蹴球8日制

かつてボランティアで母校(高校)サッカー部の監督を務めていた
青年が書いていた『蹴球7日制』というメルマガがありました。数年
間続き、日々の練習風景や選手集め(監督自ら中学生をスカウトした
こともあり!)、試合での泣き笑いなど、文の上手さもあって大変面
白い読み物でしたが、彼の下で1年生として入部し後に3年生となり
キャプテンを務めた選手が卒業してセミプロチームに入ったあたりで
突然連載が中断し結局そのまま廃刊となってしまいました。

今「蹴球7日制」でググるとブログなどいくつものサイトがヒットし
ますが、どれもかつてのメルマガ『蹴球7日制』とは別の物です。

今回そのメルマガ『蹴球7日制』へのノスタルジーと、「7日では足らん
ぞ、8日だあ!」という内なる声に押され、「蹴球8日制」なるスレッド
を起こすことにしました。サッカーに関するアレコレを書いて行くつ
もりですし、皆さんもうんちく、エピソードいろいろ自由にお書きくだ
さい。

また「蹴球」とは銘打っているものの、他のスポーツでもいっこうに
かまいません。

投稿者: よこやり賀茂 投稿日時: 木, 08/13/2015 - 14:29 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

日本、最終予選へ

日本5-0シリア

先ずは2次予選突破=最終予選進出ということでメデタシ、メデタシ。
試合内容は従来からのストロングポイントを確認したといったもので、新戦力
の確認、新機軸の確立は今後に持ち越しとなりました。どちらもこれから欧州
の中堅チーム(といっても、日本よりは強い)などとの強化試合で実現しなけ
ればなりませんが、できたら体格的には比較的大きかったシリア相手に、後半
残り15分程度でもいいから試してほしかったところです。

昨日のメンバー起用を見る限り、ハリルホジッチ監督はFWは
 岡崎>金崎>ハーフナー
という順で優先度を設定しているようで、これに現在ケガで離脱中の武藤
(独マインツ)が戻ってくるとハーフナーはメンバー外になる可能性もあり残念。

次の注目は4月12日の「最終予選組合せ抽選」です。最終予選では12チームが
2グループに分かれ、グループ内でホーム&アウェー方式の総当り戦を行い、上
位2チームが本大会出場、各グループ3位はプレーオフに回ることになります。
当然狙うのは2位以内。

抽選はFIFAランキングに基づいてポット(シード)が決まりますが、2次予選の
全日程が終了した時点で最終予選進出12チームのランキングポイントが確定し、
それに伴いポットも決まりました。

 第1ポット=イラン、オーストラリア
 第2ポット=韓国、日本
 第3ポット=サウジアラビア、ウズベキスタン
 第4ポット=UAE、中国
 第5ポット=カタール、イラク
 第6ポット=シリア、タイ

同一ポットの2チームは別々のグループに振り分けられるため、日本と韓国が同
じグループになることはありません。

ハーフナー・マイク

ハーフナー・マイクはまだJリーグの下部組織にいた10年ほど前、超大型
FWとして注目されました。ただ当時は同じく身長190cm越えの大型FWと
して平山相太が高く評価されており、そのほかにも森島康仁(通称「デカ
モリシ」)がいて、ハーフナーはいわば3番手扱い。しかし賀茂は「大型
FWとしてはハーフナーが一番ポテンシャルがある」と見ていました。

しかし平山も森島もハーフナーも日本代表には定着できず、ハーフナーは
オランダのチームに移り、その後いったんスペインに行き、今はまたオラ
ンダのチームに所属。今季は13ゴールを挙げており、その活躍が今回の代
表招集に結び付いた形になりました。

高校生時代はホントに「ハリガネ」のように細かったのですが、先日のア
フガニスタン戦で見た限りでは「きゃしゃ」な感じはなくなり、大男ぞろ
いのオランダ・リーグで2桁得点を挙げているのも頷けました。

はたしてハリルホジッチ監督が先発で使うか・・・。賀茂としてはぜひ使っ
てほしいところで、これまで日本になかった真の意味での高さを武器にした
攻撃というオプションを代表チームにもたらしてほしいと願っています。

*報道によると、今夜は従来の4-2-3-1に戻すようで、ハーフナーの出番が
果たしてあるか。ワントップとなればファーストチョイスは岡崎だろうな。

1974年W杯決勝戦

我にはさっぱりですが、興味のある方は…

https://www.youtube.com/watch?v=UJzm9U-UNzA
https://www.youtube.com/watch?v=DHsEH0OKGZg

…大抵の動画は見つかりますね。エライ時代になったものです。

ヨハン・クライフ死去

クライフ率いるオランダとベッケンバウアーの西ドイツ=これが1974年W杯
西ドイツ大会の決勝戦でした。この試合は日本では初めて「実況生中継」さ
れたサッカーW杯でした。

この試合はビデオで何度も見たことがありますがオランダのサッカーは時代
の最先端どころか10年以上先を行っていたような感じで、全員がよく動き、
ポジションも頻繁に変え、(画質の問題もありますが)賀茂にはどの選手だ
か見分けがつきません。

そんな中でもはっきりと分かったのがクライフでした。やや直線的なドリブル
と、クライフ・ターンに名を残すボールコントロールの巧みさ。少々気合の入
りすぎで、勝負は老獪さも身につけ始めていたベッケンバウアーの前に敗れ去
りましたがサッカーでは上回っていたと思います。

現役時代からヘビースモーカーで知られ、そのため肺がんとなりそれが命取り
になったようです。

1973年のUEFAチャンピオンズ・カップ(現UEFAチャンピオンズ・リーグ)で
のクライフは鬼神のようだったとも云われており、今度あらためてビデオを見
ることにします。

ナイジェリア 対 エジプト

…アフリカ・カップの試合なのですが、40,000人の観衆が席数が25,000しかない球場に詰め込みました。立ち見どころではありませぬ。

https://twitter.com/James_Fielden/status/713434365037056003/photo/1

W杯ロシア大会アジア2次予選

日本 5-0 アフガニスタン

新戦力を試せたという点でいい試合でした。
内容的には「勝って当然」と云ってよいほど地力に差がある相手
でしたので、前半で勝負を決めてほしかったところです。

2位のシリアもカンボジアに6-0と大勝しましたので来週火曜日の
対シリア戦が非常に重要になってきました。

予選グループ1位であれば文句なしに最終予選に進めますが、2位
になると他のグループも含め、2位チームの中でベスト4にならなけ
ればならず、現時点で他グループの状況がどうなっているのか・・・
今夜にでも調べてみますが、とにかく最終戦を勝つか引き分ければ
1位突破になるわけで、まさに負けられない戦いとなります。

最終予選を考えると、ハーフナーの加入は大きな意味があります。
この点についてもまた日を改めて書きたいと思います。

ハーフナー、岡崎の2トップ
2列目は香川または清武、本田
3列目は山口、長谷部
DFは長友、森重、吉田、酒井(広)
GKは西川

次戦のスタメン予想です。

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P16

日本1-2中国

点差は最少でしたが内容的には点差以上の開きがありました。
中国は力を付けてきています。もともと女子サッカーでアジア勢
として国際舞台で最初に結果を出したのは中国でした。優勝こそ
していませんがW杯では第2回大会(1995年)4位、第3回大会
(1999年)準優勝。五輪もアトランタ大会(1996年)で準優勝
しています。聞くところでは習近平主席が大のサッカーファンで
それが陰に陽に現在の中国サッカー界の活性化に影響していると
か。習主席も自身の在任中に(開催までは無理にしても)男子サ
ッカーW杯の開催を決めたいと希望しているとか。一昨年あたり
から男子の国内リーグに海外から大物プレーヤーを招いているの
も、中国人プレーヤーの底上げを狙って政府筋から主だったチ
ームに相当プレッシャーが掛かっているとも云われています。

さて今日の試合です。中国もやはり中盤で日本をつぶしにかかっ
てきました。パスの出し手を抑え、後ろでは受け手になる選手に
マークが付く。日本は細かい(短い)パスをつなぎ、その中に縦
パスや長いパスを織り交ぜて相手ディフェンスを崩すプレーが得
意なのですが、その攻撃パターンを作らせてもらえない。

それとサイド攻撃への対策です。昨年のW杯では右サイドバックの
有吉や左サイドバックの鮫島が攻撃に参加して好機を作っていまし
たが、今大会ではそうしたシーンがあまりありません。今日も鮫島
がボールを持って上がってくると、中国は1人の選手が鮫島に密着
してクロスを上げさせないようにし(コースを切り)、もう1人(時
には2人)が切り返しに備えて少し後ろにいてケアするという守備を
見せていました。もちろん高い位置での守備や、攻撃によって両サ
イドバックが上がり難い状況を作るという作戦も使ってきました。

日本は短いパスは得意ですが、距離がちょっと長くなると途端にパ
スの精度が下がります。統計データなどは見ていませんが、おそら
く30m以上のパスはかなり成功率が低いはずです。その証拠に男子
や欧米の女子強豪チームが見せる「サイドチェンジのパス」という
のを日本チームはほとんど使いません。届かなかったりミスしたり
で相手にボールを奪われる危険性が高いからです。今日の試合でも
ロングボールはあまり効果的ではなかったと思います。

さらに今のなでしこにはスピードで相手を振り切ってシュートまで
持って行けるタイプの攻撃型の選手がいません。長いボールを蹴る
ようになった段階で、「これは点を取るのは難しいな」と思いまし
た。あとは相手のスタミナ切れ頼みでしたが、ここ数年の日本の活
躍で体格で劣るアジアのチームは走り勝たなければならないという
ことが認識され、北朝鮮、中国、韓国などはスタミナ強化に本腰を
入れてきています。その成果でしょう、今日の中国はスタミナ切れ
を起こしませんでした。

これで日本は残り2試合を2連勝(この場合の最終的勝点=7)しな
ければならず、しかも大差勝ちが求められます。尚且つ、中国(現
在勝点7)が2連敗(この場合の勝点の上積み=0)、北朝鮮(現在
勝点5)が1分1敗以下(この場合の勝点の上積み=1以下。日本との
対戦があるので、北朝鮮が2分であれば日本の勝点は最大で5となり、
北朝鮮は7になって日本の予選敗退)、韓国(現在勝点2)が1勝1分
以下(この場合の勝点の上積み=4以下)の場合にのみ2位になる可
能性があるという非常に厳しい状況になりました。

実は今心配しているのは「その先」です。五輪出場を決めても現在
のなでしこでは本大会で苦戦すると思います(相当なかさ上げが必
要)。また五輪に出られなかった場合、「佐々木体制」は終わり、
新監督/新チーム(メンバー)での再出発となるわけですが、現在
のA代表とそれ以下の選手との差が大きいことから新チーム(メンバ
ー)の前途は非常に厳しいものとなるでしょう。

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P15

日本1-1韓国

率直に云って単に研究されているだけでなく、今のなでしこジャ
パンにはかつての力がないと思います。特に目についたのが宮間
のパスが通らなくなったこと、川澄のドリブル突破/サイドの駆け
上がりが影を潜めたこと、ピッチ上でチームをリードする役割の選
手がいない(ように見える)こと、それとパスやトラップ、ドリブ
ルなどでの小さなミスが目立った点でしょうか。

今日の試合、おそらく佐々木監督は上尾野辺と川村に、かつての
男子日本代表の遠藤と長谷部のコンビのような働きを期待したの
だと思います。川村が長谷部で主に守備を担当し、上尾野辺が遠
藤でビルドアップの起点となる―前半の立ち上がりはある程度その
構想が機能していたと思います。前の試合の反省からか互いの距
離も短く保ち、特にサイドを突く攻撃で好機を作り出しました。
ただ得点には至りませんでした。

近賀のハンドは仕方のないプレー。審判によっては取らなかった
可能性もあります。幸い福元が好セーブで失点を防ぎました。

後半はサイド攻撃への対策を取られ前半ほどには攻めのパターンが
できませんでしたが、岩渕と中島の投入で中央と左サイドの動きが
活性化され、それが伏線となって右サイドで比較的フリーにボール
を持てるようになった川澄からのクロスで岩渕のゴールが生まれま
した。あの小っちゃい選手がまったくジャンプせずにヘディングを
決めたというところにクロスの質の高さが現れています。

しかし試合終了まであと数分というところで魔が差したようなプレーが。

相手の7番が日本陣の左奥にボールを持って侵入し、それを左サイドの
有吉と中島で抑えにかかりました。7番のテクニックの高さを考えると
あの対応は正しかったと思います。

ゴール前には韓国選手が3人入ってきており、センターバック2人を含め
日本は4人でこれに対応。ペナルティエリアの前には宮間がいて、その背
後には川村がいて(おそらく)画面には映っていなかった韓国選手をケア
していたのでしょう。

つまり日本は(GK以外に)8人の選手がペナルティエリアの内外でディフェ
ンスに当たっていたのですが、なぜか韓国の13番は完全にノーマーク。しか
も7番との距離が近くスペースもあり、位置はゴールの斜め45度あたりと
絶好のポジション。

はたしてチームディフェンスとして、ああいうシチュエーションで13番
がいたポジションの相手プレーヤーを誰がケアするのか決まっているのか
どうかは分かりません。ただあの状況で素人でも云えることは「残り数分
を守りきらなければならない」ということで、当然FWの2人も守備に回る
べきです。しかし実際には岩渕も大儀見も画面から見えない位置にいて、
13番のまわりには日本人プレーヤーは誰もいませんでした。

その13番に7番からゆるい戻しのパスが渡り完全にフリーな状態でクロス
を上げられ、しかもGKの福元が判断ミスをおかしてパンチングするべき体勢
でありながらキャッチングに行って味方と衝突。落としたボールを叩き込
まれてしまいました。

あの時FWの2人がどこにいて、どんなプレーをしていたのかは分かりません
が、状況を総合的に判断すればあの時テレビ画面の中に日本のプレーヤー
が全員映っていてもおかしくないどころかそうあるべきだったと思います。
そしてかつての強かったなでしこジャパンであればそうしたディフェンスを
していたように思えてなりません。

残念ながらこれで日本の自力での予選突破はなくなりました。

今日の試合終了時点での順位

1 オーストラリア 6 +11
2 中国      4 +2
3 北朝鮮     2 0
4 韓国      2 0
5 日本      1 -2
6 ベトナム    0 -11

リオ五輪女子サッカー・アジア最終 P14

イライラしながら見てました
敵の PK止めて 1点先行したところまでは良かったが

戦略に関して 詳しいことは 解りません 

リオ五輪女子サッカー・アジア最終 P13

終わった・・・(?)

途中までは良かったし、圧勝だと思っていました。

どうなっちゃうんでしょう??

リオ五輪女子サッカー・アジア最終 P12

さて今晩 応援しますよ

ラム バラルディ 8年物を飲み始めました

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P11

祈ります・・・

今宵はこのために早く帰ってきました(ウソです)。

緒戦の負け試合をいろいろ書かれている記事を目にしました。 負けたらこんなもんです。

よこやり賀茂さんが指摘された「若手が育ちにくい環境」、これは知りませんでした。 男子と違って、給料などのサッカーを続ける環境は劣悪なのでしょう。 TV局などがもっと援助できないのでしょうか? (男子でも野球と異なりサッカー選手の年俸は聞きません。たぶん「安いんだろうなぁ~」と想像しています。日本国内の選手の場合)

私は、今宵の韓国チームにうらみはありませんが、なでしこには何が何でも快勝してもらいたい! (ジョニ赤を飲み始めました)

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P10

今夜は韓国戦。万一負けるようなことがあれば五輪出場に黄信号が
灯ります。
既に対戦済みのオーストラリアを自力で引きずりおろす(勝点で超
える)ことはできませんが、現在2位の中国とは対戦を残している
ため自力での逆転があります。
仮に残り4試合を全勝すれば勝点は12となり、その場合中国が日本
戦以外の3試合に全勝しても勝点は12で並びます。この場合は得失
点差が問題になります(なので一昨日のオーストラリア戦はあと1点
を返しておきたかった)。また現在3位の北朝鮮と4位の韓国に関し
ては、日本が全勝すればこの2チームはどちらも勝点10が限度となり
日本が上回ります。
今夜はまず勝つこと、それと北朝鮮vs中国戦の結果に注目です。

■現在の順位
順位 チーム    勝点 得失点差
1  オーストラリア 3   +2
2  中国      3   +2
3  北朝鮮    1   0
3  韓国      1   0
5  日本      0   -2
6  ベトナム   0   -2

日本と韓国の対戦成績は日本の14勝8分4敗です。

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P9

1-3 になるまで 適当に見てました

ゲーム運びは よこやりさんの分析通りなのでしょうが
何とはなしに 重かった < この表現でいいのかどうか 知りませんが ハツラツとしてなかった感じ

残念ですが 残り全勝で

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P8

残念です・・・

私は、帰宅してすぐに審判に当たって2点目を獲られたところから観ました。 (途中、呑み始めたり野菜を切って焼いたりしていたので全部観ていませんが)

私は、細かい戦術はわかりません。 ただ 「風」 って、サッカーがやりにくそうでした。 特に細かいパスをつなぎたいなでしこには不利だったし、展開にもツキが無かったようにみえました。 もちろん違うかもしれません。

オーストラリア。 でかいだけでシャープな動きは少なかったけど、ディフェンスはあれで頑張っていたんですね。 あと2~3点は獲れそうでしたが。

なでしこは、ディフェンスはそれなりに良かったと思います(結果、3点獲られていますが)。 確かにGKの動きが良くなかったです。 「風」も影響していると思うのです。

あと全部勝つしかないぞ! なでしこ頑張れ!!!

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P7

不甲斐無い試合でした。

日本1-3オーストラリア

やはり長年にわたりメンバーがほぼ固定されていることで研究しつく
されていると感じました。オーストラリアの戦術は至ってシンプル
だったと思います。高い位置(日本陣内)で、追い回すのではなく、
体格差を利用して日本のプレーを邪魔し素早いパス回しを封じる。
自陣(オーストラリア陣)にボールを持ち込まれた後はブロックを組
んで守りを固め、ここぞというところでは人数もかけて日本のボール
を奪いに行く。これに日本の(結果的に)致命的なミスが絡んでの2失
点でした(2点目は審判のチョンボ---あの程度のパスをかわすことが
できないなんて国際審判では考えられません。まるで運動が苦手な中学
生並みのリアクションでした)。

とは云え監督の采配もちぐはぐ。最初に交替するなら大野ではなく中島
でしょう。後半の3失点目の遠因になったことも考えると、中島を替え
るのが正解だったと思います。また投入するのは横山ではなく川村で、
手薄になりがちな坂口周辺の守備を厚くするという手段もありました。
さらに云えば、GKを替えても良かったという気がします。立ち上がり、
山根は何本かミスキックをしました。その内の1本が結局最初の失点へ
とつながったわけで、体調に問題がないのであれば福元を使うべきだっ
たと思います。

総じてオーストラリアは動きが良く、コンディショニングがうまく行っ
ている気がします。真夏の国から来たにしてはこれはちょっとした驚き
です。

これで日本は勝ち点ゼロ、得失点差マイナス2で5位。残る4試合をすべ
て勝たなければ予選突破の可能性はきわめて小さくなります。

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P6

女子サッカーの代表チームに何故若手が少ないのか―いろいろな理由
があると思う。中でも大きいのが「選手層の薄さ」だろう。

日本の女子サッカーは次のような階層になっている。

■なでしこリーグ1部
日本女子サッカーの最高峰。現在は10チームで構成されている。

■なでしこリーグ2部
なでしこリーブ1部に次ぐレベルのリーグで10チームが所属。

■チャレンジリーグ(3部に相当)
東西合わせて12チーム。

以上が全国リーグで、この下に各地域リーグや都道府県リーグなどがある。

しかし男子の、J1リーグ18チーム、J2リーグ22チーム、J3リーグ16
チーム、JFL16チーム(このほかに各地域リーグおよび都道府県リーグ
などがある)に比べれば「薄さ」は明らかだ。

それともう一つあまり話題にならないが、女子サッカー特有の問題がある。
それはW杯と五輪という2大大会の存在である。

男子サッカーの場合、ナショナルチーム最大の目標はW杯である。五輪は
23歳以下という年齢制限があり、純然たるナショナルチームのための大会
ではない。そのため日本を含め多くの国がA代表(年齢制限のない代表チー
ム)と五輪代表とを分けて考える。この2つのチームでは監督が異なる場合
も多い(日本はこのケース)。

しかし女子サッカーではW杯と五輪はほぼ同じ程度に重視され、またどちら
もA代表の大会である。この2つの大会が2年続けて開催される―そこに女子
代表チーム編成上の難しさが生じる。

国の代表レベルとは云え、やはり経験の少ない若手は「育成」が必要であ
る。ところが2つの重要大会が2年連続であるため、その育成にあてる時間
的余裕がきわめて限られてくる。

例えば2015年W杯の後、リオ五輪の予選が始まるまでは7カ月余りしかな
かった。この「W杯→五輪予選→五輪本大会」という1年ちょっとのサイクル
では基本的にメンバーを入れ替える余裕はない。五輪が終わってようやく
次のW杯に向けた準備に入れる。その時、次のW杯までは3年を切っている
ことになる。

一方男子の場合、基本的にナショナルチームに関してはW杯を中心とした
4年サイクルで計画を立てることができる。もちろんAFCアジアカップと
いう大きな大会はあるが、これもW杯や女子における五輪の重みに比べる
とマイナーな感じは否めない。つまり男子チームは4年間で作り上げて行
くことが可能である。

この3年弱という期間の短さが女子代表チームの育成には少なからぬハン
デとなっている。

加えて、2011年W杯で優勝したなでしこジャパンはレベルが高かった。現
に翌2012年のロンドン五輪でも銀メダルを獲得している。さらにあの当時
主要メンバーは若かった。おそらく平均年齢は26歳ぐらいだったのではな
いだろうか(現キャプテン宮間選手が2011年当時は26歳だった)。そんな
レベルの高い、年齢的にも油ののりきったチームに新たに若手がくい込んで
行くのは容易ではない。これが日本女子サッカーが現在直面している若手
不足の背景である。一概に比較はできないが、将棋界でも羽生世代という
強大な勢力の後なかなか後継者が育たなかったという事情に相通じるとこ
ろがあるだろう。

今回の予選を通過したとして、リオ五輪本大会でもメンバーが大きく入れ替
わるということはないだろう。かえって本登録18名と選べる人数が限定され
ているため、結果的に経験・実績のある選手を中心とした人選になるはずだ。

なでしこジャパンの新陳代謝はリオ五輪後に活発化する―今はこう云って間違
いないだろう。

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P5

なでしこは リオへ行くと信じてます 細かな事は解りません

でも 北朝鮮チームに ビザを出して良かった
あの国の事をいろいろ言いませんが 民主的になっていくのは 大切
その為に ある程度自由に外国に行けるスポーツマンが 彼等の目で見ることが重要です 海外を知る人が増えれば増えるほど 比較するはずです
関空 バス移動 ホテル 食事 競技場 等々 レベルが違うのを びっくりしてください

この流れは止まらないでしょう それが重要

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P4

越中さん

今日はA級順位戦最終局と云うことで、皆さんそちらの方が大いに
気になると思いますのでメンバー選出に関する賀茂の考えは日を
改めて書きたいと思います。

一言だけ云えば、(賀茂は佐々木監督を特に支持しているわけでは
ありませんが)力のある若手が出てこないことに最も苛立っている
のは佐々木監督本人でしょう。

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P3

よこやり賀茂さん、こんばんは。

私は、選手の名前をみてもピンときませんが、佐々木監督が「経験値を買った」という、若手を登用しなかったことを報じた記事(yahooのニュース)を見ました。

お名前を出したら申し訳ない? これ。 暇人さんだったら「怒りの投稿」があるんじゃないかな~ と思いました。 暇人さん、どこへ行っちゃったのかな・・・ 私も若手を登用して欲しかった(無責任な発言ですみません)。

暇人さん、帰ってきてください!

えーっと 月曜日から? しかも大阪で全部の試合をやる!!!?! これは勝つしかないでしょう! 相手も強そうだけど、そんなもん全勝優勝でしょう!!

緒戦と次戦が重要とみます。 日程に中一日なんてありますが大丈夫なのかな? この前の安藤選手みたいに怪我で離脱だけは避けたい。

よこやり賀茂さん、また解説をよろしくお願いします。 なでしこ、頑張れ!

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選 P2

女子サッカー・リオ五輪アジア最終予選が明後日から始まります。
参加するのは下記の6チーム。新たな制裁措置で入国が禁止された
北朝鮮も、日本政府の特例措置で無事来日することができました。

 日本
 北朝鮮
 オーストラリア
 中国
 韓国
 ベトナム

6チーム総当たり戦で、上位2チームだけが五輪に出場することが
できます。

日本代表なでしこジャパンのメンバーは次の通り。

GK
1 福元美穂
12 山根恵里奈
18 山下杏也加*

DF
2 近賀ゆかり
19 上尾野辺めぐみ
3 岩清水梓
5 鮫島彩
13 有吉佐織
17 田中明日菜
4 熊谷紗希

MF
8 宮間あや
9 川澄奈穂美
6 阪口夢穂
7 川村優理
14 中島依美*

FW
11 大野忍
10 大儀見優季
15 髙瀬愛実*
16 岩渕真奈
20 横山久美*

規定により登録選手数が20名と少なく、昨年のW杯メンバーでは(引退
した澤、海堀以外に)安藤梢、宇津木瑠美、北原佳奈、永里亜紗乃、
菅澤優衣香が選ばれませんでした。また合宿に呼ばれながら最終的に
選から漏れた若手には、村松智子、乗松瑠華、杉田亜未、柴田華絵
などがいます。
W杯メンバーでなかったのは上記リストの*印3人だけですが、いずれも
初選出ではありません。

なでしこの試合はすべてNHK総合で実況中継されることが決まってい
ます。日程は次の通り。キックオフはいずれも午後7時35分の予定。

(1) オーストラリア vs 日本(2月29日)
(2) 日本 vs 韓国(3月2日)
(3) 日本 vs 中国(3月4日)
(4) ベトナム vs 日本(3月7日)
(5) 日本 vs 北朝鮮(3月9日)

リオ五輪女子サッカー・アジア最終予選

来週からリオ五輪の出場権を争うアジア最終予選が始まります。
順当であれば日本の五輪出場は間違いないところですが、勝負は
下駄をはくまで分かりません。

詳細はまた改めて書くとして、日本サッカー協会の関連ウェブページ
のリンクを貼っておきます。

http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/rio_olympic_2016_w_q/

日本、W杯連続出場ならず

と云っても、サッカーではなくフットサル。

今年9月にコロンビアで開催されるフットサルW杯。日本は最終予選を兼ねた
アジア選手権準々決勝でベトナムに敗れ、ベスト4に自動的に与えられるW杯出
場権を獲得できず、最後の1枠を争う敗者復活戦に回ったものの、キルギス
に大敗して4大会連続、通算5回目のW杯出場を逃しました。

(一生懸命やっている選手たちには酷かも知れませんが)ベトナム戦での
気迫のなさが気になりました。単なる賀茂の印象なのか、何か「キレイに勝とう」
という意識があったように思えます。最大限努力しているのでしょうが、「必死
な思い」が伝わってきませんでした。

現時点でアジアからはイラン、ウズベキスタン、タイ、ベトナムの4チームが
本大会出場を決めています。

米国の大統領選挙  P14

今晩は

今日は色々な事に振り回されて、真夜中過ぎました。サミットの交通規制の御蔭で、当方が1年前から準備して居た参加者1000人近いイベントの会場への交通が麻痺することが分かって、午後の臨時会議の後も連絡の取りっぱなし。

で、名前は忘れましたが基本はカフェオレにウィスキーを入れたホットカクテル†で頭を休めつつ、どちらかと言えば疲れで朦朧とした頭で考えました。
          _____________

火曜日にやるためには月曜日に準備の仕上げや、移動が必要だ。10月中は(賀茂様の言われる)農業的理由・習慣で金輪際それに当てない。つまり月曜日とセットで11月にやる。

それを表現するには、現行規定が、割と格調高い記述になるので御座いませう。11月2日以後の最初の火曜日でも、1日を除く11月の最初の火曜日でも同じことで御座いますが。

例えば、京都祇園祭の全体の神事は7月1日から31日までという決まりが有るそうです。もし山鉾巡行を、乗り手や挽き手や観光客のためにその期間内のなるべく早い日曜日にすると言った時代が来たら(実際は梅雨が明けてないけれども、気象も今と変わるとして)、宵々山まで入れて3日間がセットになるから、7月の最初の金曜日の後の日曜日になります。又は7月3日以後の最初の日曜日。

え、こんなこと議論してない? どん(鈍)なことで。
_________

† カルーアを入れるのが正式だけれども、愚には甘過ぎるので普段は使いませぬ。でも何か頭が痛くなって来たから、今宵は機嫌を取り直すために入れてみますかねぇ。
 ・・・
入れました。確かに、こんなときにはベターなようで御座います。

※ はて、スレその他間違いましたかなぁ?

米国の大統領選挙  P13

昨日の続きです。

「34」という中途半端な数が気になり英語の達人に聞いてみました。
結論、賀茂の訳は間違ってました。

「within a 34-day period before that day」とは「12月の
第1水曜日の前34日の間に」という意味でした。英語のbeforeはその
後に続く日時を含まないんだそうです。なのでここを厳密に訳すと、
「12月の第1水曜日の前日から起算して34日前の日以降の期間内に、
大統領選挙を実施しなければならない」ということになり、さらに
「選挙は火曜日に行う」という別の法律の規定があることから現在
の「第1月曜日の翌日の火曜日」という規定ができたのです。

もし「第1火曜日に選挙を行う」という規定であれば、第1火曜日が11月
1日であった場合、「12月の第1水曜日」は12月8日になり37日間あいて
しまい、「12月の第1水曜日の前34日の間に」という条件を満たせなく
なります。そのため「11月の第1月曜日の翌日の火曜日」という規定に
なったのであり、これなら第1月曜日が1日から7日のどこであっても、
その翌日の火曜日から12月の第1水曜日までは29日間になり、法律の規定
に合致するわけです。

最後に「34」という中途半端な数字のわけですが、これは日本風に「12月
の第1水曜日以前」を基準に考えると分かると思います。そう水曜日から起
算するとこれは35日間つまり「5週間」ということです。英語圏/キリスト
教圏というのはあくまで週が基本だということですね。

陳謝
スレを間違えてしまいました(疲れてたんだな)。教授のレスも付いて
しまっているのでこのままにします。皆様におかれましては、P15以降は
本来の「チョットいい話」スレに書き込まれますようお願いいたします。

サッカー・リオ五輪予選 P12

優勝できたことは良かったと思います。

が・・・

以下追記です。

この世代の次の課題は「リオ五輪で好成績を上げること」です。
現時点で出場が決まっているのは以下の15チーム。

◆ヨーロッパ
デンマーク、ドイツ、ポルトガル、スウェーデン

◆南米
ブラジル(開催国枠)、アルゼンチン

◆北中米カリブ海
メキシコ、ホンジュラス

◆アフリカ
ナイジェリア、アルジェリア、南アフリカ

◆アジア
日本、韓国、イラク

◆オセアニア
フィジー

ご覧のように、欧州、中南米からは強豪国が出てきます。メディアでは欧州の
4ヵ国と南米2ヵ国の評価が高いようです。

今回、日本のU-23チームは大会の中で大きく成長し、最終的には優勝を果たし
ました。それは立派なことであり誇ってよい結果です。しかし彼らの最大の目標
である「リオ五輪で好成績を上げること」或いは「五輪でメダルを取ること」を
考えた場合、今の彼らではメダルはおろか、ベスト4も厳しいと思います。

彼らの最大の武器である守備ですが、韓国の1点目はそれを完全に崩されて奪われ
たものです。あの瞬間、守備の要であるセンターバック2人がまったく役目をはた
していませんでした。センターバックを外すように攻めた韓国の巧さという部分は
ありますが、ペナルティエリアの中であれだけフリーの状態を相手に許しては、
欧州・南米の抜け目ないFW陣を防ぐことはできません。

攻撃陣にも不安定なところがあります。今大会のMVPに輝いた中島選手ですが、韓
国戦の2失点目は彼の不用意なプレーが元になっていました。自陣、センターサー
クル付近で、プレッシャーもない状況でありながらボールをしっかりキープするの
ではなく、(後方を確認しないまま)ヒールによる後ろへのパスを選択。それを韓
国に拾われ、得点に結び付けられてしまいました。
失点に関係したプレーだけを取り上げましたが、ほかの選手にも危ないプレーはい
くつもありました。サッカーにミスはつきものです。が、それを1つでも減らす努力
なしには勝利することはできません。

日本はパワーで相手を圧倒するサッカーではありません。緻密さ、勤勉さ、チーム
ワークなど、練成に時間がかかるプレースタイルです。残る半年間でそうしたスト
ロングポイントをどこまで高めることができるか。メダルに手が届くレベルまで上
げていってほしいと思います。

サッカー・リオ五輪予選 P11

勝ちました! ニッポン、優勝おめでと~う!!

実は、もう眠くてヘロヘロでした・・・ 1点目を獲られた時と2点目を獲って追いついた時に飛び起きましたが。 決勝点はリアルで観られず、netで勝ったことを確認しました。

朝のニュースで(勝ったことを知っていましたが)、ゴールシーンを観るとやはり嬉しいです。

アジアチャンピオンなら、一応アジアとしての第一シードになるのかな? まあ他の地域も全部強いから、あまり関係が無いかもしれませんね。 メダル獲って欲しいです。

サッカー・リオ五輪予選 P10

ホンマにしびれる試合でした。
1点目=鈴木の相手のかわし方が良かった。体勢が整っていない相手
プレーヤーの背後に速いグラウンダーでボールを送り一気に加速。同
時に久保がピッチ中央を猛然と駆け上がって行き、鈴木からのクロス
を走るスピードを落とすことなくダイレクトで蹴り込んでゴール。鮮
やかな2線速攻―まるでRマドリードのベイルとC・ロナウドのようでした。

2点目は原川の冷静さと確かな技術が生み出したゴール。相手DFが右か
ら来ているのを察知して右足トラップでボールを自分の左側に落として
のハーフボレー。本人が「ふかさないよう注意した」と云ったように、
低い弾道でネットを揺らしました。イラクに1点奪われましたが守備を
崩されての失点ではないので修正は可能でしょう。依然、チームとし
て今大会最少失点であることは変わりありません。

イラクの戦術・選手起用はイマイチよく分かりませんでした。通常なら
スタメンであるはずの11番を使わず(途中交替で使ったので体調不良で
もなかったようです)、10番はいつもの左ではなく右MFに起用。前の試
合で途中交替させた9番をこの試合でも途中で替えました。結局2列目の
3人(7番、9番、10番)を全て替えたのですから、攻撃がうまく行かな
かったということなのでしょうが、FW交替ということは考えなかったの
でしょうか。

さて決勝の相手韓国ですが、「しぶとい」です。カタールとの準決勝で
は、後半開始早々先制するも残り10分ほどのところで追い付かれ、しか
も足がつる選手が相次ぎ(逆にカタールで足がつる選手はいませんでし
た)、これは延長戦になったら危ないなと思っていた終了間際に勝ち越
し点を奪い、さらに追加タイムに入って3点目を上げて勝利。ホームで
あり、コンディションも悪くなかったカタール相手に勝ち切った粘り強
さは驚異的です。

決勝は日本の守備と韓国の攻撃の戦い。中でも相手の9番はデカい、強い、
うまいので(速いかどうかは不明)要注意。

酒仙さん

>フィールドゴールは 3点です

ビナティエリ選手が決めたのは両方とも「フィールドゴール」のようでした。
2度目のときは、それまで試合の中で2本、キックを失敗していて、その
意味でもプレッシャーがかかるのに、加えて決まれば優勝というのです
からものすごい重圧だったと思います。あだ名は「アイスマン」だそうです。

サッカー・リオ五輪予選 P9

昨夜の試合を眠りながら観ていました。

ニッポン、オリンピック出場おめでとう!! 

決勝点の原川選手のゴール、タマが早過ぎて見えなかった。 ゴールネットが揺れたのはうっすらわかりました。 風があると攻撃も守備もやりにくいようですね。

いや、ニッポンいいチームですね。 決勝の韓国戦も気持ち良く勝って欲しいものです。

手倉森監督、とても評判がいいです。 失礼ながら知らなかった。 最初に聞いた時、「ケチャプみたいな名前だなぁ」と思いました。 また外人だと思っていました。 選手を早く辞めて指導者になられたようです。

決勝は土曜日。 できるだけリアルタイムで応援したいです。

サッカー・リオ五輪予選 P8

よこやり賀茂 さん
>>> NHK BSで「スーパーボウル特集」
見ておりませんが 最後のキックは 正直シビレマス

タッチダウンの後の キック > 1点ですが
昨年のシーズン 合計 2,100本? 蹴って 15本? 程度の失敗でした
 > このあたりの数字 全部 うろ覚え
オートマチックなので 面白くないと オーナー会議でルールチェンジ
ヤードを長くして 成功率が 97%程度になると思ったところ 今季 94%に低下しました

ブロンコス と Pペイトリオッツ ですが P が タッチダウン後のキックを 失敗しましたので 最後 10秒程度残りで 2点コンバージョントライ を して 失敗 敗戦 > キックが成功していれば 更にキック 1点で 良かったのです オーバータイムになっていたでしょう 

蛇足
フィールドゴールは 3点です
同点 1点差 2点差 3点差 まで有効です

サッカー・リオ五輪予選 P7

夕方NHK BSで「スーパーボウル特集」をやってました。ちょろっと
だけ見ました。
元ペイトリオッツのビナティエリというプレースキッカーを取り上げ
ていましたが、この人スーパーボウルで2度決勝点となるキックを
決めているんですね。
スポーツの醍醐味の1つは日常生活では味わえない「しびれるような
緊張感」ですが、残り時間数秒という場面で、これを決めれば勝てる
というキックを蹴るというのはどんな感じなのか(アメリカンフット
ボールのフィールドキックってインサイドキックなんですね。驚きま
した)。生涯に1度くらい体験してみたい気がします。

さてそんな当事者の「しびれ」とは比べようもありませんが、今夜は
なかなかにしびれさせてくれそうな試合が控えています。

サッカー・リオ五輪最終予選準決勝イラク戦です。準々決勝のUAE戦
を見た限りではイラクというチームは若さを露呈するところがあり、
つけ込むすきがありそうですが、総合力では日本を上回っています。
日本は先制点を取られるのだけは避けたいところ。これまで比較的安
定している日本のDF陣がどこまで踏ん張れるかが1つのポイントです。

相手の要注意プレーヤーは10番と11番。ただ本来中盤のプレーヤー
である11番がUAE戦では左サイドバックで使われたのはチーム事情
か(ケガ人が多いとか)、それとも本人のパフォーマンスのせいか。
彼があの位置にいてくれれば日本にとってはありがたいのですが。

日本のキープレーヤーは守備的MFの2人(遠藤と原川と予想してい
ます)。敵の高いプレスディフェンスを如何に外し、自陣から効果
的なフィードやビルドアップができるか、また敵の速効の目をつぶ
せるか。幸い今大会のテレビ中継は比較的広い範囲を映してくれる
ので、守備的MFの動きも見ることができると思います。

もうオリンピック開催地は一箇所にしませんか? P3

> スーパーボウル 野球オールスター バスケ・オールスター ファイナル4 などの開催地を固定するか? NON でしょうね

あれは球場の新築はしないし(*)、ガチで儲けるので問題ないかと...

(*)球場新築の 記念・御褒美(?) としてリーグが開催地を指定することはありますが。

現在オリンピックで儲けるのは...

①オリンピック協会のメンバー (ぶっちゃげ賄賂です)
②政治家
③土建屋
④メディア、商品関係

...で、税金大枚払った納税者には利益が無いです。(怒)

もうオリンピック開催地は一箇所にしませんか? P2

この話題は 結構以前から出てきております

管理人さんの提示された資料を読んでませんが
喜んだのは ギリシャで 大いに賛成し 自国の発展? に役立てたい意向です > 現在は 100年に 1回ですので

でも 無理でしょうね
思い出してください 東京になりましたが マドリード イスタンブールが 立候補してました
次は パリで決定ですね > 各都市が出てきますが 希望がある間はなくならないでしょう 

アメリカで言えば > スーパーボウル 野球オールスター バスケ・オールスター ファイナル4 などの開催地を固定するか? NON でしょうね

もうオリンピック開催地は一箇所にしませんか?

サッカー・リオ五輪予選 P6

よこやり賀茂さん、返信をありがとうございます。

イランGKのキック力不足ですか! 全然そこまでわかりませんでした。

今朝のTBSのスポーツコーナーで、1点目のゴールを絶賛していました。 センタリングを上げた選手は、この直前までまっすぐ上がって折り返しのセンタリングを上げていたが、この時だけは違って直接クロスを上げた、それに反応した14番の選手もいつも右側に動いていたのを左に動いてDFを混乱させGKに十分な態勢を整えさせなかった。 こんな感じでした。 解説通りにVTRが流れたので感心しました。 (もちろんその後2点獲った10番の選手のゴールも誉めていました)

準決勝の相手・イラクは、ベストメンバーではないけれどやはり強いらしいですネ。 もしここで敗れると、反対の山が開催国のカタール v.s. 韓国なので、3位決定戦が韓国になると非常にマズイ、とも言っていました。

今回のU23日本は、珍しくここまで大きな大会に勝ったことが無いメンバーであり苦戦が予想される、と前評判はあまり良くなかったようです。 ここまで来たら、気持ち良く五輪出場を決めてもらいたいです。 ( v.s. イラク戦は火曜日??)

サッカー・リオ五輪予選 P5

越中さん

あんな面白い試合をちょっとしか見なかったとはもったいない^^

実はあまりクサしてもイヤミではないかと控えたのですが、90分間で
の戦いということで総合的に見た場合日本は押されていたと思います。
中島(10番)もレギュラーの時間帯(90分間)は相手のMF、DFに抑え
られあまりいいところがありませんでした。
ザックリ云って日本の勝因は90分間をゼロ点に抑えたこととスタミナ
で優っていた点にあると思います。
相手GKはサイズもあり守備力はそこそこでしたが、フィードのキック
が下手でした。というよりキック力があまりなかったように思います。
もしGKに正確な長いフィードを蹴る力があったら、あのチームですか
らカウンターから一気に日本のゴール前に殺到することができたでしょ
う。となれば得点もあり得た。タラレバを云っても仕方ありませんが、
日本は相手GKのキック力に助けられた面もあったと思います。
次の相手はUAEかイラクですがおそらくイラクが勝ち上がってくるで
しょう。アジア予選を勝ち抜くには中東のチームを2~4チームはやぶら
ないといけないのが常ですが、今大会当たるチームは手強い。次も気が
抜けません。

サッカー・リオ五輪予選 P4

よこやり賀茂さん、こんばんは。 まずは、ニッポンが勝って良かったです!

同僚に、昨夜試合&TV中継があることを聞きつけ、試合が始まるまで待っていました。 ちょっとだけ(?)水割りを飲みました。 後は・・・

・・・たぶん。 試合開始から10分くらいは観ていました。 日本も強いけどイランも強い、と思いました。 あとは記憶が無く(途中で何度か目が覚めましたが)、今朝のダイジェストで日本が勝ったことを確認しました。

10番の中島選手は素晴らしいですね。 2本のシュートしか観ていませんが、思い切りがいい。 イランのゴールキーパーもいい選手でしたから、いい攻撃ができました。

次の準決勝も、イラクとどこか中東の強豪国。 スッキリ勝ってオリンピックの出場を確定して欲しいものです。 (トーナメントは怖いですね。サッカーニッポンがオリンピックに出られないなんて考えたくないです)

追記; 漢字などを直しました。

サッカー・リオ五輪予選 P3

いやあ、日本代表の10番の地力を見損なっていました。脱帽!

日本のスタメンは初戦北朝鮮戦のメンバーがベースで、鈴木→オナイウ、
南野→矢島、大島→原川、山中→亀川と4人が入れ替わった。期待の井手口
は体調不良で出られず。

前半は日本も思い通りのプレーができていて後半に期待を持たせてくれ
たが、後半に入るとイランが一段と積極的に前でプレーをするようにな
り日本は押し込まれることが多くなる。パス・展開が持ち味のチームと
しては良い流れではなかった。
結局90分では勝負がつかず延長へ。するとイランの運動量が落ちたのか、
日本のサイド攻撃が時々機能するようになり、ついに右SB室屋が敵陣深
くまでボールを持ち込み、替わって入ったばかりの豊川がいい動き方を
してゴール前まで進入したところへドンピシャのクロスを供給、先制点
を奪う。
延長後半になるとイランは点を取るためにシステムを変更し3バックへ。
するとMFとDFの間にスペースができるようになり、運動量が落ちたイラ
ンは中島(10番)の動きを止めることができなくなる。逆に中島を始め
日本の選手は運動量が目に見えて落ちるようなことがなく、さらに2ゴー
ルを上げて勝利。
スコアだけ見ると3-0の快勝と云えるが延長に入ってからの得点であり、
90分の間に相手が得点していたら果たして追い付き逆転できたか疑問で
ある。相手のスタミナ切れに助けられた面があり90分で決着を付ける厳
しいプレーを期待したい。
しかし、サッカーは走れないと勝てない競技だとあらためて認識させら
れた試合だった。

次はいよいよ準決勝・・・勝てばリオ五輪出場が決まります。

サッカー・リオ五輪予選 P2

今夜は決勝トーナメント1回戦のイラン戦。賀茂個人としては最も当たり
たくない相手と考えていました。前評判はあまり高くなかったのですが、
例えばサウジアラビアに比べるとフィジカルが強く、元々テクニックは
高い国ですので、日本が苦手なパワフル&テクニカルなプレーでぶつかっ
てくる可能性があります。要注意は10番と17番。
日本は初戦の先発メンバー中心に戻すでしょう。日程的には中2日ですが主要
メンバーの多くは実質的に中5日以上での試合となり体力面での心配はなさ
そう。そこに2人か3人新鮮なメンバーを入れてくる可能性もあります。個人
的には井手口(19番)を出してほしい。
今夜の試合は負ければ終りのノックアウトトーナメント。相手も必死で向かっ
てくるはずで気迫負けしたら勝ちはありません。球際、1対1、ともすれば
日本が苦手とする局面での戦いで相手に自由にプレーさせないことが重要です。
どちらのチームも大勝・快勝は難しく、1点差勝負になると見ています。

サッカー・リオ五輪予選

サッカー・リオ五輪のアジア最終予選(AFC U-23選手権)で日本が
いいスタートを切りました。
ベストメンバーで臨んだ初戦の北朝鮮戦は、力量的にはほぼ互角と云
われていた相手に対して開始早々先取点を奪い、後は相手の力尽くの
攻撃をしのぎきっての勝利でした。第2戦はメンバーを大幅に入れ替え、
「格下」を相手に大量点を奪うというシナリオ通りの戦い方で快勝。
これでグループ1位突破=決勝トーナメント(ベスト8)進出が決定し、
下馬評では予選グループB「最強」と云われたサウジアラビアとは気楽
に戦えることになったのは、4チーム総当り戦という形式ではほぼ理想
の展開でしょう。決勝トーナメント1回戦、日本の対戦相手はグループ
Aの2位チームです。

そのグループAでは開催国のカタールが現在1位で、戦前の予想では本
命視されていたイランが2位、得失点差でシリアが3位となっています。
現在勝ち点0の中国にも予選突破の可能性が残されており、最終戦が注
目されます。

グループCは韓国とイラクが予選を突破。最終戦の直接対決で順位が決
まります。

グループDではヨルダンとUAEが共に勝ち点4ながら得失点差でヨルダン
が1位。オーストラリアは勝ち点3で3位となっています。オーストラリ
アは最終戦のヨルダンに勝たなければ予選突破はほぼありません。

現在の各グループ順位(各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出。
左が勝ち点、右が得失点差)

▼グループA
 カタール    6 +3
 イラン     3 +1
 シリア     3  0
 中国      0 -4

▼グループB
 日本      6 +5
 サウジアラビア 2 0
 北朝鮮     1 -1
 タイ      1 -4

▼グループC
 韓国      6 +6
 イラク     6 +3
 ウズベキスタン 0 -2
 イエメン    0 -7

▼グループD
 ヨルダン    4 +2
 UAE      4 +1 
 オーストラリア 3 +1
 ベトナム    0 -4

返信とあれやこれや P2

よこやり賀茂 さん
>>> あれはNFLプレーヤーの意気地ですかね。

アメフットの場合 雪や雨は関係ないと思ってるのです
ドーム球場は多くありますが どちらかと言えば 南に多いのです
北の場合 ボストン ニューヨーク クリーブランド シカゴ グリーンベイ シアトル 等々 全部オープンです > ドームは ミネアポリス デトロイトのみ
南の場合 暑すぎるので ニューオリンズ アリゾナ 等々がドームになりました

例のゲームは スノーボウル と のちに呼ばれるようになりました 笑

尚 寒いゲームの場合
温風機が 数台用意されております
また 前半 後半 合計で3時間ですので ハーフタイムに 着替えが可能です

返信とあれやこれや

クラブW杯はメッシ、スアレスのゴールでバルセロナが3-0で勝利。
3度目のクラブW杯チャンピオンになりました。やっぱり決勝ともな
ると、多少体調が悪くても選手は出てくるんですね。来年は(どの
チームが来るかによりますけど)決勝戦を見に行くことにします。

澤選手の最終戦は今度の日曜(27日)、皇后杯の決勝ということに
なりました。決勝の組合せはINAC神戸vsアルビレックス新潟です。

唐辛子を使う方法は雪国出身のオバさんに教えてもらい、若かりし
ころスキーで試したことがありますが、あまりお奨めできません。
皮膚が炎症みたいな状態になるからです(人によりけりかも知れま
せんが)。ガーゼに包むとよいとも云われてますが、それだとあま
り効果がありません。

映像を見ていて、雪(降雪、積雪)でもプレーするスポーツはと
考えてみたところ(屋内競技やウィンタースポーツは抜きにして)、
アメフト、ラグビー、サッカー(中止になる方が多い)、マラソン
程度しか思いつきませんでした。

何年か(も)前、テレビでNFLの雪中の試合を見たことがあります。
グラウンドがほぼアイスバーン状態でスリップする選手もいました
が、それでもユニフォームは半袖。あれはNFLプレーヤーの意気地
ですかね。

冬のスタンド観戦には... P3

> 残るは足先の防寒/保温ですが...

降雪中でも中断しないアメフットの選手が使う足の凍傷防止の技として、

靴の中に唐辛子の粉を撒く...と聞いたことがあります。

これによる血行促進効果で極寒の状況を乗り切るとか...

冬のスタンド観戦には... P2

これは良さそうですね。6時間保つならサッカーの試合であれば
問題ありません。

残るは足先の防寒/保温ですが、靴の中に入れられるホカロンが
あるらしいのでそれで準備万端整ったことになります。

冬のスポーツで「生」で見たいのはカーリングとスキージャンプ。
もし行くことになったら上記2点を持っていくことにしよう。

冬のスタンド観戦には...

こんな物がありますね。

http://www.bedbathandbeyond.com/store/product/lava-seat-portable-heated-...

...手短に説明すると、 「電子レンジで温められる携帯屋外観戦用シートクッション」 です。
一回加熱すれば6時間持つそーです。

クラブW杯準決勝を観戦

もう一昨日のことですが、バルセロナ対広州恒大の一戦見てきました。

スタジアムでの観戦は久しぶり、それも冬のナイトゲームとなると
前回が何時だったかも思い出せません。
Jリーグは秋で終了し、天皇杯は基本的にデイゲームが中心で、若い
世代の公式戦も原則昼間。なので冬の夜戦は練習試合か、今回のよ
うな国際試合になります。ジュニアユース(中学生)やユース(高校
生)の試合を見に行っていた頃はよくナイトゲームも見ましたが、そ
れはだいぶ前の話。今回は10年(前後)ぶりの冬のナイトゲーム観戦
だったかも知れません。

参考のために付記すると、冬のスタンド観戦には帽子、手袋、ネック
ウォーマー(マフラー)、防風性のコートが必需品です。今回痛感し
たのは「オーバーパンツが欲しい」ということ。以前は感じなかった
ことで「年」を感じました。

試合前:
残念ながらネイマールもメッシも出場せず。ネイマールについては事
前情報で、ケガのため出場は難しいと知っていたが、メッシの名前が
スタメンにも控えにもないことが分かった時の溜息・・・数万人がつ
く溜息というのを初めて聞いた。

当日は気温10℃前後で風が少しあり、駅から15分ほどかけて歩いて来
て体が温まっているはずなのに寒さを感じた。そんな中試合前の練習に
選手たちがなかなか現れず、「なるほど冬の夜なので、ウォームアップ
は室内でほとんど済ませるのだろう」と判断。案の定、広州が20分ほ
ど、バルセロナは10~15分程度で、「顔見せ」のような試合前練習
だった。

キックオフ:
序盤、バルセロナの動きは重く広州の方がキレがあった。前半20分ぐ
らいまではそんな状態。その後徐々にバルサの動きがよくなり、特に
ラキティッチ(4番)、イニエスタ(8番)、ブスケツ(5番)のMF陣
の連携が(いつものように)よく、右ムニル(17番)、左セルジ・ロ
ベルト(20番)に、真ん中がスアレス(9番)という3トップというよ
り、ワントップ、2シャドー気味の配置で生じるトップ下のスペースを
うまく利用して攻撃を組み立て始める。
ことにラキティッチの動きがよく、いつもよりは控えめながらアウベス
(6番)とジョルディ・アルバ(18番)の両SBも攻め上がり、試合は
広州陣内に限定された「ハーフコートマッチ」の状態。
前半は席の関係上、スアレスと広州DF陣の戦いを中心に観戦。スアレ
スの勤勉な動きに感心した。ボールが動き出すと、相手ディフェンダー
とかけ引きを展開。観客席から見ていてもちょっと目を放すと見失うこ
とがあるほどの動き方。39分の先取点のときはラキティッチの動きに目
を奪われ、完全にスアレスを見失っていた。そのスアレスがこぼれ球を
押し込んでゴールゲット。

後半になると賀茂の席からはバルセロナの攻撃が反対側になってしまった
ため、今度は広州FWとピケ、マスケラーノというバルサDF陣との戦いを
追う。結論から云えば、エウケソン(9番)や交替で出てきた29番では、
ピケ、マスケラーノのラインは崩せない。危ない場面が全くなく、GKは
開店休業状態。

試合は大会史上初のハットトリックをスアレスが達成し、3-0で終了。

はっきり云って、欧州チャンピオンとアジア・チャンピオンの力の差を見
せつけられた試合だった。広州で通用したのはブラジル代表のパウリーニョ
(8番)ぐらい。仮にネイマール、メッシも出ていたら、もっと多くのゴー
ルを決められていただろうと想像される。

これも久しぶりのことだったが試合終了のホイッスルを聞く前に席を立った。

澤選手引退 P3

早く帰ってTVを点けたら引退会見をやっていました。

W杯優勝は、もう4年前になるんですねぇ~ ドイツ大会だったこともようやく思い出しました。

確かロスタイムでの、あの同点ゴール! 深夜にTVで観ていました。 めちゃめちゃ感動しました! 入ったのは偶然かもしれないけどよくあの絶体絶命な場面で体が動いた。

澤選手、感動をありがとうございました。

澤選手引退 P2

 >>> 一サッカーファンとして感謝申し上げます。

全く同感
ご結婚されたのですよね お幸せに

澤選手引退

澤穂希選手が引退を表明しました。

15歳で代表入りしてから22年、文字通り日本女子サッカーの
けん引役でした。よく頑張ってくれたと思います。

W杯優勝、優勝を決めた決勝ゴール、バロンドール受賞、代表選出
203回等々、男女を通じ日本人サッカープレーヤーで最も偉大な
実績を残した選手でした。

一サッカーファンとして感謝申し上げます。

追記:
上記記事に(複数の)間違いがありました。訂正しようとも思いま
したが、今回は自戒の意味も込めて敢えてそのままにしておきます。

クラブW杯&河井寛次郎の言葉

Jリーグはサンフレッチェ広島の優勝で幕を閉じた。
第1戦は白熱した接戦、第2戦は必死に戦ったガンバ大阪には酷な
言い方かもしれないが、広島の腰が引けた少々退屈な展開。個人
的にはガンバに勝たせたかった。
ガンバ監督の長谷川健太は就任3シーズン目で、優勝(2013年J2)、
優勝(14年J1)、準優勝(15年J1)と安定した成績を上げている。
次の代表監督にどうかと実は密かに思っている。
優勝した広島の森保監督もだが、そろそろこの世代あたりから日本
代表監督が出てくるべき時期ではないだろうか。

-----

これでクラブW杯の出場チームが全て揃った。

 サンフレッチェ広島(開催国代表)
 オークランド・シティ(オセアニア代表)
 クラブ・アメリカ(北中米カリブ代表)
 広州恒大(アジア代表)
 マゼンベ(アフリカ代表)
 リバープレート(南米代表)
 バルセロナ(欧州代表)
 (登場順)

12月10日のサンフレッチェ広島vsオークランドシティ戦から大会
が始まる。
どうやらバルセロナはフルメンバーでの来日となるようで、MSNが
目当ての賀茂としてはひとりこっそりキンキジャクヤクしていると
ころ。
広島はオークランドの後、マゼンベ、リバープレートに勝てば決勝
でバルサと対戦できる(リバープレートに負けてもバルサが1戦目で
負ければ3位決定戦で当たることになるが、それはあまり見たくな
い展開)。

--------------------

ところでスレが違いますが、河井寛次郎の名を見かけたのでこちら
に書いておきます。
「助からないと思っても助かっている」というのは、河井のエッセー
「火の誓い」に収録されている言葉で全文は次の通り(講談社文庫版より)。

    *****
助からないと思っても助かっている。

 人は善美の中にいながらこれを拒む事に努力している贅沢者。こんな
贅沢者さえ善美は包む。放ったらかされてはいない。放ったらかされて
はいないのに、人は放ったらかされていると思いたくて仕方がないのだ。
 あるままでない。
 きたないままできれい。
 不安なままで安心。
    *****

河井の作品1つでも手元にあったら明るい心持になれるでしょうね(とて
も手が出ませんが)。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。