第70期 名人戦 第5局 森内俊之名人 - 羽生善治二冠  京都府京都市「ウェスティン都ホテル京都」

投稿者: webMaster 投稿日時: 火, 05/29/2012 - 11:42 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

関西関西

金曜 関西将棋会館行ってきました。
70名くらいでしょうか。4Fにある席はほぼ一杯でした。
第1局より多かったです。週末と2勝2敗解説が久保九段と豊島七段
ということもあるのでしょうか。両者は1年半前の王将戦での関西対決でした。
女性は10名行かないぐらいで1局目よりは多いでしょうか。
マジカルXXさんはカウントしたい人はカウントしてください。お任せいたします。

トーンは静かですが、やはり豊島七段は手が見えております。
これはどうでしょうねといいながらすらすら手順を示しやはり手が見えてます。
以前山崎さんが控えで普段静かな豊島七段が口出しをすると重みがあるといってましたがそれがわかるような気がします。

久保九段も横歩なので専門外ですが終盤の変化はやはりTopクラスですらすら未知の局面でも手順を示してました。
やはり2名で実力者が行うと変化手順をしっかりと示していただけます。
ただトーンが少し低いのでもう少しメリハリがあればもっとよかったかも知れません。

この両者ですのでいろいろ複雑な変化のやり取りをしてましたが、すべての会場は満足いく結果だっとのかと少し不安に思います。
横歩はわからないので序盤の解説はまったくなかっりとかある会場の関係者のTwitterであったようですが、
全国でやっていただくのはいいことですが改善の余地があるように感じます。

なお現地は600名以上とのことのようでよく見れなかったと思うので行かなくてよかったです。
この数はすごいことですが、やはり場所取りとかあって後からだと盤面が見えない後ろで迷った末関西将棋会館に行きましたが
正解でした。現地の解説で記録的な人数で喜んでなくて運営面での改善お願いしたいですね。
・大型プロジェクターで後からの人にも配慮する。または真ん中や後ろにもプロジェクターなどで舞台の盤面を見れる工夫がほしい。
・場所取りをなくす。
・一部事前指定にする。
・難しいでしょうが多くなれば別会場で別々に行う。(もちろんホテルの会場の問題もあるので簡単に行かないのはわかりますが)
今回は行きたかったですが、多くなりそうでパスしましたが、何かいい方法ないでしょうかね。
もちろんにぎわうのはいいことなのですが複雑です。

また会場によっては土曜の午後で10名ほどのところもあったようで告知をもっと早くからするなど改善の余地ありそうです。
で第6局は小林健二先生と矢倉先生です。小林先生は結構わかりやすく矢倉先生も前回解説の際、中々よかったので楽しみです。

第7局はまだ未定とのことですが誰になるのでしょうか。
棋聖戦はまだ告知ないですが第3局くらいからに何そうですね。そしてまた関西は1人で。。

せっかく

京都まで行ったのに・・・(涙)
終盤で、▲41飛に△35玉でしたが、△43桂で「寄る?」という解説がありました。
どうなんでしょう?

今回は

コメントがやや(本音:かなり)低調で、細かいことがわかりません。
料金を払っているので、もっとサービス精神を(以下略。スビバセン。ブが偉そうです!)

応援,棋譜提供お疲れ様でした

後手負けは仕方ありません。羽生敗着のところで、あべこべに勝着が有ったと語られている気配も有りますが、ホントですか?

朝日新聞解説会

今日行ってきた。無料である。ちなみに毎日新聞の解説会は1000円、将棋連盟の解説会は2000円(学生、障害者、女性は1500円)

解説者は、飯塚七段と井道女流初段。3年ぐらい前の朝日の解説会は、100人以上いたが、今度は70~80人。ニコニコの影響あったのかもしれない。見た限り、女性の方は4人いた。

中盤から森内名人が有利に見えた。ずっと森内さんがリードしているように思えた。森内ー羽生戦になると、どうして先手がゆうりになるのかわからない。先日の渡辺ー藤井の王位戦挑戦者決定戦では後手の藤井戦がかった。

第6局は羽生さんが勝つだろう。第7局はどうなるかわからない。

森内さんあと1勝に

棋戦:第70期七番勝負第5局
先手:森内 俊之名人
後手:羽生 善治二冠

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 △3三角 ▲5八玉 △2二銀 ▲3八金 △4一玉 ▲3六飛 △8四飛 ▲8七歩 △2四飛 ▲2八銀 △5一金 ▲7五歩 △8四飛 ▲8六飛 △8五歩 ▲5六飛 △6二銀 ▲3六歩 △5四歩 ▲3五歩 △4二角 ▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀 △6四銀 ▲4五銀 △5五歩 ▲2六飛 △2三歩 ▲3七桂 △5二金
*※「以前指したことのある将棋です。前例の△3一玉ではあまりよくないということで△5二金を選びました」(羽生)

▲3四歩
*※代えて▲6八銀には△7五銀▲5五角△8六歩▲同歩△同銀▲7七桂が一例で、これからの将棋。

△5三金 ▲6八銀 △4四歩 ▲3六銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛 ▲3五銀 △4三金上 ▲7七銀 △3二玉 ▲6六銀 △5四金直 ▲3六飛 △3三歩
*※▲3三同歩成△同銀▲3四歩△2四銀▲同銀△同歩▲2五歩△4五銀打▲同桂△同金▲2六飛△3五金▲2九飛△2五歩は形勢不明の将棋になる。

▲4八金 △3四歩 ▲同 銀 △同 金 ▲同 飛 △3三銀 ▲3六飛 △3四歩 ▲2六飛 △4五歩 ▲7七角 △4四金 ▲6九玉 △1四歩 ▲1六歩
*※「現局面はこちらにとってプラスになる手が見当たりません。△9四歩はわずかに得かもしれませんが、(▲5八金や▲7九玉と)この端歩との交換は指しにくいです」(羽生)

△3五歩
*※代えて△2四銀▲5八金△3五銀の筋には、▲2九飛△2四歩▲9六歩△9四歩▲3六歩△同銀▲4六歩△同歩▲4五歩△5四金▲4四金となって「いやー……これはこちらがだめですね」と羽生。

▲4六歩 △3六歩 ▲4五桂 △3七銀 ▲3三桂成 △同 角 ▲3四歩 △2六銀成 ▲3三歩成 △同 玉 ▲7一角 △2九飛 ▲3九歩 △同飛成 ▲4九金打 △1九龍 ▲8二角成 △3七歩成 ▲7一馬 △4八と▲3九歩 △4九と ▲4四馬 △同 玉 ▲4一飛 △3五玉 ▲4五飛成 △2四玉 ▲3四金 △1三玉 ▲2四歩 △同 歩 ▲4三龍 △3三歩 ▲3二龍
まで115手で先手の勝ち

難解と言われていましたが、少しずつ先手がよかったとかかも。
次は羽生さんの先手番です。

終盤(102~115完)

△4九と▲4四馬△同 玉▲4一飛△3五玉▲4五飛成△2四玉▲3四玉△1三玉▲2四歩△同 歩▲4三龍△3三歩▲3二龍
まで先手の勝ち

夕休後(88~101)

△2六銀成▲3三歩成△同 玉▲7一角△2九飛

やはり飛車を取るほうに進んでいました。

▲3九歩△同飛成▲4九金打△1九龍

ここで後手玉が寄るかどうか、とのことです。

▲8二角成

思っていた手とは違いました。(大玄人談)

△3七歩成▲7一馬△4八と▲3九歩

いかん。召集がかかった!!1!!

む(80~87)

△3五歩

変な手が出ました。
変な手:大玄人のカン。

▲4六歩△3六歩

スビバセン。変な手ではないみたいです。
しかし、▲4六歩△同歩ならその後先手が指しやすい、だったようです。羽生さんは前の手を継承する△3六歩でした。

▲4五桂△3七銀▲3三桂成△同 角

まだ形勢不明のようだ。

▲3四歩

ここで休憩に入っています。
角を逃げるのは悪そうで、飛車を取り、▲3三歩成に同玉から入玉模様に進めるほうがよさそうに書かれています。

また後で来ますが、7時半ごろかも。

おやつ(66~79)

△3四歩 ▲同 銀 △同 金 ▲同 飛 △3三銀 ▲3六飛 △3四歩▲2六飛

おやつは両者フルーツ盛り合わせでした。
ブも対抗上野菜ジュースを飲む!(打倒貧血!1!!11)

△4五歩▲7七角△4四金

森内さんが考え中です。

▲6九玉△1四歩▲1六歩

森内さんの▲6九玉が早めに戦場となりそうなところから玉を避けた、森内さんらしい手だそうです。
羽生さん考え中。

また一手だけ(65)

▲4八金

進みました。この手は誰も予想していなかったようです。

一手だけ(64)

△3三歩

進んでいました。後手は壁銀の解消に向かいます。

昼食は

ビーフカレーvsうな重&ダージリンです。
最近わたしの美食伝道活動を妨害するひとがいないので、仕事はやりやすい。

昼休前(55~63)

▲8七歩 △8二飛 ▲3五銀 △4三金上 ▲7七銀 △3二玉 ▲6六銀 △5四金直 ▲3六飛

難しくて大玄人(ウソヲツケー)にもわからん。
先手は攻撃的な駒の配置で、対する後手ですが形がかなりよくなった(っちゅうこたあ、最初かなりひどかったのかも)とのことです。
この局面で昼休になりそうです。

ゆっくり(49~54)

▲6八銀

局面がゆっくり、そりゃいいんですが、指し手もゆっくりです。(涙)

△4四歩▲3六銀△8六歩▲同 歩△同 飛

△5三金

...は5番目位でした。未だ勉強中なので修行してきます。

勝因

ボクのはどうやらいい結界だ!
なお、無のつくやつにはやられなかったが、Mのつくやつに結界を破られている。結界を強化だ!!!

扇子はもらった(48)

△5三金

ゆっくりした将棋になりそうとのことです。

またしても・・・

何かに邪魔されて、、:!書・・き・込*め<<な・い、{?
ブ”$ラ氏+#よ、封じては△*○?@*だ、、、

封じ手予想 M4

{[P2:ka (4,2)-(5,3) ..]: -1009}
{[P2:fu (8,5)-(8,6) ..]: -1002}

うーむ

候補手が3個書かれている。
△5三金:阿部さん
△5三角:井上さん
△7四歩:山崎さん
なお、稲葉さんは最初△5三金でしたが、「無難なのは△5三金だが、△7四歩を指そうとしてここまで進めてきたのかも」説を出していました。

むつかしなあ。

指し掛けに

封じ手がすんだようです。
有力手は△5三金みたいです。
さあ、結界を張ろう。
dがつく人間や無のつくソフ(略)

僕の前に(47)

▲3四歩

道はある。僕の後ろに木は生えない。
あ、間違えました。

未知の局面に進んでいます。

※証拠隠滅!1!!!1!!!

新手(45~46)

▲3七桂△5二金

やはり後手の羽生さんが△5二金、新手だそうです。
とは言え、これは考えられる手のようで、現地の稲葉さん(横歩取りの著書があるそうです)が予想した手です。

ここまで(38~44)

△5三銀 ▲4六銀 △6四銀 ▲4五銀 △5五歩 ▲2六飛 △2三歩

羽生さんが竜王戦で渡辺さんに負けて以降あまり指されなくなった将棋に進んでいるのだそうです。
羽生さんから新手が出るような感じです。
この名人戦ではすべて後手側から新手が、となっているようです。

昼休に

そのまま突入していました。

なお、ちらし寿司vsビーフカレー&コーヒーです。
京都なのでちらし寿司が勝ち、一見そう見えますが、わたいのような聡明な人間でさえ三条のカレー屋さんで食べたことがあります。

今(23~37)

▲8七歩 △2四飛 ▲2八銀 △5一金 ▲7五歩 △8四飛 ▲8六飛 △8五歩 ▲5六飛 △6二銀 ▲3六歩 △5四歩▲3五歩△4二角

去年の第5局と同じです。
こいつです。
http://www.tokinclub.com/dp/node/1118#comment-23410

▲3七銀

ここでかわりました。

第70期 名人戦 第5局 森内俊之名人 - 羽生善治二冠

横歩取り(1~22)

棋戦:第70期七番勝負第5局
先手:森内 俊之名人
後手:羽生 善治二冠

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 △3三角 ▲5八玉 △2二銀 ▲3八金

ここで羽生さんが考え中のようです。

△4一玉▲3六飛△8四飛

今度は森内さんが考慮中みたいです。

戦形

羽生さんが二手目△8四歩に飽きた、というより他のを指したがったようです。二手目△3四歩です。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。