本日は晴天なり...

新評価関数(?)のプロトタイプみたいな物を4手読みでテスト...なんだか我が危うかったので中断。我ってホントに将棋弱い。

投稿者: webMaster 投稿日時: 水, 09/16/2009 - 13:43 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

出来・不出来

自己対局を観察して解ったのは現在の評価関数(の真似事ですが)は出来・不出来の揺れがカナリ激しい事です。

1.序盤に玉が丁度良い所に収まるとじっとしていますが、半端な所で駒交換が始まると前線に出たがるようですね。 ⇒ 王の「戦闘力」(?)を削いで攻めに参加しない様に仕向ける事が必要でしょう。

2.駒の得点振り分けがしっかり出来ていない(我がぐうたらなだけですが)ので角と銀(もしくは金)の交換を躊躇しません。これは直すのは簡単ですがね。

6手読みでテストするとラップトップでは中盤で1分以上考慮するので新マシンでテストできるようにするのが課題の一つです。

(追記)

>やり直しとは、どこまで戻られるのですかね。

書き足しの上に書き足しを繰り返すとプログラムの「見通し」が悪くなるので(実行時には大差ありませんが)あっちこっちコードを動かしてスッキリさせるだけのことです。次の課題は検索時の「枝切り」を促進させる事です。

良くなった所もあるのでは?

投稿が遅くなってしまいましたが、金・銀を少し遣うようになったり、駒得した駒を盤上で有効に遣ったりして、良くなった所もあると思いますよ。

やり直しとは、どこまで戻られるのですかね。 PCにうといので、良くなった所を残したりすることはできないのかな~ なんて思います。

ところで、別板でつぶやいてみたのですが、チェスのことです。watype君level 1のこと。 私の、会社での成績は勝率82%位、自宅では93%位です。会社のPCはたぶんNEC、自宅はSONYです。試合数が倍以上違いますが(会社630、自宅280)、watype君level 1の強さが違うような気がするのです。 気のせいなのか、私が酔っ払った方が強いのか・・・(そんな訳がありませんが) しかも自宅のPCの方が少し新しいはずなのです。 そう言えば、しょーもない引き分けは自宅では少ない感じがします。

早く、たくさん読んで、悪い手を選んでくるということなのですかね。

美しくない

いままで書き足しで拡張してきた検索エンジンが美しくないので仕立て直しです...うっ。

うひゃ~

玉が・・・灘流ですね。^_^;

欠陥

もちろんこの棋譜内でも(我の悪手も含めて)突っ込み所は満載ですが...

現在の所、

①玉は飛角の次に強力な駒なのでズンズン前線にでてくる ⇒ orz

②玉が上部に逃げて取り逃したとき空の敵陣に無意味に駒を打って成る ⇒ 成り駒は表面上「駒割りの得点」が高くなりますから。

重大な欠陥?

何だろう?
△24歩とか△38金とか不思議な手は出てくるけど・・・

...ここまでは

良くさ指せたのですが重大な欠陥を自己対局中に発見...本格的に評価関数の理論を確立してからではないと実戦まではマダマダですう。

うひゃ~

怖いもの見たさでまた見ちゃった。(爆)

しかし、凄いソフトですね・・・^_^;

それはモチロン

...我がへたっぴだと?当然です。

オジサン

恐ろしいものを見てしまった・・・^_^;

本日は晴天なり...

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。