歳三参る

将棋・一般の話題について、自由気ままに書いていきます。

「知に働けば角が立つ、情に棹させば流される」

士道覚悟でなくっちゃ、やってられんねぇー。

追記:上記は、スレを立てた者の投稿姿勢ですので、
   その限りという事で、レスされる方は、自由気ままにお書きください。

投稿者: 喝采 投稿日時: 金, 09/22/2017 - 16:47 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

名誉職55件  学校関係はモリとカケだけ‼

昭惠氏の名誉職55件は、常識と比べれば数倍の件数だ。それだからますます可笑しさが募るのだが、その内で学校関係は森友小学校長、加計保育園長の2件だけだということを、共産党の小池氏がいい淀んだ安倍氏に答えさせていた。

藤井聡太に願う事 P2 去女難‥祈ります

寅○様>史上唯一?稀に見る?早熟の天才軍人

中国では、多少伝説として割り引いても、我が蓬莱島では想像もつかない英雄軍人が出るものだなー。

中国が清末から最近まで眠って居た原因は分からぬが(※)、習近平は、蒋介石や毛沢東と違って軍人ではないし、英傑と呼ぶ気はせぬけれども、英雄なのか奸雄なのかは知らず、中国史上有数の恐るべき人物やも知れぬ。少なくとも本人にはその意識マタはそれを目指す意欲が有ることは疑う余地無し。

安倍総理も、信長と秀吉と家康のいいとこ取りをした日本の支配者たらんとして居る。半ばそれを手中に収めかけた所だと言える。少なくとも先月までは。
         _____________

安倍氏の女運は扨て措いて、寅○さんの妖剣一閃にも見える瞬時の三分割は、お見事だなー。

  1. 脂っこさを露呈してしまう
  2. 歩無。

  3. 普通の家庭の普通のお嬢さんでええど〜
  4. 歩有無。

  5. 若しくは、極端なサッチーや小柳ルミ子みたいな重油
  6. 二歩。†

母君は、3型を薄めたような人かなー? 木村拓哉は工藤静香の御蔭で保って居るのかなー。
________

† 最強の手段。
         _______________

※ 愚とて、世のスノッブが崇敬する外つ国の西欧史観の学者の説に全く無知ではなけれども、完全には信用し兼ねる故。

藤井聡太に願う事

羽生が衛青大将軍ならば、早浙した事は置いといて、
史上唯一?稀に見る?早熟の天才軍人に藤井聡太を例えただけっす。

藤井には、中途半端な語彙の豊富さやら昼ごはんはどうでもええし、
訳の分からん能書きのビジネス応用本名義貸しやらで値打ち下げんと、
将棋の中身結果だけで突き進んで欲しいの〜

嫁ハンとかも、脂っこさを露呈してしまうダサい選択やなしに、
普通の家庭の普通のお嬢さんでええど〜
若しくは、極端なサッチーや小柳ルミ子みたいな重油、、、

24歳で死んだ人に喩える?

>離れます

マタ居なくなったアル。遊ぶヨロシ。 

寅○様>天性の勝負術的ケレン味

下世話に呼べば「はったり」勝ち。ただ勝負師は、どの競技でも得体が知れない者―少なくとも比類なく理知的論理的には見えない者―の方が強いのではないかなー。

米長、佐藤(モテ光)や囲碁の高川は、理詰めタイプで、頂上から王者として睥睨出来ることは無かった。この内では、知的には一番下だったと見られる米長が将棋でなく政治で王者マタは暴君として天下を盗ったのは、別の話。

渡辺は大山に近いやも知れぬ。羽生と違い米長的な才も意欲も相当に有るやも知れぬ。その意味では実に有望だ。まして将来若い藤井ソータに立ちはだかられるようなことが起こると、もともと米長より頭も良さげだから、そちらで途方もないことをやってくれるやも知れぬ。

(蛇足) 長嶋と野村とでは、やはり前者が強かったのではないか? 伊調と吉田由加里は? 得体が知れない強い者が理論を身に付けると更に大化けするということも有りうる一方では、才乏しき者が定跡を覚えると却って弱くなったりもする。

天下分け目はいつか

今日はもう土曜日か。
忙しゅうて。これは、加齢に伴う種々非効率化によるもの。
生産は、往時に比べ、見る影もない。

糸谷については、仰る通りと思ってはいるが、
なんと言っても、B1を軽く抜けてきたし。これまで対戦が無かったのだから、
試験紙としては、上質と思っていた次第。

大山・中原で、中原が大山を突破するときのじわじわ感は、なかなかのものだったですよ。
内容は、小生に分かるわけはないが、見る将としての感覚ではね。
それまで、大山の振り飛車は鉄壁に見えていたから。加藤、二上、山田。
残念ながら、花村、灘は歯が立たなかったように見えた。
唯一、大鵬に対する柏戸的に升田(の魅力は勝敗ではないところにあった。
順位戦は本気だった。それでも勝ち切れてなかった)がいたのだが。

またしばらく、掲示板を離れます。

えっ、関が原は今期?

棋力的には拙い私ではあるが、元早見えチャンプ+元竜王+A級昇級棋士に対して、
地力の差による完全な勝利!では無いかと思う。

比べて悪いが、往時の羽生の基礎棋力+天性の勝負術的ケレン味では無い、
15歳にして濁りのない完成度の高い将棋に日々成長しているような気がする。
羽生少年時代に比べて、COMの助力も借りつつ研究の進化した現代において、
追随を許さぬ記録を作り続ける霍去病・藤井聡太は、すでに大司馬になり得る将軍であろう!

まずは、賤ヶ岳・天王山的に王座やらのタイトルを最年少記録で獲り、更に箔を付けてからの伊吹山直滑降じゃないの?

その為には、羽生竜王に目の前の名人位を獲り維持し続けて貰わないとドラマ的には物足りない。かな?

大山~中原は戦ったが、リアルタイムではよく知らん。
中原~羽生は現実には存在しなかったので、羽生~藤井は是非見たい!

天下分け目近づくか

王座戦2次予選。チラ見続きだったが、流れは見られた。
ソータ朝日杯が、A級を決めた糸谷に完勝(に見えた)。

一方、絶対王者(大平の云う)ハブは、豊島、稲葉を寄せ付けず粉砕。

この二人が、このままタイトル戦で激突。将棋界の歴史の分岐点となるのか、
なりそうにも思えるが、断言できぬところに魅力がある。

かの(天邪鬼?)寅大明神さえ、注目せざるを得ないと云っているようだ。

しかし、一般TV番組でいつまで取り上げられ続けるのか、と思わざるを得ないほどの露出度。
いささか、反動が恐くなるほど。

天下分け目は、棋聖戦か竜王戦がチャンスかな。
多忙のさなかでなければ、解説会に行けただろうが、無理だろうなぁー。

遂に出た 「消される」の言葉

前稿で、迫田氏に並び昭惠夫人の公務員秘書について、名前は出さぬが、次のようなことを書いてから、新しい犠牲者を示唆することを避けるべく「削除した文書」を投稿したのだった。

●FAXの日付は2015年11月15日。こちらは現在も公務員だから、証人喚問しやすい筈だが、その動きが強まれば直ぐに退職させるとか、もっと危険なことが起こるのだろうなー。

しかし勇気か侠気をもってそれに言及した人が居る。古賀氏だった。

「消される」可能性・・・
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%8C%E6%B6%88%E3%81%95%E3%8...
(AERA)

流石にプロのオナゴさん記者が良くまとめているので、以下に掲額しまする。

『佐川氏も最初は、本件にどう対応するか、相当悩んだはず。真実を話したら、自分が潰される。ならば、政権や事務次官に「恩を売ろう」という官僚的心理が働いたのだろう。しかし辞任に追い込まれた今、「自分が生け贄にされる」という感覚になっているのでは。心配なのは、重要な人物の証言が得られなくなり、真相が闇に葬られること。最悪の場合、元昭恵夫人秘書・谷査恵子氏が、大使館というある種の治外法権ゾーンで「消される」可能性だってあるし、自殺の連鎖が起きるかもしれない。』

佐川を縛る術 P2(続) 「神風」は前任局長のとき

佐川氏は、例えば今井首相秘書官のような途方もない辣腕家から見れば、狙いやすいタイプなのだろうなー。寅○さんの言う「ひ弱な受験巧者の成れの果て」・・・  幾らなんでもいい年してとは思うが、「赤子の手を捻る」ようなものだったのかなー?

答弁と文書の擦り合わせは追及の突破口であるとともに、官邸スジからの介入(薩長の下級武士が政権を握っていた明治時代にはざらに有ったし、今でも多くの日本国民は時の政権がその程度のことをするのは当たり前だと思っている。†)以上の破天荒な所業だが、後者については、佐川氏だけに的を絞るのは、本来は片手落ちだ。

言わずもがななれど、例の「神風」が吹いたのは、2015年の暮れ頃らしい。それは異例の「土地貸し付け契約」に反映されているのであろう。愚には「時系列」をチェックする趣味は無いが、佐川氏が理財局長になったのは2016年6月だから、その前に理財局で事態が確実に進行していた筈だ。

更に穿った見方をすると、この案件を急速に推進させることを目的にして「(使いやすい)佐川氏に手を汚させるために」理財局長人事が行われたのやも知れぬ。(人事の正当化など幾らでも理屈が付く。)そこまでは行かずとも、(前川氏の発言から窺われる)今井氏のような能力を持った人から見たら、好機(餌)来たれり、どう使ってやろうかと「舌なめずり」したであろうことは想像に難くない。

前任局長の迫田氏は法学部出だから、辛うじて矩を超えない知恵やそれを支える人脈が有ったやも知れぬ。
         _____________

† 今回は、政治家達が

    ●私腹を肥やしたわけでなく、
    ●勅語(皇室)をダシに使って、日本会議の思想推進の小学校―将来は年次進行で中・高から大学まで―を作ろうとした

のだから、経営者や政治家の多数を占める保守系の者は、それをさして不道徳なものとまでは思わないやも知れぬ。事実

    ●地元大阪で維新の橋下、松井両氏が全面的に支持していた

ことが、それを端的に表して居る。

マタ

    ●財界人は、以前から多少スジの通った発言をする同友会の小林氏以外、まるで共謀者のように全く発言しない

ことが、この件の本質を「雄弁に」物語って居る。これぞ無言の言だ。

佐川を縛る術 P2

愚が考えた項目でいうと、分かりやすく報復への脅えで御座いますね。

寅○様>ひ弱な受験巧者の成れの果てが、んな暗黙の脅しに堪えられるわけがないっす

24で入省して還暦まで36年間も色々なことを見ているだろうにと思うが、案外暗闘が無い組織なのかなー?

やはりのように知恵を付け励ましてくれるファミリーやグループが無い。つまり子供の場合の「苛めの犠牲者」に似ている。それには本人の自信過剰も災いしているのだろうなー。

暗闘が無い(とすればその)こともそうだが、相当に特殊な組織なのかなー? それでも本人が正常なら、直系でなくても良き上司や先輩が一人や二人居る筈だがなー。

まあ寅○さんの見立て通りなら、気の毒だが自業自得の面も有るやも知れぬ。それに国会と国民を一年間騙し、一回の衆議院選挙を誤らせたのだから、法律が想定していないにしても「国家転覆罪」に相当する巨大偽計業務妨害罪だ。
         _____________

ところで佐川氏の僅かの不運は、主税本流だったにも拘わらず、国税庁長官就任(上がり)直前、空き待ちの半年ばかり、全く初めての理財局で、その局長になったこと。それで答弁や、部下との議場での答弁等の擦り合わせや、文書管理や改竄の徹底性などに、些かの齟齬が混じったのやも知れぬ。

その後、綻びが出始めたときに、止まらなかったのも、理財局生え抜きの部下たちから見て、佐川氏が敬愛の対象ではなかったことも有るのやも知れぬ。

(蛇足) そういえば、上には良く仕え、下には厳しいタイプだったそうな。大蔵のトップ格になるにしては珍しい小物だったのやも知れぬ。実務処理蒙力は抜群でも、相撲協会の高野元検事程度の格の人物ではないのか?

佐川を縛る術

「サガワ・・・・、わかっているよな」
なんにも言っていないけど、多くを語っている言葉。

退任したとは言え佐川検札係は、暴走列車からは降りれんよ!
普通に飛び降りたら骨折程度で済むけど、無賃乗車を見過ごしたのが運転士の指示だと国会で告解したら、
有罪確定な犯罪に対して、在宅起訴はありえなく、起訴のぶつ切りで勾留延期の連続で、
魔の手の伸びた法務省経由の獄死狙いのターゲットにされルンバ。

何でも養分にする丁稚から叩き上げの籠池のオッサンと違って、
ひ弱な受験巧者の成れの果てが、んな暗黙の脅しに堪えられるわけがないっす。

農奴と農民の違い

 ●お彼岸の牡丹餅を食べながら考えた。

常識的には、農奴と農民には「性奴隷」と「娼妓」や高級「娼婦」位の差は有ろう。マタ日本にも「小作農」の下に「名子」という売買の対象になる身分も有ったという。これらの差異を、本質的な事として強調し、日本農民を賛美するのも学者先生ならば、概ね貧困な被搾取労働者階級として一纏めで見るのもマタ別の立場の学者先生か左翼思想家だ。

 ●今食べているきな粉の牡丹餅と、安倍川餅は確かに違うが、他国の人は散々解説を聞いても、尚且つ食品としての違いさえも殆ど感じられぬやも知れぬのと似ている。

無論当人達の「人間としての誇り」には大いに格差が有ったと見られる。

 ●多くの日本人は牡丹餅の方に日本文化の伝統の誇りを感じるだろうなー。安倍川餅は、発祥は家康ローカルだし、今年は特に名前がなー。

しかしながら、こと「政治改革意識」となると、日本の農民、町人は、欧米から中国(昔の。今の中国人の政治意識は日本の江戸時代か、戦中時代のレベル。)までと見比べても、欧州(マタは中国)の農奴に近かったことは否めまい。

それは、結局今でも続いている。
         _____________

それと共に、前稿でも述べたように、侍というのも、大名マタは家老級でなければ、多かれ少なかれ農作業もしたようだが、それよりも自律性や批判精神皆無の「ヒラメ」意識は、富農や富商よりも遥かに強いし、経済的にも旗本御家人は、農業も商業も出来ぬから貧窮していたようだ。東京爆撃を正当化した「軍需家内工業」のルーツが、旗本の「傘貼り」に遡るか否やは知らず。

というわけで侍の名残の方とて、さしたる取り柄が有るとも言えぬ。

         _____________

寅○様>幼稚園の補助金詐欺

これ自体には、夫婦をここまで長く「接見禁止」にする必要も理由も無い。別件拘留の最たるもの。

>佐川は最後のご奉公を果す

桜鍋かいな。その予想は当たると思うし、証人喚問では、自分のためと政権のために「刑事訴追の恐れが有るから答えません。」と呪文のように繰り返して時間を稼ぐのだろうけれども、根本要因は何かなー?

  1. 元々自信過剰で傲慢な人間で、自分のやることで悪い結果になることは有りえないと未だに思っている。
  2. 助言してくれる一族や良き先輩友人が居ないから、最小限度の常識的な判断が出来ない。
  3. 元々或る種のロボット的欠陥脳の持ち主で、人間としての知恵や道徳性が皆無だから権力に従うことしか知らぬ。
  4. 自分で全部被り通せば、家族や子孫の名誉を失うこと以上に、政権側からの見返りが有ると思っている。
  5. 自分が全部被り通さなければ、政権側から自分にとんでもない報復が行われると脅えている。
  6. 犠牲になった見知らぬ下僚をあの世で一人にしないつもりでいる。

どれも余り説得力が有りませぬなー。

愚だったら、身の安全に懸念が無ければ(生命身体に危害が及ばない。地方政治でも案外怖い。)、4が人脈等で余程確実に保証されていないと、「馬死に」しないとおもうけれども、今井秘書官の奸智レベルで仕組まれて、それに検察が同調したら自分一人の才覚では逃れられぬやも知れぬ。そういうときは2が核心だ。

>認可したのは大阪府のボケ松井

橋下氏も少なくとも道義的には関係が有るらしい。
http://news.livedoor.com/article/detail/14430483/
(2018/3/14)

その後、自己弁護もし始めて居る。
http://blogos.com/article/284877/
(2018/3/19)

根本の拡散

竹立てかけられたら竹かけられる?

竹というのは120年に一度一気に花を咲かせて、一斉に枯れる?
竹藪ってのは根が繋がっている1つの生き物?

と言うわけで、森友問題はそもそも何が問題や〜

安倍ーエセ保守権力礼賛の教育勅語幼稚園の延長戦の小学校を、
公金補助で作る事を、そもそも認可したのは大阪府のボケ松井やねん。
認可の見通しが立ってるからこそ、立ってるものは親でも使えと、
パンツのゴムゆるゆるな昭恵夫人を活用して、教育商売に邁進しよったわけや。

オッさんが今留置されてんのは、んな大それた事やなしに、幼稚園の補助金詐欺やねん。

田舎の銭湯で今攘夷を語るウブなオッさんを増長させたんは、
コレまた媚び上手なエセ保守、橋下ー松井ルートの大阪府やねん。

んで、日本会議の「美しい国ニッポン」とは、徳川御親政な、儒教悪用の、
権力の頂点に対し忠誠を誓うシステムやで、佐川は最後のご奉公を果すんやわ。

別で、痛くない腹を探られることさえ猛烈に排除する安倍イズムの、
消費期限前の闇鍋祭りに国民総出で楽しんでる訳や!

大阪はやっぱり大阪やし、日本はやっぱり日本やし、頑張った安倍はさっぱり安倍やの〜

安倍川餅の場合  ‥自虐的国民観

のように、正体には中心も骨も無いが、きな粉がくっ付くという物もある。

そういえば、きな粉は家庭で作るもので、焙烙で煎った豆を、石臼で挽くのを、愚も子供の頃手伝ったもので御座います。

搗いた餅に茹でたか蒸したかした豆を混ぜて熨した餅も有った。これは町では餅屋に頼むのが普通だった。切り餅にしたものは2,3日は焼かずに食べられたが、これも各家庭で、短冊状に薄切りにして稲わらで編み、吊るして干して、今いう「おかき」に似たものを焼きながら食べるのが普通だった。豆だけでなく煎り胡麻も使った。
         _____________

今の安倍政権について、本質を考えると、寅○さんの言われることが当たって居るのだろうが、あまり公然とは語られないものの、日本人の主力は「農奴」だという見方も、古くから有る。† それがバブル期は「社畜」として踊った。

一方で、侍、特に旗本こそ幕府の犬で、その性質が今日の官僚の本になって居るという見方も有る。

〇 役人が、百姓の成れの果てか侍の成れの果てかも問題だが、情けない連中であることに変わりは無い。(南方熊楠)
________

† 明治維新は、下級武士を中心とする内戦で、一般民衆による革命ではなかった。後者は実質的に農奴だから、革命への意識も力も無かったというのが、アメリカ辺りで時折見かける優越感の塊の様は二流学者の説。どの程度真実を抉っているかは知らず。ただ現在の愚昧な選挙民とオナゴさん達を見ると、農奴が良い洋服を来て、芸人やアスリートは兎も角議員になっていると思うと、分かりやすい一面も有るやも知れぬ。

安倍の求心力

一応言うとくけど、自民党内限定でネ!

安倍晋三と言う病的総理に全財産とまでは言わないが相当な覚悟でBETするだけの魅力の根源とは?
平成政治の総決算たる歪をきたした原因は?

これね、日本独自の社会風土に世界の変態潮流胡椒が加味された結果と思うのね。
まっ、マクロな世界を支配する勢力! の話題は、民族同化やらオカルトも含まれるので自重するが、
つくづく、ニッポン政治家の民度の低さ=ニッポン国民の痴呆・低俗化は加速してるの~~

なんか寂しい達観だけんど、「(大多数の)ヒトは家畜」の一種かえ?

前川氏授業自民議員照会(続4) マタマタ当り ‥自民党文科部会長が照会し議員が添削!

文科省が野党の聴取に対して、誰が文科省に照会したかは、名前は勿論政治家か一般人かどうかも「無関係」として、AI(悪い意味で)の如く、質問を繰り返し突っぱねる情景が何度もテレビで流された。

見ていて感心したのは、質問者が、平日はともかく週末本省役人に電話を掛けられる外部の人間は、親しい政治家しか有りえないと指摘したこと。小技として、その前に、文科省は週末出勤して居るのかと訊いて、ノーの答えを引き出してからでもあった。(※)

文科省さんは、やはり人間だから、一瞬たじろいだが、直ぐにAI(悪い意味で)に戻ってにべも無く同じ答えを繰り返した。
         _____________

新聞記事等をヒントにして、推理してA議員に行き当たり、更にネト繰り続けたら、何のことは無い既に「権威あるネット事典」に掲載済だったなー! (†)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E4%BD%B3%E9%9A%86#%E5%8...

この人物なら、今井秘書官に唆されなくともこの位のことはやるだろうが、興味深い点は、本来的には文教族でなく、成城大~慶応MBAの学歴だけで十分示されているように、経産型。日本会議所属で「安倍の愛弟子」を自任など、敢えて引用するにも及ばぬが、今井氏の仲の良い兄弟のようなもの。

市教委への質問項目の「添削」をしていたとある。(➡蛇足)

なお上述の記事には、文科部会長を務める赤池誠章参院議員が文科省に照会したことも記載されている。となると一陣笠議員の跳ね上がりで済まされまい。
         _____________

(蛇足) それにしても下品な文章にしたものだなー。スジの問題は扨て措いても、成城大と慶応大の先生方や学生さん、恥ずかしくないかなー。(※※)
________

† 3/19(月) 21:53更新。この記載が、削除されるかどうかも見もの。引用しているのは下の記事だが、8時間も早いことに注目。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000002-mai-soci
(毎日ネット 3/20(火) 午前5時配信)

         ____________

※ 森友の件で小池氏(共産党)が、局長から「総理夫人」という言葉が出たとき、すかさず「それは重大だ」と大声で言ったのは、(印象操作術として)巧かったと田崎老人も認めていた。旧民主党系の人物達には、こういう「実力」が足りぬなー。

つまり、所詮戦後左翼のパラダイスの遊民か、歳費目当ての議員業者だけだ。流石に共産党のトップ連中は違うなー。咬みつきオバサンでは辻元氏だけは、別格やも知れぬが。

※※ 恥ずかしいと言えば、部会長や部会議員で総理の愛弟子の日本会議会員という立場なのに、隠れて文科省にやらせることも。(スジ論としては、内容的に教育基本法の精神を蹂躙していることが問題で、ここに書いたのはスジ論としてもどうかとは思うが、「恥ずかしくないか」ということ。)

※※※ 林文科大臣が議員名と行為を発表した。(昼のニュース)

※※※※ 検察に次いで文部官僚からの反撃リークが始まったのやも知れぬ。大蔵は未だ(出世が最もおいしいから)模様見か締め付けが厳しいか?

前川氏授業自民議員照会(続3) マタ当り

怪人佐藤優氏のコメント。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA%E3%8...

検察に眼を向けても、愚と違って、森友疑惑は「財務省VS検察の戦い」としているが、この人の立場では、当面ここまでしか書かぬのも自然かなー。売文家として段階的に小出しにするのは当然やも知れぬ。身の安全も図らねばならぬし。
          _______________

※ 文科省に党の文教部会の議員から、繰り返し圧力を掛けた件も、今井氏の差し金ではないかなー。どうも菅官房長官は公の仕事が忙しいから、陰で悪い指図をしまくって居るのは、誰か他に居る筈だと思っていた。菅氏よりも安倍氏に密着した陰謀に長けた人物でなければならぬ。

前川氏授業自民議員照会(続2) 当り

森友問題の”司令塔”は「今井総理秘書官」前川喜平・前文科事務次官が推測
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%A3%AE%E5%8F%8B%E5%95%8F%E9%A...

愚も同じ予想をしていた。愚は大雑把に構造と以前国会で加計の話をしたときの今井氏の様子から。前川氏はそれ+更なる情報からだろう。

しかし今その国会出席が何だったかをネット確認しようとしてみたら、この人安倍氏と日本会議とのパイプもしていて、天皇退位問題でも暗躍したらしい。
         _____________

今日の国会での進行のまとめをニュースで見たところでは、麻生氏と太田局長ともに、佐川氏に「書き換え」の最終責任を被せることについて、やや歯切れがが悪くなった印象を持つ。

それは何故か? 無論破綻の恐れが生じて居り、言質を取られない用心からだが、どう破綻するのだろうか?

(ア)一つは佐川氏自身が、真実を暴露すること。

オナゴさんの山口氏の見方に依ると、この御仁根っからの「官僚」で、どんなに汚名を着ても総理を守るタイプで、その可能性は少ないらしい。(ご家族は気の毒だなー。子供は学校に行けないよ。還暦だから、もう卒業してるか?) 

これは寅○さんの大分前の「蹴れぬ〝死に馬〟」予想と一致。

(イ)一つは財務省が、真実を暴露すること。

このままでは、財務省が今井秘書官(の如き経産省官僚)らの意のままに落ちぶれて行くことに憤った内部からの跳ね上がり的リークを含め、抵抗体制を整え始めた。

馬達が、馬主や騎手の言いなりになっていても、碌なことにならぬと、気付いた図。

(ウ)一つは検察が、リークを始めて居ること。

検察が正義の担い手というのは義務教育の授業の中の話で、検察の思惑を知るべし。内閣府に検察人事まで握らせたくないことと、財務省を揺さぶりながら、恩を売るつもりか?

漸く今井氏が全ての要所に居ることが、浮かび上がって来たのやも知れぬ。

(エ)、(オ)・・・ 文科省スジや昭惠さん秘書、自殺した人や自殺しかけてい居る人の周囲からの何かも。
         ____________

(蛇足)安倍氏は、つい数日前まで、4月頃には国民は収まると見ていたらし。今日も国会で笑いを浮かべていたから、危機感は無いのやも知れぬ。

蛇足の蛇足 トランプ氏が安倍氏を蚊帳の外にして、北との和平に動き始め、国民が多くの評論家の論拠不明な「外野席からの牽制、警鐘」にも拘わらず、潜在的に「安倍無用」説に傾き始めたこともあるか?

戦争カードを失ったのは痛そうだ。

前川氏授業自民議員照会(続) ‥それは国民の意思を映している

自民議員から照会を受けて、実際に、呆れた文言で、名古屋の市立中学校を繰り返し揺さぶったのは課長補佐名でだが、局長は兎も角課長か局次長の内々の了承は取って居るか、むしろ非公式で指示されたのだろう。

いずれにせよ、あらゆる場面で、官僚の品格が大いに損なわれていることが、漸く国民の目に明らかになって来た。そして尾木ママの批判では決して触れられることは無いが、教育ママ(つまりオナゴさん)が下劣な大蔵官僚(や文部官僚)を育てて来た面は否めないのではなかろうか。なぜなら充分な知性教養見識有る男親であれば、稀にスポーツ選手や将棋指しを育てることは有りえても、全く不見識な単なる筆記試験秀才を育てようとなどとはしないから。
         _____________

今回の大蔵官僚の一件は、何といっても社会主義国の独裁永久政権に匹敵する、民主主義国家での安倍一強三選体制に迎合した立身出世一点張りの官僚ならではの所業だが、改竄が行われた昨年2月から3月にかけては、未だ小池旋風が有って、安倍独裁体制には確かな見通しは無かった。国民が圧倒的に安倍独裁化を支持したのは、僅か5か月前の10月22日の選挙で有り、それまでは、佐川氏を始め多くのトップ官僚がかくも無条件かつ破廉恥に安倍氏(か政権の司令塔に居る今井秘書官以下=君側のカン†)の「手足」~「御盾」にならんとした潮流が有ったとすれば、既に奇怪なことで有る。

[この頃昔の顔がテレビに出てくるが、その一人の片山さつき氏の過去の言行では、民主党政権など鼻もひっかけず自民党政権の早い復活を予言していたし、本人も自民党権力擦り寄りの姿勢を崩すことは無かったが、これが珍しいのか典型なのか、俄かには分からぬ。(父親は某地方国立大教授・・・世代は違うがギョーカイに居る者として、実態は想像が付く。)]

それにしても、何故この5ヵ月にじわじわと情報が出始めて、朝日の「慰安婦誤報」を帳消しに出来る快報に至ったのかは興味深い。

中国で習近平独裁者への道を阻止する者は、「腐敗・不正追放」の名目を借りて、ことごとく屠られたのであろうが、本邦では、辛うじて独裁者誕生に一旦ブレーキが掛かったと見られるやも知れぬ。

(なおプーチンが4期目に向けた勝利宣言したが、ゴルバチョフ~エリチン時代からは大いに退歩したが、スターリン時代から見れば進歩だし、中国の習体制よりも何らかの長所が有るのではないか?)
         _____________

それが出来たのは、本邦が、中国と異なり民主主義だからか?

断じて否!

「民主主義」だから、自由選挙が有り、国民が自民~自公~安倍体制を「圧倒的に」支持したのだ。世界の眼から見れば、中国は軍事革命政権の延長だが、日本の方は国民多数に支持されて居る正当権力だ。

そして、官僚はほぼ挙ってその体制維持ために粉骨砕身した。‡

では、どのような機序で何とか今回の小康状態(徳俵に足が掛かったところで踏みこたえている。)に持ち込めたのか? その真相が分からぬと先行きは読めぬ。

(以下次稿)

_________

† 正しい漢字は忘れたなー。中国古典では「奸」だったかなー。でもそれは君主が暗愚でなく、少なくとも善良だということを前提にして居るから、当て嵌まるかなー?  

無論真の君主ではないのだが、日本会議の見解に基づいて「大君」のつもりでは居るのだろう。合衆国大統領より権限が強い一面も有るから。

‡ 前川事案は、自民議員が文教部会の威を借りて繰り返し動いたのだから、モリカケ以上に国民の意思を反映していることになるなー。

前川氏授業自民議員照会

18日(日)毎日朝刊。文科省は、自民議員(党教育部会所属)と関係なく独自にやったという。が、本省官僚が自発的にこんな異例なことをしかもこんなに執拗に行うことは有りえない。「忖度」でなく「圧力」だが、この程度の「えげつなさ」ならば、法規上は言い抜けできることは、他の事例と同じ。

自殺者と自殺未遂者

理財局国有財産係長が一月に自殺して居たことは、よくも隠していたものだと思うが(記者は居ないのか?)、漸く知られて来た。ほかにオナゴさんが自殺未遂。ただし理財局ではないらしい。
http://www.data-max.co.jp/300315_dm1777_j3/

幾らなんでも、前者は局長だかの説明通りに「無関係」ではないだろうなー。

醜の御盾

「佐川氏自身が自分の答弁と矛盾しないために書き換えた。」という政権側と現理財局長が組んだストーリーは、その目的ならこのような改竄は殆ど不要だという理由から、論破され始めた。が、仮令状況証拠が真っ黒になったところで、法的証拠として詰め切れる性質の案件ではないと思う。

何が有効かは知らず、政権批判側は「ぐ~んと盛り上げてゆかなあかん。」が、果たして?
         _____________

救いになるか知らず、相当な人物達が、佐川氏だけでや(れ)ることではないと断言していることが、明らかになって来た。

一方で、山口というオナゴさん(多CH。東大法科首席➡大蔵省)は、佐川氏は最後まで、政権に殉じるだろうと予想している。

今どき「醜の御盾」か。同情よりも先に嗤ってしまう。しかも相手は天皇ではない。

いや戦中の日本や今の北朝鮮と違って命までは取られない戦後日本の場合、そういう者ならば、むしろ犯罪隠ぺい者として、厳しく処断すべし。そのような不見識さでは、学士会からも除名せねば。

それにしても法学部の教員、学生、OBはほっとしているだろうなー。いや「それみたことか」やも知れぬ。これで財務省には優秀な経済卒は行かぬし採れぬことになるだろう。

小指(続)

以前にも触れたけれども、経済学部出でなく法学部出だったら、先輩の(悪)知恵などで、もう少し身を護る仕掛けを用意できたのではあるまいか?

今井秘書官の誘導に、コロッと引っかかってしまっった蓋然性が高い。

今の政権首脳側のストーリーに、凡庸な小才子才媛を見なれた者の眼を重ねると、自信過剰で不正行為には未熟だった佐川氏が、今井氏に「激励」されて†、独断で野党を舐め切った答弁をして、自ら墓穴を掘ったことになる。
         ____________

佐川氏は、前代未聞の悪質な汚吏と言うよりは、単に「幼稚」だったのではないか? もし今ここでか、完全に葬られる前に、それを恥じるだけの資質マタは知性が有るのなら、未だ官吏として国家のために役に立つことも有るのだろうが。

† 「激励」といえども百戦練磨で海千山千のプロの仕事だから証明出来ぬように周到に仕組まれて居ることが普通だし、仮令証明出来たところで常識的には違法性は無い仕掛けになって居る。強いて言えば道義的に問題が有るやも知れぬが、それも秘書官の仕事の内で、首相自身には極々間接的にしか響かぬ。

(蛇足) 野党は、ことあるごとに安倍総理を直接のターゲットにして空騒ぎ・空回りばかりして来た。その戦法も無効果とばかりとは言えぬが、法的に総理に手が届くのは、無理だと思った方が良い。

蛇足の蛇足 ところで今回の「改竄」は大阪地検からのリークの気配が濃いようだ。朝日の汚名挽回に続いて、大阪地検の汚名挽回。果たして「薩長」が徳川に一矢報いるか、それ以上の貢献を成し得るか。

小指

週刊文春によると中学3年の時父親が亡くなり、3人の兄から学資を出してもらって大学を出たそうな。

先輩に(悪)知恵に富む助言者が居なかった可能性については前に触れたが、親兄弟や親類縁者にも友人にも相談できなかったのだろう。

週刊誌の記事を総合すると、官邸の親衛隊長は、加計問題でも中枢に居た(それ故昨日明るみに出た今治市の復命書書き換えも指示したと見られる)今井首相秘書官らしい。

この人物は強面でこの上なく辣腕だった元萩生田特別補佐よりも陰の能力が、さらに「ぐ~んと」高そうだ。佐川局長(当時)は見事に絡めとられたか、××されたのだろう。

※ (蛇足)官邸に人事権を握られて居たら抵抗できまい。
         _____________

よこやり賀茂様>一生懸命勉強して東大に入ったんだろうに

東大というよりは、

1990年に500人弱だった司法試験の枠が緩くなって、2010年には2100人に達し、2017年の司法試験合格者数は1543人だから、今は文系キャリア試験の方がずっと難関でせうね。依然世間では、前者が格上と見られているようだけれども。但し佐川氏は1982入省だから、その前。

やくざの小指

子供の頃は神童などと呼ばれ、親も大いに期待し、一生懸命勉強して
東大に入ったんだろうに、結局はやくざの小指って哀しい人生だね。

騏驎も老いては駑馬に劣る P2

アクトン男爵の日本語版ウィキペディアです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82...

※ ところで「(絶対)腐敗する(絶対)権力」には、安倍氏、麻生氏、財務省、自民党の全てが当て嵌まるけれども、麒麟は?

少なくとも佐川氏ではない。

騏驎も老いては駑馬に劣る

…も真なり。

https://en.wikipedia.org/wiki/John_Dalberg-Acton,_1st_Baron_Acton#cite_n...

“Power tends to corrupt and absolute power corrupts absolutely” (1887)

競走馬の自恃  (付)人間のフレーメン?

大蔵キャリアはサラブレッドと呼ばれたりするが、それにしてもここ数日テレビ映像で何度も繰り返し観せられる表情は、稀なものだった。

寅○様>不可思議な強情を誇った

サラブレッドに肥大した自恃が有るにしても、それだけならあそこまで議員を(それを通じて国民を)舐め切った態度を取ることは無かろう。

政治(家)や官僚を見る目ならばプロ中のプロである小沢一郎師が、「役人が勝手にやるわけない」と断言して居る。

そうでもなければ、このどこかでフレーメン(些か異なることは承知しているが。※※)にも比すべき不思議な顔付きと肩を聳やかした歩容は、説明できぬ。

(一頃の学会員であれば、池田大作先生のご意向を体して、只管走っているときの顔のようなものやも知れぬ。※)
         _____________

>黄色猿(中略)もめ続けてくれること

半島が統一された場合、アメリカの危機感は少なくとも一時的には増すと見られる。無論核保有のままでは論外。

ティラーソンや、その前の何人か。遡ればカーター、オバマ。更に遡ればルーズベルトやトルーマンまで(無論チャーチルも)、日中韓北(~台比)を程よく争わせて置く方が都合良かった。只、昔は日本が指導者(軍人)の頭は悪いが強すぎたし、中国は幾ら肥らせても食い物に出来ると踏んでいた。
         ____________

(蛇足) 山本一太が、森友関与が有ったのならそれを認めても、半島(~中国)問題のために、安倍総理を国民上げて支持せよと叫んでいた。

※ 蛇足の蛇足

そういえば、公明党さんもしっかりおやりになって居た。

「捜査に影響、財務省の対応は妥当」森友文書で山口代表
https://www.asahi.com/articles/ASL364WBRL36UTFK00Z.html

地方組織から苦情殺到で、慌てて軌道修正に大童だという。潔く首を差し出しては如何かな。(池田大先生がご健在ならば、ここで間違うことは無かったろうが。)

※※ 更なる蛇足。

そういえばと思い、先週号の週刊新潮グラビアに載っていた、国会に出て来た太田充理財局長が麻生氏に見せた満面の追従笑いは(その時は卑しさに見る気も無かったが)、棄てる前に改めて見たら、まさに「歯をむき出し鼻翼を広げた」人間のフレーメンだった。

死に馬に蹴られる

現在のところ蹴られたのは佐川元国税庁長官様だが、
骨折引退の名馬サガワキャップは、馬場に引きずり出されても蹴る力が残ってるかね?

馬主は桜鍋にして一口も手を付けずに下水管に流したいのだろうが、
後ろ盾?があるからこその不可思議な強情を誇ったサガワ引退競争にまずは注目!

籠池も安倍礼賛の先に見た、美しい国ニッポンな、目的のためには手段を選ばず、
「滅私奉公」「毒も喰らわば皿までも」な新武士道の体現者は、
愚衆の投石を受けて尚、存在し続けられるものなのか?

三島由紀夫みたいな、具材は何でも良かった狂信的なナルシストじゃなきゃ完遂でけんのとちゃうやろか?

安倍がなんぼ幇間外交をしても、アメリカ(の真の支配者)から見たら日中韓・北は、
(彼らからすれば)わけの判らん宗教観を持つ、所詮は、原黒人奴隷的な人的資源程度の黄色猿とちゃうの?

チョコチョコ香水程度を振り掛けるブロンド美女の歓心を得るための、
鞘当満員電車でもめ続けてくれることが人気維持の秘訣とちゃう。

死に馬に

蹴られる

という言葉もある。

マタ

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E5%8A%A0%E8%A8%88%E5%AD%A6%E5%9...
(文春)

本記事は明日発売らしいが、「加計学園問題でも公文書書き換え疑惑」。

※ こちらは内閣府の指示。

勝ち馬

読売新聞もそうやけど、小泉進次郎やら二階幹事長も含めて、
季節外れの戻り鰹やあるまいし、鬼の首を獲った様な勢いの野党の沿岸流で、
流れを変える感じってのも気持ち悪いっすわ~

下々の担当のパソコンのフォルダーを開いて開いて開き倒したら、
地雷的原本が出てきたってな釈明をする小役人の額の汗。。

麻生流余裕灼灼いかつく強弁さが、焦りのヒスになり脂ぎった皮膚に浮き上がる汗。。

再びの「アッキード事件」に対し、怒りを抑えつつ言い過ぎだと抗弁する安倍の汗。。

んな寿命を縮める毎日を送っても、地位と金が欲しいのかの~?
(心が)死んだらオワやど~

理財局長時代の佐川の強情さを見た時は、退官の後、比例上位の代議士の座を約束されてる感じがしたけど、
結局、社会復帰不可能な犬死な捨て石になっとるから、議員歳費の面から見たら良かったのかもしれん。

ワシは、こんな前座芝居よりも、安倍イズムの申し子である籠池夫婦の本割りが早く見たくて仕方がない!

オッサンは、寒い拘置所で栄養過多なぐらい補充しつつ、今の状況が楽しくて仕方ないのとちゃうやろか?
大立ち回りに称賛っぽいのを浴びて有頂天になるも、
最後の最後は、大衆からアッキーられて、野壺に堕ちる運命なんやけど・・・

潮流 P2(後3) 死者のメモ

本省の指示とするメモが有ったと報じられた。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%96%87%E6%9B%B8%E3%82%92%E6%9...
(読売)

佐川氏までで蓋をする政権側の作戦に有利だから、読売にリークされたのだろう。日本の政治は存外分かりやすい。気づかないで政権を支持するお人好しと、気づいても知らぬふりで政権を支持する小狡い人が選挙民の多数。日本の民主主義は、中国、北朝鮮、韓国から見てそう上等なわけでもないやも知れぬ。

一方で、民衆同士は妙に「民主的」と称する主張、競争、闘争に耽ることが多い。それでお上にはひれ伏す。これは日本人独特なものやも知れぬ。コミンテルンへの絶対忠誠から戦後左翼のパラダイスに続く今の野党分裂も、それで説明できなくもない。

潮流 P2(後2) 改竄は適法

今回の公文書の改竄自体は、刑法には触れぬらしい。

まず偽造罪には当たらない。何故ならば、起案者から決済権者を含めた「全員で合意して書き直した」のだから。紛れも無く正規にして真正な文書だ。

棄損罪とやらにも該当しない。何故なら最初の物の原本がそのまま「保管されていた」から。

なんだか愉快な話だ。法治国家の素晴らしさに、久しぶりに笑ってしまった。

いしいひさいちの漫画の中のような世界だ。
         _______________

それでは、彼等には咎め得る何物も無いのだろうか? 

どうも牢屋に入ってもらうのは難しそうだ。

佐川氏は、自分が作らせたかどうかは知らず、二重帳簿ならぬ二重文書の存在を知っていたことは間違いなかろう。となると国会で虚偽答弁をしたことも間違いない。その結果国会は虚偽の前提に基づいて何か月も無駄な議論をした挙句、「お人好し」―マタは薄々承知していても「小狡い」―国民多数が現政権を大勝させた。

佐川氏は罪万死に値するが、麻生氏同様に、基本的な倫理観が欠落している人物にはその指摘は無意味だ。本質は一種の詐欺だから、騙された選挙民の方が悪い。

愚には、コーユー悪をどう燻りだすかという知恵は無いけれども、朝日同様、議員歳費を食いつぶして来ただけの戦後左翼の名誉大挽回のとき。国民を「覚醒」させるために、お気ばりやす。
         _____________

亡くなった方を悼む気持ちは変わらない。いや救国の英雄やも知れぬ。勇気を称賛したい。

※ (蛇足) けえさつ系コメンテーターの大谷氏が、6野党党首が連名で佐川氏を告訴しろと喚いていた。が、気勢を上げる効果は多少有るやも知れぬが、法的根拠をどう検討したのだろう?

蛇足の蛇足 そういえば国会と議員に対する「偽計業務妨害罪」という説が、出て居た。珍説だが、国民世論がよくよく盛り上がれば、検察が出来ぬことではない。

※ 其マタ蛇足 しかし、安倍政権は習政権よりもはるかに民主的に国民によって選ばれた正統至極のものだ。「文句アッか!」と阿弥陀帽のオッサンの顔に書いてある。

更なる蛇足 テレビのインタビューの3人目の派手目なオナゴさんが京唄子か大屋政子に似た呆気羅漢さで曰く「私は安倍さん好きなの。私たちが何を言っても変わらないでしょ。」

潮流 P2(後) 「叫び」でないまでも厳粛な「記録」だ

改竄前の文書が、昭惠夫人他の影響を公文書としては「異例に克明に」記述しているとの指摘に†、大いなる重大性を感じた。

つまりこれは公文書化された、真相の記録―或いは告発ーであり、「悲痛な」ものとして厳粛に受け取るべきであろう。‡

合掌。

† 東大法科を主席卒業して財務省に居たというオナゴ(山口真由?)さん。この仕事を進めさせられた担当者(達)の「叫び」という言葉を使って居る。

‡ 決裁されたということは、局内でこの認識が、「異例の記録を後世に遺す意思」も含めて共有され、決定されたとうこと。

(‡の蛇足)出先局を上げて背任の「刑事訴追」を免れるための「証拠」を残す意図も有ったのであろう。

潮流 P2(前) 麻生氏と国民

おはようさん

いやあ寅○さんの文、まことに見事で御座いますなー。

愚のような人間は、見とれてしまって、国民として相応に分担すべき現実の改革努力を、一瞬忘れてしまいかねませぬ。

週末或るパーティで偶然挨拶された京大OB、今回の百万遍のコタツ事件程度は、自分の学生時代は当たり前だったと述懐して居られた。年齢から見ると、自家用車が普及し始めた昭和40年頃よりも少し前だった方だろう。

当時の印象では、京大の立て看(板)の方が東大よりも味が有ったような気がする。特に教養部の寮に近かったらしい東一条界隈。(東大でも駒場寮辺りの方が本郷より面白かった。)それでコタツが百万遍とは思い及びませんでしたな―。
         _____________

つまり、久しぶりに見とれてしまったので御座います。

がっ、「目を覚まして」、大分格は落ちるけれども、愚文も「参る」。
        
寅○様>麻生は

思ったより、薄汚れた小賢しい逃げ口上を繰り返し強気で開き直るだけの人物で御座いますねー。ダンディーなら、もう少し嗜みが有りそうなものだけれども、やはり十分な知性に恵まれない男の限界と言うか、それが「武器」になって居る人種だったのだなー。

順番は逆で御座いますが、

>日本人も

結局国民世論、というよりはどちらかと言えば諸民族の内でも、体力相応に、「最も無力な」方の国民の「エネルギー」がどこに向かうかの問題で御座いますなー。

上述の麻生大臣にしても、国民を馬鹿にしきっているから、一見平然と「嘯き続ける」ことが出来る。

改竄した決算書が出ようと出まいと、事の本質は一年前から明らかだったけれども、左翼遊民は楽園で「鬼ごっこ」―特に「子とろ子とろ」―のように戯れ続け、国民も自民党を圧倒的に支持し続けた。マダ48%が安倍支持という御伽話のような国で御座いますなー。

(マスコミも財界と同じく経営優先で警世の気概無し。朝日・毎日はお気ばりやす。何十年ぶりにテレビより新聞の方が働いている。)
        ____________

ところで現実に日本国民は、財界人に限らず、「賢い」―むしろ「小狡い」―から、基本的に「保身的」だ。だから日本政治の何かが変えられるとすれば、やはり外圧か、少なくとも国際情勢の変化に待たねばならぬだろうなー。

その意味では、日本を蚊帳の外にして、トランプ氏と金王朝が取引し、それと相俟って習独裁者と文氏も相当程度野望を遂げる形勢になっているのは、「黒船」ほど直接的ではないけれども、長い目で見れば日本社会の民主主義が進歩するためには良い影響を持つのであろう。

潮流

世紀のトランプ大統領誕生やら、プーチン独裁に、習近平の、強い国への憧れで、
ノリの良い日本人も流れに乗り遅れるなウィルスによる、実はヒステリー病患者の安倍に託すの巻。

んな悪乗りは、国際問題の絡む安保やら憲法改正屋なしに、こんな細事から綻ばすべきで、
議員給与目当ての烏合与党に、ちょっとは安倍阿波おどりから目を覚まさせるにはエエ機会でっせ。

小役人の佐川には悪いけど、もっと市中引き回し猿としてドツキ回して、
佐川だけが傷だらけで可哀想~ってな声が上がれば、次の段階に行くのとちゃうやろか?

最低でも、怖面バリアで防御しきれるとアホ面だしてる麻生は吊し上げな面白くないのの~~

ってか、最終兵器の核弾頭を備えた籠ドン1号・2号の燃料はすでに満タンで、
後は発射を待つだけなんやから、安倍内閣は早い目に手仕舞いにせな大火傷するのとちゃうか~~

類焼を恐れる与党の乞食共も、そこそこの生贄を差し出したくて仕方ないやろな。

公文書改竄認める方針 P4(続)

もし愚が政府職員だったら、佐川氏のやったことに嘆くだろうなー。法科出だったら、経済学部出が馬鹿をしおって、大迷惑だと、苦笑するかなー。

ただ加計の場合は、安倍首相の側近が圧力を掛けたことは間違いないが、それでもなお、現在知られている事実からでは、首相自身に道義的責任が有ると断言まではしにくい。

まして森友の場合は、昭惠夫人が「絡んでいる」けれども、圧力を掛けたり工作をしたわけではないから、やはり首相自身に道義的責任が有ると断言まではしにくい。

つまり、総理の首を目指す野党の戦略は、どの程度正しいのだろうか?

公文書改竄認める方針 P4 ノンキャリ

御茶園様>(キャリア合格者数)東大459・・・

こんなに多いとは認識して居ませんでした。東大の入試定員が約3千人だから、6人に一人弱が、その道に進んでいる。構造を少し分析してみた所に基づいて「参る」。

なお、以下に示す法経だけの数に比して総数が300以上も多いのは、国立研の理系研究者や省庁の理系技官(主力は大学院出)が居るせいでせう。
        _____________

皮相的な観察から「参る」。

佐川氏は、キャリアの世界では本流の法学部卆(2017年で91人合格)でなくて、傍流というべき経済学部卒(同18人)。

後者は、或る程度理系的センスも持ち合わせているやも知れぬが、その分法律には弱いし、前者のような総合的な(悪)賢さには恵まれて居ないだろうし、賢いか悪賢い先輩も居ないことだろう。

佐川氏は法学部卒だったら絶対にしないことをやったのではないか? もしかしたら「自信過剰」が災いしたのやも知れぬ。どこやら天狗の顔に見えぬこともありませぬしなー。

(つまり、佐川氏一人に全部被せてしまうことが、出来やすい。なお薬害エイズだったかのとき厚生省は医系技官を悪者に仕立てた。)
        _____________

一方で、亡くなった人は、ちらりと見たテレビ字幕だと、高卒だったらしい。真面目に勤めて来た人だったのだろう。御茶園さんの引用されたサイトだとよっぽど上り詰めても課長のところ、出先とは言え50少し過ぎで課長補佐だから、立派なものだ。しかし役所や上司の犠牲にされる典型的なタイプやも知れぬ。

(蛇足) 佐川氏もキャリアの中では、更なる上司か権力者の犠牲にされる典型的なタイプやも知れぬ。

蛇足の蛇足 つまり「忖度」を超えたものが有っても不思議ではない。

其マタ蛇足 良く似た問題で国会に出て来た悪相の者達の顔がいくつか浮かぶな―。

公文書改竄認める方針 P3

>>>今回死んだ人は、ノンキャリだろうけれども相当に上の人ではないか?

ノンキャリって何? 念のため 一応調べてみました。

■官僚のキャリアとノンキャリアの違い
http://careergarden.jp/kanryou/career-noncareer-chigai/

----- 記事の 一部抜粋 ---------
法律で明確に定義されているわけではありませんが、
一般的に、キャリアというのは「国家公務員採用総合職試験」を受験し、
                    採用された人のことを指します。

東京大学のほか、難関国立大学やトップクラスの私立大学出身者が多く、
いわゆる霞が関で働くエリート官僚をこう呼ぶことが多くなっています。
--------------------------------------------------

因みに、H27年 合格者の多かった大学(人数)---少し古いデータだけど。
東大459 京大151 早大148 慶大91 東北大66 阪大63 中大58 北大54 一橋大54 東工大53

*追記(最近)
H29年 合格者の多かった大学(人数)
東大372 京大182 早大123 阪大83 北大82 慶大79 東北大72 九大67 中大51 一橋大49

公文書改竄認める方針(続々)

ボンジョルノ

毎日朝刊トップ、黒地白抜き横見出し「財務省書き換え認める」、縦見出し「佐川氏指示か」。

もし後者が事実なら、大蔵官僚と言うのはとんでもない「シラを切る」人種だというわけで、呆れるというか見下げ果てた集団だ。

亡くなった人は、本省勤めも長かったそうな。
       _____________

そういえば、関東財務局とは官舎の問題で、周りの教授やら国立研究所長に懇請されて代表に祭り上げられ、所長クラスと交渉したことが有る。(愚の人生ではそのようなことはこれ一度しかない。)その時のことを思い出すと、今回死んだ人は、ノンキャリだろうけれども相当に上の人ではないか?

(マタね)

公文書改竄認める方針(続)

新聞を見ている暇が無いのだが、毎日夕刊トップの、佐川辞任の副見出しに「書き換え関与か」と有る。

事実ならば、初犯でも「牢屋に入って」もらわねねば†、国民は収まらぬよ。未だ60歳と言う若さなのだから、本来ならば重労働するがよろし。

† 昔舛添氏が厚生年金問題だかのときに言った言葉。

公文書改竄認める方針

意外と早く投了しましたねー。

  故人<佐川氏<大蔵大臣・副総理<総理大臣

のどこで、逃げおおせる見込みなんだろうなー。

佐川氏は、どこかでひっそりと大蔵利権の天下り先で余生を安楽に過ごすことになるだろうが、死んだ人とそれ以上にその家族は気の毒だ。
         _____________

貴乃花と伊調派がどう違うのかは、愚には今分からねども、伊調問題は文春砲が放たれるまで、内閣府で蓋をされて居た。つまり監督官庁と協会で揉み消そうとして居たわけで、事件が明るみに出たことで、漸く前者と並んだとも言える。

告発自体は、貴乃花が便乗的なのだが、どうせ誰か彼かはとっくに相撲協会問題を内閣府に申し立てていた筈だ。更に言えば三浦濡衣事件だってそうだ。

公益認定委員会とやらや、内閣府自体は、この相次ぐ不祥事、腐敗、不正行為に対して何ができるところなのだろう? 従来は保護機関の役割を果たして来た。

今回の告発は、少なくともノンキャリの天下り利権を確保するチャンスには見える。例えば将棋連盟は27.5億の無税収益の内から1千万円位天下り理事報酬を取られるようになっても、不祥事に蓋をしてもらえれば得だろう。相撲協会の収益は102,3億で、余裕しゃくしゃく。

これに対して、レスリング関係者の利権は、構造が違うからよく分からないが、税金はこれらの法人よりも食っている筈だ。至学館への補助金も調べて見たほうが良い。

詰め腹?

カネ目当てに殺して放火やら罪のない市民を狂人が殺して、やっと死刑ってな時代に、
時の政権に目配せをして?見えざる圧力を感じて、省内での小さな地位を確保するために融通を利かせた小役人集団!
の動向に目を光らせ、無言のプレッシャーを掛ける大役人!
を手旗信号で阿吽の呼吸を学ばせる宦官共。

んな構図を、地球の自転のように感じるのは、
大樹の陰は涼しいと膠着した考えの親から与えられた教育の賜物だと思うね!

それなりの能力を持ち努力し目標を達成しているのに、何で窮屈な人生を歩むのか、
ホンマの本気で理解でけんのよ。

ワテら、特に裕福な家の子や無いし、人生で努力なんてした覚えもなく、
目標達成なんぞ、そもそも目標なんて「明日を生きること」程度だけんど、
仕事で行き詰まって自分が苦しんだり、それなりの給与があるのに昼飯代を節約するだの、
貯金大好きサラリーマンが常に恐怖心を持つ意味がワカラン・・・

仕事においてシンドイ事は即時逃げて避けるべきやし、世の中に命に変えて負う責任なんぞあるんか?

経営者でもないのに、誰に?なんの?似非自負種を植え付けられてるんやろか?

幸せってなんだっけ~なんだっけ~♪  よ~~~く考えろと言いたいね!

んで、貴乃花親方・・・
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000150-spnannex-spo

こりゃ、泥酔状態とちゃうのか~?

斬られたか

とうとう大蔵省から自殺者が出た。

まさかサスペンスのように、口封じのために殺されたわけではなかろうが、手を汚させられた者が役所や政治団体などの口封じのために追い詰められて行くことは、犯罪にこそならないが、結構有るらしい。そういう事でもなければ、政治家秘書は兎も角、役人は自殺などしないものだと思う。

過去の痛ましい例については、次の記事にいくつか述べられている。
http://lite-ra.com/2018/03/post-3854.html

いずれにせよ、今回の方は、出先とは言え、課長補佐といえば、ノンキャリとしては一廉の地位で、妻子も有るだろうに、じつにお気の毒なことだ。

御悼み申し上げます。

春雨に断酒

歳三さんは、忙しいらしいし、その前は体調が良くなかったのだったかなー。

愚は、春雨で花粉症が治まっているのは幸せだが、一か月断酒。

病因は、マニュアル一点張りの女医さんに有る。

うーん。飲まなくても大丈夫だ、大丈夫だ、だいじょうぶだ・・・だい・・・じょうぶ・・・かなー。

その分ここに書いてやるぞ。

皇室 P3

文芸作品にしたら歴史に残る素晴らしい作品が出来るだろうなー。日本皇室の、知られているだけでも千数百年の歴史の重みが、舞台として眩いばかりの光彩を放つ。

それぞれの人の人物像をどうするか、結末はどうするか、王朝絵巻から社会派まで、幾らでも作りようが有る。アングラ劇団は、もう取り上げて居るやも知れぬ。

つまり、一見特殊な世界の出来事だけれども、実に多くの、人類にとって普遍的な文化や思想の問題を象徴し、思い起こさせる事柄なので御座います。

映画化は、日本では当分は無理だけれども、ハリウッドか韓流か中国映画で直ぐ取り上げるのだったら、時代設定を多少ずらしてやるとして、世界的ヒットになることは間違いありませぬ。

皇室 P2

教授殿

難しい問題を出されますね

個人的には 破談になった と 理解してます

我々 下々の者に 皇室の事はわかりませぬ

皇室

内親王の結婚問題、世間では圧倒的に破談が相場だとしているが、少数ながら、結婚支持派が居る。それは無論真子様が本気だかららしい。

愚も、初めは多数派と同じ気持ちで居たが、少数派の主張が、少なくとも戦後の基本的人権の建前からは正当であるやも知れぬことを認めざるを得ない。

だとすると、もし真子様が心変わりした場合、小室氏の正当な権利という立場から擁護することも必要になる。

一部の見方のように、男が不誠実で、芳しからざる身上を隠していたことに全ての責任が有ると出来るのか、寄ってたかって婚約解消に持ち込んだ者(たち)に対して、男の側から(心得が有るらしい)請求・訴訟行為に及ぶのか?

(万一裁判になったら、建前が優先するから、男有利だと思う。)

小室氏の母親もその元婚約者も、誹謗マタはバッシングの対象になり始めて居るが、今は、本人が元婚約者に(心得が有るから)反論文書を書いたのが、最大の汚点とされているけれども、それだって見方によっては母親孝行で、当然どころか美談になりうる所だ。

う~ん、世間に先んじて「判官贔屓」の業病が出始めたかなー。

(蛇足) 不思議な形で皇室問題が浮かび上がったものだ。が、いずれは起こる問題で有った。

蛇足の蛇足 紀子様に批判的だった人達が小躍りしている印象が有るが、この御方が全ての大本に在られたのだとすれば、長い目で見れば大した御貢献だ。

其マタ蛇足 秋篠宮殿下はノータッチらしい。これまでのことはともかくとして、如何にも天皇家の人らしくてよろしいなー。見てるこっちの寿命も延びそう。

笛吹き二種

某国では、まるで体育教師の笛に合わせるように幹部が民衆を統制している。

ハメルンの笛吹きのようにいっそ若者が丸ごと失われてしまえば・・・はともかく、人類にとって望ましい健全な精神を持った若者のほうから滅ぼされるのは、残念なことだ。
         _____________

日本では、戦争末期には東條等が、学生を職業軍人の奴隷にして死に追いやった。これは体育教師の笛吹き。

戦後は、多くの思想家が、学生を不毛の左翼活動に誘導した。これはハメルンの笛吹き。

前者は殆ど強制だったから、後者より道徳的には悪いが、それは世界史上も珍しい悪虐極まりない軍閥政権だったからであって、後者の罪の大きさとて計り知れぬ。
         _____________

笛吹けど踊らぬ者のしたたかさが、望まれる時代やも知れぬ。

いや、国内的には、スポーツと極く特異な分野以外には、今踊る者は居ない。

最も見事なのは財界・企業人。いくら安倍氏が笛を吹いても、実質賃上げには応じない。

賃上げも無く、生活安定出来得れば向上の希望が持てぬ一般国民も、不思議なことに安倍政権を支持しているが、消費拡大に応じる気配はない。
         _____________

グローバル化に踊るべきか、踊らざるべきか? 経済は兎も角文化についてはどうか? ま、ゆるゆると考えませうぞ。

嵌~メルンの笛吹

無論、大河の流れと言うか、地理的=民族的特性の元に、
現実的に、世界の中でも高度な部類で文明進歩してきた事実は否定しないが、
欧米へのコンプレックスによるモノマネで民主的な政治体系が取り入れられただけで、
決して本性に抗った知性で構築された日本の社会体系では無いのではないかと思うわけです。

地理的に優位性が偶然有り、民族としての歴史の記録が奮い中華は、
欧米に対するコンプレックスが日本に比べて小さいのではないかと思うわけです。
始皇帝の例をみても、千夜一夜物語と陸続きな訳で、オーバーラップしている部分もありつつ、
アジア系同一民族的概念を<持ちたがる>血?なのか、笛吹人の出現が後を絶たない。

という訳で、大義のために将棋を捨てる! ってな、大義に疑問を持たない家畜的デジタル思考ではアカン!
地位に溺れず、目の前に有る小さな正義や、大義という名の心地よい催眠音との折り合いに、
常に疑念を感じる(幸せを求める、我儘な)人であり(続け?)たい。

今日ね、何か電線の付いたヘッドギアを被って講演を聴く会に参加してきた。  訳では無いっす。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。