」
 

駒の流儀・第1部  第2章

第2章「幻の流儀書」

  わが国の将棋道には、古来より兵法と共に対局に臨むにあたっての姿勢、態度、心構え等の心得を記した流儀書が存在していた。

 伝え聞くところによると、その流儀書は第1典が「兵法」、第2典「心得」の2部構成となっており、将棋に携わる者にとっては、是が非でも手に入れたい書物であった。

しかし、日本将棋連盟の米中会長を筆頭とする将棋界の重鎮たちや、現役のプロ棋士たちでさえ、いまだかつてその流儀書を目にした者はいなかった。
 それ故、将棋関係者の間では「幻の流儀書」と呼ばれていたのである。

【日本将棋連盟定例理事会】

上野宏和理事<33歳> 「しかしA級順位戦最終一斉対局の総放送時間が8時間なんてのは、絶叫したいくらい嬉しいですけど、実際問題、全部見られませんよ!」

 中川大介理事<42歳> 「私は午前の放送は諦めて、午後と深夜分を録画予約しました。夜にゆっくり見ます。」

   将棋界の一番長い日とは、A級順位戦の最終局を一斉に対局する日のことであり、名人挑戦者が決定する日でもあった。
    佐藤康満9段の降級がすでに決定しており、今年は例年になく燃えない日となった。

 
上野宏和理事 「でも6時間はきついなあ」

 桜井登常務理事<69歳> 「そこで提案。将棋界のいちばん長い日は国民の祝日にすべし!」

米中国雄会長<67歳> 「はははは、こりゃあいい」

    理事会が始まる前の談笑だったが、和やかな雰囲気が一変した。

青野輝一常務理事<57歳> 「さて、本日の議題に入る前に、先ほど事務局のほうから緊急の知らせがありましたので、まずはその報告から先にさせていただきます。事務局長よろしく・・・」

   ここで起立して発言したのは、将棋連盟の越中褌事務局長だった。

越中褌事務局長<48歳> 「では報告いたします。本日朝、日本将棋連盟理事会御中として、怪文書が届いております」

  淡路仁重理事<60歳> 「怪文書? なんやね、それは」

越中褌事務局長 「はい。私がそのまま読み上げます」

   越中事務局長が読みあげた手紙は、次のようなものだった。

    拝啓 米中会長そして理事の皆様方へ

      すでにご承知かと思うが、将棋界では幻の書物と呼ばれていた「駒の流儀」を、つい先日私が手に入れた。     古い巻物だが、中身は腐食しておらず堂々たる文献である。
      
      私のコレクションにしておいても良いのだが、将棋連盟でこの流儀書を欲するのであれば、譲り渡してもよい。
     金額は1億円である。理事会の面々は、10日以内に結論を出し、その結果を連盟HPで意思表示するように。期限が過ぎれば、交渉は決裂である。

                   怪人60面相

   
西村和義専務理事<68歳> 「怪人60面相ですか・・。ずいぶん大袈裟な名前ですな」

 米中国雄会長 「私らの子供の時は、少年探偵団や黄金仮面、そして怪人20面相でしたが、それを真似てるようだね」

西村和義専務理事 「たしか、江戸川乱歩でしたね?」

 上野宏和理事 「僕は読んだことはありませんが、名前は知っています。月光仮面より古いんですか?」

 淡路仁重理事 「さあ。同じ頃やないやろか」

青野輝一常務理事 「私は、よく読みました。面白かったですよ」

 西村和義専務理事 「コナン・ドイルも面白かったね」

    すっかり、推理小説談義になっていた。

桜井登常務理事 「いたずらじゃないですか?」

 米中国雄会長 「はは。そうかも知れないし、そうでないかも知れないねえ」

    相変わらず、禅問答のようなことを言っている。

中川大介理事 「その流儀書というのは、私はよく知りませんが、どういうものなんですか?」
 

上小阿仁村

同名の村は実在しますね。(フィクションですから実在の人物、団体、etc...とは一切関係有りませんが)

http://maps.google.co.jp/m?gl=jp&source=hp&q=%E4%B8%8A%E5%B0%8F%E9%98%BF...

祝・連載開始でございます。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。