歳三参る

将棋・一般の話題について、自由気ままに書いていきます。

「知に働けば角が立つ、情に棹させば流される」

士道覚悟でなくっちゃ、やってられんねぇー。

追記:上記は、スレを立てた者の投稿姿勢ですので、
   その限りという事で、レスされる方は、自由気ままにお書きください。

投稿者: 喝采 投稿日時: 金, 09/22/2017 - 16:47 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

棋士の文章

まず、かしこまる件でもないのですが。前提として(笑い)。

>まず内容ですが、有名人のためのライターは、口述、聞き書き、タネのメモを貰って書く、
>完全ゴーストと色々としかも幾らでも居まする。有能な編集者の役割は扠て措きまする。
>愚の身内(複数)程度でも、そういうショーバイの人がテキトーに書いて持ち込んだ原稿に或る程度加筆するとか、
>執筆前に雑談とかインタビューとかしてから書かれたものを承認するとか、という出版行為がフツーに有ります。

そのくらいは、小生も承知。同僚や小生自身のプロジェクト(些事は部下に任せたが)でも、
ライターを使った経験、見聞きした経験はあります。小生自身は個人的には、使ったことはないですが。

>週刊誌連載となると、文士、評論家など売文家でなく、他の道の一流現役プロだとすれば、
>よっぽど暇でないと難しいと思いまする。

渡辺の新潮コラムが、ライターに任せていないとは、小生も断定できません。現場を見ていないので。
しかし、一応の推測はできます。谷川の新書版のライターの話は、有名ですが。おそらくハブの書籍もライターが関わっているでしょう。
噂の、はっしーのブログに、アカウントを教えてあったK氏が、勝手に書いたというのもありましたね。多分事実と想像しますが。

新潮のコラム程度であれば、書きだめはできます。今回の新潮コラムの内容、渡辺ブログの彼の文体からすると、せいぜい、赤入れ程度が
関与の限度だと思います。

>前任の中原氏くらいに暇になっていても対局しながら、毎週自分で書いたとは思えませぬ。
>多分インタビュー+メモ。まして渡辺氏は「遥かに」忙しい。

そうとは断定できないでしょう。書きだめ可能な程度の暇は、あり過ぎるほどあるのが棋士。ただ自分で忙しくしている棋士もいますから、
みんながみんなという事はないとは思いますが。
棋士の1週間と云うのを、アべマTVでやっていますが、見たことありますか?結構スカスカだと思いますよ。

棋士の原稿書き経験と云うのも、専門誌を含めて多いですよ。渡辺の自戦記も徐々に筆が立つようになってきていたと、見ていますが。
ご覧になってきましたか?
渡辺のネット発信は、若い頃から多かった。これも代筆?考えられませんね。

>他誌で先ちゃんとか米長師は、活字も大きかったけれども毎週1ページ書いていた。もしかしたら先ちゃんだけは、
>暇も才能も余っていたから、100%自筆だったやも知れぬと思う程度で御座います。

 先崎と渡辺で、暇の量に格段の差(原稿書きに影響を与える程度の差)があったとは思えないのですが。
 私生活を知っている訳ではないので、断言はできませんが。

>さて、渡辺氏マタは渡辺師のブログは1、2度読んだことが有りますが、それはたしかにフツーの文章だった。
>これまでの新潮コラムは、よく言えば「気負い過ぎ」、「力みすぎ」で、ちょうど白鵬が、自分が第一人者だから、
>棋界の代表者として睥睨的に振る舞う勤めがあると思っているように見えるのと同じだったのやも知れませぬ。(自筆でも代筆でも)
>で、新年から、方針か精神のありようが変わった。(自筆でもでも代筆でも)

「これまでの」について、実例をお示しいただけなかったので、何とも言えませんが、新潮コラムは大体毎週ご覧になっていたわけですね。

>ま、次第に分かってくることもあると思いまする。

そうですか。あくまで妄想ですが、歩曼さんと渡辺は、どこかで顔を合わせておられ、会話を交わされたことがあるのでは?
お答えにならなくて結構です。誘導尋問にひっかったなどと云われるのも迷惑ですので(笑い)。
新潮の担当者の言質を取っている?から(笑い)。

ただ、フマン氏のこの件での主張が、牽強付会?というのか、常に無く、ちょっと面妖なので、書いているだけです。

小生は、多分、小学生低学年の頃の渡辺と道場で、1回くらいすれ違っているのだろうと思いますが、
顔を合わせたことも会話を交わしたこともありません。当然、ネット上のやり取りもありません。

蛇足;公益法人の性格の変化と政権交代。最近、この辺が引っかかって来ています。

ゴースト P2

>>> 知人が代筆
そんなものでしょう

>>> 一度確認してみにゃアカンな~
ゴーストからゴーストへ なんなのだろう

1週間に一度 小さいとはいえ コラムを書くのは大変ですよ

アナアキズム P4

渡辺コラムのため、いつもと違う読み方をしましたが、同じ号に、辻元氏の国対委員長の大負け振りが載っていた。

前にも指摘しましたが、この人今時珍しく成功した生粋のアナキストだから、立民一党の国対委員長だって務まりそうもない。ましてや野党の総大将は無理。

そういえば、表紙グラビアには、全員浮かぬ顔で、虚ろな目をお互いに合わすことを避けながら、男4人が祝い酒の鏡割りする姿。名前は言えますよね?

ゴースト

モデルチェンジ後を読んでいないので、現在は?は知りませんが、
連載が始まった渡辺明コラムに関しては、(友人とはいえない)知人が代筆していましたヨ。
(ゴトゲンじゃないよ)

テーマは渡辺が決めて指示を受け、土台を作って返すシステムであると、
LPSAイベントの打ち上げの呑みの席で「ココだけの話」と話してくれました。
言い訳なのか?負け惜しみなのか、「ワザと素人っぽい文章で構成している」とも仰ってました。

中原時代も含め、<折角の紙面で踏み込みのない詰まらんコラム>と流し読みしていましたが、
フルモデルチェンジしているとなれば、一度確認してみにゃアカンな~

おざなりに「次の一手」的おまけはペルシャ!
ナベは猫被らんと、棋界と世相を対比させた、それなりの読み物を書け~

と言うか、結果責任とは別に、最前線に立っての告発には一定の理解をしたいと藻掻くワシは、
三浦冤罪事件の顛末の背骨を抜かれた虚勢度を鑑みると、
渡辺のことを反骨の士と買い被ってたのかも知れん・・・

強くて、王道二枚目に対する反骨心を有する漢が欲しいところやが、
鈴木や田村の様な偽モンはダサいし、期待の佐々木勇気も若気だけの様なひ弱さを感じるし、
こうなりゃ、タイトルを獲った後の毒舌王永瀬に期待せなしゃ~ないか!

渡辺の文章 P2

取り敢えず続けまする。

まず内容ですが、有名人のためのライターは、口述、聞き書き、タネのメモを貰って書く、完全ゴーストと色々としかも幾らでも居まする。有能な編集者の役割は扠て措きまする。

愚の身内(複数)程度でも、そういうショーバイの人がテキトーに書いて持ち込んだ原稿に或る程度加筆するとか、執筆前に雑談とかインタビューとかしてから書かれたものを承認するとか、という出版行為がフツーに有ります。

それは単行本だから何かの大イベントに間に合わせれば良いけれども、月刊誌連載となるとかなり大変。まして週刊誌連載となると、文士、評論家など売文家でなく、他の道の一流現役プロだとすれば、よっぽど暇でないと難しいと思いまする。

前任の中原氏くらいに暇になっていても対局しながら、毎週自分で書いたとは思えませぬ。多分インタビュー+メモ。まして渡辺氏は「遥かに」忙しい。他誌で先ちゃんとか米長師は、活字も大きかったけれども毎週1ページ書いていた。もしかしたら先ちゃんだけは、暇も才能も余っていたから、100%自筆だったやも知れぬと思う程度で御座います。

ーーーーーーーーーーーーー

さて、渡辺氏マタは渡辺師のブログは1、2度読んだことが有りますが、それはたしかにフツーの文章だった。これまでの新潮コラムは、よく言えば「気負い過ぎ」、「力みすぎ」で、ちょうど白鵬が、自分が第一人者だから、棋界の代表者として睥睨的に振る舞う勤めがあると思っているように見えるのと同じだったのやも知れませぬ。(自筆でも代筆でも)

で、新年から、方針か精神のありようが変わった。(自筆でもでも代筆でも)

ま、次第に分かってくることもあると思いまする。

渡辺の文章

ふーん。そうですか?

評価対象(文)が全く違うのではないかと思うくらい、面妖な感じ。
いや、とまどうなぁー。何か別の背景がありそうな。

>担当ライターが変わったのでは有りませぬか。

ライターの問題ですか?あの内容は本人しか書けないでしょう。

>寅○さんのような相当な物書き才人でないと、自分でそう劇的に切り替えられるものではないでせう。
>新しい文章の方が大分流れが有る分、多少上手い。(同じ人なら、人格が変わり、急に上達したことになる。)

寅さんも引き合いに出されて、面妖なぁー、ではないかな(笑い)。

>或いは、今までは自分で書いていたか。(まさか逆――これまでが時代遅れの古爺ゴーストライターで今度本人――ではないと思いまするが。)
>内容も変わるやも知れませぬね。いつでも今回のような感じになるのだとすれば。

渡辺ブログの文章と比べてどうですか?

新潮渡辺コラム  P2

喝采様>スタイル変更がありましたね

一瞬活字が変わったかと思いましたが、前のは捨ててしまったので分かりませぬ。

古臭い年寄り風の威張ったスタイルから、現代の文章に変わった。最大の変化はひらがなの割合が増えたこと。それだと活字が変わった錯覚を起こさせ得る。

>ワンパターン、マンネリを打破という面では、評価できると思います。

担当ライターが変わったのでは有りませぬか。寅○さんのような相当な物書き才人でないと、自分でそう劇的に切り替えられるものではないでせう。新しい文章の方が大分流れが有る分、多少上手い。(同じ人なら、人格が変わり、急に上達したことになる。)

或いは、今までは自分で書いていたか。(まさか逆――これまでが時代遅れの古爺ゴーストライターで今度本人――ではないと思いまするが。)

内容も変わるやも知れませぬね。いつでも今回のような感じになるのだとすれば。

>過激派?の歩曼さんは、どう感じるかは、知りませんが

過激派ねー。ともかく一瞥した感じは以上です。

(蛇足) 但し、この人が今更、一部の人に崇められていた筈の独特の高圧的、マタは権威的な個性を消して、フツーの文章を書くと、全ての魅力が失われるやも知れませぬなー。

アナアキズム P3 「ミー・トゥー」

ボンジュール

寅○さんが、おフランスの運動を引き出したようだ!! 

流石、スキャンティ―ハンカチ挟み作戦で酒仙さんを悶絶させたパリジェンヌ達。

● 女優ドヌーブ氏など仏女性100人、男性が女性を誘うのは「犯罪ではない」
http://www.bbc.com/japanese/42631653
(BBC日本)

ニヒリスト P7

ニヒリストの話は、ニーチェを介してもエロスの極致に繋がることは、両刀使いで人誑し、オナゴさん誑しだったワグナーのせい。

ニーチェには病的な母親コンプレックスがあり、彼の思想はそれで説明できるいう説を読んだ覚えが有りまする。真偽のほどは知りませぬ。

ただ旧制高校生達が最も尊敬していた哲学者の一人だったけれども、今になってみると、矢鱈にオナゴさんに興味を持っていたことも確かで、何か異様な感じを受けまする。

ネットによると、ニーチェがマタ流行りかけている気配がある。「21世紀の哲学はこれだ(とされる)。」という者さえ見掛けた。

ーーーーーーーーーーーー

それはもしかしたらネオナチズムにまでつながる人間精神の無力感への反動やも知れぬとも思ったが、ニーチェとナチズムの結び付きは、妹による改竄マタは贋作に基づくものという説が出て来ており、訳が分からぬ。

念のため英文ウィキぺディアを見たら、日本語版よりも詳しくマタ記述としても冒頭文にあり、しかも断定的なので、ニーチェを守ろうとする者、或いはナチズムの理論武装マタは思想的基盤を弱めようとする組織の活動が、日本よりも著しく活発なことを窺わせる。(イルカの分類についての日英の違いを思い出す。)

更なる比較のためにドイツ語版を読み下す学力が無いのが残念だが、一応確かめたところでは、流石に膨大な分量の中にナチスのことは全く出て来なかった。愚の見落としがあったとしても、日英版と違って、実質的にその点に触れないのが、ドイツ人の態度なのだろう。

[真偽は別としてもコーユー研究を知ると後代に生きて虚実取り混ぜて氾濫するネット情報の中にいる幸福を感じる。吾人は、少なくとも先人の如く誰かが一方的に整えた情報を多数で信じ込んで崇拝礼讃する未開的で大真面目な愚かさからは自由なのだ。]

ーーーーーーーーーーーーー

所で自分は何ストか。分かりやすいところでは、フェミニストからは20代終わりから徐々に脱皮して、メールショービニストに変わった。サディストではないが痛い目に会うのは嫌いだからマゾヒストには金輪際なれぬ。

なお寅○さんのハリウッドセクハラ問題の見方はメールショービニストそのもので、時節柄、大声で言えないが、真実を抉っていると思う。

傾向としてペシミストからオプティミストに変わったのは、遅めで、完全には現役でなくなってから。最近は日本人に最も多いオポチュニストの精神を受け容れる努力も始めた。

(ニーチェは若い日はペシミストだったそうな。それから如何にして史上最も高名なニヒリストになったかは知らず。)

政治的には若い頃からありふれたリベラリストだったが、今大流行の、純粋左翼政治家達が一斉にリベラリストと自称し始めたことには当惑している。

大学の体制的左右両翼を批判して、アナキスト呼ばわりされたこともある。(代々木系は国立大では体制側にも入り込んでいた。)

ーーーーーーーーーーーー

カヌー、案の定何年か前から様々な事件が起こっていたのに協会が蓋をしていた。これが日本のスポーツ界にありふれた正体だ。況や相撲協会においておや。

それにしても小松以外の3人の選手と示談進行中とは、推定が当たり過ぎたなー。

アナアキズム P2

寅金さんと たまには同感

>>> 色香を振りまき研磨希望でのし上がった後に
まさに

売れない女優がゴマントいるのが ハリウッド

20年位前かなあ? 大したことない女優が サンセットブルバードでスピード違反だったか 
捕まり 警官をビンタ > お仕置きの拘置所へ 
で 翌日の USA TODAYであったか 漫画 5-6名の女優が 警官をビンタ < 報道してもらいたくて 大笑

連盟HP対局結果の改悪 P2

最近の喝采さんは 怒りっぽくなってきた
我慢 我慢

でも 以前の方が見やすかった 同感

新潮渡辺コラム

スタイル変更がありましたね。

ワンパターン、マンネリを打破という面では、評価できると思います。

過激派?の歩曼さんは、どう感じるかは、知りませんが。

連盟HP対局結果の改悪

何度か書いたが。

全く反省無き連盟HPの勝敗結果改悪(PC版)。見る気が失せてきた。毎日見るのはやめる。

そのうち、勝敗に関心を無くすだろう。小生がプロ将棋について書くのを快く思わぬ向き
(少なからずいるだろうから)にとっては、最高の戦術であるな。

あるいは、将棋の神様の示唆かな。もう関心を持つなという。

どこか、以前の勝敗表の形式で載せているところはないのかな(未練がましいか)。

阪大問題

寝すぎたなぁー。

>別個で、1・2度強烈な指摘があったにも関わらず、非を認めない
>問題作成の教授の資質に問題が有るんじゃないのか?
>しかし、それらの教授の権威で阪大が成り立っているのなら、
>その権威を欲する学生の人生を左右するのも、仕方ない部分があるのか?

理系でないので、問題がどのくらい問題なのか、小生自身はわからねど。
複数の指摘があったのだから、少なくとも入学試験問題(合否基準の材料)としては、全く不適な問題を作ったということ。
なおかつ自身は、問題に問題なしとの見解を出したそうだから、不適格教員ですな。
処分対象は当然でしょう。

問題教員を採用した大学の採用委員会は、けん責処分は覚悟すべきでしょう。
もし、推薦状を描いた大物がいるなら、当該学会で、公表は当然でしょう、と思います。

アナアキズム

ワシは、アナキズムに憧れるローン・タイガーっぽい、尻尾巻き巻きな柴犬やね!

何でもエエけど、アメリカの女優連中の掌返しは何か釈然とせえへんねんけど~
そりゃ、地位を利用したドスケベプロデューサーは悪いねやろうけど、
山積みになってる<磨き倒せば光る石>達が、色香を振りまき研磨希望でのし上がった後に、
逆ネジ食らわせ過ぎとちゃうのんか?

そもそも、美を売りに、エロエロドレスを着てるのは、
ブリリアンカットで輝る自分を誇示したいがための自己演出とちゃうのんか?

TIME OVER と言うけれど、台風一過すれば、元のアメリカに戻るだろう~

阪大の問題は露見したので同情論が出ているだけで、
同様の<運・不運>は過去に腐るほどあったんじゃないのか?
受けては、<今、その時>を受け入れて歩んでるからエエねんけど、
こんな形で、<無理やり>過去に連れ戻されることが不幸やわ!

別個で、1・2度強烈な指摘があったにも関わらず、非を認めない
問題作成の教授の資質に問題が有るんじゃないのか?
しかし、それらの教授の権威で阪大が成り立っているのなら、
その権威を欲する学生の人生を左右するのも、仕方ない部分があるのか?

いつの頃からか?
お墓参り・初詣・ゑべっさんも含め神社仏閣、その他諸々で、何かを望んで祈ることは無し!
古から伝わる文化風習を尊びつつ鼻で笑う、習慣習俗ルーチンやね!

覚え違い

半島情勢も動いているし、トランプも弱体化していくし、わが宰相は、懲りずにと云うか、
これしかやれないお友達偏重の疑似マフィア政治(小生の造語)。

そんな中、出雲阿国現象由来か?が、いつの間にかツーピ-クスの話に(苦笑)。
平和ですね。

明日から寒波、いやだなぁー。

ホーギョク(歳三の俳号だったか?)とばかり思っていたが、豊多摩なんだろうな。最近気づいた。

子供の頃、ノーミーチーをイーケーバ。を脳ミー血と思っていたが、野道なんですな(大学生になって気づいた)。

ところで、阪大物理の問題どうなんですかね。トーキングの方で如何?

ニヒリスト P6

教授 殿

>>> オペラ以上にフランス文化の素晴らしさに感嘆したなー

なんのなんの
パリで商談の時 通訳にベッピンさん で ミニスカート
で ボスと協議している時 解ったのが 通訳の パンティー は 三角巾みたいに 極小
で その 左上の ゴム紐に ハンカチを挟んでいた 

色香に負けた

ニヒリスト P5

お晩です

ニヒリストと言えばニーチェだと思っていたら、オナゴさん演奏家の胸開きドレスの話で盛り上がりましたなー。

パリのオペラ座でプルミエに行った時、ロビーに立っていたデビューらしいお嬢さんが(演奏者ではない。)上からは覗けぬが、横を通ると、黒いドレスの脇からツインピークスの5合目辺りまで真っ白い素肌を見せて居たのには、オペラ以上にフランス文化の素晴らしさに感嘆したなー。

ーーーーーーーーーーーーー

ところで、久し振りに「愚者の辞典」に一項目加わりました。

●シニカル (和製英語) 皮肉マタは冷笑的なこと。
[語源] 「シナ」を形容詞化したもの。中国を好んで「支那」と呼び続けている人(石原慎太郎、高山正之など)に共通する独特の性格から。

えへへ P2

>>> 最近の事は知らんね

そうであったか 
日曜夜 NHKクラッシクは 見るし DVDもトリマス
服装は 昔と同じだけど 
調べなければ 大笑

えへへ

>妄想です

えへへ。酒仙さん。最近の事は知らんね(笑い)。

ちょっとすごいんだから。書けない書けない。

ニヒリストP4

>>> クラシックの女性プレーヤー?の衣装
白い肌に ブラック コントラストがいい

>>> 胸元が気になったことは事実
妄想です

その昔 知り合いの女性 バイオリニスト 
自宅に来た時 。。。 以下略 
全部ブラックでした 当たり前か

ニヒリストP3

クラシックの女性プレーヤー?の衣装は、ドキッとするものが多いですね。
歴史的には、どういうことで、ああなっているのかなと不思議に思う。
お国歌舞伎の類かな。

最近、小規模(店でやる)コンサートで、拝聴したが、小生にして、胸元が気になったことは事実。

>愚も誰かさんに巧妙に誘導されて全ストになるところだった。危ない危ない。

自己責任を人のせいにするとは、いかがわしい行為と思われますよ(笑い)。

シニカル、頭がよくないとそうは言われないのでしょうが。

かちんかちんきたことも間々ある。小生もそうさせているのだろうなと。人を呪わば穴二つ。

穴に反応せぬよう(笑い)。

ニヒリスト  P2

おはようさん

自分が「何スト」かと考えるのは面白いが難しいなー。舞台袖の目の前で若いピアニストのドレスが落ちたことが有り、それにはハッとした程度だったが、「○○(愚)に全スト見られちゃった。」と言われたこと(ば)には一瞬ドキッとした。常人は舞台袖にいるときはフロイトの言う通りで、邪念が無意識で抑えられているものだが、カラヤン(ヘテロ)とか若杉弘(ホモ)とかのレベルになると、自由自在だったらしい。

愚も誰かさんに巧妙に誘導されて全ストになるところだった。危ない危ない。

愚は、ゲーム理論の講義中に出た問題に答えたとき、当時飛ぶ鳥を落とす勢いであられたスーパー教授から「○○(愚)が非常にペシミスティックだということが良く分かる。」と言われたことが有る。無論皮肉だが、(その当時の最先端理論の動向を反映していたため)或る種の敬意も含んでいた。

ペシミストには厭世主義(者)と悲観主義(者)とが有るだろう。前者はニヒリスト(虚無主義者)に通じるやも知れぬ。

一方でなかなか頭が良い後輩が、酒席で何か発言をしたとき、「シニカル」ということで、ウルトラ教授から万座の中で叱責されて皆ドキッとさせられたことが有った。

今思うと、ウルトラ教授は、(白鵬の如く。但し邪悪な気持ちでなく)この機会を待っていたのだろう。

(続く)

ニヒリスト

1週間ぶりに早く起きられた。
浮世でのいやなことを思い出しながらの起床ではあるが。
検討するのがよろしという事にしておこう。

ニヒリストという言葉がある。

小生中学生の頃、早熟で頭はよかった(小さい頃だけの学級委員長タイプ)クラスメート
(兄貴が学生運動にはまっていたので、その影響が強かったのだろうか、ませていた)に、お前はニヒリストだと云われたことがあった。

今の小生は、思ったことをずけずけ云う、けんかっ早い人間(最近こらえ性が少なくなった気がするのは反省材料か)
ではないかと思っているのだが。他人は穏健な奴と思っているらしいが。

ニヒリストとは、小生の理解では、厭世的ではないものの事なかれ、タダ乗り派のリアリスト。

いいなぁー、小生もそうなりたい。つい余計なお世話をするお人好しは返上したいのだが。

ニヒリストが、自説を吹聴しまわると、社会的害悪になるのかなぁー。
それとも、それが世の主流なら、それが正義?
正義とは違うなぁー。なんだろう、常識か。

しかし、相撲界も棋界も、常識は刻々変わるし、社会もそうだろう。
変えていくパワー(動力・動因?)とは、どこから現れるのか。

何か理論がありそうだが、探求心が薄れた。

語録 P8 トランプ著

> どうもトランプが金王朝を滅ぼしてくれると思っているのは、相変わらずお人好しで、依頼心が強い日本国民だけらしい。

なんでそんな都合のいい思い込みに陥ったのか不・思・議…

https://planetrulers.com/current-dictators/

世の中、約半数の国家は 独裁政権 ですよ。近辺国家の政治家の本音は 自分の任期中には何も起きない・起こさない が至上ですにゃ。抑止力はあっても平和力は存在せずです。

> その間は、アメリカは何か「経済的」に得になることが無ければ、戦争には動かない。

当然。これについては有名な語録がありますね。

The business of America is business
(正確な原典は the chief business of the American people is business なのですが、大差ないです)

役人に公金管理の意識があるのか P2

…いわゆる 八百屋で魚 ですね。

それでも政府にあれこれして欲しいと期待するのも国民感情の一面であ~る。我としては…

出来ない人に期待をしてはイケマセンし、
それを知りながら期待するのは更なる寓

…と。政府は

必要最低限のみの仕事を最低限の税金で行う

…のがあるべき姿なのでしょうが、「良いことしよう・しているんだ」妄想が例外なく破綻への方向に駒を進めていくのが イツモノコト ですにゃん。

語録 P7 トランプ著

マスター様 すごい。有難うございました。

トランプもすごい。4度破産、今でも借金の方が資産より多いとか。

どうもトランプが金王朝を滅ぼしてくれると思っているのは、相変わらずお人好しで、依頼心が強い日本国民だけらしい。

中国とロシアが、北朝鮮を目一杯支援し続けるのは明らかで、文は事実上北の手先だ。

アメリカファーストだと、北がいくら威嚇して吠えついても、まだ当分は米本土は安全と見ているだろうから、その間は、アメリカは何か「経済的」に得になることが無ければ、戦争には動かない。

そうすると、日本に残された唯一の望みは、アメリカの「死の商人」(ユダヤ系?)が、最新兵器の研究開発の成果として斬首作戦の実験に踏み切ることが、トランプの利益になると説得することだ。

言わずもがななれど、今は「死の商人」は、北の威嚇を利用して、トランプを通じて日本に兵器を売り付けている。一説によるとそう役に立たない代物やも知れぬ。

半島へのサード配備も、無論必要ではあるのだが、彼らのショーバイにもなっている。

ーーーーーーーーーーーーー

日本にとっては北朝鮮(に文が身売りしない限り)よりは、南沙諸島~台湾の方が死活的大問題だと思う。しかしこれが米国の国益にどの程度重要か分かりにくそうだ。

となると米海軍とその背後にいる「死の商人」に、己が権益利益を追求すべく頑張ってもらう他ない。

ーーーーーーーーーーーーー

インドが多少目を覚ましかけているらしい。日本の「大東亜戦争」は理念の当否は兎も角として、北朝鮮ほどにも軍事的合理性を尊重する能力と統制力も無しに、基本的には薩長軍閥(東條は傍流)がデタラメにかつバラバラに戦って滅びたのだが、日本国民も今度は戦争と賢く向き合うべき秋が迫っていると思う。

相撲協会のようなトップも参謀も馬鹿で、意思決定方法が八角的に強引粗雑で、デタラメ戦略を指揮するリンチ充満軍隊を再現させてはならぬ。

役人に公金管理の意識があるのか

かごの時もそう。

かんぽの宿のたたき売りの時もそう。

年金関連施設のたたき売りの時もそう。

政治家のごり押しなのかは知らぬが。

立憲の枝野が国税長官の罷免を取り上げたのは遅きに失した感アリだが、
当然すぎるほど当然の感覚だと思う。

星野の追悼もよいが、メディアしっかりしろよと云いたい。
こちらは国民生活に直結し、影響が出ることなのだから。

甲府の航空学園。お前もか。

口利きが無い?

当たり前だろ。圧力がかかっているかが問題なのだから。

おやおやP4

美冬。渡辺謙の娘と藤純子の娘がキャスティングされていたですね。

清水、イメージじゃないですね。雰囲気はわかるが。

剣客商売、鬼平は、読む気にならなくて。TVドラマのイメージの方が強すぎて。
やはり、本から入って、ドラマの方が、いい気がします。

ほー、斎藤一。結構な腕前だった人。

そういえば、『竜がごとし』の新撰組版。なかなかのあほらしいシナリオだったなぁー(笑い)。

語録 P6 トランプ著

> 件の箇所を見つけるのは

ふむむ。ど~も引用元の記憶に不正確があるもよう。外部記憶装置にて検索します。

。。。

検索結果です。

https://en.wikiquote.org/wiki/Donald_Trump

I said to the bankers, "Listen, fellows, if I have a problem, then you have a problem. We have to find a way out or it's going to be a difficult time for both of us."

Fortune (13 August 1990), as quoted in The World According to Trump (2005) by Ken Lawrence, p. 44
Cf. J. Paul Getty: "If you owe the bank $100, that's your problem. If you owe the bank $100 million, that's the bank's problem."

https://en.wikipedia.org/wiki/J._Paul_Getty
http://www.getty.edu/museum/

…ど~も 正しい原典は Paul Getty ですね。この人も大富豪ですにゃ。名を冠した美術館がありますね。

https://www.theguardian.com/business/2017/feb/16/how-donald-trump-became...

1990年代にも似た発言を残しています。

In the 2008 suit the bank’s unhappy lawyers quote from Trump’s book Think Big and Kick Ass in Business and in Life. On his struggle with banks in the 1990s, Trump writes: “I figured it was the banks’ problem, not mine. What the hell did I care? I actually told one bank, ‘I told you you shouldn’t have loaned me that money’.”

米国とアベ

元経産官僚で論客の古賀が、一つの警報を鳴らしている。(関係ない話だが、捕まった経済評論家の方は、どういう立場のものだったかな)

シナリオとしては、結構有力なシナリオであろうと思う。アエラではあるが。

アベけん制が主眼だろうが。国際関係は甘くないからなぁー。

反論するものは、代わりにどういう読みをし、シナリオを描くのかな?

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/古賀茂明「米朝戦争のリスクとコストは日本へという米中密約説」/ar-BBI1xTP?ocid=spartandhp#page=2

語録 P5 トランプ著

マスター様 イーブニング

The Art of the Deal (1987) 無料で1119ページに及ぶ全文をコピーしましたが、件の箇所を見つけるのは、生中な探し方では、絶望的です。リンクを貼りますから、出来ればページか検索キーワードお聞かせ下され。

https://archive.org/stream/TrumpDonaldTheArtOfTheDeal/Trump%20Donald%20-...
(テキスト版)

https://archive.org/details/TrumpDonaldTheArtOfTheDeal
(表題部等)

おやおや P3

そっか、アメリカにはアダルトデーは無いか!?

チャンバラシリーズ? 美冬が清水市代に見える池波正太郎の剣客商売かな?

一刀斎夢想は、目的の伊藤一刀斎の物語じゃないのヨ。 斎藤一を逆から読むと・・・・

おやおや P2

> 日付け変更線の向こうの方は、昼間でっか。

半日遅れの日曜日の午後です。登社してお仕事真最中です。

バックアップ取っている途中です。(要らない部分まで処理中なので待ちぼうけ~)

…カネ、モノ、ヒトが足りないなら時間を掛けるしかありません。社畜バンザイ。

おやおや

皆様夜遅くまで。

日付け変更線の向こうの方は、昼間でっか。

小生、寝付けず起き出してきて、よもやと思いPCの電源を入れたところ。

奇しくも、昨日、16冊ほど、国民的多作作家のチャンバラ小説シリーズ(すでに10冊は購入済み。
現在1冊目を読了せんというところ)をまとめ買いをしたところでした。

伊藤一刀斎。何かで読んで、波乱万丈そうなお方だという記憶がかすかに。全くの勘違いかも知れませんが。

機会があったら、見つけて目を通してみましょう。

かごの虐待?については、ちょっとねぇーと、思い始めているのは小生も同じ。

しかし、マサルッチの例もあるので、案外しぶとく貴重な経験を楽しんでいるかも。
あるいは、有力証人を保護しているのやも。
あるいは、帝政ロシアの監獄・シベリア抑留のように準死刑?
ヘイの中の事は、わかりまへん。

果たして大ウソなのか P11

> 一人の人間を殺せば 殺人罪に問われる
> 100万の人間を殺せば ヒーローである

…この手の発言をするのは経験者なのが常なので、推測するなら… 毛沢東 ですにゃん。

> 一億の借金が焦げ付いたなら借りた方の大問題だが、百億の借金なら貸した方の大問題になる。

…まあ金額は適当に書いたけどね。このくだりは10年以上前に読んだ現大統領の著書からね。

The Art of Deal - 交渉の秘訣

…だったと思うにゃ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

格言の古典に 出る杭は打たれる とありますが、

出る杭も大きすぎれば打たれない

…ともありますし。これは日本にいる頃見たから30年以上前ですのう。

語録 P4

語録じゃないけど、昨年、安倍が「李下に冠を正さず」と言うたのには、
阿亀さんの差別論に顎がはずれるのを超えて、吉本新喜劇並にずっコケたで~

お前の名代である嫁は、胃まで入れたらまずいと思って吐き出したかも知れんが、
すでに大口開けて李を齧っとるがな!

我が家の隣町の寒々した大阪拘置所では、悪いとは言え籠池夫妻が不思議な刑罰執行的長期勾留で、
温々ゴルフに勤しむ安倍+昭恵との対比で、同情論が出始めとるで~
こりゃ出獄したら、恐れ知らずのえげつないモンスターに昇華するから楽しみや~

という訳で、喝采さん、すでにお読みになってたらスルーして頂きたいが、
応仁の乱に飽きた私は、何気に伊東一刀斎の物語を読みたいと思って手にしたのですが、
中身が全然ちゃうやんけ~~っな浅田次郎の「一刀斎夢録」を読んで見て下さい。
新潮文庫的に「YONDA?」

と言いたいがために、暖かい布団を抜け出してパソコンに電源を入れたっす。

語録P3 /大ウソP12

コーユーのを鵺とか鷽とかコードシェアリングとかと申しまするな。

殺人の方は、ナチス批判を込めたと言われている映画で御座いませうが、借金は見当も付きませぬ。日本人だと麻生辺りかなー。

単位がユーロだと、数字の桁数が合わないように思うけれども、ギリシャに金を貸したメルケル政権を批判するセリフになる。言いそうなのは、フランス、イタリー、まさかのギリシャ自身。その場合は首相か国民。

語録 P2

>>> 目くじら立てるのも野暮
そうそう

>>> 犯罪者、殺人狂
同感 ですから 最後は哀れ それでいいのでしょう
いい思いした時期があったのですから

北の 刈り上げ君
同じ運命

語録

これ、一見、賢そうに見える言ですが、

ジョーク(あるいは警句?)ですから、目くじら立てるのも野暮。だが、そのまま受け取る阿呆がいると思うので。

ポルポトもアミンもチャウシェスクも、ヒーローではなく、犯罪者、殺人狂ですね。
末路もあわれ。

借金。これは逃げ延びているのがいそうですね。よく分かりませんが。

ただ、金額の多寡は問わずでしょうか。

さて、味噌汁にネギを入れるか。

果たして大ウソなのか P11

>>> 一億の借金が焦げ付いたなら借りた方の大問題だが、百億の借金なら貸した方の大問題になる。 
>>> さて、誰の語録でしょう?

一人の人間を殺せば 殺人罪に問われる
100万の人間を殺せば ヒーローである

…さて、誰の語録でしょう?

果たして大ウソなのか P10

「国債」はど~取り繕っても 借金 であり、金主の立場が強いはずなのですが米国債の場合は金主の立場の方が弱し…(笑)
(日本国内でも日本国債を購入した国民の立場も同じですにゃん)

記憶から書きますが…

一億の借金が焦げ付いたなら借りた方の大問題だが、百億の借金なら貸した方の大問題になる。

…さて、誰の語録でしょう?

果たして大ウソなのかP9

>> 喝采さんが書かれたことは、日本政府は深刻な赤字状態だというが、それとほぼ同額の米国債を持っているから、
>> 赤字解消が必要ならば、それを売れば済むので、

この解釈は、小生が呈している疑義とわずかに異なり、そのまま受け取ると次第に論点がずれていきかねないのですが、
そもそも、小生自体、明確にならないことを持ち出し、ご意見を伺っているので、解釈については、どうこう言えません。
ほぼ同額と云うのは、歩曼さんが、そんなに多くはないと指摘されましたが。そうかー、というところまでが、疑義に対する進捗状況。

>「日本政府は深刻な赤字状態」を鵜吞みにすると同様に「ほぼ同額の米国債を持っているから」
>無理筋が見えるにゃん。

「日本政府は深刻な赤字状態」を鵜吞みにするのは、無理筋。小生もそうではないかと思うのですよ。

米国債を持っているから・・・無理筋、小生も鵜呑みと同じ程度には、無理筋なのではと内心思っています。

米国債についての、
>ここで 大量の米国債 が何処かの副将軍の印籠が如しに所有していることが 
>日本円の信用 に反映されているわけで、そこいら辺を踏まえると伝家の宝刀よろしくそ~簡単に手放す訳にはいかぬ… 
>そもそもそんな状態になったら国家そのものの存在が危ういにゃん。

小生もそう思っているのですよ。橋竜の例を挙げておきましたが。

ただ、国際政治情勢から、物理的に永久に売却不能という前提は、取るべきではないとも思うのですよ。
チャイナと米の覇権争いの中で、チャンスは皆無ではないだろうと。
そんなことは、紫外線さんが生きている内には、まず訪れそうもないことだと思っています。

伝家の宝刀の存在(色々使える、その中には政府赤字解消の手段となりえるというのも、ある)を、
国民にも知らしめておかずにいる、政府、メディア。こちらの姿勢が小生が首をかしげるところです。

蛇足;トランプに云われ、米の防衛兵器をホイホイと言い値で買う、アホンダラ。米の識者たちにバカにされていますよ。きっと。

果たして大ウソなのか P8

> 喝采さんが書かれたことは、日本政府は深刻な赤字状態だというが、それとほぼ同額の米国債を持っているから、
> 赤字解消が必要ならば、それを売れば済むので、赤字を理由に国民、特に中間層以下のものに、あの手この手で負担を強いるのは
> 怪しうからぬということのようだ。

ちょいと横槍です。「日本政府は深刻な赤字状態」を鵜吞みにすると同様に「ほぼ同額の米国債を持っているから」(赤字は実質あっても大したことではない)も無理筋が見えるにゃん。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%8F%9B%E7%B4%99%E5%B9%A3

日本の紙幣は建前 不換紙幣 であるが、現実、 日の丸の御旗 に特別な威光があるわけではないにゃん。

…で、ここで 大量の米国債 が何処かの副将軍の印籠が如しに所有していることが 日本円の信用 に反映されているわけで、そこいら辺を踏まえると伝家の宝刀よろしくそ~簡単に手放す訳にはいかぬ… そもそもそんな状態になったら国家そのものの存在が危ういにゃん。

そんな訳で良くも悪くも現在の日本円はドルと一蓮托生だにゃん。
つまりは意図せずともドル本位体制を実施してるのね。

渡辺ブログP4

寝違えたらしく、ちくしょう。背中の筋が痛い。くしゃみをすると響く。

渡辺ブログ、昨年末褒めていたが、正月明けて、

>今回は初めて佃さんに指導碁を打ってもらいました。プロと打つのは初めてでしたが、どこに打ってもダメそうで、5分程固まることもしばしば。
>普段、将棋の指導対局でグルっと一周回ってまだ指してない人がいると早く指しなさい「そんなに難しく考えなくてもいいのよ」とか思ってましたが、
>アマチュアの皆さんの気持ちが良く分かりました。局面が同じでアマ同士ならバンバン打つところでも、プロが相手だと手が出なくなるんですね。

いい感覚やね。

今日は、NHK杯放映日か。

果たして大ウソなのかP7

感謝です。

7~8分の一でしたか。一挙に解決とはいきませんね。

130兆円くらいは、あるわけですね。

これは、あるけど、これこれしかじかで使えないストックとか、
ここまでは使おうかとか、そういう議論がほとんど出ないことが不思議ですね。

外貨準備と米国債とで、差額はどのくらいなのかなぁー。
外貨準備はどのような形態で保有されているか、ですか。

果たして大ウソなのか P6

人間惚けると一番幸せだった時の記憶の中に生きるという。その前は、得意なことしか考えられなくなる。色々観察していると、その症状が惚ける50年くらい前から起こっている人も時折見掛けるが、20年前からならザラで御座います。

惚け防止術などというものが、まともな医学として成り立つかどうかは知らぬが、ま、鰯の頭程度のご利益でも期待して、ノックを受けて見ませう。

ーーーーーーーーーーーーー

喝采さんが書かれたことは、日本政府は深刻な赤字状態だというが、それとほぼ同額の米国債を持っているから、赤字解消が必要ならば、それを売れば済むので、赤字を理由に国民、特に中間層以下のものに、あの手この手で負担を強いるのは怪しうからぬということのようだ。

ただし、米国債を売ろうとした橋龍がアメリカの怒りに触れて、失脚したということか。

ーーーーーーーーーーーーー

米国債については、朧げな記憶も有るか無いか定かではない程度に、愚の関心事ではなかったけれども、最近矢継ぎ早に出てくる中下層への苛斂誅求政策が、虚妄の上に推進されているとすれば、由々しいことだ。

ネットによると、日本(政府。民間は別)と中国は米国債保有額で2017年の途中で逆転し、今は僅差で日本の1兆1千4百億ドルが中国の1兆1千億ドルを少し凌駕している。これは百数十兆円だが、日本の財政赤字は千数十兆円だから、その7〜8分の一。

別の見方をすれば、十年計画で日本の財政赤字を解消するとして、米国債を全部売り払えば、ほぼ1年分は、それに充てることができる。

これは確かに無視できない額で御座いますが、目の敵にする程の額なのか否かは、所詮愚には分かりませぬ故、増税額その他と見比べてから、何か教えて頂くことにしまする。

NHKの新春雑感P4

>>> 将棋ソフトは、利用した成果

囲碁ソフトも同様に 役に立っていると思います
選んだ戦型を ソフトがしてくれますので 弱点克服にもなるかも

気が付いたのは 自分で自己流になるという危険 注意してます

NHKの新春雑感P3

素人がソフトだけを利用して、どのくらいまで強くなれるのでしょうかね。

将棋ソフトは、利用した成果はあるように思います。

果たして大ウソなのかP4

長文ご苦労様です。

小生の疑問は解決されずですね。
どこが理解できないかくらいは、指摘されねば、どうしようもない。

蛇足:国の借金の詐欺話術は、元々は、IMFの財政健全化要求から出ているのだったなぁー。この種の企みは、ソルベンシーマージン詐術でもあった。
   あの連中の悪賢さよ。それを鵜呑みにいつまでも声高にいう、官僚、政治家(野党が最終的アホやなぁー)。
   また、国富(国民が営々として築いた)を損ねる。
   慰安婦・南京問題、歴史云々(何とかの一つ覚えのような)に振り回されるのも、元々、あの連中が仕掛けた地雷なのになぁー。
   すでに仕掛け人のコントロール外になった(国家間の不可逆的最終の慰安婦合意の破棄)。米国がおぜん立てをしたのに。

さて。

トヨタの件。いつだったか、週刊誌で見た覚えが。まさか、火の出所が同じではありますまいが。
あっても一向にかまいませんが。

>トヨタが法人税ゼロなのが、国家の担税体系として正当か否かの判断は、当面愚の及ぶ所ではないが、
>国民はもう少しその仕組みや各項目の金額が分かった上で、トヨタを礼讃するのでないと、
>建前にコロッと騙されるだけの愚民になるアルヨ。
>繰り返すが、単に日本に売り上げ世界一の企業が有ることと、国民がその恩恵を受けていることは、全く別の話アル。

左様でございますね。国家的詐欺に引っかからぬよう気を付けねば。
国家的詐欺担当の特捜も牙を抜かれているようだし。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。