と金TOKING

みなさまお早うございます

「煙草1000円」で思いもかけず「将棋史」のトピックを盛り上げていただきました。と金掲示板にも世間を映すTOKINGの場があったほうがいいですね。(♪)

なおTOKINGも「と金」ですよ(歩歩)。HONG KONG(香港)、PING-PONG(ピンポン)と同じ。昔はPEKING(北京)とも書いたし。

さてコメントは「将棋史」などに捉われず幅広くお願いしますが、とりあえずそっちで出た話題と縁があることを二題。

● 尾鷲で内縁の妻が殺した夫の遺体を床下に隠すのを手伝った男逮捕。「象埋めて」と頼まれたという。
● オバマ氏がベルリンのブランデンブルク門の前での演説を希望したが、ベルリン市長は賛成、女首相は反対。ベルリンの壁崩壊の2年前レーガン大統領が、2年後クリントン大統領が演説している(多少不正確かも)。

♪ 当掲示板初期の「と金の歌Ⅰ」にもそのつもりはあったのですが、位置づけとも絡み、当時の情況からすこし理屈っぽいものになってしまいました。今度は気楽に参れますね。

投稿者: 歩曼陀羅華 投稿日時: 火, 07/22/2008 - 09:07 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

高野弁護士は懲戒すべき

貴乃花が遂にフジに話した。全て自然で納得できる。

高野委員長の行動は、最初から古巣で憂慮されていたが、貴乃花の話半分としても、悪質極まりない。
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180116/spo1801160002-n1.html?ownedref=...
(夕刊フジ)

一方で、フジテレビの小倉智昭と安藤優子は協会べったりらしい。

マタ日刊ゲンダイが協会派なのは、日頃の体制批判と逆で不思議だ。
         _____________

なんでも鑑定団で「曜変」とされた茶碗の大量生産者の中国女が名乗った。
https://www.j-cast.com/tv/2018/01/18318957.html

マスコミにあの「看板男」は出て来ず奥さんが対応している。

奇妙なのは、これも小倉智昭が弁護して居ること。頭が悪いセンスが無いフランス語科の背伸びした生き方やも知れぬ。安藤優子ももう少しマシかと思って居たのだが。

         _____________

飛行場の脇に第二小学校を強引に作っておいて、金輪際上を飛ぶなとは、ヨーユーワ。

トランプに見捨てられるよ。
         _____________

榛名湖辺りか、解禁前のワカサギを大量に貰った。昨日は、逃げる誤留婦を励まして27尾唐揚げにしてもらった、相当に良かった。今日は帰宅したら、その倍ほどを一旦設備が無いからと拒否した焼き物にしてくれていた。更に良かった。

市販のワカサギは、専門店でも普通は、蝗か煮干しに近い不味さだが、今回は、人生で1、2度目位の旨さだった。

戦後左翼のパラダイス 22 安倍勝勢

どうやら日本政治は安倍勝ちになりそうで御座います。それは経団連が、3%賃上げを組織として認めたから。

ま、欺瞞の仕組みは、経済や企業についての知識が乏しい愚には、定期昇給を避け一時支給金にすることしか分かりませぬが、表向きは基本給の上昇も或る程度行なわれるらしいので、画期的な前進でせう。

これには、左翼政党の貢献皆無。強いて言えば、左翼が70余年も余念なく逸楽に耽り、反省どころか自主的にこけたことで、安倍も自民も強くなったということとして反語的にのみ評価出来る。前原は別格として、枝野の功績も大だろう。

それで、経団連は、社内留保も、役員報酬も十分貪ったし、流石に消費が増えぬし、安倍が強権のもとで軍需も含めた資本家優先政策を続けることも約束しているから、表向きアベノミクスを「成功」させるべく、作戦修正した。

安倍が言った通り、上が豊かになれば下にもおこぼれが行くの極端版だ。

愚も日本人の標準であるオポチュニストの正体に目覚めて、内閣支持に回るべきやも知れぬ。

そうすると、人間としての一貫性からは、女系天皇拒否、相撲協会の池坊ー八角による壟断支持、将棋連盟の読売ー渡辺による三浦陥れ支持。

言論弾圧、ネット検閲、憲法改悪モトイ改正支持に踏み切らねば。iCAN代表無視、加計学園異常優遇にも賛成。口封じのため籠池夫妻は獄死(暖房無く現在は15度を数度下回っっている筈)。

原発増強、原発輸出にも賛成。

いtずれ重大案件については、反対したら殺される時代が来る。昭和十年代の日本では、明らかに軍が関与したと思われる反軍者の知られざる失踪事件が相次いでいたことが、今でもーーというよりは今になったからかーー噂されるが、親族、友人、教育関係者(心配したり情報が集まったりする。)が重い口を開くことは稀であり、未だに組織的な調査は行われていない。

先憂後鬱(続) 日本は「放置」国家

逗子市のストーカー殺人「幇助」事案。裁判所は百万円しか賠償を認めなかったが、それでも画期的な判決だそうな。

それにしても、判決理由で「担当者が意図を知らなかった。」ことを責任軽減の理由にしたのは、ぶったまげたなー。

無論裁判官はショーバイだから、判例等を踏まえての文言だろうけれども、「あらかじめ殺人等の意図を知っている」ことなどあり得ない。何等かの悪用マタは犯罪に常に備えて居るのが義務だ。

交通事故なら過失でも結果に応じて、刑事でも民事でも重罰マタは大賠償金が課される。

矢張り行政に甘過ぎる。

(蛇足) ストーカー殺人やDV殺人には、何となく日本社会の目は被害者に冷たいようだ。しかし本人にも責任があると感じることなら、近頃流行りのセクハラが最も多く、最近は正体が明らかになって来たが痴漢がそれに次ぐ。

愚は最初期の「当たり屋」ーーまだその言葉は無かったーーにやられたことがあり、今でも警察の対応を思い出すと、腹が立つ。幸い苦労人らしい副検事が事態を察知して刑事事件としては不起訴にしてくれたので、保険会社から紹介された人だったけれども、民事で相談した弁護士が仰天していた。

電車の痴漢は、男の冤罪被害者が増えて来て、少しずつ警察の態度が向上しているようだ。被害者になったら、キャンペーンに加わるのと並行して、加害者(誣告したオナゴ達とこの頃組んでいるケースがあるという男の屑達)に厳罰を与える手段を探るべき。

※ 数日前にテレビで、痴漢冤罪と闘う男達のドラマが有り、健常な日本男児は皆録画したことだろう。無論愚も暇をみてじっくり勉強するつもり。フィクションとはいえ実人生の勝負だから、将棋より燃えるやも知れぬ。

※ カトリーヌ・ドヌーブが、(自称)セクハラ被害女優達に謝罪。しかし100人署名の声明を撤回したわけではない。ま、こんな姿勢になるのはやむを得ないだろう。

先憂後鬱

以前から心配していたことを、とうとう書いた人が居る。

中国の挑発飛行に対するスクランブルの費用に、日本は堪えられなくなる。ソ連がアメリカに負けたのと本質は同じ。

しかし日本の場合は、費用がかさんでも、対応を合理的に考える能力も責任感も無い。大蔵省は単に抑え、自衛隊や防衛省は単に使う。後者は、合理性だけでなく真に国を護る心があるかどうかさえも怪しい。(役人として自分たちの権益を守るためにアリバイ作りしかしない。)

それは旧帝国軍の本質を顧みると、そうだったから(※))。その強力なDNAは、相撲協会のそれと同様、余程のことをしなければ抜けぬだろう。防衛大臣だけ賢くても無理だが、無論稲田女大臣にやらせたのは、池坊評議員会長よりも何万倍も悪い。

科学的頭脳が必要だが、センター試験に、「ムーミン」のアホな問題を出すのは、非科学も極まれり。こちらは阪大でなく全大学だから、自衛隊レベルの案件だ。

もう一つ科学が絡むのは、鰻稚魚が前年の百分の一に減ったこと。日本の漁業者は単に有るだけの資源を取り尽くすだけで、農水省は月給泥棒の無策。

学者だって、概ね大したことはやっていないし、とんでもないのも混じっているが、世の中に対する貢献の仕方は一応独特のものだ。実務家達は、わかり易い世界に直面して生きているのだから、それぞれもっとしっかりと先を見て働いてもらわねば困る。

※ 知る者は知っていたろうが、昭和十年代の日本の政策、軍事作戦〜管理は、漸次明らかになればなるほどお粗末だった。要するに薩長の倒幕集団が、日露戦争に勝った後、軍事的に近代化、合理化、軍事科学化を全くせず、薩長の田舎侍の平均的思考法に止まった。むしろ知性マタは理性では世代を追うごとに劣化した。

優れた展望を持ち能力が有る者は、左遷、時には「粛清」された。東條は、今の大蔵官僚と同タイプの、傍流の陸軍能吏に過ぎぬ。海軍の山本五十六ーーこれも傍流ーー等については、別に機会に。

スクランブルの費用や不合理な現状についても、後で。

国対 P2(続)

おはようさん

言葉が足りなかったので、付け加えまする。

アナキストの辻元氏のほうが、どうせ野党に徹する政治家――実態は与党同様大部分は政治屋――としてはマシだろうけれども、国対は、せいぜいでNo.2の咬みつき要員の役しか出来ぬ。まして野党の筆頭委員長などトンデモナイ。

これは「左翼パラダイス的」というよりは、それをテーマに風刺劇どころか滑稽劇にして浅草の小屋で演ってる感じ。観客はどっと笑うところ。

(蛇足) 今どうなっているだろう。有楽町の、朝日にくっついて居た日劇のストリップ小屋(?)には重山規子等の一流のダンサーが出て、踊りの合間にコントを混ぜて居たものだが。

国対 P2

愚も多分同じ記事を読んでどこかに書きました。

アナキストの方がコミュニストや中途半端なソーシャリストよりは見込みがある面があるけれども、国対は一党でも無理、ましてや野党総代など絶対無理というような文。

もしかしたら投稿失敗したやも知れぬ。

国対

立民の女性国対がえらく評判が悪いですな。週刊誌によると。当然といえば当然かな。

どうなるのか。共産党が怒っているらしいが。

戦後左翼のパラダイス 21

表題は21世紀でなく、「無言の行」の中で、昨年11月23日の「戦後左翼のパラダイス 新20」に続く番号。ただし番外や他のスレに、この言葉を書いたこと有り。

最近の絶望は、枝野氏の評判が落ちて来たこと。連合会長が落胆している。

左翼は、集め過ぎると政策が纏まらない、純化とまで行かずとも選別や排除の気配が出たら一瞬にして少数党に転落する。

で、今の枝野氏は取りあえず意に沿う範囲で入党させているのだが、それでも既に綱領が意味不明になったと指摘されている。
http://diamond.jp/articles/-/155227
(ダイヤモンド 1/10)

つまり国会議員になることを目標にし、議員になったら党内での地位向上を目指して、競争か抗争に励むのが、左翼万年野党の議員の人生の全てなのだ。

前原氏を戦犯呼ばわりする言葉は今でも時々耳にするが、自民党で公認を得て当選するには、中途半端だった人の一典型だ。

そのこころは、政治意識や出世欲がなくチヤホヤされれば満足なパーなオナゴさんでもなく、さりとて自民党の中で、世襲でない者の唯一のコースのかばん持ちから這い上がる道(この頃は大金持ちが議員を志すことは見掛けぬ。)を歩むには、頭が悪いか、頭が高いか、師の高坂が偉すぎた。

枝野は、数多の前車の轍を踏まぬように、用心深く振る舞っているのだが。

(蛇足) 枝野を巡って、小泉、細川と菅直人が面白いらしい。

蛇足の蛇足 枝野は小泉らと組んで左翼色を薄めたいのだそうな。菅は存外寝技師なのか、機を見るに敏なのか、枝野の足を掬うということやも知れぬ。

クイズの答え 聖書の存在理由

何故破門すれすれだったか?

答え . 学者達は、馬の歯の数が聖書のどこに書いてあったかを、一所懸命思い出そうとしていた。

(蛇足) この学生は、全てを聖書に基づいて考究するスコラ哲学の基本が全然分かっていなかった。

蛇足の蛇足 阪大の解答も、物理的真実よりも、高校の指導要綱が聖典として優先される。

其マタ蛇足 つまり今回の事件は、入試の基本理念の問題で、技術的ミスとは言えない。

更なる蛇足 小さな改善としては、この部分の指導要綱を削除を含めて改めるのが良い。

お終いの蛇足 参考にしたコメントに倣って指導「要綱」としてきましたが、正しくは高等学校学習指導「要領」と呼ぶ。ちなみに大学では指導「要綱」、「大綱化」などの古目の言葉が、事実上残っている。

存在理由がなくなる

自分たちの愚かさが明らかになるから?

阪大入試出題ミス P3 半ば濡れ衣

おはようさん

出題経験者がゾロゾロ登場。その分常人と違う知的活動の一つの深淵や哀歓も見て居られるやも知れませぬ。

日本だと大きな大学ではTAには演習問題の採点はやらせても出題まではさせませんでしたが、この頃は日本でもそうなってきたやも知れませぬ。米国的進歩(+)と、定員削減を含む大学の高校化(-)との両面が見られます。

ーーーーーーーーーーーーー

さて阪大の件、続問と切り離して取り上げれば、指導要綱準拠という強制された前提で、問題文も正解も一意で、阪大の取り扱いには一点の曇りも無いものでした。京大が同じことをやったとすれば、完全無欠。文句をいうなら指導要綱が好ましいかどうかーー断じて間違ってはいない。ーーで御座います。

続問との関係は、きちんと見ておりませぬが、整数条件に合致しない、数学でいう不能問題、つまり「解が存在しない。」というのが正答だったように見えます。それだと数学では出題ミスではないけれども、入試の物理では指導要綱や在来の習慣との兼ね合いでブーイングの対象になるやも知れませぬ。

ーーーーーーーーーーーーー

メタな議論をすると、出題トラブルのカテゴリーとしては、新聞報道から最初見当を付けた「正解が二通りある。」のではなくて、「問題文が二義的だった。」ほうになります。そしてこれまで述べたように指導要綱準拠(愚は現物を確認してはいない。)だと、問題文は一義的になる。

気の毒な先生方は、日頃高度な研究をしているのを、一年間相当に邪魔されて、高校生のレベルまで降りて、あれはダメこれはダメと細かい制限を調べながら、やっと問題を作って、ホッとしてしくじった。

(ま、ちょっと意地悪い見方をすると、京大が前年なかなかの良問を出した。指導要綱はパズル的にクリアしている筈。で、それをパクるだけでは体裁が悪いから、軽い気持ちで続問を付け加えたという辺りやも知れませぬが、それでも、広い意味で同ギョー者だった愚は同ジョー者になりまする。阪大の物理の先生方が、日頃途方もなく威張っておられるのだと、別の面から考えるべきやも知れませぬが。)

ーーーーーーーーーーーーー

この問題は、もう少しでパラドックスになったやも知れぬ。その一方で実験してみれば、実際ではどっちが正しいのか立ちどころに分かるはず。ただし壁は吸音性が無く100%音を反射する剛体に限りなく近いもので出来る限り広い衝立にする。音叉は音楽用の物でなく物理実験用を使い、なるべく無響室で行う。

ーーーーーーーーーーーーー

(蛇足) スコラ学派の学者が集まって馬の歯が何本あるかという問題で長い時間悩んでいた。気を利かせた若い学生が、「厩に行って見てきましょうか?」と言ったら、破門すれすれにこっぴどく叱られてしまったという。

ハテその訳は?

阪大入試出題ミス P2  京大でも前年同じことが?

具体的な争点が分かる良さげなサイトを見付けました。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2018-01-08

計算に一々付き合う気はしませぬが、そこで正解として示された様々の解答方針は無理が無いもので、しかも結果が一致しています。

むしろ阪大が最初に正答としたものは誤答だったという見方も有る。それと本質的に同じ問題が前年京大でも出ているそうで、出題・採点者が、同じ間違いをしていた可能性が強いが、続問が無かったから外部にはバレ得ない。(※※)

一つの本質は、矢張り大学レベルの物理数学と、高校の指導要綱にズレが有った。それは

● 音波が壁で反射するときに「固定端反射」とするか「自由端反射」とするかで、指導要綱では前者、クレームを付けた人達は後者。(※※※)m

数学と大違いなのは、この二つは、現実の物理現象としては、壁の材質(反射性質)と音叉の振動の仕方でどちらも起こりうること。それなら指導要綱の立場で解答すべきだから、そこまでは矢張り最初からの阪大の立場(指導要綱に合わせたと見られる。)が正しいので、他は突っぱねるべきだとも言えるのだが・・・(続問との整合性で早とちりでお手付きをしたらしいのは気の毒だった。)

[なお数学で言えば、二つの異なる公理のどちらを前提にして問題を解くかに相当し、入試レベルでは、前提となる公理は一系統しかないし、どうせ高校~大学の大抵の数学の先生は、ユークリッドの平面幾何の公理までしか正確には理解して居ないくらいだからドーデも良く、揉め事にはならぬ。]

※ 愚は大学初年の初等物理ではこの二つの反射を管楽器の「開管」と「閉管」の共鳴ーーつまりどの高さで鳴るかーーの違いとして習ったが、入試問題も世の中の変化を映しているなー。無論のちになって音響学や振動波動論も一通り学んだ。

(蛇足) しかしこんな問題を解くことを高校で教えるべきなのかなー。これで国民の科学技術レベルが上がるのだろうか?専門家育成ならば、音響学や振動波動論を系統的に一から十まで演習付きで教える必要が有るわけで、なまじ物理教育のために単純モデル化した(解釈の余地が分かれうる。)例題を教えることには、真に有用な専門技術者を育てるために良い事ばかりでは無さそうな気がする。

※※ 京大の場合は単問完結だったらしいから、指導要綱に合わせてあればそのほうが正しい。

※※※ 反射波のいわゆる位相が二通りになる。現実生活では単一音源でも単音でもないし、壁も二通りの反射波を生み出すだろう。

※ 今回の問題は、潜水艦のソナー探知の基礎原理に絡むものか。すると軍事研究向きやも知れぬ。

※ 音叉の振動は、多分点音源とするほうが現実的だろうし、指導要綱でもそう扱っているのではないか。何れにせよ物理はコーユーことだらけだから、物理志望(その後哲学に学士入学する予定だった。)から応用数学〜情報志望に変わった。

問題作り P2

>>> 程よい難易度

入社して半年経過したころ 人事部長から呼ばれました 
もうクビか と思い おそるおそる 出頭 
来年の英語の入社試験問題を作れとの指示
その時言われたのが 程よい難易度 < 思い出した

大学入試問題集を購入し 適当にバラシて作成 英文和訳 和文英訳は キチント見ましたが
面白い回答が多かった 

採点ミスなし < 勝手にやりましたから 大笑

試験問題

試験問題を作るのは、大変な、というか特殊な知的労力(一部には、学生全体への忖度とか、採点負担とか)がいりますね。

講義(と連携?しなくては意味がないし)と同等の真剣さが求められると思っていました。学問分野によって、違いはあるだろうけど、基本は。

詳しくは、書く気になりませんが。

問題作り

大学生の時、TA = Teaching Assistant (教授の下僕)やっていた時、毎週出す小テスト(英語ではQuizね)と期末テスト書きをしましたが(大学の初級プログラミングなので大したことはない)、

程よい難易度

…はなかなか難しいですなあ。しばらくして確立した難易度設定方法は…

60点 - 授業真面目に出ていれば確実に全部取れます
20点 - 課題・宿題をやっていれば楽勝
20点 - 頑張りどころにゃん

…でした。

一度クイズの設問でミスって10点程全員に献上した前科あります。

阪大入試出題ミス

マタ喝采さんにやられたかなー。

阪大入試出題ミス。問題が二通りに読めるのか、問題に曖昧さが無くて解が二つ有るのか。どうも後者らしいが、その場合だと、数学ならば、高卒レベルの問題について外部から指摘されて二人の教授(一人が出題者)が、吟味した上で否定したことは、数学者としては赤っ恥で辞表物だ。学生が相手にしなくなる。

しかし物理屋さんの数学には、本来的に数学のような厳格な証明マタは少なくとも検証手順(例えば解を代入して等式が成り立つことを計算で示す。)が存在しないものも多いから、この件で物理学者として、一般国民が思うほどには、身内での信用は失わないで済むのではなかろうか。

ーーーーーーーーーーーーー

いや大数学者が入試問題を作って採点したらもっとひどいことも起こりそうだ。岡潔が期末試験で「コーシーが二十歳の時に解いた問題です。君達なら出来るでしょう。」と言った話を当時の学生で京大の数学の教授になっていた人から聞いたことがある。

コーシーは何週間か掛けたやも知れぬし、もともと自分で選んだか作ったかした問題だが、試験問題は不意に突きつけられて、2時間で解かねばならぬ。

コーユー逸話は案外残らない。

ーーーーーーーーーーーーー

実は入試問題作りは、文科省が時々変える「指導要綱」の縛りが有り、高校生のレベルまで降りて行って発想しなければならぬから、数学の出題の際はパズルのように非本質的なところで煩瑣なことを考える必要がある。

例えて言えば、小学生の問題をxを使って一次方程式にすれば、移項と割り算ですぐ解けるものを、そのプロセスの一部か全部かを禁止されているとしたら、途端に難解になることと同じ。コーユーこと(だけ)が得意な同僚が居ることがあり、当人も周囲も幸せなものだ。

物理数学と数学は全く違う(コーユーことは多くの物理学者も知らない。)のだが、入試出題には、物理特有の厄介な困難が有るやも知れぬ。それ故、今回のことを、阪大の物理教師(それも教授)達の驕りやお粗末さとして決め付けるのは、物理学者の言い分を聞いてからにしたほうが賢いだろう。

評議会議長? P2

イーブニング

貴乃花批判の一方でコーユーのも

●「張り手は問題なし」池坊保子氏が白鵬を擁護 
https://www.msn.com/ja-jp/sports/news/%E3%80%8C%E5%BC%B5%E3%82%8A%E6%89%...

ましてかちあげとエルボーの違いなどドーデモイーというわけ。

このオナゴさんは公明党議員だったが、今の自民党政権の官房長官やダメ大臣並みの居直り強弁。公明党や創価学会のイメージは大分損なわれるだろうなー。

同記事末に

●「(モンゴル人は)狩猟民族だからね。勝ってもダメ押ししないと殺されちゃう。良い悪いは別にして、DNAかもしれないわ」

コーユー考え方も有ると思うが、横審全員と違うから、今後が面白い。

(蛇足)モンゴル人は遊牧民族であって全然狩猟民族ではない。ただ一部の評論家が間違って居るような農耕民族というのは、17世紀清朝以後のことで、内蒙にしか当てはまらない。

このような無知さで喚き散らすのは、男だと20代前半で社会的に淘汰されるが、いくらオナゴさんでも珍しい。かなり特異な例だ。

評議会議長?

公式発言を翻すなら、公式に表明せよ、と思いますね。

https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/池坊議長、貴乃花親方へ「ファンになりたいから、変わってほしい」/ar-BBI8NHL?ocid=spartandhp#page=2

厚顔無恥だけでなく定見ナシ。

貴乃花のビジョンすら知らないで、職に就いていたとは、信じられない不勉強さ。
職責を何と心得るのか。

皇室に泥をかぶすようなことになる前に、早く辞任したらよろしかろう。

あけ P12

ネットによると、件の人物は高校を出て独学で「哲学者」と呼ばれるようになったので、大西田は勿論フツーの哲学者達を俎上にあげる議論には、よくよくの変わった視点からでない限り、含めない方が良さげだと気付きました。

今思うとこの人からは、独学の宗教者だった「イエスの方舟」の主宰者と似た匂いがしていたわけでした。

加藤諦三氏も出て来たが、内容は印象に残りませんでした。

あけP11

続けてくだされ。

なぜならば、小生のほんのわずかな経験からすると、日本の哲学者と云うのは、ピントが外れているのではないかと、
思うからです。

その番組は、見ていないので、本来、批評はできないのですが。

日本の哲学者にその主題で語らせるのは、大相撲協会の関取幹部たちに、AIについて語らせるのと同じくらいのミスキャスト。

哲学者には、哲学を語らせるべし。それでも、1流の哲学者と評価できるものは、いるのかなぁー。

有名な西田でさえ、・・・だから。ましな方だとは思うが。

小生の知っている奴は、肩書のみ欲しがる奴で、労組の幹部を務め、要求骨抜き?を手柄に評議員への道をひたすら。
公募と称し、制度を私物化。・・・の取引材料に使い。
面会相手には、人脈査問しか眼中にないという。
結構、専門誌で名前を見るが、言っていることは、保身と功名心だけ。

フマン氏とは小生ちょっと違うので、かつ偏見と思われたくないので、出身大学名はあげぬが。ココロは同じかな。

あけ P10 初笑い二 (マタは初嗤い) 或る「 哲学者」

だんだんおおきにはや

今朝は、近頃誤留婦が最も信用してつけ放しにしている6CHをチラ見しながら珈琲を飲み、乏しい年金から漸く1パックだけ買えた、町で一番というサンドイッチを夫婦で分けて辛うじて飢えを凌ぎ、文科出のインテリさんの発問に応じるべく外貨準備などネト繰りつつ、年頭だからか世界の政治経済(史)を概観する特集番組から(関口なんたら氏が司会)、それも今の時流に合わせた平和問題つまり戦争とテロに重点を置いたお説を所々耳に入れました。テロの原因が所得格差だというのは、尤もなれど、内山節氏らしい哲学者の言説が「お粗末」過ぎた。

哲学者曰く。金融だのサービスだのを重視するのが諸悪の根源だ。製造業に帰れ。

言葉は正確には覚えていないし、この場合覚えておく必要もないでせう。

金融と一般のサービス業を同一視している所が既に「学」を外れているが、挙句の果てに製造業礼讃。二流の宗教(家)なら兎も角、産業革命ーーザ製造業ーーから格差拡大し、経済目的の2度の大戦を経て最近のテロに至ったという番組のそれなりに組み上げられた主潮から見ると、わけがわからぬ。

某国のお魚論客さんが或る時愚に反論して猛烈に製造業礼讃をしたのは、理論武装は皆無でも、それにぶら下がって居る人だからと理解したが、苟も「哲学者」を名乗るからにはねー。相撲協会評議員会長の類ではないのだから、戯言レベルでは困りまする。

(続く?)

あけP9

お二人のご意見 拝読してます 面白い
で コメントなど

貴 
礼を失した 故に 2段階降格 そうですか
それでは 白が 負けた後 土俵下に 2分間? 居座ったのは どうする
礼を失した行為ではないのか 小生は 初めて見た 2段階降格はないのか

理事長
ここまで 問題が大きくなって 辞任しないのですか

あけP8

>問題の小野川名跡は北の湖の遺族が持っているという(ウィキペディア)。だから貴乃花の派閥に属しているのだろう。
>一方で、遺族であれば、八角側から金で釣って工作しやすい。今回は急に金を積み増したのだろう。

そうだと想像します。

北の湖理事長と顧問(パチンコ屋さんだったかな?)の関係。
北の湖死後、貴乃花が顧問をかばったのは、小生、納得がいかなかったが。

そんなことより、ずぶずぶの八角体制が、とてつもなくどうしようもないので、この件が片付くまで、黙認。

毎日は、でくの坊女子出身政党(小沢のところではないところ)が、大スポンサーだからなぁー。
見識を示せるのかどうか。

相撲協会が公益法人だから云々というだけではなく(云々は当然だが)、
国技と国民に認知されているスポーツの独占興行主体だから、襟を正すべし、ということ。

戦後左翼のパラダイス (番外) 朝日マタやるか

戦後左翼をインテリのメディアとしてリードし続けたのは、岩波と朝日。岩波の功罪については別の機会にするが、朝日の慰安婦問題はヒド過ぎた。

仮に真実を書いて居ても、例えばニューヨークタイムズやワシントンポストが、アメリカの原爆投下、東京市民囲い込み(無差別どころでなかった。)大空襲、 日系人強制収容の反省を煽り立てたら、いくらおとなしい日本国民でも、戦後世代を含めた過半数が、否が応でも憎悪と復讐に燃え立つだろう。

しかし、いくら朝日がそうし向けても、国民が買わなければ、方針を変えただろうから、朝日を買い続けた国民にも責任は有るのだろう。

天声人語が入試に出るから、生徒は勿論教育ママも学校の先生も読んでいなければならぬ。となると大学の入試問題作成者も長年にわたり共犯者だったことになる。

今の枝野党の人気も、その残光だ。
ーーーーーーーーーーーーー
朝日は北の湖体制批判の急先鋒だったヨーダ。北の湖が手を汚していたとすれば貴乃花救済だったヨーダ。

一方で八角は、読売で文字通り「両脇を」固めている。

反権力のエースだったゲンダイが、貴乃花潰しに徹している謎は、前稿の抜粋記事で氷解したが、産経は八角批判だったのが、微妙に揺れ出したヨーダ。

読売は八角を操って居る立場だし、ゲンダイは変われぬヨーダ。朝日はこれからどう出るかなー。

※ (蛇足) 毎日の紙誌は旗幟鮮明にはしていないが、テレビ=6CHは貴乃花支持。

あけ P7 名跡返上(続)、八角対宗像

問題の小野川名跡は北の湖の遺族が持っているという(ウィキペディア)。だから貴乃花の派閥に属しているのだろう。

一方で、遺族であれば、八角側から金で釣って工作しやすい。今回は急に金を積み増したのだろう。
        ____________

2016初頭からの報道が凄まじい。
http://hagurohebi6.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/325126315310321.html

下に、この抜粋集から、宗像氏の名前が出てくる2つの部分を転記。

●「・・・カネと権力が欲しい貴乃花と、権力を利用してカネ儲けがしたい裏金顧問†は、くっつくべくしてくっついた。危機管理委員会の委員長を務める宗像外部理事、1月下旬の理事候補選で理事になった山響親方(45)も彼らとグルです」
年頭の挨拶で相撲協会全職員を前に「協会を破産させる勢力とは断固戦う」と話していた八角理事長は1月下旬、裏金顧問を解雇した。[日刊ゲンダイ]

● 脅迫された人物とは別の外部理事・宗像紀夫氏(74)が、「週刊新潮」の取材に応じ、この件について語った。

私はこれまで4年間、相撲協会を見てきましたが、八角さんが理事長になってからの協会運営の乱暴さは目に余るものがある。八角さんは、未だに相撲界の古いしきたりの中での考えのままなのです。しかし、公益性を持った、開かれた協会においてそれは通用しない。北の湖さんの時代には、こんなことは絶対にあり得なかった。あの人は本当に高潔な人でしたから……」(宗像氏)[週刊新潮]
         _____________

一つの断面図は、明らかになったかなー。

告訴は12月28日駆け込みだった。必死なんだなー。
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201712280000817.html

高野氏以外に7人も弁護士を雇うわけだ。
_______

† ”K"=小林慶彦氏。上記抜粋集の表題にも有り。なお実名で責め立てているのは週刊朝日(昨年の3/25)だから、今回朝日系が貴乃花につくか八角につくか面白い所。

あけ P6 名跡返上 (付)或る女

当該記事を読むと、

● きっかけは同じ一門で阿武松部屋付きの小野川親方(元幕内・大道)が所有者から名跡返上を求められたこと

理事選の一票を減らすため、八角側が動いたことは大いに考えられるが、恐らく数年前からの策謀で、貴乃花側も、その時は非力な親方から順送りでそうする予定だったのだろう。

それが、今回、風雲急を告げたということだろう。

それにしても、次々と穢い手を繰り出すものだなー。無論、この程度ならマダ、尾車一人の悪知恵でも可能な範囲やも知れぬが。
         _____________

42歳でセミヌード写真集を出した池坊保子氏の「自己顕示欲」(と権力欲)を見抜き、選挙民(近畿ブロック!!)のあまり上等でない本性も熟知している天才小沢が比例区1位の厚遇で54歳の同女を政界に引っ張り出した。彼の党が消えた後、味を占めた同女は、公明党から出て再選され、副大臣になった。恐らくその党の立候補の定年で下ろされたのだろう。

この経歴を見ると、今回の「お粗末さ」に反比例した松居一代氏顔負けの得意面も、ムべなるかな。だが日本文化の顔の一つの公益法人がこれでは困るわなー。

(蛇足) 小沢冤罪は、一に検察、二にアメリカ、三、四が無くて五に愚民に依ることだが、コーユーことの大本になって居たとすれば、神罰か佛罰やも知れぬ。

あけP5

続く、理事候補選用からめ手作戦か?

https://www.msn.com/ja-jp/news/sports/貴乃花親方“恩人”と決別…音羽山親方に相撲協会からの退職促す/ar-BBHV7jh?ocid=spartandhp#page=2

これが、なぜ、からめ手作戦になるか、解釈してみてくダサれや。

あけ P4

おはようさん

学習院国文科中退の75歳のオナゴさんの元文科副大臣を評議員会長にしたのは、文科省自身だったと見るのが自然。

宗像氏が北の湖と組んでいたのであれば、「北の湖改革」と所謂”K”顧問問題で八角派と対立することになる。

但し、愚には分かりませぬが、宗像氏はどの組織でも「名義貸し料」を受け取るだけで、原則働かず優雅に生きるタイプなのではないかなー。

コーユー人は、道義的な建前は或る程度崩さ(せ)ない。組織が道から外れたら離れる。

高野氏は、経歴から見るとなかなかの検察エリートだが、検事正になる前の経歴学歴は隠しぬかれており、愚は初め東大法科の三流人物と推定したが、今回の一連の「作文」を見ると、それよりも下流な者が、その都度毎に、飼い主のために一所懸命働いているだけに見える。

(東大法科を出て居たら最低でもここまで不見識なことはすまい。但しそれは男の場合で、オナゴさんは知らぬ。ただ、前にも書いたが、豊田真由子「様」は所詮密室の車内の中で秘書相手のことだから、公的な世界でどう振る舞うかは全く別だ。現にこのオナゴさん在学中も選挙民に対しても評判が良かった。

彼女を弁護すれば、トイレの中の振る舞いに目くじら立てる方が下品じゃないかということ。➡蛇足)

生還したのか、(南から?)雪男に化けて逃げ出したのを連れ戻されたのやも知らぬ人は、全く信用して居ないヨーダが、宗像氏の言葉は検察用語を用いつつ分かりやすいので、ページを記載しませう。

●貴親方の理事解任決議は「重罪犯人に対する論告求刑を聞いているような感じ」 宗像紀夫氏が指摘
http://www.sanspo.com/geino/news/20171229/sot17122913410008-n1.html
(サンスポ 12/29)

●【悲報】宗像紀夫さん「八角理事長時代、ぐじゃぐじゃだった」
http://rakugakisokuhou.blog.jp/archives/6015512.html

         _____________

喝采様>公平性を保つために。貴乃花親方の背後には、どんな人たちがいるのか

宗像氏はその一人ではありそう。もっと奥深い所は知らぬ。ただ国民の中に「人気が有る」から、八角側も強い手段に出られまいというヒョー論家は居る。

それで協会は12月も下旬になってから急いで”K”告訴をした。新年早々八角と尾車(この者「名目不明役目明瞭」で評議員会にも出て居た。)が証人として出廷し、貴乃花の名前を出してダメージを与える「搦め手」作戦と伝えられる。

(蛇足)古人曰く。英雄を見たら閨房を想え、美女を見たら閑所を想え。

誰が言い出したかは知らず、好きな言葉でもないが、ふと想い出した。現代では、山尾氏は英雄に扱うべきやも知れぬ。

あけP3.1

宗像氏は、北の湖?理事長時代の危機管理委員長でしょ。

なぜ、小生が軽蔑する高野に変わったのかな。

八角が据替たのかな?誰かな?

アホの棒、豊田、松井。役職に対して無能なのは誰だ?

一番育ちの良いとされる奴じゃろう。

この方、公明党出身なんですなぁー。副大臣、公明党枠ですか。

相撲取りにも、あの集団出の議員の人いましたな。TVにも出ているのかな?

インタビューを受けて、たか批判をする人たちの中に、あの集団の人たち居るのかな?

最近、会長(精神的支柱)の声が届かないと、疑問に思った人たちが、離反したとか。

どちらが云々でなく社会的集団として、健全な傾向ですな。

蛇足:公平性を保つために。貴乃花親方の背後には、どんな人たちがいるのか、という事もある。
   本筋が違うので、小生は、しばらくかっこに入れるが。

あけ×× P3

宗像氏は将棋連盟にも相撲協会にも雇われていた。連盟には米長師も卒業したことになっている大学を共に出た木村氏と宗像氏が顧問をしていたが、当時の米長文書には弁護士が手を入れた気配が無かった。二人の内では、宗像氏の方が影が薄かったが、どういうことをしたか(マタはすべきことをしなかったか)は外部には知られていない。ただまともな弁護士がついているなら連盟はもう少しましに振る舞った筈だと見る。この辺はイエティさんの解説待ち。

宗像氏が協会 を辞めた裏に何かがあるやも知れぬが、今の所分からぬ。高野氏のように古巣の失笑を浴びることが無かったのは、単に事件が起こらなかったせいだけではないやも知れぬ。

今回は基本が刑事事件だということが「画期的」なので、協会に飼われていても、元検事の振る舞い方としては、宗像氏の見方の方が正当だろう。この人が現任だったら、外無からの指摘ほどには歯切れ良くないまでも、ここまでの暴力団も顔負けの事の運び方は出来なかったのではないか。

あけあけ P2

お気遣いありがとうございます。

基本的に車の走っていない河川敷(自転車専用道路)しか走らないのですが、
年末にカーブでペダルが地面に接触し、吹っ飛んだが、何と耐えて転倒せずに済みました。

何よりも、風呂場での転倒には最大限留意したいもんです。

正月の金沢行きは、高速道路で木之本からチェーン規制が出ており、帰りが危険と感じたので、
何が山内一豊やねん!な豊国神社にお参りをして長浜駅に車を止めて、敦賀経由で雷鳥(サンダーバード)で行ってきました。
昔は白鳥だったのだが、帰りは長浜に止まる特急「しらさぎ」ね!

あの松居一代を生んだ淡海人の特性? 
甲賀しか行ったことはないですが、図書館がどえりゃ~活用されるので充実してます!
(地元じゃ伊賀とは言わない、芭蕉な「上野」も中々凄い)
https://xn--w8t18x6yi.jp/shiga
県民性を表すイメージは、ズバリ石田三成でしょう。

大阪人は?
摂津(大阪市以北)と河内、泉州と色違いで、北摂なんてのは兵庫県の川西・伊丹・西宮なんかを含むし、
一概には言えないと思うのだが、イメージは「和田アキ子」かもしれん・・・

あけおめ

関西も寒そうですなぁー。

自転車でこけないように、お気を付け下され(笑い)。
萩野や谷垣の例もあるし。
小生も、どろどろの農道でこけて、買い物の食材をまき散らかした覚えがある。
幸い、すべて、食べられたが、2週間ほど打ち身が痛かった。農家の夫婦に助けられた。
そういえば、マンションの濡れタイルで滑った時は、しばらく立てなかった。宅配便のお兄さんに助けられた。
どこか折れていたとは思うが、2か月ほどで気にならなくなった(病院嫌いだから)。

甲府商人の財布の固さは有名だが、近江商人のそれとどう違うのかな。

小生、太っ腹なのは、福岡と思っているが、どうかなぁー。

そういえば、ガス屋のおやじに餃子のおすそ分けを勧められたが、丁重にお断りした。
こっちは腹いっぱいなのに勧めるな(笑い)。
おやじは引っ込みがつかず、よそのおばさんにあげていた。
おばさん、もらってくれてありがとう(笑い)。

あけましておめでとうございます

ゑべっさんが終わるまで正月気分の抜けない大阪より、あけましておめでとうございます。

大相撲問題は何がなんやらワカランが、
池坊が殊更熱弁を振るう興行団体の公益法人化と評議員の機能の気持ち悪さやら、
貴乃花親方の服のセンスの悪さは置いといて、
ヤメ検弁護士の宗像紀夫が偉そうなコメントを出しているのが一番吐き気を覚える。

些少の銭で、米長の悪行に忖度後押し担保する程度のパチモンのホウリツ屋が一般論を語るなっちゅうねん!

ちなみに、あの時代(LPSA対立時代)の日本将棋連盟顧問弁護士料は、それまでの木村晋介で3万円/月。
宗像は10万円/月(但し、補助の女性弁護士含む)で、別途加算の相談料で1000万円超/年に膨れたそうだ!

そう言えば、新大阪駅でコーヒーを危うく奢られそうになり、自分の飲んだ分は自分で払ったが、
米長は、自分の金じゃなきゃ気前が良かったネ!(領収書は、寅金の分も入っていたヨ)

大相撲問題P4

>さて貴乃花側からの反撃で御座いますが、実質的に「再選されても無条件恭順を誓約しないと評議員会で否決するぞ。」
>と池坊氏らに脅迫されているから、裁判は、理事としての再任が確定した後で御座いまするね。

そうですね。余計なことは云わずに、着々と悪人たちの矛盾を収集し(十分集まっていると思うが)、勝負所で公開すればよろしいかと。

>この評議員会が、上述のようなインテリやくざの域を超えて、如何にも粗暴な暴力団的だったのは、
>比較的若いとされる力士の評議員3人とは僅かにずれた斜め前に座った八角が、その内の一人が質問をしたのに対し激昂し
>「声を荒げて『そんなことあるわけないじゃないか』と」恫喝し、沈黙させたこと。

馬脚と云うのも、適さないか、これで済むと思っているのかな。

文科省が監督官庁なのかな。指導が入るべきだろうが。公益法人の評議委員会の性格をさらに第3者的にする必要があろう。
今や官邸の御用聞きになり果てた、この役所に期待するのは無理かな。

大相撲問題 P3 礼砲 ドカーン ドカン

>>> 感想、お粗末やなぁー
>100% 同感

ドカーンで御座いますか。

寝正月の定型は、掛布団を昆布巻状にし、漫画の「土管」の中のルンペンのように首だけ出して、読書など人生を愉しむもので御座いましたな。

で雑煮が出来ると、誤留婦が「ドカンからでてらっしゃい。」と呼びに来た。

ーーーーーーーーーー

しかし、それにしても、とても「お粗末」という言葉では済ませられませぬな。

見える者には始めから見えていたであろう協会(〜評議員会)の正体がドンドン明らかになる一方で御座います。

伝えられる昨日の評議員会の発言からは、相撲協会とは、単なるお粗末さを超えて、暴力団、つまり無法者、破落戸の群が、興行師として、若手力士を食い物にしながらーー幹部お気に入りの横綱の邪魔になるような有望株は集団リンチで壊すことも容認しつつーー、公益法人の皮を被って日本社会を大手を振って歩いていると見る方が「実相」だということが、改めて良く分かりました。

小者では、尾車はインテリやくざ、ヤメ検は用心棒。予め周到に工作し、文書も巧妙に都合良く操作している。

このやり口は大したもので、当世増えて来た能力が低く理念も乏しいのに背伸びして学術マタは芸術の活動を「政治的」に妨害する者を「ラッセル」して、文化の発展を推進する必要がある場合には、大いに参考になりまする。

が、それは目的が、良いものである場合であり、今回はその真反対。繰り返しになるが、暴力団ーーより一般的な区分では犯罪集団ーーが、「検察」のノウハウも駆使して組の統制を図ったのと同じだから、唾棄すべきもの。

ーーーーーーーーーーーーー

この評議員会が、上述のようなインテリやくざの域を超えて、如何にも粗暴な暴力団的だったのは、比較的若いとされる力士の評議員3人とは僅かにずれた斜め前に座った八角が、その内の一人が質問をしたのに対し激昂し「声を荒げて『そんなことあるわけないじゃないか』と」恫喝し、沈黙させたこと。

余程痛い所を突かれたと見る。

これでも池坊保子氏の強調する ( 相撲協会というよりは評議員会自体の)「礼」には叶うらしいが、愚らの感覚では、それだけで評議員会の権威も品格も公正性も形無しで御座いますが 。

ーーーーーーーーーーーーー

言わずもがななれど、池坊保子氏は、法や論理だけでなく「感情に訴える」八角らの作戦に見事に乗せられた。「礼」と言うと聞こえは良いが、内容は八角が怒っているだけのことでしかない。それに共鳴し、増幅して代弁、というよりは喚き散らし何処ぞのおカミさんのように捲し立てている図だ。

コーユー単細胞のオナゴさんを高い地位に置くと、流石に馬脚を現すのも早いが、辞めて頂くまでに、日本社会に損害を与えるので困るのは、昨2017年に国民が散々経験させられたことだ。

怒髪天を突くところが共通だった豊田真由子「様」は事務所内のこと。奇妙な勝利の自信に満ちた「発揚感」ーーしたがって正気の眼からは気持ちが悪い。ーー が共通な松居一代さんは、更に小さい夫婦だけの話。公益法人を指導する地位には相応な人物を当てないと仮にモンゴル横綱達に非の打ち所が無くとも、相撲協会の信用と体面を損ない、延いては大相撲のイメージを害する。

それは稲田大臣によって自衛隊のイメージが「グーンと」下がりかけたことと共通する。

諸賢も書いて居られまする。

>>> 礼を失するだとか枝葉末節
>全く同感 どうしようもない 相撲脳

相撲を見る気がなくなった<

理屈の上では、力士とは別の話だけれども。それに池坊保子氏は、形相体型は似合うやも知れぬが、女斗美で土俵に上がっているわけではありませぬが。

ーーーーーーーーーーーー

さて貴乃花側からの反撃で御座いますが、実質的に「再選されても無条件恭順を誓約しないと評議員会で否決するぞ。」と池坊氏らに脅迫されているから、裁判は、理事としての再任が確定した後で御座いまするね。

貴乃花自身の相撲界改革のビジョンを週刊誌でなく、月刊の文春辺りに載せるのが良いと思うけれども、それも悪党+元高検検事長に悪用されるから、いくらまともな側からの待望論が強くなっても、やはり理事再任を待つべき。

大相撲問題 P2

>>> 感想、お粗末やなぁー
100% 同感

>>> 相撲協会の暴力体質への対応と力士派閥の形成に対する、 組織としての対応
ここが本質 > それをどうされるおつもりか 

>>> 礼を失するだとか枝葉末節
全く同感 どうしようもない 相撲脳

相撲を見る気がなくなった

大相撲問題

保子さんが、八角理事会にお追従。

感想、お粗末やなぁー。反吐が出る。

この人は、評議委員会という大相撲(相撲協会ではなく)の最高意思決定機関の長なんですよね。

であるならば、現相撲協会幹部の追従に終始する態度は、全く納得を得られない。

なぜか。

この人の決定報告に、大相撲へのあるべきビジョンが全く感じられない。

現相撲協会の運営が絶対是であり、これを追認することが使命と勘違いしている。
そうであるなら、評議委員会など無用の長物。即刻解散すべき。

今回の事件で、評議委員会が取り上げるべきことは、相撲協会の暴力体質への対応と力士派閥の形成に対する、
組織としての対応である。
この点に関して、貴乃花の行動がどう評価されるべきか、この視点にしかキモはないだろう。

礼を失するだとか枝葉末節は、まったく些末なこと。

こんなことを堂々と語って恥ずかしくないのか。厚顔無恥もいいところ。

社会の害悪といっても過言ではあるまい。

6チャンの昼のワイドショーのコメンテーター国際?弁護士。彼が言う事が、あるべき常識と感じた。

これを法曹家の意見と断じたスポーツライターに対し、相撲協会の意見を代弁しないと、気色ばんだが、小生、拍手喝さいの気持であった。

新春初笑い P2

>>> 「余のコックは坊やのより大きいし、きちんと作動するもんね。」

うん 面白い

新春初笑い

雪男生存発見おめでとう御座います。

さて初笑い。

トランプアメリカ合衆国大統領閣下曰く
「余のコックは坊やのより大きいし、きちんと作動するもんね。」

え、コックでなく核? 何それ?

寅金様 業務連絡 (アゲ用) ※ P2

生息確認。雪男発見。

筆坂氏 P2

喝采さんが、それほどに広い見方から一定の公平な評価をしようとされた上で見放したのなら、筆坂氏については、愚が見直すことは有りませぬなー。

党の方は、戦後左翼のパラダイスの概観の中では老舗の共産党は取り上げなかったので、筆坂ー不破論争を読んだついでに、もう少し調べようかとも思ったけれども、実の所不破反論文もマタ、なんか痴話喧嘩同然のフワフワ感の不和感しか漂って来なかったアルヨ。

ま、正月に取り上げるほどの値打ちは無さそうアル。

寅金様 業務連絡 (アゲ用) ※

原投稿者: webMaster 投稿日時: 月, 01/01/2018 - 17:13

>寅金様 業務連絡
…がありますので、

ページの左側のある アカウント情報 のリンクからメールアドレスの更新をお願い致します。<

※ 片付くまでスレトップにアゲるアル。済んだら知らせるヨロシ。

シェイしぇい

筆坂氏

どうもです。

小生も見ましたが、同感。どこがというと。

>もう一つ筆坂の文で注目したのは、「相撲愛」の無い者は発言するなと書いていること。
>要するに熱心なファンが決めればいいじゃないかという意味

これは、もうろく以外の何物でもないというか、もともとこういう偏狭・身勝手な人物だったのか。

セクハラで除名されたというので、善悪は別にして、多少は人間らしさを持ち合わせた共産党幹部の一人(何人いるかは知らぬが)かと思いきや。

小生、排除されたものについては、一度は再度評価し直してみたいと思うので、少しは注目していたが、彼については残念な結果に終わった。
最近の事案では、前原については、どうしようもない奴という評価以外に何もなしだが。

二年越し 左翼と相撲

おめでとうございます 今年もよろしくおねがいします

「寝正月」というのは誰が言い出したか知りませぬが、良い言葉で御座います。

で、それを徹底するなら、ネットのカキコも休むべきで御座いますが、例の人民裁判事件の時に、彼の国の某お魚さん(築地ではセノビという品名で売られている。)「論客」が愚言を耄碌した老人の戯言だから追い出せと書いた通りだとすれば、「寝言」のようなものだから、「寝正月」のルール違反にはならないでせう。

そもそも「無言の行」も、いろいろ邪魔して頂きながらも、強い意志で続けていることだし。

ただ、それにしても、何かの切っ掛けに出会わないと、長年の習慣から、松ノ内からものを書くことには抵抗が有りまする。(昔は日本人の嗜みか習俗として二日に賀状を書いたもの。)

しかし、不幸なことに切っ掛けが有った。

それは、筆坂秀世が、正月早々貴乃花を非難したこと。表題に曰く

●暴力はいけないが、貴乃花も子供じみていないか
相撲ファンとしてはいい加減にしてほしい内輪もめ
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51997

内容は未だ60代なのに、某お魚さんが愚を表した言葉を借りれば、耄碌老人の戯言に近いけれども、ただ恐らくは旧コミンテルンの縁で、モンゴル力士に対して親近感があることが想像される。モンゴルとの友好感覚自体は、悪いことではないのだけれども。

それにしても筆坂が、妙なことを書くものだと訝って、近況をネト繰ったら、知る人はとうにご承知だったのだろうけれども、彼の共産党批判書に対する不破の反論に出会いました。

● 筆坂秀世氏の本を読んで
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-04-19/2006041925_01_0.html

2006年だからもう一回り前の話だけれども、共産党最後の大事件(人事抗争)だから、全文読みました。

偶然だけれども、昨秋「戦後左翼のパラダイス」と「相撲リンチ傷害」と取り上げて居たのが、奇妙な形で繋がってしまった。
ーーーーーーーーーーーーー
もう一つ筆坂の文で注目したのは、「相撲愛」の無い者は発言するなと書いていること。要するに熱心なファンが決めればいいじゃないかという意味だから、どうせ誰からも見放された者の戯言ならばドーデモ良いけれども、今相撲問題で出てきたところを見ると、共産党幹部からの貴重な転向者(除名による。)として利用価値を認める者が一定数居るのであろうから、捨て置けぬ。

寅金様 業務連絡

…がありますので、

ページの左側のある アカウント情報 のリンクからメールアドレスの更新をお願い致します。

ガーンバロオー

何はともあれ、書き込みを続けられているのは、幸いなことです。

齢を取るにつれ、ボケが恐くなっていくようです。

ボケ防止の一つが、コミュニーケーションをとることだそうです。

教養人、知識人のボケ程悲惨なものはないように思います。

長生きの危険というのは、若い頃から意識してきましたが、
身に降りかかる年齢になると、リアル感があります。

ましてや、身内でその推移をつぶさに見ていると。

ガーンバロオー(労組の面々の前で、そう歌った管理職。魅力的な人だったが、早死にした)。

大晦日

おせちというほどではなけれども、何か正月らしい料理をしている誤留婦の相手をしながら紅白の加藤大先生を拝見し、誤留婦が引き取ってから音楽の方に切り替えたら、新演出という蝶々さんのサワリを観られました。

元の明治を昭和初期という時代設定に変えたというので、愚が生まれるよりは相当に前だけれども、多少は現実感が有りました。襖か屏風か間仕切りには、当時でもかなり貧しい方だったと思われるのだけれども、古新聞が貼ってある。

所が良く見るとその一枚にB29が爆撃したという記事が載っていた。小道具が間違えたのか。

演出家の説明だと、自分の実感した貧しい日本人の富めるアメリカへの憧れを基本にしているというから、世代的には敗戦後で、すると蝶々さんは「オンリーさん」。それを少しボヤかして昭和初期ということにした辺りが真実か。。

「虚実皮膜論」の見方をすると、黒澤明の「生きる」のような雰囲気で、オペラの演出としてはあまりにもリアル過ぎるように見えまする。しかし、そういえば「生きる」もスタンフォードの特別映写会で観たのだったけれども、サンフランシスコのオペラ座で観た「はしけ」(プッチーニ。ソプラノはアフリカ系のレオンタイン・プライスがはまり役だった。)が、このような非常にリアルな演出だったことを思い出して、一つの感銘を受けました。

おやニコライ・ゲッダが歌ってる。この人もサンフランシスコで観たのだったかな。

あ、今年死んだのか。1925生まれだというから、愚が聴いた頃は40代の新進だった。人気は出始めていた。合掌

ーーーーーーーーーーーーーー

松田聖子ちゃん国際的に活躍しているんだなー。顔はヒアルロン酸コラーゲンかシリコンか添加物があるらし。

ーーーーーーーーーーーーーー

今年はお世話になりました。良いお年を。

クジラ P4 山梨

お晩なりました

彼の国の大統領閣下は、やはり信玄公の家臣か領民の裔だったので御座いますか。急に怒り出された時には、若しかしたらとは思いましたが。

其の時の印象的な言葉は、「会社の上司に向かってそのようなことが言えるか」というもので御座いました。「殴られるぞ」という意味の言葉が続いていた。

愚は大統領閣下に対しては、恐らく多くの人が愚の平素のネット上でのむしろ「慇懃な」振る舞いを承知して居られる通り、十分以上に敬意を持ってお付き合いして居たつもりですが、だからと言って掲示板の議論やジョークで上位者だから特段遠慮するべきものだという意識は有りませんでした。しかし閣下の態度には、参加者か少なくとも愚を部下並みに見做す所が出たわけです。

となると、駒音掲示板のオーナーの晩期や、その時の管理人と同じレベルに下がってしまいます。

この辺にも、当時の閣下には、何かが起こっていたのではないかと思う理由が有ります。

※ 駒音のオーナー氏には、掲示板の先覚的提供者としてとプロ棋士としての一定の敬意は、再晩期に管理(人)問題で致命的に馬脚を現わされる迄は保っていた。

山梨出身

小生、特に今の隣接将棋掲示板について、あれこれ言うつもりも、あれこれイメージづけるつもりも、全くありません。
読者として、楽しませていただいておるので。こう書いて、弁解のつもりもありませんが。

シーシェパードが鳴りを潜めた。犯罪的にかなり痛めつけられていたと報じられていた太地町が、少しは安全になったか、よかったなぁーと、
そういうことが発端で、派生的にかく語る事になった訳です。

ただ、現在こういう展開になって、やはり、小生の中で、当時のオーナーのこの件での裁きは、正直なところ第3者として不快感を持ったのも事実。

で、つらつら、当時の小生の認識事を思い出し始めたわけです。新たに思い出したのは以下。

オーナー氏が山梨県人であると書かれたのは、かなり経ってからでした。

で、あーそーか。当時の連盟会長と同郷かと。それで、アンチ連盟会長を批判する投稿者を快く思っていなかったのか。
その反感の頂点が、フマン氏の事件で爆発したのかなと。そう云う見方もしていました。
この推測に基づくと、同氏の批判者発言に対する「お言葉」に漂う臭いも理解しやすくなるかと思料しましたが。あくまで想像の域を出ないです。

だんだん、記憶がよみがえってきました。

クジラ P3

モーニング

右指だけで扱えるlPADなれど、コピペが上手く行きませぬ故、愚見を箇条書きで記しまする。

先ず主旨から。

⒈ 彼の国の大統領閣下のご機嫌を損じた「真因」は「心因」性だと思いまする。

⒉ 其れと愚の追放の「口実」は異なる。

⒊ 当時はごく近い身内が、国政選挙等に深く関わっていたため、政権側からの脅迫通りに身元が晒されないように、、只管「土下座」同然に謝罪懇願して鎮静化を図るほかなかった。

⒋ そのことさえ除けば、愚自身にとっては、さしたる損失ではなくてーー実質的には「花見刧」ーー然るべき機会が有れば、ネット病理の症例の一つとして扱うに値するやも知れぬ面白い経験だった。

⒌ このような評価は当初から変わらないが、何処までホンネを 喋れるかは、相手も有ることだし、今でも加減が難しい。

⒍ 寅○さんや紫外線さんを筆頭に、流石に高い知性を映した良識的な取りなしマタは弁護をし、マタは見解を示して下さった方々には今でも感謝しております。

ーーーーーーーーーーーーー

それで、恐らく各論として、何らかの面白さが有るとすれば、

(ア) 何よりも⒈と⒉の具体的な説明で御座いませう。

(イ) もう一つは、上の主旨には入れてありませぬが、彼の国の住民の反応を通じて、愚が其々の論客や常連投稿者をどう評価したか、マタ其れを総合して彼の国をどう評価したかで御座いませう。

この内で(イ)の後半については、既に上述の主旨の中に反映されているやも知れませぬ。

何れにせよ、⒌の配慮は今でもすべきだから、(ア)を述べるにしても、現大統領閣下が御存命の内は限界が有りまする。

しかし、今日は2013暮に事件が起こってから満4年経った大晦日、多少なりとも語りませう。

ーーーーーーーーーーーーー

⒉ について

大統領閣下が表向き問題にされたのは何だったか?

伊ーーーイルカ食と武田信玄を関連付けたことで山梨県人を揶揄した。これは同県人から侮辱として訴えられる怖れが有るという。

呂ーーーアサド政権の人権抑圧批判が、彼の国としては好ましくない。

愚は、伊はジョークで、呂は本心だったから、「ヘイトスピーチ」という言葉が出て来た時は、最初は後者のことかと思った。より本質的な⒈が背景にあるから、今も閣下の論旨については正確に認識していませぬ。其れは照ノ富士が先にヤられたかよりも小さな、貴乃花が最初に協会に伝えるべきだったかどうかという程度の、瑣末でしかありませぬ。ただ本格的な訴訟になればソーユー瑣末も一々争う必要がある。

⒈について

愚が書いた程度のことでも、炎上や訴訟を危惧し、しかも其れが閣下の職業的な立場と社会的信用を危殆に瀕せしめうると感じた可能性が皆無だったとまでは分からぬ。しかしその無上の敏感さは「心因的」とまでは行かずとも、「優れて主観的」なものだったろうと考えている。

もし誰が見ても「客観的」だったのであれば、其の対処の仕方の妥当性の問題のみに争点が移るが、そうではなかったことは経過が示している。「主観的」だったとしても、そう信じるに至った当時の閣下の、職業的な状況等ーー「心因」にも繋がり得るーーで理解出来るこも有るやも知れぬ。

今でも覚えている言葉の一つは、温帯低気圧さん(愚が敢えて古い温帯性と書き換えて呼んでいたのはこの人のネット小説の優れた変態性の連想から。)が、「イッパイイッパイになっているのに」ーー普段の○ッパイ○ッパイでないーーと表現されたことで御座います。愚は知性ある者同士が楽しく遊んでいるつもりだった。

で、「イッパイイッパイ」だったとすれば、喝采さんが「複雑性」を持ち出された時に、其の意味なら数学的にはむしろ最初だと言った「カタストロフィ」が起こったことになります。

これは何らかの閾値の限界を超えるストレス(外圧に由来する内部の歪み)が掛かって居ても、暫くは耐えられるが、そこにほんの僅かな余分な揺らぎのような微小な力が加わったときに急に大きく変化するーー大抵は言葉通りの破局だけれども正常で有名なのは心筋の動作†ーー現象です。

喜久翁顔負けに、日頃は惚けたフリをして居られるが、非常に鋭い温帯さんの見立てが正しければ、一見決定的に見えた理由も、屢々後付けに過ぎぬものやも知れませぬ。

だとすれば、其の前の数日マタは数週間マタは数年間の議論に主因が有るわけで御座います。

次稿では事件直前の数日間の議論を回顧すべき。

ーーーーーー

† カタストロフィ理論の提唱者は、以前も書いたやも知れぬが、心理的な例として(古風な)オナゴさんが口説き落とされてベッドに行く刹那を取り上げた。それで愚はバカバカしくなって深く学ぼうとしなかったけれども、幸いだったやも知れぬ。数学(解析学)的には元々かなり難しかったという人と、コロンブスの卵だという人といたものだ。

創唱者が日本の数学者だったら、古風な刑事が犯人を落とす瞬間を例題にしたことだろう。

※ (蛇足) 池坊保子オバさんが逆上気味なのもカタストロフィに見えまする。散々悪口を注入されているところへ、今度のことが加わった。日馬富士の傷害もそれやも知れぬ。

白鵬は仕掛け人、尾車、八角は待ってました。

※※ 運動不足は否めませぬが、声楽を続けているのが、呼吸による健康法と似ている面があるやも知れぬ。

喝采さんは、そういうことが有ったので御座いましたか。是非、災いを転じて福と為されませ。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。