コンピューター将棋の構造 - 合法手生成  - 追記

当初無明の合法手生成ベンチマークは

 MOVES: 3000000
 TIME: 4.829000
 RATE: 621246.634914 moves/sec
 RATE: 1.6096666666666666E-6 sec/move

でしたが更なる企業努力により(ドライブしている時に閃きました)

 MOVES: 3000000
 TIME: 0.328000
 RATE: 9146341.463415 moves/sec
 RATE: 1.0933333333333333E-7 sec/move

…と成りました。 9,146,341 / 621,246 = 14.72倍速ですね。

ですが7手先まで生成しようとすると

 10,101,010,100 / 9,146,341 = 1,104.377秒 = 18.406分

なので依然として「使えません」…ですがここまで速ければそれなりの物が出来るのではないのかと思ってみたりもします。

次は「合法手生成モジュール」と「評価関数」を組み合わせた「検索エンジン」についてです。

(続)

投稿者: 紫外線 投稿日時: 金, 07/10/2009 - 01:15 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

一千万の壁

メモリーを速い物に換装して再テスト…

MOVES: 3000000
TIME: 0.281000
RATE: 10676156.583630 moves/sec
RATE: 9.366666666666667E-8 sec/move

毎秒一千万手生成の壁突破です。

但し、王手がかかる局面だとスピードがぐっと落ちるのよね~。無念。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。