2013年 選手権 アピール文章

...毎年恒例、皆様お待ちかね(?...そんな奇特な人、イナイイナイ)のアピール文章デス。

去年の無明3のアピール文章
http://www.tokinclub.com/dp/node/1366

①探索アルゴリズム - 引き続き 「並列乱数使用最良優先ミニマックス」(Parallel Randomized Best First MiniMax Search) です。 アルファ・ベータを使用していません。

参考論文

http://www.tokinclub.com/dp/files/Korf%20-%20Best_first_minimax_search.p...
http://www.tokinclub.com/dp/files/Parallel%20randomized%20best-first%20m...

②評価関数 - 引き続き ボナンザ6 の評価関数(fv.binを含む)の部分だけを移植して使用します。

③詰め将棋探索はDF-PN…去年と同じです。

今年の改良・増築部分は、

④ハッシュテーブルを導入 - 探索深度ではなくノード訪問回数を敷居値に使用。

⑤ノード選択ルールを変更 - 「最良優先」部分にバイアスを掛けてあります。ランダムで選択する部分は確率を緩和して選択肢を広げました。

⑥並列探索部分を再構築。

⑦最善手選択ルールの変更 - 「探索終了時に評価値が一番高い手 = 選択手」とは限りません。 探索途中の履歴を加味して選択手を決定します。

⑧探索時間の管理 - 相手の消費時間も考慮して探索時間を調整します。

投稿者: webMaster 投稿日時: 土, 02/16/2013 - 01:16 categories [ ]