持点物語01:羽生善治

 各年度末(翌年3月31日)の値
 左から,年度,年齢,クラス,持点順位 平均との差,名人A級との差
 1位の注の数字は平均との差
1988 18 C1:19 02 +304 +093   1位南+322
1989 19 C1:02 02 +319 +100   1位谷川+377
1990 20 B2:21 04 +264 +088   1位谷川+298,2位森下,3位屋敷
1991 21 B2:03 03 +306 +137   1位谷川+350,2位森下
1992 22 B1:12 01 +422 +254
1993 23 A1:09 01 +375 +181
1994 24 A1:00 01 +438 +226
1995 25 A1:00 01 +467 +253
1996 26 A1:00 01 +372 +152
1997 27 A1:00 01 +384 +179
1998 28 A1:02 01 +398 +178
1999 29 A1:04 01 +474 +241
2000 30 A1:03 01 +417 +227
2001 31 A1:03 02 +380 +183   1位佐藤+388
2002 32 A1:04 02 +339 +121   1位丸山+352
2003 33 A1:00 03 +341 +127   1位森内+400,2位谷川
2004 34 A1:01 01 +475 +245
2005 35 A1:01 01 +388 +122
2006 36 A1:02 01 +394 +131
 ピーク+500以上(これ以外にもあるかもしれない)
 右端は2位との差
2000-08-18 29 A1:03 01 +530 +312 +176(谷川)
1996-02-17 25 A1:00 01 +515 +295 +227(丸山)
1993-08-05 22 A1:09 01 +511 +314 +212(谷川)
2008-02-01 37 A1:03 01 +501 +259 +189(木村)
2000-06-02 29 A1:03 01 +500 +280 +178(谷川)
 羽生の七冠達成は 1996-02-14。その3日後には2位の丸山と227点差,つまり対2位勝率が0.784に相当するというすさまじさであった。

(2008-02-19)羽生の2001年度のデータを修正:+388 → +380

投稿者: みなかみ 投稿日時: 火, 02/19/2008 - 12:09 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

感動

みなかみレーティングにも羽生さんの強さにも改めて圧倒されました.どちらも20年強のこと.この長さがまた凄い.

勝率=(持点差/800)+0.5

ということは、持ち点差が400以上あると、勝つ確率は0%になってしまうのですね。
平均との差が500以上あったときは、ほとんどのプロ棋士は羽生さんに勝てなかった!
現在も羽生さんの持ち点は、3000を超えていて、全体平均が2600くらいだったと思いますので、並みのプロ棋士では、今の羽生さんに勝つ確率はゼロ、ゼロ、ゼロ。
しかし、持ち点の低い棋士が羽生さんと対局する可能性も、ほとんどゼロですので、実際そうなのかもしれませんね。
ちなみに、先日もNHK杯で持ち点が500以上低い長沼6段が、羽生2冠に勝ったのは、あり得ないことだったのですね。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。