第30期 竜王戦 第四局 (11月23・24日 新潟県三条市長野1450 <嵐渓荘>)

さて、今週末に第四局が開催されます。

https://www.shogi.or.jp/match/ryuuou/

http://live.shogi.or.jp/ryuou/

前にも書きましたが、どっちか一日前か後ろにズラせばよかったのに・・・

投票;

渡辺 4-0
渡辺 4-1 (越)
渡辺 4-2 (寅)
渡辺 4-3

羽生 4-0
羽生 4-1 (ブ)
羽生 4-2 (御)(酒)(W)
羽生 4-3 (い)(喝)

結果;

(越) 2回戦敗退

投稿者: 越中フンドシ 投稿日時: 月, 11/20/2017 - 21:16 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

業務連絡

何度か書いていますが、渡辺のファンサービスは立派ですね。
あの騒動後、本格化(何年振りかで復活?)したように思います。

そろそろ次局のスレのお手配をお願いします。

ハブ勝ち P11

みなさん、こんばんは。 たくさんのコメントをありがとうございます。

渡辺がブログを更新しました。

http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira

> カド番になりましたが1局でも粘れるように頑張りたいと思います

これは本音かどうか疑わしいですが、▽8八金や▽3六桂を読んでいなかった、と正直(?)に認めている。 カド番になって辛いのに、しっかり敗因を分析してファンに発信している。 偉い、と思う。 さすがプロだ。

第五局は12月4・5日、鹿児島の指宿で開催されるようです。

私は九州の上の方だけ(福岡、佐賀、長崎)しか行ったことがありません。 指宿って東京から飛行機で訪れるのでしょうか? サツマイモと果物が美味しそうです。 温泉も有名でしたか。

熊本の阿蘇山と熊本城、大分の由布院と黒川温泉、鹿児島の桜島、宮崎は・・・ マンゴー? 死ぬまでには一度訪れたいです。

ハブ勝ち P10 玄妙

酒仙様>>> 58飛ですよね
>と 小生 アマ ヘボ3段は思った 自覚しておりますので ご心配なく

愚 チェスアマ ヘボは58飛はまずいと思いましたが、68飛は(打ち込みはないけれども)チェスにもよくあるサクリファイスの手筋なので、指されたときは「こじゃれた手」だと思いました。
 
>その前にも ハブ 桂打ち 飛車よりで 桂に当てた時 49から銀と思ったが
>48銀 さすがに役者が違う それがプロでしょう

人名は間違っているやも知れませぬが、藤井他複数のプロが49銀を中心に読んでいましたね。それで、48銀には、なんだか(分からないけれども)「偉い」と書きました。 「玄妙」と評せるほど分かってはいませぬ故。

喝采様> 今シリーズは、ハブの真剣度が桁違い(あるいは異次元)なのではないでしょうか。

そうですね。それ以外でも今回の喝采さんの一連のコメントは、首肯できます。

御茶園様>最近のハブ、
戸惑うほど振れ幅がデカイ

成る程。愚には技術的なことは皆目分かりませぬが、年のせいか、時期のせいか。

>まあ・・今日の勝ちは嬉しいけど

左様。今回渡辺に勝ってくれれば、後はどうなっときゃあなろたい♪

ハブ勝ちP9

喝采 さん

>>> 58飛ですよね
と 小生 アマ ヘボ3段は思った 自覚しておりますので ご心配なく 

その前にも ハブ 桂打ち 飛車よりで 桂に当てた時 49から銀と思ったが
48銀 さすがに役者が違う それがプロでしょう

ハブ勝ちP8

越さん。
うまそうなカレーで、よだれが出そう。
小生のは、レトルトで今三ぐらいでした。卵を入れたが、リカバリーできず。

本局ヤグラ戦、仕掛けた(その前にハブが角出で歩を切っていましたが)のは、渡辺だった気がしますが。
小生のようなへぼ将棋では、ヤグラは全く分かりません。

酒仙さん。

58飛ですよね。普通へぼ(酒仙さんの事を云っているのではありません)は。
68飛は、木村が発見して、深浦が感心していましたね(役作り上かもしれませんが)。

お茶さん。

第3局(あれも凄い構想だったと思いますが)は別として、今シリーズは、ハブの凄みが出続けている感じがしますけど。
シリーズ前の菅井、中村戦は、度がつくほど酷かったですね。

ハブ勝ち P7

最近のハブ、
戸惑うほど振れ幅がデカイ。

まあ・・今日の勝ちは嬉しいけど。

ハブ勝ち P6

>>> ▽6八飛はいい手だった。 タマネギの飛
あの局面 見てましたが 58飛ONLY と 思ってました
さすが ハブ

ハブ勝ち P5

喝采さん、こんばんは。

私は、▽7二飛辺りは観ていました。 ▲8一馬に▽7三飛がいい、と解説されていて▽7五飛だったのです。 踏み込みがいいというのは、もしかしたらつんのめっているのではないかと思えるような表現。 私は、羽生が攻め急ぎで渡辺の方が受けの懐が深いと思っていました。

相矢倉は攻守ゴチャゴチャして最終盤がおもしろい将棋だと理解していました。 組みあがる前に機敏に動いた羽生が秀逸だったと言うほかありません。

まだまだわかりませんよ。 3連敗4連勝した渡辺ですから。 この時も死んだふり戦法だった。 ここからおもしろくなると信じています。

▽6八飛はいい手だった。 タマネギの飛。 なんだか幸せだ。 (エビフライカレーにしました。タマネギをいっぱいぶち込んでうまかった)

ハブ勝ちP4

小生もカレーでした。ので、なんとなく。

小生が68飛から後手をもって指しついだら、絶対負けるというのは、確かだろう。

>読みの波長があ合わないのかもしれない

そうも言えるかもしれませんが、今シリーズは、ハブの真剣度が桁違い(あるいは異次元)なのではないでしょうか。

羽生勝 P3

みなさん、こんばんは。

タマネギを切っていて最終盤は観られませんでした(もうじきカレーができる)。 羽生、永世七冠へ立直。

▽6八飛、しびれました! 現地で観ていたらもっと震えたでしょう。 いい手でした。 「魚釣りの歩」ならぬ「タマネギの飛」と名付けましょう。

ん?! みなさん不満かな。 ▽6八飛、が指されて勝負が決まった、という意味なのですが。

これでシリーズの予想は(ブ)様が立直、(寅)様4回戦敗退です。 でもまだわかりませんよ。 羽生の踏み込みが良かったけど、渡辺が不出来だっただけかもしれない。

応援団のみなさんもお疲れ様でした。 (斬り合いにならないシリーズです。私はちょっと残念。読みの波長があ合わないのかもしれない)

羽生勝 P2

今回は 開始前に 予言しておいた

ハブから見て
〇 〇 X 〇 <ここまで パーフェクト
これからは X 〇 となるであろう

いつも当たらない どこぞの誰かが 高級ウイスキー1本持ってくれば 
秘密を 教えてシンゼヨウ
イヒヒ 

永世7冠王手

ハブ、なかなか良い内容の勝ち方だと思いました。圧勝ですか?
直線的に出て、遠見の角あたりで、危なくなった(細い攻めに見えたが、なんのなんのかな)かに見えましたが。

やはり、ハブは対渡辺のコツを既につかんでいましたかね。

曲線を少し抑え、直線でつぶす策?
シリーズ全体で圧力をかける?勝負術(深浦も示唆していたが。王位戦で随分経験したのでしょう)。

渡辺は、スランプですかね。空気の影響は大き過ぎるのかな。

深浦(熱血・直情)・木村(洒脱・とぼけ)の、代理戦争みたいなやりとり面白かった。
双方役に徹していたのか、地が出ていたのか。

飯野と安食でよかった。キャスティング成功かな。

アベマ、殊勲賞ですね。

羽生勝

良かった

53銀打ち

最後のお願い 無理だろう

追加
逃げろ 43へ
41でもいいのか < ここへ逃げた

97手目▲5七玉 P2

>>> 今、▽6八飛!!! なるほど~

同感

97手目▲5七玉

僭越ながら▽5八飛、で必至が掛かると思います。

え!   今、▽6八飛!!! なるほど~

88手目

4九銀が予想されていた所4八銀。何か「偉い」と感じる。

85手目▲3八飛

今86手目▽3四銀、と銀を取りました。

途中観ていないところもありましたが、羽生が踏み込み良く攻めています。

おっと どんどん進んでいます。 切れないかどうかだけ。 渡辺は受けも強い。

84手目

暫く先後勘違いして見ていました。後手良さげで嬉し。

読売が只で見せて居るのはヨロシ。

52手目▽7二飛(昼食休憩)

▲2四歩の突き捨て(封じ手)は無い、と私は思っていました。 以前ならちょっと早過ぎるという感覚です。 これは手抜きできないのでもう少し後でも入る。 ただし、先手は飛車先が直通し後手は歩得だけど手損した。

▽7二飛は勝負手ではないか(つまり後手が悪い)と書かれていますが、勝負手と勝負所は違うと思います。 相矢倉と言っても途中から激しくなっておもしろいですね。

こっちは午前中大雨でしたが、午後から晴れてきました。 いい勝負を期待しています。

午前中

封じ手は、渡辺が攻めに出た手で、解説陣は多少意外感があった模様。

そのあと、ハブが巧妙に切り返しを図って、深浦はハブよしの判断のようだ。

ハブがミスせずいけば、いけそうかな。

渡辺、いまだAI時代のフォーム身について居らずか(へぼ将棋の素人判断)。

封じ手0.1

少し寒さが緩んだか、風がやんだからか。

>三条でやっているため、NHKや民放のニュースでチロチロやっています。 

 羨まし。というか地方独自即興ネタもよいですね。

>喝采さん御指摘の羽生の衣装、侍の裃とか高名な噺家とかを連想される正装に見えます。 
>対して渡辺の秋を思わせる華やかで重厚な感じを受ける色調の衣装も何だか決意を感じます。

 そうですね。しかし、小生は渡辺のこの衣装は、結構見慣れている気がするので。

>あ~あっ   後ろに一日ズレてくれれば終盤を観に行けたのに・・・ 明後日は車のリコールで修理の予約に替わりました・・・(悲)

 現役ならではの、残念ですか。

封じ手になりました

40手目▽6四同角、のところです。

最高峰のお二人にとやかく言えませんが、私にとっては意外な展開です。 相矢倉はあまり相手の言いなりになりたくない、というのが主張。 それとも私の大局観が古過ぎるのでしょうか。 封じ手前の数手は予想できませんでした。

こう進めば封じ手は▲4六角のぶっつけ一手のみ。 渡辺はこれに限定したかったのかなぁ~

応手は▽4六同角ではなく▽7三銀を予想したいです。 ここまでは当たると思いますが後はわからない。 (違ったらすみません)

三条でやっているため、NHKや民放のニュースでチロチロやっています。 喝采さん御指摘の羽生の衣装、侍の裃とか高名な噺家とかを連想される正装に見えます。 対して渡辺の秋を思わせる華やかで重厚な感じを受ける色調の衣装も何だか決意を感じます。

あ~あっ   後ろに一日ズレてくれれば終盤を観に行けたのに・・・ 明後日は車のリコールで修理の予約に替わりました・・・(悲)

昼休

今日は祝日なんですね。
ワイドショーは平日スケジュールなので、あれっという感じ。

相矢倉。両者十分。これまで指してきている。

後手ハブ。時間を使っている。
手番で、休憩時間も考えられる。

へぼ将棋の小生、ヤグラは苦手。
ただ、先攻されても1回反撃のチャンスがあるのではと、思うに至っていますな。

追記:ハブの和装。よい色ですね。紋がアクセントになっている。
   観光、食事・おやつくらいしか(のみ)、将棋以外の注目点が無い中、使えますね。
   ハブ夫人のヒットですね。

始まっています

先手・渡辺▲7六歩から相矢倉の早囲い風です。 

もう22手まで進んでいます。 私は相矢倉が好き。

始まっています

先手・渡辺▲7六歩から相矢倉の早囲い風です。 

もう22手まで進んでいます。 私は相矢倉が好き。

いよいよ

新潟、寒そうですねぇー。

渡辺、移動日の前日が対局日(本日)だった。
手合い係が、どうですかと打診し、いいですよという事なのだろうかな。

ハブの時よりは、条件はよさげだが。間が空いていたから。

渡辺ブログより;「来週は火曜日に王将リーグ最終日、水曜日が竜王戦の移動日。前々から決まっている一斉は仕方がないとしても、
移動日前日の対局はなるべく避けるようにしているんですが、4時間の将棋なら、なんとか。
この辺りの考え方は人によるんですが、若い頃は睡眠の悩みがなかったので、何でもどんと来い、だったんですけども」

それはともかくとして、良い(小生が見て)将棋を見たいものだ。

三条

直接はよく知らないのですが、有名人が多く輩出されているそうです。

確か、ジャイアント馬場がそうじゃなかったかな?

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。