第74期 名人戦 第2局 羽生善治名人 - 佐藤天彦八段

先手番は天彦さん、対局地は松本市です。
羽生名人と九州男児・天彦さん、おもしろい将棋でみんなを元気づけてほしい!

この前発見したこれはすぐれていると思います。
http://www.asahi.com/special/timeline/74th_shogimeijinsen/?iref=pr_shoug...

投稿者: ブランコ 投稿日時: 木, 04/21/2016 - 08:14 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

第74期 名人戦 第2局 羽生善治名人 - 佐藤天彦八段

ついに P2

ブランコ氏に告ぐ

オジサンほどではないけれど 小生は直筆扇子を 15本以上持っているのだ
羨ましくないぞ

 >>> 酒仙氏には、コピーして扇子の形に切り取ったやつをお送りします
いりません トイレでご使用ください
品のないことを書いてしまった 反省

ついに

扇子が当選しました!苦節9年です。
たぶん抽選にもれているであろう酒仙氏には、コピーして扇子の形に切り取ったやつをお送りします。(貸し1)

色紙かもわかりませんが、扇子なら羽生さんの合(口の部分が円に近い。羽生さんの書道力炸裂です!)、天彦さんの刻です。
天彦さん、深く刻むチャンスです。

う~~~~~~む 4

まだ最大5回チャンスがおます!
でも今回はもろたと思ったけどにゃあ!11!1!1!111111

だんだん腹立ってきた。
ぢぐじょう、守銭氏と東海の偏食王め~~~~~~~~~~

う~~~む P3

ブランコさん
 >>扇子当選の連絡が来ない!1111111!!!

あきらめて下さい

う~~~む 2

ブランコさん、詳しい解説の記載をありがとうございます。

週刊将棋が無くなってしまい(余ったお金は「返す」か「将棋世界誌(月刊)」のどちらか)寂しい限りです。 私は、¥6000とか返ってきても嬉しくないので後者にしました。 10数年ぶりに将棋世界を買うことになりました。 駒音でのいわゆる不買運動・・・   懐かしいです。 実は、たまに立ち読みをしていましたが。

頭の中ではイマイチ並びませんでした(弱過ぎる)が、雰囲気は楽しめました。 フルセットまで行って欲しいので結果は満足です。 でも、羽生さんが詰みを逃すのは極めて珍しいことだと思います。

さ~て、改めて5番勝負! そう思えばみんなが気が楽です。

う~~~む

扇子当選の連絡が来ない!1111111!!!
ぢぐじょう~~~

しかたない。ちょっと棋譜でも。羽生さんが154手目で
△8九銀▲同玉△6七角成▲同金△7八金▲同玉△8六桂▲8九玉△7八銀▲8八玉△7九銀不成▲8九玉△7八桂成▲同玉△6八馬
としていれば即詰みだったそうです。

棋戦:第74期名人戦七番勝負第2局
先手:佐藤 天彦八段
後手:羽生 善治名人

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金 ▲6七金 △4一玉 ▲2六歩 △5二金 ▲7七銀 △7四歩 ▲7九角 △3三銀 ▲3六歩 △3一角 ▲3七銀 △6四角 ▲6八玉 △4四歩 ▲7八玉 △3一玉 ▲4六銀 △4五歩 ▲3七銀 △5三銀 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 角 △6二飛 ▲6八金上 △4四銀右 ▲2五歩 △5五歩 ▲4八銀
*※ここで△6一飛が有力とされた。以降の具体的な手順は示されなかったが、「これも考えるんでしたか」、「飛車を引いていればまあまあでしたか」という羽生の感想がある。
△4三金右 ▲4五歩 △同 銀 ▲5五角 △4六歩 ▲6四角 △同 歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲3七桂 △3六銀 ▲7一角 △4二飛 ▲2六角成 △3五歩 ▲同 馬 △3七銀不成▲同 銀 △4七歩成 ▲3六銀 △3七と ▲2九飛 △3四歩 ▲4六馬 △3六と ▲同 馬
*※ここで△7三桂は▲6三馬△8五桂▲5三銀で先手が指せる。「飛車を取られると、ここの筋(▲2三歩)とか嫌ですよね」と羽生。
△5三金 ▲4六歩 △7二角
*※代えて△6三角には「上からだったら引く予定でした」と佐藤。羽生は「あー、そうですよね」とうなずいた。以下▲3七馬△2二玉▲5五歩△7二角が示され、「こちらで辛抱するんでしたか。自信ないですけど」と羽生。
▲同 馬 △同 飛 ▲3五歩 △4七角 ▲3九飛 △3五歩 ▲3四歩 △4四銀 ▲5四銀
*※代えて▲1八角は△3六角成▲同角△同歩で「歩が進むので、(後手の)銀が楽になると思った」と佐藤。
△同 金 ▲6三角 △8二飛 ▲5四角成 △5三銀打 ▲6三馬 △7一桂
*※「いや、△7一桂ではつらい」と羽生。「でも△5四銀打じゃあ飛車取られて……」と首をかしげた。以下▲7二金△6三銀▲8二金が示され、「▲5一飛があるから」と佐藤。羽生は「ええ」とうなずいた。
▲2七馬 △5四銀打 ▲5五歩 △同銀左 ▲3五飛 △4四銀引 ▲3九飛 △6三桂 ▲4五金 △同銀直 ▲同 歩 △2五角成 ▲3三銀 △3八歩 ▲同 飛 △5五桂 ▲5七金寄 △5六歩 ▲同 金
*※ここで△4七桂成は、▲2六歩△1四馬▲3五飛△5五歩▲3二銀成で「これまずいですね」と羽生。「桂を成れないなら、すっきりはしないのかなと」と佐藤。
△3五歩 ▲5五金
*※代えて▲3二銀成△同玉▲4四金がまさったようだ。「自信ないですね」と羽生。佐藤は「そうか、桂取っちゃったのが」と話していた。
△同 銀 ▲5四歩 △同 銀 ▲3二銀成 △同 玉 ▲8八玉 △2六金 ▲同 馬 △同 馬 ▲5六歩 △同 銀 ▲4四金 △4三金 ▲3三歩成 △同 桂 ▲3四金打 △同 金 ▲同 金
*※佐藤がここで△4三銀打を口にすると、羽生は「あ、ここ!」と驚いていた。以下、口頭で佐藤が▲2三金打△4一玉▲4三金△同銀▲3三金△5二玉という順を示して「……というわけにはいきませんか」と尋ねると、羽生は「うーん、それは▲2八飛で」。佐藤は「なるほど、(△4三銀打は)やりにくいですか」とうなずいていた。
△4五銀引 ▲4四桂 △4二玉 ▲5二金 △同 飛 ▲同桂成 △同 玉 ▲3三金
*※ここで△8五桂が調べられ、▲5五歩△7七桂成▲同桂△5六角▲6七桂△3八角成▲5四歩が並んだ。そこで(A)△同銀は▲3二飛で「じゃあ負けか……」と羽生。しばらくして(B)△7九銀▲同玉△4九飛を示し、以下▲6九桂△5四銀と進んで手が止まる。佐藤は盤面を見つめている。やがて羽生が「このほうがよかったですか」と口を開くと、佐藤は「なるほど」とうなずいた。
△6三玉 ▲5五歩 △同 銀 ▲5一飛
*※「▲5一飛と打たれたところは負けっぽいですよね」(羽生)
△8五桂 ▲4三金 △6二金 ▲6七桂 △4六銀右 ▲8一飛成 △5六角 ▲5八飛 △5七歩 ▲2八飛 △5九馬
*※「この瞬間はよさそうな……」と羽生。2人とも無言で盤面を見つめるが、佐藤の手が伸びない。羽生はペットボトルを開けて水をグラスに注ぎ、ごくごくと飲む。やがて佐藤が「うーん、ちょっと」と話すと、羽生は「なるほど、そうか」と誰にでもなくつぶやいた。
▲9八玉 △7七桂成 ▲同 桂 △5八歩成 ▲2四飛 △3四銀 ▲4四金 △5四歩 ▲7五桂打 △同 歩 ▲同 桂
*※終局直後のインタビューでは、佐藤は「作戦としては失敗。一瞬難しくなったところはあったと思うが、またすぐに悪くしてしまった」、羽生は「受け身になるのは後手番なのでしょうがない。馬の力が強いのでずっと苦しいと思っていた」と振り返った。自信のない展開が続いていたと振り返った。最終盤で先手玉に詰みがあったことを告げられると、佐藤は「△7八金から△8六桂? 指している途中は気づかなくて……」と答える。「え、え?」と驚く羽生に、「銀不成から成って」と佐藤。少しの間があって、羽生が「あ、あ、△6八馬か!」と声を上げた。対局中は詰みが見えていなかったようだ。羽生は「いや、ああ、そうか、詰むのか……。じゃあ勝ちなんですね」と話していた。感想戦は22時45分ごろに終了した。
まで159手で先手の勝ち

※まちごた。54手目で羽生さんが、などと書いていました。
一方、扇子は遠い(涙)

天彦さん

勝って1勝1敗になっていました。
第3局は、5月12・13日(木・金)、鹿児島県鹿児島市「城山観光ホテル」で。

私のほうは比叡山に修行に行っていました。
千日回峰を終えて帰ってきました。(ウソ。ケーブルで往復しました。)

大逆転 P3

詰みに双方 気付かなかったようです。
--------------------------------------------------
天彦さんのツイッター
https://twitter.com/AMAHIKOSATOh?ref_src=twsrc%5Etfw

153手目▲24飛と直後の▲44金の局面はこちらに詰みがありましたが
対局中は気が付かず、終局直後に気が付きました。
--------------------------------------------------

大逆転 P2

愚には内容は分かりませぬが、コンピューター(少なくとも碁の場合)ならば決してやらないという逆転負けなので御座いますか?

羽生さんも過去にそんなことが無かったとすれば、年令のせいで御座いませう。

しかし今回は、なんだか羽生さんが負けるのが淋しく思えるのは、昔ファンだったせいで御座いまするかねえ?

大逆転

羽生さんも人間。
天彦さん勝負運あり--と解釈。

中継をありがとうございます P2

後手 71桂打の場面です

小生も先手優位だと思います
が これから どうなるのか?

中継をありがとうございます

ブランコさん、いつもありがとうございます。

ご紹介いただいた、朝日新聞のサイト(静止画面ですが)もいいですね。 近代相矢倉の長い長い中盤戦、と言ったところでしょうか。

私には形勢判断がしかねますが、先手天野矢倉は手付かず v.s. 後手は薄くて馬を作られている  これは少なくとも後手がいいとは思えません。 でも矢倉は単純に決まることは少ないです。 どこかで斬りあいになるハズです。 酔っ払って寝てしまわない限りは注目します。

ブエナビスタ!   もう10年以上前になります。 近くに住んでいたことがあります。 食事をしたのは1回だけです。 近くの中華料理屋さん(名前忘れた)と焼き鳥屋さん(あえて書きません、大手チェーン店)によく食べに行きました。 近くに居たら観戦に行きたかった・・・

2日目昼休(1~61)

棋戦:第74期名人戦七番勝負第2局
先手:佐藤 天彦八段
後手:羽生 善治名人

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金 ▲6七金 △4一玉 ▲2六歩 △5二金 ▲7七銀 △7四歩 ▲7九角 △3三銀 ▲3六歩 △3一角 ▲3七銀 △6四角 ▲6八玉 △4四歩 ▲7八玉 △3一玉 ▲4六銀 △4五歩 ▲3七銀 △5三銀 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 角 △6二飛 ▲6八金上 △4四銀右 ▲2五歩 △5五歩 ▲4八銀 △4三金右 ▲4五歩 △同 銀 ▲5五角 △4六歩 ▲6四角 △同 歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲3七桂 △3六銀 ▲7一角 △4二飛 ▲2六角成 △3五歩 ▲同 馬 △3七銀不成▲同 銀 △4七歩成 ▲3六銀

おもしろくなってきました。
でも京都に旅立ちます!(おおげさや)

昼食は羽生が花小町弁当、佐藤がビーフカレー、と出ています。
ではまたいつの日か。(おおげさ)

41手目▲4八銀 P4(42~46)

うっ
朝日さんのにも応募するのだった111!111!!1!
66分の10か。
私のほうは61人正解でした。いちばん多かったのが▲6五歩の106票だそうです。

でもきっと私の勝ちです。酒仙さんに悪くても引き分けでしょう!
松本市に集まった棋士の皆様、61個の扇子や色紙を完成させましょう!!!

なお、将棋のほうは
△4三金右(50分の長考。意外な手、△6一飛から△4一飛か、と言われていたようです)
▲4五歩(14分の短考。予定の手かも、とのこと)
△同 銀(14分) ▲5五角(6分) △4六歩(ノータイム)

私は昼休が始まってすぐに京都に行きます。
戻ってくるのが明日の夜です。
京都で結果を見ることができるかどうか。
みなさん、楽しんでくらはい(涙)

41手目▲4八銀 P3

情報

朝日新聞デジタルの封じ手クイズに231人の方々からご応募いただきました。見事、▲4八銀を的中させたのが66人。抽選で10名様に、羽生名人の揮毫入り扇子を発送させていただきます。

さて当たるかな?

41手目▲4八銀 P2

ブランコ さん
 >>> 封じ手が大当たりでした

貸し 1
あれ 以前も何か貸したような?

扇子が当たったら 半分に切りましょう 大笑

41手目▲4八銀

封じ手が大当たりでした。
酒仙さん、ありがとうございました。
このスレの文言の
羽生名人と九州男児・天彦さん、おもしろい将棋でみんなを元気づけてほしい!
をつけて送りました。
もうこっちのものでしょう!!1!1!1!1

※その後、掲示板で上記の文を載せてくれていました。
ただ、当選かどうかは不明。私は注意を怠っていません!

とに角 P2

▲4八銀 です
酒が偉そうです

扇子に 責任は持てません 大笑

とにかく

おすすめは
http://www.asahi.com/special/timeline/74th_shogimeijinsen/?iref=pr_shoug...
です。朝日さんががんばっています。

封じ手予想、よろしく!!!

指し掛け P2

ブランコ さん

最終図が解らない 涙

小生の 一票を入れたいけれど

酒が偉そうです 

指し掛け

41手目を天彦さんが封じ、1日目終了です。
応援掲示板に出ているのは、▲4五歩、▲4八銀、▲6五歩から▲4五歩です。

私が扇子をはずす=と金倶楽部の被害甚大

残念 P2

ブランコ さん
タイムリーな情報感謝

NHKは やってくれないし ニコナマのみ 涙

貴族 フレー フレー

蛇足
ホテルの名前 スペイン語で いい景色 ですね 見晴らしがいい でもいいか 
5月に鹿児島対局があったような 他の用事と合わせて 行こうかな とも カールク考えてましたか 地震でアウト 

残念

みなかみさんが現地に押し寄せると思っていました。
現地観戦は体力を使いまくるので、体調に不安があるときは見送りもしかたないですよね。

40手目△5五歩

タイトルは越中氏風です。
ここまでの時間の使い方から見て、天彦さんが封じ手をすると思います。

そこでですが、今度は扇子を当てます。
封じ手予想を!!!
よろしく。
控室では将棋の流れでは▲4五歩といきたいが、角の引き場所を作る▲4八銀もあるかも、ただそれは手の流れが予定ではなさそうとか。

長野市

では、犀北館で名人戦を2回やっています。1984年の谷川対森安、2001年の丸山対谷川。両方とも見に行きました。
 今回の松本は行きたかったんだけど風邪ひいてしまって・・・。

コーヒー(29~39)

▲4六銀 △4五歩 ▲3七銀 △5三銀 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 角 △6二飛 ▲6八金上 △4四銀右

角がにらみ合っているのがポイントで、角打ちの隙ができないように注意が必要な、なんとなくお互いに苦しい将棋だそうです。

なお、タイトルは意味なし。最近コーヒーを飲みまくっています。
にがい系の豆のシティーロースト~フレンチローストが流行っています。

おやつは和菓子(羽生さん)vs洋菓子(天彦さん)vs駄菓子(ブ)でした。
ブの惜敗。

▲2五歩

後手の△5五歩に先手がどのように対応するか、後手の攻めが続くまずい変化もあるようで、先手の成算があるのかどうか。
控室で大地さんらが調べています。

穏やか

羽生名人が△6四角と指したので、お互いに囲い合う展開になりそうです。
先手に早囲いを許すので、個人的には、後手を持って面白くないと考えていますが、羽生名人は自信があるのでしょう。
王者らしく、正々堂々と受けて立つといった感じでしょうか。

昼休(1~28)

棋戦:第74期名人戦七番勝負第2局
先手:佐藤 天彦八段
後手:羽生 善治名人

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金 ▲6七金 △4一玉 ▲2六歩 △5二金 ▲7七銀 △7四歩 ▲7九角 △3三銀 ▲3六歩 △3一角 ▲3七銀 △6四角 ▲6八玉 △4四歩 ▲7八玉 △3一玉

昼食のことはわかりません。被災地で困っている皆様への配慮かも。
と思ったら出ていました。
羽生さんは天ざるそば、天彦さんはもりそばだそうです。
そういやあ、前にざるそばともりそば、調べたにゃあ。

ありゃ、天彦さんのがざるそばに変わった。
この中継記者氏、そばのこと知らんな!

ぎゃああああああああ

▲7六歩△8四歩でした!1!111111!1!!!1!

ではついでに。先手は早囲い志向です。
私の記憶では、王将戦の第6局、先手早囲いで羽生さんが郷田さんにやられた。

天彦さんは P2

 角の素抜き!!!

天彦さんは

▲7六歩△3四歩に▲6八銀と、矢倉を志向しました。
3手目▲6八銀を天彦さんが指すのは2013年12月以来のことなんだそうです。

変わったことがあればまた来ますし、昼休には棋譜報告します。

75期

順位戦の対戦表がもう掲載されていました。
こことか
http://www.shogi.or.jp/kisen/junni/index.html
ここです
http://www.meijinsen.jp/news_20160420.html

松本市

3回行きました。
中学生のとき、天文部の研修旅行についていき、たしかユースホステルに泊まりました。
大学4年の秋に、両夜行で槍~西穂~徳本峠。
社会人になってから、角館(美人を見たかった!)往復の行き道で宿泊。

以上のように、長野市は手つかずに近いが、松本市はボクのもの!

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。