歳三参る

将棋・一般の話題について、自由気ままに書いていきます。

「知に働けば角が立つ、情に棹させば流される」

士道覚悟でなくっちゃ、やってられんねぇー。

追記:上記は、スレを立てた者の投稿姿勢ですので、
   その限りという事で、レスされる方は、自由気ままにお書きください。

投稿者: 喝采 投稿日時: 金, 09/22/2017 - 16:47 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

他山の石 P5

で、他山の石の英訳の方は、いかがですか? ウェブマスターに頼まないとして。

>My 娘 と 言うところ 冠詞がない

蛇足:Myは所有格と習ったのだが。小生は、意味は分かりましたけど。

電気ブランは効くなぁー。なぜ効くのかが分からないのだが。
丸山ワクチンみたいなものかな。

他山の石 P4

>>> 寅氏と酒仙さん、仲悪いの?
普通だと思ってますよ 小生は 
お会いしたことはありません し
相手がどう思っているかは 知りません 謎

寅さんの 英文ですが 厳密に言うと
My 娘 と 言うところ 冠詞がない 減点
連れてきた OK なのですが 現在完了にすべし
で 20点減点 でした 特に 他意はありません
日本人が間違えやすい 英作文です

管理人さんに 頼むこともないでしょう

他山の石 P3

やぼ承知なのだが。

投稿見て、思わず吹いたのは、めったにないことだったので。

寅氏と酒仙さん、仲悪いの?ぶふふ。

シドニー・ポアチエ。思わず思い出した。

夜の捜査線?夜の非常捜査線?だったか、若死にしたサッチョウの友人。彼が好きな映画と云っていたなぁ。
親父さんは、桜田門の警官だった。

ノドが痛くなってきたので、電気ブラン。もみじ柄のキリコのグラスで。

他山の石 P2

>>> Daughter brought a black husband
まあまあの 英文 80点

その昔の映画 思い出す
Guess who's coming for dinner

日本題名は 招かねざる客 シドニー・ポアチエ 主演
いい 映画だった

他山の石

下の娘は海外赴任で、特に願うわけではないが、

Daughter brought a black husband

でどないや!

同工のC P2

>>> ア ストーン オブ ア ディファレント マウンテン

なかなか いい訳だ 

> ウェブマスター様にお任せしましょう

了解

同工のC

こんにちは。

難しい~。が、面白い(興味深い)と感じるところもある。

まず、「同工」。読みも意味も分からぬ。

>前者のコンプレクシティ(頭文字C)は、サンタ・フェの賢人が創始したものでは有りませぬし、
>後者はこのカオス(頭文字C)、クリスタル(頭文字C)、
>カオスのエッジの3つにカテゴリー(頭文字C)分けしたところが、
>幾分標語的に文系受けするのやも知れぬと思います。

サンタ・フェ?ロスアラモスは、サンタフェにありましたっけ。もう忘れている。書かれていた本は既に処分済み(生前整理?)。
「文系受けする」。受けるとは、読者に、の意味と解しますが。小生に、受けているのかなぁー。結構気に入っているか(笑い)。
その時参集した科学者達が、作り出した分類表現と思いますがな。受けを狙って作り出したとは思えないけど、そうなのかもしれない。
『複雑系の科学』は小生が読んだ本の書名です。

>理系で複雑系の議論をするときには、クリスタルを取り上げることはまず無く、カオスの次はフラクタルを重視しまする。それからフラクタルより前に、
>数理科学でちょっと盛り上がったのは、カタストロフィー(頭文字C)理論でした。

フラクタルって、揺らぎでしたっけ?ロスアラモスの科学者たちは、理系文系混ざっての議論というところがミソだったそうで
(しかしもう古い話ですね)、そういう意味では、融合の成果なんですかね。
カタストロフィーは、破局?崩壊?
蛇足;エントロピーは、パラダイムチェンジでよく使われていたのを、なぜか、ふと思い出した。

>このカタストロフィーは、複雑系同様、科学工学の諸分野で古くから別々に研究されて来たものでしたが、
>統一的な見方が仏蘭西の天才的な人物により或る程度数学的に成功したため話題になりました。

なるほどー。複雑系は科学工学から出ていましたか。

>これに対して複雑系については、サンタ・フェの賢人達も共通の名称を定着させることに寄与したのでせうけれども、
>理系の立場では、特にそれ以上に学術的に評価していることは無いでせう。
>ただその分野の人は普及・宣伝・予算獲得・地位獲得のために大いに利用していることでせう。

なるほど。
その分野というより、運営者たちの資金集めの苦労は、小生が読んだ本にも書かれていました。
ただ、複雑系で書籍検索をかけると、何かまとまりがありそうに見えないものがたくさん出てきた覚えがありました。
素人向けに、分かりやすく書かれた、この本に最初(と同時に最後)に、出会ったのが小生のラッキーでしたか。

参集した科学者は、文系は、経済学者のみ、理系は、物理、化学、生物学者だったかな。

>カタストロフィー理論の創始者は、男女の恋愛における接近をカタストロフィーの例として説明しました。
>連続的に関係が濃密になるが、或るところで突然不連続に変化(カオスと見る立場もある。)になるのがカタストロフィー。
>それは恋愛の場合にはコイタス(頭文字C)そのもの。マタは破局(カタストロフィーの本来の意味)。

なるほど。

>掲示板の談義も同じで御座います。次第に議論の面白さが増し佳境に入るとりクライシス(頭文字C)も迫り、
>クライマックス(頭文字C)に達して「香香」と大団円になるか、クラッシュ(頭文字C)して「桂桂桂」(ケケケ)と終わる。

そういう場合もあるでしょうけど、全部が全部(大部分と云ってもよいかは分からぬが)そうではないような。
議論の面白さが連続的に増していった場合。そう言ったことになりましょうか(よく分からぬが)。

>それは第一に論客のキャパシティ(頭文字C)で決まるものであり、
>次いでキャラクター(頭文字C)やお互いの相性や運命次第で御座いますね。
>それでキャラクターはともかくキャパシティの小ささが露見するのは男としては怖いことで御座いますな~。

小生は、男としてでも、人間としてでも、怖いこととは思いませんなぁー。
歩曼さんは、それを怖いことと思われている?やはり権威者と自覚しているのだなぁー(小生の見立て)。

いずれにしても、「C尽くし」、キャパシティー十分だと思いまするよ。

>他山の石とせねば。(他山の石の英訳は「ア ストーン オブ ア ディファレント マウンテン」で良いので御座いますか?)

ウェブマスター様にお任せしましょう。

同工のC

おしまいなはんしたか

文科の人と理科の人間の物の見方の違いは、知的創造はともかく大いなる知的快楽を生みまする。

喝采様>『複雑系の科学』
>カオス、クリスタル、カオスの縁(ふち)の3つを発見

前者のコンプレクシティ(頭文字C)は、サンタ・フェの賢人が創始したものでは有りませぬし、後者はこのカオス(頭文字C)、クリスタル(頭文字C)、カオスのエッジの3つにカテゴリー(頭文字C)分けしたところが、幾分標語的に文系受けするのやも知れぬと思います。

理系で複雑系の議論をするときには、クリスタルを取り上げることはまず無く、カオスの次はフラクタルを重視しまする。それからフラクタルより前に、数理科学でちょっと盛り上がったのは、カタストロフィー(頭文字C)理論でした。

このカタストロフィーは、複雑系同様、科学工学の諸分野で古くから別々に研究されて来たものでしたが、統一的な見方が仏蘭西の天才的な人物により或る程度数学的に成功したため話題になりました。

これに対して複雑系については、サンタ・フェの賢人達も共通の名称を定着させることに寄与したのでせうけれども、理系の立場では、特にそれ以上に学術的に評価していることは無いでせう。ただその分野の人は普及・宣伝・予算獲得・地位獲得のために大いに利用していることでせう。

カタストロフィー理論の創始者は、男女の恋愛における接近をカタストロフィーの例として説明しました。連続的に関係が濃密になるが、或るところで突然不連続に変化(カオスと見る立場もある。)になるのがカタストロフィー。それは恋愛の場合にはコイタス(頭文字C)そのもの。マタは破局(カタストロフィーの本来の意味)。

掲示板の談義も同じで御座います。次第に議論の面白さが増し佳境に入るとりクライシス(頭文字C)も迫り、クライマックス(頭文字C)に達して「香香」と大団円になるか、クラッシュ(頭文字C)して「桂桂桂」(ケケケ)と終わる。

それは第一に論客のキャパシティ(頭文字C)で決まるものであり、次いでキャラクター(頭文字C)やお互いの相性や運命次第で御座いますね。それでキャラクターはともかくキャパシティの小ささが露見するのは男としては怖いことで御座いますな~。

他山の石とせねば。(他山の石の英訳は「ア ストーン オブ ア ディファレント マウンテン」で良いので御座いますか?)

同好の士P2.2

おっ!初見(記憶力?)ですが、「カオスの縁」は興味深い表現ですね!

確かに自覚はあるのですが、ホンマに「情熱家でウェット」なのかな?

「一線は越えていない」所を省みると、
「ある程度惰性の仕事に飽きが来て体力を持て余している適度に暇で好奇心旺盛」なだけなのかもしれない・・・

一昨日、実社会で久々に「怒り」を放ってしまい、手続きが面倒で、必要のない新しいスマホを求めるに至った事で、
自身の直情的行動パターンを非常に反省しているココ2日。

自己観照の為に、明日は、紅葉狩りついでに、比叡山か高野山にでも(麓から)歩いて行こうかしら?

「自然の営みに触れる」  政経塾はどないやねん!な松下幸之助に影響を受け過ぎ?

同好の士P2.1

1,2時間寝て目が覚め、飲み物を飲み、ゼリーを食べ、
布団に戻り、本を読む。
眠くなって寝て、昼前に起き、朝食・昼食を食べ、
昼寝。夕方起き出し、などという療養?生活の日も何日か、ですから、
現役引退もやむなしですわい。

>違うのは?私は、「UPDATE」と考えているのだが、「変節漢」と言われる部分?

 今は、あまり感じませんが、戦時?は、いろいろあるし、
 不明瞭(芸術的?)表現も、拍車をかけていたのかもしれませんね。

 これも以前書いた覚えがありますが、ロスアラモスの実験場施設(原爆実験場の使命を終えて長く空き家になっていた?)に、
 米国のノーベル賞級の、分野の異なる(文系理系の別なく)科学者たちを集め、長期間滞在してもらい、碩学達に自由気ままに異分野間の議論させ、
 そこから生じた成果をまとめたものに、『複雑系の科学』があります。

 その成果(いくつもあるが)の一つに、いわゆるAIの実験観察から、カオス、クリスタル、カオスの縁(ふち)の3つを発見した
 ということがあります。

 カオスは混沌ですから、なんら、意味を持たぬ、いわば、ぐちゃぐちゃどろどろがうごめく極致の世界。
 クリスタルは結晶ですから、すべてが法則通り定まっている、何ら変化のない整った不定の極致の世界。
 これに対して、カオスの縁では、新たな美しきものが次々に生起しては消えていく能動の極致の世界。

 我々の世界(地球といってもよいのかな)は、カオスの縁、そういうもの(小生の理解です)である(し、あらねばならぬ)という。
 
 つまり、変化のないものは、カオスか、クリスタルで、それが人間の世界であってはならない、という小生の解釈です。
 たとえば、精密無比の法律が作られたとして、それを厳密無比に運用する世界(クリスタル)と云うのは、人間の世界であってはならない。
 色で言えば、たとえば、3原色が、決して混じり合うことなく、それぞれ単色としてしか存在しない色世界。
 また、どこにも、何らの基準もない世界(カオス)、これも人間の世界であってはならない。
 色で言えば、絵の具のすべての色を混ぜ合わせたような色世界。

 変化する、変わるというのは、人間の本性でしょう。ネオンサインの電球の点滅のようなものは、ダメでしょうが、これは変化とは言わないですね。

>「筋を通さない」との批判を浴びたのは、駒音に於ける立ち位置や、
>石橋LPSAの代理人的駒込のオジサンとの距離感でしょうかネ。

 その辺りは、少なくとも現在の小生には思い当たることはありませんが。

>私の中の幼稚な部分で、今言う必要もないけど言いたいので書きますが、
>人として唾棄すべき存在と認めたのは、10年に渡る将棋界回遊で一人だけっす。
>(無論、お立場・職責を全うした、愛すべき米長さんでは無いですよ)

これは、一貫しておっしゃってますね。実際にお会いになって、話をされたり?していることから来るのでしょうか。

>何はともあれ、10年走ったが、現在は「三浦冤罪事件」で将棋界(プロ+関係者・一部ファン)の動向に対して、
>情報を入れ込んだが、なんとも言えん虚しさと言うか、燃え尽き感が生じた感じですかね。

小生は、どの世界に入っても(あれ、これも以前書いた事があったな)、本当に仲間に入れて欲しいという願望もなければ、
理解されたいという思いもありませんので、それは、棋士の集団・その関係者の集団に対しても、どの集団に対しても
乾いた感覚です。寅氏は情熱家でウェットな方とお見受けするので、そのへんは、疲労感を感じるのではないですかね。

>登山は五合目までにするべき。登れば登るほど見上げても瓦礫越しの空しか見えん!
>こう見えて、フェードアウトしそうになってるのですが、それを食い止めるだけの「怒り」が欲しいっす。

怒りは、強力です(刺激の強さという意味でも)から最大の推進力となるという感覚は、理解できます。

瞳孔の視? P2

>>> なんとも言えん虚しさと言うか、燃え尽き感が生じた感じですかね
虚しさ 同感
燃え尽きるほどやってないので そちらは大したことない
でも 興味はなくなった 
が まだ 何とはなしに しがみついてます
 
NHK 
ソータ対局 LIVEでするのであろうか?

竜王
ハブの 99個目のタイトルを 希望

つらつらP4

「ファイト」をお聞きになられたとか。
小生も聞いたことはありますが、歌詞も覚えていません。
好みの曲ではありません。ただ、ふと頭に浮かんだので、書きました。

中島みゆきは、デビュー作が最も、「らしくて」よかったかと。
歌は上手くないし、発声もひどいものだし、しかしそれが逆に魅力になっていたと思います。
(その頃、丸山圭子も札幌発で、ヒット曲を歌っていた。実体験に基づいていると、最近公表した。
その逸話プラスで、シンガーソングライターとしての好意度がかなり上がった)

そのあとメジャーになっていくのですが、スバル(ややよいが)も含め、小生の心には響きません。
ただ、1曲だけ、歌詞が好みというか、歌も好みの曲があります。
同情するなら金をくれといった子役が、その後だったかな、主役を張ったドラマの主題歌。

>愚は、
>● 他の書き手の評価をするのは、「よろしくない」(不道徳マタは不遜)とは全く思いませぬが、しばしば危険であることは確かだと思って居まする。
>(➡蛇足)

TPOによりけりと思います。

>● 一方で人物月旦は、きっと竹林の七賢もやっていた筈。

彼らは、閉鎖空間内での話では。掲示板は全世界に開かれた空間。

>● 他の書き手に賛辞を贈る、マタは阿諛追従する、マタは胡麻を擦る、マタは褒め殺すというのは、「評価」とは別枠で御座いますかな~。

そういう定義の元でなら、理解できる気がします。納得できるかは、これだけでは分かりません。
小生の場合は、意図を洞察せねばならぬと思うので。

>● 「評価」と「評」も別枠で御座いませぬかな~。

はいはい、了解。

>(蛇足) 実りある議論、討論、談論には「危険」は付き物。「ノーリスク、ノーリターン」(「ノーリスク、ノータリン」と言っても良い。)であり、>「ハイリスク、ハイリターン」ということも的外れではないやも知れませぬ。
>それは掲示板でも同じでせう。昔のオナゴさんの井戸端会議よりはマシなことをして居るつもりだから。

理解できます。が、リスクとリターンのバランスの程度ですね。問題は。

>蛇足の蛇足 「ホントにマシか?」などと聞くのは野暮というもの。愚文とて、わざわざ「つもり」と書いていることをお察しあれ。

権威者(と思われている者)の言は、誤謬の余地は狭められてしかるべきと思います。世間への影響(誤っていた場合の悪影響)が大きいので。
他者が誤謬だろうと気づいた時、それを指摘するか、さらに指摘する場合どういう風に指摘するか。他者にとっては結構悩ましいことでもありましょう。

>其マタ蛇足 最も魅力ある議論は、時に破滅的危険と、一歩の差、首の皮一枚、紙一重になるもので、そこに「空手の寸止め」や「居合術」同様、双方に>相当の忍耐と修練が必要だと思うので御座います。匿名掲示板が一番間合いが難しいやも知れませぬ。

善意(誰に対しては、問題ではなく、社会に対して位でいいかな)が存在していれば、難しさなど心配することはありますまい。
読み手全般は正しく捉え得るという前提で(信じて)、書いているのなら。誤読されたと思われたら、釈明しておけばよいのでは。

瞳孔の視?

私も最近外に飲みに行く機会がグッと減ったせいで、早寝で夜中3時頃に尿意?で目が覚める。
顔を洗って暖かい布団の中で本を読むのが心地よい!

喝采さんとも長いですね。(一見)対立する事も多いから、他の方よりも密度は高いでしょう。

しかしながら、永年の応酬を鑑みると、土方好きの共通点に象徴されるように、
年下の私が言うのも生意気ですが、触覚(感受性)は非常に似ていると思ってますよ。

なるべく参加したくない、政治や世情評論なんかを拝見していると、尚近いと思うところが多いのも確か。

違うのは?私は、「UPDATE」と考えているのだが、「変節漢」と言われる部分?
「筋を通さない」との批判を浴びたのは、駒音に於ける立ち位置や、石橋LPSAの代理人的駒込のオジサンとの距離感でしょうかネ。

今更批判する気は無いですが、「筋を通してる人」に肩入れするだけの人間臭さは持ち合わせているが、
「筋を通していない」事が自分で確認できれば、考えを変える。 程度の事で、
対象(駒音掲示板や近代将棋誌・LPSA)に関わること以外の人間的なものを根底から嫌うことはありません。
現実の問題でも摩擦を産んだ藁人形さんも、実像は頭が良くて話題も豊富で愉快な人でした。

私の中の幼稚な部分で、今言う必要もないけど言いたいので書きますが、
人として唾棄すべき存在と認めたのは、10年に渡る将棋界回遊で一人だけっす。
(無論、お立場・職責を全うした、愛すべき米長さんでは無いですよ)

何はともあれ、10年走ったが、現在は「三浦冤罪事件」で将棋界(プロ+関係者・一部ファン)の動向に対して、
情報を入れ込んだが、なんとも言えん虚しさと言うか、燃え尽き感が生じた感じですかね。

登山は五合目までにするべき。登れば登るほど見上げても瓦礫越しの空しか見えん!

こう見えて、フェードアウトしそうになってるのですが、それを食い止めるだけの「怒り」が欲しいっす。

西日本で体感する場所は無く感動したが、日野は空が広かった。

戦友・同志?いや同好の士

寅氏。おこんにちは。

寝つきが悪いもので。頭はぼーっとしているが、起き出してしまった。
のどが痛いので、電気ブランをノミながら。

>如何様に受け取られようが誰よりも真摯に書いてるつもりの私は、
>駒音〜派生の匿名掲示板から色々学べてます。
>不埒ながら、求めているのは、活力となる「怒り」かな?かも?

天邪鬼時代は見ているだけだったが、HN寅金になってからは、随分長い長いやり取りをしていますな。
掲示板上だけですが。

罵倒しあったり、エールを送ったりと、その他いろいろ。

最近、つらつら考えてみるに、相違要素は一杯あるが、類似要素も結構ある。
その中で一番、互いに影響を与えているのは(共有しているといった方がよいか)、
将棋会館(道場が主かな)への心理的?あるいは物理的接近度合い(経験値というか体験)かなと(あくまで、かな、です)。

小生の場合は、将棋会館への関りは、短期間で集中的であったが。

たとえば、千駄ヶ谷の会館(小生、福島は経験なし)では、
地下から5階(4階までではなかったよね)まで、小生、すべて入ったことがある(そういえば、応接室はない)。
当時、将棋会館はファンにオープンだった(今もそうかな?)。

休日は対局室で将棋大会ができたり、料金を払えば、宿泊室に泊まれたり。
順位戦を10分程度観戦出来たり(石田9段が、ファンサービスなのだろう、
ぼやいてくれたりした。彼は昔からほんとにサービス精神旺盛)。

会館道場の雰囲気は、寅氏も経験していて、よくお分かりだろう。
後にプロになる子供と指した経験も多々あろう。

なじみの職員がいるし(小生の場合は「いた」だが)、いろいろ話を聞くこともある(小生の場合はあった、だが)。

そういった共通体験全般から来る、プロ将棋界に対する見方は、決して同一ではないが、
たとえ正反対な意見でも理解はできると思いますね。勿論、理解できても納得できないものもかなりあるが。
少なくとも、その見方の背景はこれだろうなぁー、とかいう想像はできると思う。

このあたりの感覚は、戦友・同志という面もあるかもしれぬが、それより、同好の士といった方がより正確だと思いまするよ。

そろそろ、電気ブランが効いてきたので、寝ます。

ロヒンギャP0.1

おばんです。

猛烈に忙しくて、楽しみである書き込みが到底追いつきません。

ロヒンギャにおける宗教(住民)対立と植民地宗主国の関わり。

小生として保証はできませんが、ご意見の通りと思っています。

同じアセアンの、スハルト体制下のインドネシアも、まさにこの伝統のモデルケースでした。

オランダの植民地政策は何百年とこれをやり続けてきた。現地の華人(徴税請負をさせる)と現地の住民を反目させ分断統治する。
イギリスは、マレー半島でこれをやっていた。

オランダから独立したインドネシアがスカルノを経てスハルト体制になって、
スハルトは、華人(在住して長く住み着いた華僑の金持ち達)の利用プラス、
混在地域でのクリスチャンとイスラムの宗教(住民)対立を引き起こさせ、自身の体制維持に利用する。

またスハルト翼賛体制維持の選挙の仕組みを作り上げ、自身が大統領何選でも可能にし、長期政権を樹立した。
この仕組みにビルマ軍政(ネ・ウィン時代からかな)が注目し、それこそお手本(経典と云ってもよい程かな)にして実施。
やっと最近スー・チーに変わったわけだが。
スー・チーは日本留学経験があるので、日本としてはこれを利用したいところだろうが、どっこい、
旦那はイギリス人。イギリスの現地支配の巧みさは植民地放棄後も続いている。大したものである。
流石、前覇権国家ですね。

小生は、必要悪だったかなと思っていますが。

それから、スレの趣旨云々は、小生にのみ適用する趣旨ですので、
小生以外の書き手の方々は、無視していただきたいと思います。
それでなければ、多様性尊重を標榜する小生の姿勢に外れまするよ。

面白い・時に重要かもしれぬテーマはたくさん提示いただいていますが、上記事情ですので、
おいおい、取り上げさせていただく所存です。悪しからず。

ロヒンギャ

おしまいなはんしたか

酒スレでも、こちらでもチラと出たことが有ったとオミますが、取りあえず今回はこちらに。

他新聞もやって居そうなれど、毎日が朝夕刊で大特集。

で、今回良ぉーく分かったこと。それは、案の定

⚫️ イギリスが絡むまで、ロヒンギャとビルマの仏教徒は平和に暮らしていた。ご多聞にもれずイギリス人が反目、対立を煽り、互いに憎悪するようになった。

◆ 愚は今は記憶が薄れていまするが、インドの現代政治史は、一度かなりきちんと理解しました。しかし、このロヒンギャのことで、ガンジーの苦労に、今更のように思いいたりまする。

◆ 尤もイギリス人のイヤーゴ的狡猾さ以前に、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教共通の強烈な排他性が有るやも知れぬ。

それを窺わせるのは、

⚫️ 今回ロヒンギャを迫害しているのは、あくまでも彼等の暴動を鎮圧していると嘯くビルマ国軍であって、仏教徒は、イギリス時代を経たことから単に冷たいだけ。

但し、国軍は元々、イギリスによって仏教徒とロヒンギャの対立が起こって居たことから、現在に至る政策、行動をとることにしたと言える。

◆ この国軍の行動にはスーチー氏が、暗黙の支持をして来たことが、知られて来た。

◆ 元はと言えば、彼女の庇護国が植民地支配のためにやったことの後遺症だから、仮に止めたくても、国軍が言うことを聞かぬわけだ。

(蛇足) 大分前になるがシンガポールのカレー屋で、店のちょっと美人のオナゴさんに、或ることを尋ねたら、自分はムスリムだと言った。これが館林のように極く少数(200人)住んでいるのか、中国人とかなり混在して居るのか、その頃は全く問題意識に無かった。イスラムが問題になりだしたのは、いつからだろう? あまりにも何も知らぬ。

中島みゆき

中島みゆきに限らず、詩で勝負するシンガーはどうも苦手です。
男性ではコブクロとかゆずとか、私的には聴いててこっぱずかしく無いのか〜
なんて感覚になります。
何歳になっても赤川次郎やら宮部みゆきが好きとか言うもんかね?
ハルキストもかわらんかな?

如何様に受け取られようが誰よりも真摯に書いてるつもりの私は、
駒音〜派生の匿名掲示板から色々学べてます。
不埒ながら、求めているのは、活力となる「怒り」かな?かも?

まだ未体験ですが最悪逃げられる掲示板で、
どうでも良い事、故に、常に「怒り」たいっす。

しかし、ネットと言うのは、タイミングにより直以上にキツくなり、
大の大人が政党を離脱したり、本当の事件に繋がる事も散見される事から、
私の経験から学んだ用法と言うか価値観は間違っているんだろなっと、
薄々感じ出して来ています。気づくのが遅すぎかな?

よくよく考えたら、友人や家族以上に踏み込んだ話もしてるもんな〜
お付き合い頂いてる方への感謝が薄かったかもしれないけと、
パンダはいちいち客に媚びやんでも、どないしても可愛いっしょ!

つらつら P3(続)  中島みゆき(続)

承前。

(NHK側の希望とが重なったものか? 番組には愚の友人も2,3件で出てきたが・・・・・・カラ続ク)

やはり戦後の日本の科学技術の発展と隆盛の時代とそれを支えて来たスター級の技術者達(そこに経営者や科学者も絡む。)への、敬意と、その人達自身のご満悦と若き日への郷愁と、広い意味でそれに関わった大勢の人々や、直接的には無関係でも頑張った同世代の人々の共感に訴え、更には元気を取り戻させようともしている番組の性格マタは目的には、あの歌い方が合って居ると考えられたのであろう。

そうすると、映画の主題歌というよりは、復員軍人の愛好した軍歌に似た役割を果たすための歌だったのやも知れぬ。いずれにしても、ちょうどそれを支持する人々が居たわけだ。

勇壮と言うか悲壮と言うか、「ファイト」よりは歌詞に健康感があるが、歌としては、2000年の方が聴きやすい。純粋に歌唱として評価したら、「ファイト」と2000年の「希望の星」のどちらが良いかは知らぬぬが、声の若さ、柔らかな歌い方で前者が聴きやすい。
         ____________

喝采様>他の書き手の評価をするのは、よろしくないと、小生自身言っていながら

愚は、

● 他の書き手の評価をするのは、「よろしくない」(不道徳マタは不遜)とは全く思いませぬが、しばしば危険であることは確かだと思って居まする。(➡蛇足)

● 一方で人物月旦は、きっと竹林の七賢もやっていた筈。

● 他の書き手に賛辞を贈る、マタは阿諛追従する、マタは胡麻を擦る、マタは褒め殺すというのは、「評価」とは別枠で御座いますかな~。

● 「評価」と「評」も別枠で御座いませぬかな~。

(蛇足) 実りある議論、討論、談論には「危険」は付き物。「ノーリスク、ノーリターン」(「ノーリスク、ノータリン」と言っても良い。)であり、「ハイリスク、ハイリターン」ということも的外れではないやも知れませぬ。

それは掲示板でも同じでせう。昔のオナゴさんの井戸端会議よりはマシなことをして居るつもりだから。

蛇足の蛇足 「ホントにマシか?」などと聞くのは野暮というもの。愚文とて、わざわざ「つもり」と書いていることをお察しあれ。

其マタ蛇足 最も魅力ある議論は、時に破滅的危険と、一歩の差、首の皮一枚、紙一重になるもので、そこに「空手の寸止め」や「居合術」同様、双方に相当の忍耐と修練が必要だと思うので御座います。匿名掲示板が一番間合いが難しいやも知れませぬ。

つらつら P3  中島みゆき

ボンジョルノ

このスレなかなかの佳境ですな~。極楽蜻蛉の季節は過ぎて、温泉に浸かる猿のような幸福感を楽しませて頂いて居まする。

(ふと思ったけれども、英語だったら、正統でも俗語でも、コーユーのは何とユーのかな~。日本人にしか無い至福感、愉悦感かもしれませぬ故。たとえば新鮮な魚貝の磯臭さが食欲をそそるときのように、決して我ら以外には通じない。

ま、魚に限れば、中国人に海の魚を食わせるようにした日本商社は反逆罪以上の大罪だけれども、あっという間に好きになられてしまったし、寿司も世界的になったから、後者は訂正というよりは限定を要するやも知れぬ。

ついでながら、蜻蛉も猿もテキトーに群れて居るのが、日本人が共感を持ちやすいところだと愚考しまする。)

喝采様>スレの趣旨に反するので

コリャ大変だ。どう忖度すればよろしいのかな~?

某国の人民裁判含みの「逆噴射」(原文再掲↓ 一部伏字)は、折角滅多に無い佳境に入りかけていた談論を、正に議論、スレ、掲示板の趣旨に反するとして、爆砕したものだったことを、他山の石とせねばなりませぬからな~。

(>「以前、盤測だったか、〓〇さんが逆噴射したことがあった、その原因の一つとなったのが、このレトリック?であったような」)
         _____________

さて中島みゆき。愚には疎いジャンルの音楽なれど、忖度すべくパソコンの内臓スピーカーのままで一聴しました。で、当座の感想ヲバ。

♪「ファイト」 暗いヨ~。最初は兎も角、強制性〓まで出てくる凄絶さ。

ただ声も若々しくて美しいし、歌詞の付け方もそう不自然ではないのが、歌唱としては好感を持てた。1983年と言うから31歳。

社会的には、バブルよりはすこし前だが「一億総中流」意識は完成していた。元々北海道のラジオキャラクターだったというから、主に戦後の一億総貧困の時代から努力して、「中流意識」を持つに至った人々が、過去の苦労を思い出して身につまされて聴いたものだろうか? そして更なる努力への闘志を・・・・・・穏やかに言えば「元気を貰った」。

ということは、今回の選挙で復活した、少なくとも継続的な衰退に一旦歯止めが掛かった、とも見られる戦後左翼のパラダイスを、音楽的に反映し象徴して居る歌の一つやも知れぬ。

最初に述べたように、見方によっては抜け目なく、マタはアザトく、オナゴさんの被害者意識に訴えて居ることも、見落としてはなるまい。

ついでにNHKの番組で、頭と耳が痛くなった「風の中のすばる」を確かめてみた。

♫ 「地上の星」 曲名はこれなんでした。2000年で48歳の若さだったせいか、未だ声も或る程度綺麗だったし、発音もそう壊れて居ない。全体で素直で歌唱としては良い方だった。

NHKは2008年で56歳。ここで夜叉に変わった。先ず「力んで」居る。発声が「吠えて」居る。それに子音が、ガキのシンガーのように、英語風になって居る。「カゼの中」が「クァゼの中」とか。

これは本人の声の衰えをカバーすることと、NHK側の希望とが重なったものか? 番組には愚の友人も2,3件で出てきたが・・・・・・

(続く)

つらつら P2

>>> 中島みゆきの ファイト
知らなかった 聞いたことがない 
そのうちに 調べます 彼女も もう 60過ぎたろう

>>> 犯罪犠牲者、どなたもお気の毒です
今でも覚えている アメリカで ビジネス上のつながりの女性 小生はそれほど関係なく 月に 1度程度会釈をかわす程度 別れた夫が ピストル乱射 こんなことがあるのだろうかと思った

>>> 謝ったり、ミステイクを認めたりしたことのある 書き手、ベストスリー
に 小生の名が 認めます > ま~ 素直に 謙虚に 楽しく

教授のスレ
高尚で 付いていけませぬ 故に 黙ってます 

つらつら、ファイト!

中島みゆきの曲に「ファイト」がある。
老骨鞭打ち、年寄りの冷や水。ふと思い出した、ファイト、なんでかなぁー。

犯罪犠牲者、どなたもお気の毒ですぇー。

>そう言う見方(むしろ言い方)も有りますかな~。寅○さんや愚は理工系という本来的にはガサツでブッチャケな者達の世界。喝采さんとか筒○さんは文系
>(法経でなく、文学、歴史系)で、本来的にはお上品で粋マタは気障な人々の世界。

ほんまでっかー?寅氏。
2項対立戦術。「東大論法」だったかの本にあったかなぁー。駒音時代の下世話な話に出てきていたかなぁー

そういえば、この掲示板で、謝罪というほど大げさではなくても、謝ったり、ミステイクを認めたりしたことのある、
書き手、ベストスリーは、誰になるかなと、ふと。

酒仙さん、越中さん、小生しか思いつかなかった。
それ以外の方は、無謬という事なのでせうか。

他の書き手の評価をするのは、よろしくないと、小生自身言っていながら。反省(いつまでたってもだな)。

夏場の八海山頂上付近で群れていたアキアカネ(色が緑かかっていた)の大群、秋には里に下りてくるが、その間、食糧事情はどうなんだろうか?
藪の中のヤンマは、食料に困らなさそうだが。

イトトンボの餌の大きさは、どのくらいなのかな。

カゲロウの成虫はエサを食べるのかな。

空高し P3

>>> 今日は坂本弁護士一家の28周忌

そうですか 想い出しても痛ましいい事件でした 合掌
弁護士のお母さん 江川女史に 嫌いよ と 言ったのは ヨーク解る
かわいい孫を失った気持ち いかばかりであったか

女史も そのトラウマを背負って あれから生きてるだろうことは容易に想像できる
多くの人を傷つけた事件も風化したか

全員 死刑を待つのみ 結構
早く 執行しろ 税金の無駄

空高し P2  あきあかね

ボンソワール

三連休の雨予報は丸外れ。気象庁職員は、極楽蜻蛉だからやって行けるのだろうな~。

佐久市で赤蜻蛉の目撃情報を集めている。極楽蜻蛉だらけの秋津洲(元は稲の害虫を取ってくれる蜻蛉の島の意味だった筈。蝗=稲子のように大きい虫は近眼の者が取って、世界一の近視民族になった。識字率が高いのも近眼のせい)。

>「以前、盤測だったか、筒〇さんが逆噴射したことがあった、その原因の一つとなったのが、このレトリック?であったような」

歩歩歩

そう言う見方(むしろ言い方)も有りますかな~。寅○さんや愚は理工系という本来的にはガサツでブッチャケな者達の世界。喝采さんとか筒○さんは文系(法経でなく、文学、歴史系)で、本来的にはお上品で粋マタは気障な人々の世界。

その最たる人々は、おフランス科の大江健三郎、立花隆、言語科の小田実。ここまで来ると鬱陶しいけれども・・・・・・

喝采さんにお付き合いいただいて居るのは、楽しいな~。

(我が言葉でふと「研修は楽しいな~」の教祖を思い出したら、何と色々な臆説有り。
https://matome.naver.jp/odai/2143287834098248701
まだ62歳の若さなんだ。

今日は坂本弁護士一家の28周忌という。合掌。県警本部長が捜査をさせなかった話も蒸し返される。)

筒○さんは、良さげな人なのに惜しかったな~。後一歩というか、首の皮一枚と言うか、紙一重というか。もしかしたら彼の国こそ「地上の楽園」やも知れぬが。

そういえばアサドは、イスラム国が滅び掛け、オバマ政権は既に亡い今、反政府派をどうやって居るのだろう。

(蛇足) 人気のイバンカさんは化学兵器使用に批判的。偉い。

空高し

大義なき選挙(宰相の追求逃れの為の私的無駄遣い?)が終わり、何が結果として残ったのか
(時が過ぎるにつれ、歴史的評価は定まっていくのだが)。いろいろあろうが、一つの見方。

希望(ミドリのたぬきが、リセットするといった時)の実態は、女帝独裁(若狭・細野切り)、自民補完(公明にとってかわる)、組織の体をなしていない、頭数を揃える資金の手当て(民進の税金経由の資金吸収)の目途をつけた、そういった存在。

あわよくば、政権交代(自民と連携、自民内のお友達に候補者絶たせず)、アベの代わりにたぬきが座る(国政が整えば、出馬発言から)。

この状況を察した、アンチ政権メディアが、反たぬきの合唱を始める。
これで立憲ブースト(しかし即席故、頭数足りず)。希望しぼむ(結局壊滅)。旧民進(立憲以外)右往左往(結局。資金があることもあり生き延びる)。

有権者はしらけ(ファミレスで選挙の話題、驚くなかれ皆無になった)、おまけに台風。投票率最低に。浮動票のかなりが動かず、その分、公明、共産、維新が低調に(運動部隊の高齢化もあったろうが)。

結果、自民に漁夫の利。しかし、宰相の窮地は変わらず。そこで保身に一層拍車がかかる。

さて第3幕で、芝居は終わりになるのか。

承前 P18

ご丁寧に持論を説明いただき感謝。

>愚の観察では、近年力を付けて来たイスラム勢力は、十字軍以来の西欧の圧倒に対して、総体的に巻き返を図っている。ジハードは、それも聖戦とする解釈>で、イランでも国是にしていると思う。

このあたりが、小生がお答えいただきたかったことに一番近いかと。
教義の中で「ジハード」がどういう文脈で使われているかは、専門家(それで飯を食っている人が主かな)に任せましょう。
イランの国是がジハードと云うのは、現在の小生の認識にはないが、反証があるか探す意欲もないので、ペンディングにしたいと思います。

>この問題は、もしかしたら学校時代からの専門も含めて、喝采さんの「土俵」だと見て応対すべきで御座いませう。で、「土俵に上がる」のではなく、理>系の一一般市民(一応知識階級に属する者)がどのように理解しているか、ご参考までに記して進ぜませう。最初のことは、前回既に述べました。

土俵ではまったくありませんので、付け加えておきます。知っている人達の中には飛びついた方々もおられましたが、小生の感覚には合わないので、
仲間に入るのは拒否してきましたし、今に至っても同様です。
そうは言っても、背景として知っていないと職業倫理に反するので、これらの人たちに、低姿勢でお尋ねしたりしたことはあります。

>ハハハ (居飛飛のほうがいいかな~。) これぞ懐かしい喝采さんスタイルの議論の仕方で御座いますねえ。以前、駒音でだったか、寅○さんが切れたこ>とが有ったような。

「有ったような」ですから、ぼかしているかに見えますが。
スタイルですか?この辺りの解釈は、小生の自覚とはかなりずれているように思います。
小生の価値観は、かなり、周辺とはずれがあるかな。あるいは表現の問題か。

>実は、ここ数年正体不明な妙な人が、愚の或る公募企画に参加するのに(金とは関係無し。念のため)こまごまと箇条書きにした質問文を繰り返してメー>ルして来るので、余程お断りしようかと思ったけれども、「丁寧に謙虚に」、我慢して「説明」したことが有りました。
>[何か専門的ノウハウに由来するとは想像しました。後で分かったことは、知財情報管理(特許申請、システムの効率化?)を軸にした技術士で、工業高>校卒だけれども、大企業で恐らく傍流どころか日陰の部門で頑張っていて、新分野で時代のニーズの先端に達し、東工大で博士を取った人でした。どこか>の国立大学にも教授格で勤めたこともあるらし。
>(引退者の活動で、本人は有能なつもりで、一番迷惑をかけるタイプの一例やも知れませぬ。無論愚にも悪口を言っている者は少なからず居るから、同類>やも知れぬが、認知症と同じで本人が自覚してる方がマシで御座るよ。)]

こういうレトリック?には、次のように返礼いたしたくなるような(江屁屁)。
「以前、盤測だったか、筒〇さんが逆噴射したことがあった、その原因の一つとなったのが、このレトリック?であったような」

当代一流の知識人のご不自由なお指(頭脳ではない)を煩わせているのだから、と見過ごしてもよいのだが(笑い)。
ちょっとねぇー。スレの趣旨に反するので。

承前 P17

>>イスラム過激派は、自らイスラム教の教義に基づき行動していることを、明らかにしているのでやはり特異だと思いまする。

>教義の中のどの部分でしょうか?

ハハハ (居飛飛のほうがいいかな~。) これぞ懐かしい喝采さんスタイルの議論の仕方で御座いますねえ。以前、駒音でだったか、寅○さんが切れたことが有ったような。

実は、ここ数年正体不明な妙な人が、愚の或る公募企画に参加するのに(金とは関係無し。念のため)こまごまと箇条書きにした質問文を繰り返してメールして来るので、余程お断りしようかと思ったけれども、「丁寧に謙虚に」、我慢して「説明」したことが有りました。

[何か専門的ノウハウに由来するとは想像しました。後で分かったことは、知財情報管理(特許申請、システムの効率化?)を軸にした技術士で、工業高校卒だけれども、大企業で恐らく傍流どころか日陰の部門で頑張っていて、新分野で時代のニーズの先端に達し、東工大で博士を取った人でした。どこかの国立大学にも教授格で勤めたこともあるらし。

(引退者の活動で、本人は有能なつもりで、一番迷惑をかけるタイプの一例やも知れませぬ。無論愚にも悪口を言っている者は少なからず居るから、同類やも知れぬが、認知症と同じで本人が自覚してる方がマシで御座るよ。)]

さて、この問題は、もしかしたら学校時代からの専門も含めて、喝采さんの「土俵」だと見て応対すべきで御座いませう。で、「土俵に上がる」のではなく、理系の一一般市民(一応知識階級に属する者)がどのように理解しているか、ご参考までに記して進ぜませう。最初のことは、前回既に述べました。

1. イスラム過激派自身が絶えずそう主張して来ていることは歴然たる事実。

2. これに対して、当然のことながら、本来の教義と異なるという主張も有る。

3. 愚の観察では、後者が多様だが、少なくとも教義的に過激派を抑制する実効性が無い。

4. 後者は、愚見では、大別して二種有る。

   ● そもそも宗教は、イスラムに限らず、人類の幸福のために有る以上、テロ等が教義的に正当化される筈がないとするもの。
   ● コーランの個々の字句の解釈として、過激派の解釈が間違いだと「丁寧に説明」しようとするもの。

現実には、イスラムに限らず、経典の解釈は融通無碍で、時代と立場によって、いくらでも変わるものだ。

5. 一方で前者が、信じられやすいのは、先ずマホメット、近頃はムハンマドになったが、の言葉とされて人口に膾炙している「右手に剣を左手にコーランを」に基づく。

これこそは、キリスト教側の「イメージ操作」の成果、日本の場合は、教育が西欧史観に基づいて居る結果やも知れぬが、その辺の真相は、暇な時に調べたら、恐らく無数に面白い史実から奇説、珍説にまで出会えることだろう。

6. 次に比較的最近日本にも知られたのは、「聖戦」、マタはジハード。これはコーランの中の重要な言葉として実在することが知られている。例によって解釈もマタ分かれているに決まって居るが、現代のイスラム過激派全てがこの戦士だと名乗って居るのは、現実だ。
         _____________

愚の観察では、近年力を付けて来たイスラム勢力は、十字軍以来の西欧の圧倒に対して、総体的に巻き返を図っている。ジハードは、それも聖戦とする解釈で、イランでも国是にしていると思う。

[仏教の教義に「慈悲の心」が有り、儒教に「道徳心」が有るように、イスラムに「ジハード」が有り、半数の者はそれを「聖戦」と解していることは、否定できぬ。後はそのことをどう扱うか、言い繕うとか、こねくり回して小利口な論文に仕立て上げるとか、小賢しい売文にするとかならば、心得があればいくらでもやれるだろうし、稀にその域を超えるものも有るだろうが。]

中国も同じだが、この場合は、愚かな日本軍人のせいで、お人好しの日本人が狡猾な西欧人の分の肩代わりも合わせて、侵略責任を一手に被ってしまった。

なお、中国では、共産主義がイスラム教の代わりをして居る。これについても百家争鳴の議論が出来て、学者はともかく、さまざまなショーバイの人に煽られて、特に日本では、なまじ教育水準が高いために一般国民大衆までがそれに耽ったことが、今日の貧困で不毛な政治状況を産み出した元凶でも有るのだが。

承前 P16

>共産主義と、安倍語、アベイズム、マタはアベノミクスとは、何次元も違うことは確か。残念なことに今後数年の日本にとっては、安倍問題がずっと大きな>問題で御座いまするが。

仰る通りだと思います。

>イスラム過激派は、自らイスラム教の教義に基づき行動していることを、明らかにしているのでやはり特異だと思いまする。

教義の中のどの部分でしょうか?

ヒンドゥーについては、ヒンドゥーナショナリズムの文脈で見た覚えがありましたが、詳しくは思い出せません。
この宗教は、聖典が戦争叙事詩でもある(含んでいるなのかな)ので、好戦性は否めないように思います。

承前 P15

>小生は、外してしまっては、上記に反することになりかねないので、外しては意味がなくなります。

社会と言うよりは、愚かな人類がという方が愚には分かりやすいけれども、この辺は喝采さんのプロ領域で御座いませう。(➡蛇足)

>アベの言うイメージ操作は、対象外

共産主義と、安倍語、アベイズム、マタはアベノミクスとは、何次元も違うことは確か。残念なことに今後数年の日本にとっては、安倍問題がずっと大きな問題で御座いまするが。

(蛇足) 現地でカタラン語を「方言」と言って、危うく今の独立派をオフェンドするところだったことを思い出しまする。


>>クリスチャン過激派、無宗教過激派、仏教過激派・ヒンドゥー過激派(例えばミャンマーやスリランカの過激派)という言葉づかいにしなければ、公平でないですね。

>これについては、いかがかな。KKK・IRAはクリスチャン・プロテスタント過激派とは言わないが、実質同じ?

イスラム過激派は、自らイスラム教の教義に基づき行動していることを、明らかにしているのでやはり特異だと思いまする。キリスト教は昔の十字軍は別とすれば、類似の例は知りませぬ。何か現在の世界人類を脅かす有力な過激集団で、イスラム教以外の宗教を行動目的と一体化している実例がありますか?

KKKもIRAも、特定宗教の信徒が実質的に多いとしても、それと行動目的とは明示的には関連づけられていない。ヒンドゥー教徒の過激集団については全く知りませぬ故ご教示くだされませ。

防衛

ホクセン(センカク・竹島)ばかりが注目されるが、
日本(に限らず)の生命線は、経済。

外資の日本不動産買い、株買い、企業買いの入出は、バランスが取れているのか?
政権の防衛重要課題は、ここであろう。

戦争にしか目がいかない宰相は、子供の戦争ごっこと変わらない。

だから、籠、カケの処理すら満足にできない。

本末転倒宰相の名を献じよう。

岸田、石破がもたもたしているから、小泉ジュニアがポイントを稼いでいる。

承前 P14

どうもです。

>「イメージ操作」というと、本来は誤りなイメージを愚かな人々に信じさせる行為で御座いますね。

ここが、小生の感覚と違っています。
「愚かな人々」ではなく、「人々」です。賢明と思っている人も、実はそれほど賢明でもない思考をするときもあるので、
全般的に人々と丸めて捉えています。

>(「社会自体に依る操作」という言葉は、差し当たり今回の議論から外しませう。そのような概念を論じるのは面白い議論として、少なくとも遊戯としては.
>成立するだろうけれども、今の問題が正体不明になるから。

小生は、外してしまっては、上記に反することになりかねないので、外しては意味がなくなります。
「今の問題」は、歩曼さんの取り上げたい問題でしょうから、小生としては、考慮外でありました。
アベの言うイメージ操作は、対象外でした。
そもそも、アベの言葉づかいは、空疎であり、意味があるとも思っていないのです。で、議論に触手が動かない事が結構あります。

>その層に依るよりは、イスラム教徒(←ここに過激派と付けるのがお好みで御座いますか?)に依って、現に頻発しているテロから、

過激派をつけずにイスラム教徒のテロを論じるのは、余りに雑過ぎて、小生は議論についていけませんね。

>「イスラム過激派」とわざわざ限定して居るのは、正に一般の敬虔マタは善良なイスラム教徒や、或る程度急進的や行動的なイスラム教徒と区別するもの>であり、イスラム教徒を誹謗しているわけでは有りませぬよ。

そういう意味で「イスラム過激派」という言葉を捉えているのなら、結構です、が、愚かなもの(小生は前記のように、この件でこの言葉は使いませんが)は、どう捉えるか。賢明なものには分からない(想像し難い)のかな。

>>クリスチャン過激派、無宗教過激派、仏教過激派・ヒンドゥー過激派(例えばミャンマーやスリランカの過激派)という言葉づかいにしなければ、公平>>でないですね。

これについては、いかがかな。KKK・IRAはクリスチャン・プロテスタント過激派とは言わないが、実質同じ?

>公安だとしたら、その瞬間に、全てを察知して「対象者(獲物)」でないと判断して興味を失ったか、本当にどうしようもないダメ職員だったか。

多分、興味を失ったというのは、的を射ているように思います。
先方の疑問に答えた後、変な奴だと思ったので、いろいろ、こちらから、つじつまが合う事を云っているか根掘り葉掘り、お訊ねしました。
しどろもどろとまではいきませんでしたが、先方が述べたことに関する知識の無さは露呈していました。
最後は、先方はうんざりしていました。それで、先に店を出て行った。小生は読書に戻った。

今思えば、あー日本でよかった、と。

承前 P13 イメージ操作?

喝采様>共産主義イコール悪イメージは、定着してきつつあるようですが、これなどイメージ操作
(個人の、ではなく社会の、と云ってもよいかもしれません)の最たる例でしょう

「イメージ操作」というと、本来は誤りなイメージを愚かな人々に信じさせる行為で御座いますね。

しかし「共産主義イコール悪イメージ」は、特定集団の操作(「社会自体に依る操作」という言葉は、差し当たり今回の議論から外しませう。そのような概念を論じるのは面白い議論として、少なくとも遊戯としては成立するだろうけれども、今の問題が正体不明になるから。)によって定着したわけでなく、歴史的経過の中で、相当多くの人の中に定着してしまったので御座いますよ。

◎ 天然自然マタは必然的にか自業自得で世人がそういうイメージを持つに至っている。仮令それが謬見であっても断じて愚か者がイメージ操作に引っかかったのでは有りませぬ。

例えば、普通の人がしない悪いことをして人に迷惑をかけたか、そう見られるだけの十分な理由がある人が、悪いと思われることを、イメージ操作の結果だと呼ぶのはおかしい。

◎ 天然自然マタは必然的にか自業自得で世人がそういうイメージを持つに至っている。仮令それが謬見であっても断じて愚か者がイメージ操作に引っかかったのでは有りませぬ。

安倍氏か、モリカケ問題で忖度したと見られる官僚が悪く見られているのは、安倍氏が主張するようなイメージ操作のせいでは有りませぬ。

◎ 天然自然マタは必然的にか自業自得で世人がそういうイメージを持つに至っている。仮令それが謬見であっても断じて愚か者がイメージ操作に引っかかったのでは有りませぬ。

>イスラムイコール悪のイメージ。これも誘導している層がありそう。

そのような誘導をしているか、指摘しているか、主張して居る層は、共産主義の場合にも存在していたし、他の思想、宗教にも多かれ少なかれ必ず有る。

>イスラームの中の平等思想、弱者救済思想をよく思わない層が。

その層に依るよりは、イスラム教徒(←ここに過激派と付けるのがお好みで御座いますか?)に依って、現に頻発しているテロから、

◎ 天然自然マタは必然的にか自業自得で世人がそういうイメージを持つに至っている。仮令それが謬見であっても断じて愚か者がイメージ操作に引っかかったのでは有りませぬ。

>イスラム過激派というなら、クリスチャン過激派、無宗教過激派、仏教過激派・ヒンドゥー過激派(例えばミャンマーやスリランカの過激派)という言葉づかいにしなければ、公平でないですね。

「イスラム過激派」とわざわざ限定して居るのは、正に一般の敬虔マタは善良なイスラム教徒や、或る程度急進的や行動的なイスラム教徒と区別するものであり、イスラム教徒を誹謗しているわけでは有りませぬよ。そう受け取りたがる人が居るのは仕方ありませぬ。

>昔、茶店のカウンターで「ジャワ」(アニミズム的イスラムで根っこは、ヒンドゥー仏教の土地柄)について書かれた英文献を読んでいたら、いかにも目つきの悪い公安風の男が、話しかけてきました。下手な近づき方だったので、一発で分かりましたが(実際は単なる変人かもしれないが)。

どちらかと言えば公安かも。公安の目つきは悪いというよりは、スリの眼に近いイメージを持ちまする。下手な近づき方だったというのは、日本の公安の下っ端の典型やも知れませぬ。彼等は単に市井の人の動向を探って居るのではなくて、怪しい者を「威圧的に牽制する」意図も有るから、ソ連の秘密警察の監視員のようにソフトでさりげなく寄っては来ませぬね。ま、未熟と言うか、格が違うということで御座います。

>イスラームもいろいろあるからね、と、いろいろ教えてやったが、さっぱり理解した風でなかった。

公安だとしたら、その瞬間に、全てを察知して「対象者(獲物)」でないと判断して興味を失ったか、本当にどうしようもないダメ職員だったか。

承前 P12

言葉(語彙)は、その時代時代、その個人個人で異なった認識がなされている、というようなことは、過去にも何回か書いた事がありますが。

その言葉に良いイメージを重ねたり、悪いイメージを重ねたりして、意図的に操作する者がいるのも事実でしょう。

共産主義イコール悪イメージは、定着してきつつあるようですが、これなどイメージ操作
(個人の、ではなく社会の、と云ってもよいかもしれません)の最たる例でしょう。

イスラムイコール悪のイメージ。これも誘導している層がありそう。
イスラームの中の平等思想、弱者救済思想をよく思わない層が。

イスラム過激派というなら、クリスチャン過激派、無宗教過激派、仏教過激派・ヒンドゥー過激派(例えばミャンマーやスリランカの過激派)
という言葉づかいにしなければ、公平でないですね。

昔、茶店のカウンターで「ジャワ」(アニミズム的イスラムで根っこは、ヒンドゥー仏教の土地柄)
について書かれた英文献を読んでいたら、いかにも目つきの悪い公安風の男が、
話しかけてきました。下手な近づき方だったので、一発で分かりましたが(実際は単なる変人かもしれないが)。

イスラームもいろいろあるからね、と、いろいろ教えてやったが、さっぱり理解した風でなかった。
当たり前ですよね(笑い)。彼は仕事でイスラム過激派探しをしているのだろうから。
無駄な時間を過ごしているものだ(笑い)。

承前 P11

喝采さん、こんばんは。

私の例えが言葉足らずでした。 日曜の番組で田中某はたぶん「リベラル」と言っている連中(議員)の中で幅広く主張があり、現在の日本では私が下に示したように分類できることがある、という内容でした。 黒板にチョークで書いて、例えば、などの言葉を選んで穏やかに説明していました。

左翼の定義! 難しいですね。 うろ覚え

以前、何かで読んだことでは、フランス革命の時(?)に政権側に反対するグループが議場の議長から見て左側に陣取った。 このことから、現政権・政策に反対し改革を求めるグループを左翼と定義する、というような感じでした。

日本の右翼に関しては、ニクソン大統領来日にあたり(日米安保反対の?)革命家や学生運動家の暴動を抑える警察や警備の人員が不足した。 そこで児玉よしお(漢字?)にやくざ、テキヤなどを束ねさせ「俺たちは右翼なんだ」と認識させ、左翼の活動家に対抗させた・・・   なんとなく覚えている程度ですが。

左翼とか右翼は、その時の政権に対し相対的にどのような立ち位置をしているのか、ということでいいのかな。

承前 P10

グダフタヌーン

>>左翼的リベラルとは「基本的人権」とか「環境問題」などの主張を譲ることは無い

>そういう捉え方もあり、まあ、納得性は得られるでしょうが、自分は「それなんだ」という事は確かでしょう

即「美辞麗句」という言葉が浮かびました。「巧言令色鮮し仁」で御座いますかな~。

所で、この人たちは中国の人権問題では、保守リベラルよりもむしろ鈍感ということはありませぬのか?

>田中秀征

毛並みの良さげなインテリの前時代的限界(上品すぎる。)を感じまする。樺殺し(転んだだけなら死なぬ。)の頃の駒場寮委員長だったとは知りませんでした。
http://genuinita.blog.fc2.com/blog-entry-309.html?sp

この記事の信頼性は知らぬが、事実が十分の一だったとしても、後藤田が、岸の恐ろしさ(その血を引く安倍氏を誉めなかった。)を語ったことは納得しまする。

承前 P9.1

田中秀征でしたか。暴漢に襲われた人とは違うかな。違うな。あれは、えーと・・・。

「左翼」という言葉は、意味の幅が広すぎて、これは当てはまらないと云えば、ほとんど当てはまってしまうでしょう。
彼は、どういう意味で使ったのかな。

>左翼的リベラルとは「基本的人権」とか「環境問題」などの主張を譲ることは無い、

そういう捉え方もあり、まあ、納得性は得られるでしょうが、自分は「それなんだ」という事は確かでしょう。

承前 P9

みなさん、こんばんは。 まだ起きていたのでちょっとだけ。

確認していないのですが、一昨日の日曜のTBS関口の番組です。 スポーツコーナーが終わって少しした頃。

田中(だったと思うけど?)という常連解説ゲスト、この人は「さきがけ」に居たらしい。 リベラル保守を説明していました。

「言論の自由」とか「平和外交」などを目指すものだ、と。 そして枝野は決して左翼では無く昔のさきがけに近い考え方だ、というものです。 自民のリベラル派にもこのように考えている議員はいっぱい居ると。

ちなみに左翼的リベラルとは「基本的人権」とか「環境問題」などの主張を譲ることは無い、こんな感じに説明していました。

無知な私にはきわめてわかりやすかったのですが、合っているのでしょうか? 改めてこう言われるまで実は知らなかったのです。

喝采さん、こんばんは。 遅れたのでP9に改めました。 これからP8を拝見して寝ます。

承前 P8

戦後間もない頃から、ソ連が社会党に資金提供していたとか。
米国も社会党に金を渡していたかな?

米国は自民党?(保守合同前はどうだったかな)に資金提供を申し出たが、自民党が断ったとか。

外国に資金提供されなくてもやっていける国になって、よかったどすなぁー。

それも「戦争放棄」のおかげ?ふふふ。

まっ、状況次第でしょうけど、状況をどう判断するかで、戦前に戻るか、危険でない未来に進めるか、
難しいですね。

結果考えなければ、気楽だが。それで戦争に突っ込んでいって、大敗し、父母の世代は苦労させられた。

少しは賢くなっているかと思いきや、どうなんでしょうね。最近の20代は。

承前 P7

その昔 一部の国が 日本の左翼に 資金を渡し 
ついでに 教育にも影響を与え > ありましたね
平和憲法の美名の下に フルチンにして
もう そうはいきませんよ 完全武装すべし

以前の 社会党の凋落 現在の 社民党の没落 むべなるかな

立 の 頂点は今だろう 楽しむべし
しかし 管 と 海江田 当選するとは 驚
代々木に足を向けて寝れないだろう
が 今回で最後ですよ 御覚悟 大笑

承前 P6

栗慎(ご存命でしたか、進次郎のお父ちゃんも存命か)は、
父小泉の大学時代の家庭教師。何を教えていたのかな。
経済原論あるいは経済数学あるいは統計学かな。必修だから、落とせば進級できなかった?
優秀な帰国子女で、日本語が出来なかったので、進学を諦めた学部だからなぁー。

わが宰相は、平沢が家庭教師。何を習ったのか?
法学概論、憲法論くらい、学士入学でもして習いなおすべきやでぇー?

核兵器製造について。
核ミサイルとH2Aでは雲泥の差があるらしい。そのまま使うのは、無理だそうだ。
どこで実験をやるのかな。陸上は無理だろうから、海洋汚染は避けられないか。
汚染兵器だなぁー。

核など管理も難しい。汚染兵器など時代遅れ。非効率、不採算この上ないものにわずかでも税金を使うな。

レーザー兵器を開発すればよい。今のままで作れるでしょ。電機会社、情報漏れ防止(これが死命を制する)を完全にし、気張りぃーや。
衛星に乗せておけば、大きな抑止力になるだろう。

承前 P5

世界中を相手にしてるわけではないので 100発など 不要

ロケット技術は 種子島から学べばよい それだけ

軍隊を持たねば 原爆を持たねば 攻撃されないとの幻想は 北 で 吹っ飛んだでしょう
やる国は 理由もなしにやってきます 自分の国は 自分で守るのです

>>> 原子力潜水艦
いらないでしょう 日本の場合 近海だけですから

日本が必要なのは 同盟強化
オースト NZ インド 英 仏 ブラジル 等々と 軍港相互利用を進めること
他には ベトナム フィリピン インドネシア マレーシア あたりか
単純に言えば 中国包囲網

承前 P4

酒仙様>核保有 すべきでしょう 20-30発 持っていればいい

喝采様>パンツをはいたサルもしくは、完全な酔っ払い

つい昨日か栗本がテレビで何かにコメントしていました。どっこい生きて居た。

核は今まではアメリカが認めなかったから、日本の中で、不毛な議論の定番にはならなかった。

費用は、広島に投下されたリトルボーイ原爆は高濃縮ウランを除けば、500万~3000万ドル(4~25億円)ほどの資金があれば素人でも作成可能とか。

日本にも高濃縮ウランの在庫は或る程度有るらしい。というのは安倍氏が濃縮ウラン、プルトニウム取り交ぜて311キロもアメリカに返却した事実が有るから。
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2014/03/post-636_2.php
(量は別サイトから。なお原発は低濃縮ウラン。)

日本の場合製造技術が高いから、ウランさえあれば、今回の選挙費用で32~200発作るのは簡単。実験場所が一番問題か。

他と比較すると、イージス艦1隻は海上自衛隊1500億円、アメリカ海軍900億円。

原子力潜水艦は37億ドル。原爆換算頼む。

※ 原爆数計算間違えました。訂正しました。

承前 P3

酒仙さん。  今晩は。ど真ん中ストライクですよ(笑い)。

>核保有 すべきでしょう 20-30発 持っていればいい

まず、ホクセンの核がミサイル搭載可能になったとして、日本に直接与える影響にどのようなものがあるのか?
くらいは考えていないと、パンツをはいたサルもしくは、完全な酔っ払いだと思いまするが(笑い)。

そして、我が国が、もし、同様の兵器を保有できたとして、それで、その影響にどのような変化を与えられるのか?

そして、製造コストと維持コストと保有することにおけるリスクのコスト。
その程度は、国民は判断材料として、知っておかねばねぇー。政府はおせーてくれるのかしらん。

ミサイル実験警報で、児童が机の下に隠れるなど、やらせる奴はバーカーでねぇーのと、世界の人たち(ホクセンを除く)は思うのでは?
そんな事より、隕石やチャイナの宇宙船落下の方が、とすら考えたくなるけど、警報鳴らして机の下に隠れるかなぁー。
酔っぱらって足がもつれて、机の角に頭をぶつけ、・・・・。
官邸の机は、高級品だからカタソー(笑い)。

承前 P2

>>> なんでもありになっていますかね
同意 勝てば官軍

>>> 選挙制度が悪すぎる
あれこれ文句はありますが まず 1票の格差をなくすべきだろう

核保有
すべきでしょう 20-30発 持っていればいい
日本は 戦後教育のおかげで アレルギーが出来てしまったが きれいごとでは戦えぬ

政治家
小粒になりましたね 

承前

官邸は、自己保身のためには、なんでもありになっていますかね。
それもこれも、有権者が悪い、というには、選挙制度が悪すぎる。
誰が作ったのか?
責任取って、まともな制度を作って欲しいものだが。
そやつも、逃げ込み態勢、あるいは思考の硬直化?

後代の政治家の負担となりますか。
親世代に育てられたのだから、2世3世なら責任取って当たり前だと思うな。

ホクセンが核保有したら、米が中心となり大国は、日本に核を持たせないように全力を挙げるだろうが、それで我が国はよいのかな。
国内に米の核持ち込みで手を打つか?というより飲まされるか。
いよいよ完全属国になってしまう。

パラダイムシフトにどう対応するのがよいのか。

核を持たずにいても、他国に圧力をかけられない方策はあるのか?というより、そこに頭脳を使うべきかな。
個別的自衛権の定義が大事になってくる。

自衛のための先制攻撃はしないが、攻撃されたら、確実に攻撃国を崩壊させる手段は?

枝豆党首は、覚悟を決めるべきかな。どう議論をリードするか。
その程度の事は、大物政治家になるなら、考えておかねば。
石破、岸田では根性足りないし。

根性レベルで言うなら、故後藤田、故二階堂、野中、故梶山、ムネオさんらだが、そういう志向性はないだろうし。

河野の孫(臓器を父親にあげた)も、なかなか根性あるかもしれないが、外交を自らの英語でやりたいというセンスには、唖然とさせられたし。
ナルシスト丸出し。国益考えずの典型。あの天才的頭脳の宮沢でさえ、そんなことはしなかっただろうに。

二枚舌のスポーツマン P4

菅氏が早速サポートした。法政大学はリベラル思想に値打ちが有るのに、強権思想の者が何故出て来たのだろう。

※ しかしこれ官房長官は控えるべきではないかなあ。

二枚舌のスポーツマンP3

>(つまり、この人のこの発言については「二枚舌」ではないやも知れませぬ。加計氏との関りについては、ゴルフ場の安倍氏と三人の写真が有ったにも拘ら>ず、シレっと嘘を吐いたらしいが。)

どっぷり漬かりがこれだけ表に出れば、居直るしかないのでしょうかね。
カケの一員なのですから。
突撃隊長にイメージチェンジですか。風体にあっている点では問題なしかな。

>辻元氏の国対委員長は相当に手強いとしている。安倍政権のスポークスマンとして日増しに元気になる田崎老人も「マタ、『ソーリ、ソーリ』」と言われた>ら嫌でセウから。」と言っているくらいだから。

この女子はんは、自分の言葉によって墓穴を掘るきらいがあるので、田崎翁としては、ベリウェルカムでしょう。官邸からの指示で焚きつけているのかな。
ということで、下記、同意。

>只、二、三度書いたか、表に出てくる人の方が、押さえやすいもので御座います。

二枚舌のスポーツマン? P2

モルゲン

喝采様>希望が立民に勝った方がよかったとの賜った

そういうことが有ったのですか? 安倍氏としては正直な所でせう。立民に勢いが付くのは厄介だ。

それなら萩生田ブログは、希望の党で当選した民進党議員が、(制限期間は知らねど制度上立民には行けないので、)民進党に戻ることを、今回流行の「筋を通す」ことへの国民的幻想に乗じて、強く牽制する魂胆で書かれたことは間違いありませぬ。

喝采さんが聞かれた、野党の質問時間を減らすという萩生田発言と一貫して、突撃隊長になったということで御座いますかね~?

(つまり、この人のこの発言については「二枚舌」ではないやも知れませぬ。加計氏との関りについては、ゴルフ場の安倍氏と三人の写真が有ったにも拘らず、シレっと嘘を吐いたらしいが。)

辻元氏の国対委員長は相当に手強いとしている。安倍政権のスポークスマンとして日増しに元気になる田崎老人も「マタ、『ソーリ、ソーリ』」と言われたら嫌でセウから。」と言っているくらいだから。

只、二、三度書いたか、表に出てくる人の方が、押さえやすいもので御座います。

菅官房長官のように表では涼しい顔をし、裏で陰険極まりない手段を取っている(ことが幸い次第に明るみに出て来た。)人が、一番たちが悪いけれども、これまでの萩生田氏がそうだったと言われるように、陰だけで物事を動かしている者が最も始末が悪いものだから。

萩生田氏には、圧倒的な勢力を背景にして、姑息なことも妥協もせず、大いに「スポーツマン精神」でゴリゴリとやって欲しいもの。そうすれば野党も鍛えられるし、国民にも様々な現実が分かって来ると期待できませう。

二枚舌のスポーツマン?

「かけ」問題でもスポーツマン精神を発揮したらいかがかと。

罵っているのは、アベが希望が立民に勝った方がよかったとの賜ったのを受けての事ですかね。

だとしたら、あべコバンザメ?

政権与党の悪政開始? P3(続)

萩生田氏、希望の党で小池代表を非難している民進からの移動者を口を極めて罵っている。
http://www.sankei.com/politics/news/171027/plt1710270041-n1.html
(産経 ネット)

因みに元のブログは、
http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/
(本人)

もともと野球選手だったせいよりは、思惑からであろう。しかし世人は「筋を通した」美談と同様に、「流石スポーツマン精神」などと好感を持って迎えるのだろうな~。

(しかし内容はその通りだと思う。)

嗚呼
https://www.youtube.com/watch?v=uOf0RzTdacQ

政権与党の悪政開始? P3 獣医育成問題

喝采様>政治的判断では、却下かなと。そうしないと騒動は大きくなると思うので。

設置審は基本はお役人の判断にお墨付きを与えているだけで御座います。無論それで大体常識から見て丁度良い程度になって居たのは、従来の文部官僚(愚がこの文脈で「文科」と書かぬことにご注意。)は優秀で自律性が有ったから。

一方で「根回し」なるものも有り、設置審委員やその下の専門委員が繋がっているところの利益擁護に動くことも有る。

今回は、余程厳しくても、規模(定員、学科数)を縮小して承認か一部延期位が相場だと見て居りましたが、今回の安倍大勝は、加計側に圧倒的に有利になると思いまする。『萩生田氏』(!?)が陰で指揮して、法律に触れないやり方(法制局見解や検察に忖度させることも出来る。)で露骨に役人を締め上げるだろうから。

確か、モリカケのどちらか、つまり財か文のどちらかでは、本来申請側が作成すべき文書を、省側が実質的に作成していました。役人は命令一下、一夜にして相当量の文書を仕上げられるもので御座います。初めから通すのが目的なら、こんな作業はお茶の子さいさい。

獣医学科の教授の話では、純粋に大学教育としての立場から見ると、今回の予定募集定員は非常識に多すぎて、地方で要員が不足して困っていると最大の口実にされて居る「大型動物様」相手の獣医の実地訓練がとても出来ないので、質の低下が懸念される。一気に日本の獣医師の技術レベルを下げることが最大の問題のようで御座います。

後は報道されているような推進側の口実乃至主張とそれに対する学会側からの反論は、前者は主に心情的、主観的、欺瞞的で、それに比べると後者はそれぞれ相当に尤もで御座います。ただしこういうことの常として、既得権擁護の一面が有ることは、弁護士業界と似ていることも全くは否めませぬ。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。