第70期 名人戦 第3局 森内俊之名人 - 羽生善治二冠 福島県いわき市「スパリゾートハワイアンズ」

投稿者: webMaster 投稿日時: 火, 05/08/2012 - 06:03 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

いかん

扇子の連絡が途絶えている。
縁起が悪い。
縁起の悪いひとびとが変な投稿をする、これが原因だ。
特に「だいなまいとかんさいかんさい」、これは一番の悪だ!(100%)

単に後手が負けた?

皆様お疲れ様

そんなに

そんなに長い言葉を色紙に書くのは大変だから、
「ア」の一文字書きでいいです。
それが、ブラ氏の生き様を最もよく表していると思います。
(この心遣いは、貸し:201に相当する。)

心配すな

そのうち20本ほど届けてあげます。
ありがたいブ直筆の色紙もつけてあげます。
ああ、親切で慈悲深いブ!(うっとり)

なお、色紙の字ですが
「僕の前には道はある
僕の後ろに木は生えない」
です。(貸し200)

そういえば

ブラ氏からの扇子がまだ届いてないなぁ~
これまでの積もりに積もった貸しを考えると、少なくとも10本くらいは贈られてくるはずなのだが、、、

終局時刻の件、いい線行ったと自分では思っていたが、アンニャマ通いの人にはそう思われていないようだ。

予想の精度を上げねば。
次回も二日目、おやつの頃予想を披露しよう。

大熱戦

途中大差で先手が良いのかと思いましたが、先手にそれほど緩手があったわけでもなさそうなので、やはりバランスがとれていたのでしょうか?
ただし、終始先手がリードを保っていた気はしますが、、、

最後に、ブの終局予想(20:40)は大外れでした。

森内さん二勝目

棋戦:第70期七番勝負第3局
先手:森内 俊之名人
後手:羽生 善治二冠

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金 ▲7八金 △4一玉 ▲6九玉 △7四歩 ▲6七金右 △5三銀右 ▲2六歩 △8五歩 ▲7七銀 △5五歩 ▲同 歩 △同 角 ▲7九角 △7三角 ▲4六角 △6四銀 ▲7五歩 △8四飛 ▲7四歩 △同 飛 ▲5六歩 △3一玉 ▲2五歩 △5一金 ▲7六歩 △3三銀 ▲6五歩 △同 銀 ▲7三角成 △同 桂 ▲8二角 △8六歩 ▲同 歩 △8八歩 ▲同 金
*※この局面で△8五歩が詳しく検討された。一時は後手有望と見られたが、最終的には▲9一角成△8六歩▲7五香△5四飛に▲5五歩が好手。以下△同飛▲7三馬に△5八角▲6八玉△6七角成▲同玉△5六銀▲5八玉△5七歩▲4九玉△6五飛▲6六歩△4五飛▲4六歩と進められて「足りない感じですね」と羽生。
*それでも本局では△8五歩の変化がもっとも難解で、本譜の△4九角と打ってからは後手にチャンスはなかったようだ。
△4九角 ▲6八歩 △2二玉 ▲9一角成 △4二金上 ▲5八香 △7六銀 ▲同 金 △同 飛 ▲同 銀 △8七歩 ▲同 金 △2七金 ▲同 飛 △同角成 ▲3九金 △7七歩 ▲7九歩 △2六飛 ▲7三馬 △2八馬
*※控室で推奨されていた▲8四馬は有力だった。以下△3九馬▲同銀△2九飛成▲7一飛△4五桂▲7七金△5七歩▲7八玉△3九竜▲2四歩と進められて「そうか、これは駄目ですね。しかし本譜でも駄目だと思いました」と羽生。
▲同 金 △同飛成 ▲5九銀打 △5七歩 ▲同 香 △1九龍 ▲7一飛 △2九龍 ▲7七金 △4九金 ▲7八玉 △5九金 ▲同 銀 △同 龍 ▲2四歩 △同 歩 ▲2三歩 △同 金 ▲3一金 △4一香 ▲同 金 △同 金 ▲同飛成 △3一金 ▲5二龍 △3二銀 ▲8四馬 △4五桂 ▲4六香 △5一歩 ▲9二龍 △5七桂成▲4三香成 △4二歩 ▲3三成香 △同 金 ▲2三歩 △同 玉 ▲1五桂 △1二玉 ▲2三歩 △同 銀 ▲2二歩 △同 玉 ▲5一馬 △4一香 ▲7五角 △6四銀 ▲9三角成
*※ここで△7三香には▲8七玉△9五歩▲8五歩。
*「これはまずいですね」(羽生)
△7五歩 ▲8五銀 △5六成桂 ▲5二銀 △7六香 ▲8七玉 △9五歩 ▲7六銀 △同 歩 ▲同 玉 △8四歩 ▲同馬左 △7三銀打 ▲8五玉 △8四銀 ▲同 玉 △4八角 ▲8三玉 △6六成桂 ▲4一馬 △3二金引 ▲8一龍 △4一金 ▲同銀不成 △7七成桂 ▲4四金 △5一歩 ▲3二銀成 △同 銀 ▲2三歩 △同 銀 ▲3一銀 △同 玉 ▲2三桂不成△3二玉 ▲3一金 △2二玉 ▲2一金 △同 玉 ▲2二歩
まで157手で先手の勝ち

夕休前に終わる可能性もある、その将棋がこんなに遅くまで続きました。

すこし(116~157完)

△6四銀▲9三角成

ふたりとも10分を切っています。
後手が逆転するのにはあとひと押しが足りないのではとのことですが。

△7五歩▲8五銀△5六成桂▲5二銀△7六香▲8七玉△9五歩▲7六銀△同 歩▲同 玉△8四歩▲同馬左△7三銀打▲8五玉△8四銀▲同 玉

乳玉のようだ。

△4八角▲8三玉△6六成桂▲4一馬△3二金引

ふたりとも一分将棋です。

▲8一龍△4一金▲同銀不成△7七成桂▲4四金△5一歩▲3二銀成△同 銀▲2三歩△同 銀▲3一銀△同 玉▲2三桂不成△3二玉▲3一金△2二玉▲2一金△同 玉▲2二歩
まで先手の勝ち

長い詰め将棋だったようです。この後、8三の玉まで協力し、後手玉が詰むのだそうです。
※ありゃ。途中そう書かれていたが消してやがったわい!1!!

その後(87~115)

▲3一金 △4一香 ▲同 金 △同 金 ▲同飛成 △3一金 ▲5二龍 △3二銀

今日のは羽生さんが、この前の森内さんや、欠席裁判になりますが久保さんのような粘りを見せているようだ。

▲8四馬△4五桂▲4六香△5一歩▲9二龍△5七桂成▲4三香成△4二歩▲3三成香△同 金▲2三歩△同 玉▲1五桂△1二玉▲2三歩△同 銀▲2二歩△同 玉▲5一馬△4一香▲7五角

やや怪しい雰囲気が出てきたのだそうです。
ここだ、と羽生さんが時間を使います。
残りは森内さんが9分、羽生さんは30分ほどあると思います。

攻めに転じる(83~86)

▲2四歩△同 歩▲2三歩△同 金

いきなりですが、先手が勝ち、終局近そう、のようです。でもまた後で来ます。

と書いたら(74~82)

△1九龍

進んだ。どうやらブにまじない能力が芽生え(略)

▲7一飛

この手は△7一香打ちを防ぐ攻防の好手だそうです。
ずっと先手優勢の評価で来ているように思います。

△2九龍▲7七金

先手は目障りな歩を取り払いました。後手に有効な手があるのか、のようだ。

△4九金▲7八玉△5九金▲同 銀△同 龍

考え中

進みません。

わかりません(72~73)

△5七歩▲同 香

でも感触で言うと、夕休後までいきそうです。
では、くじ運&女運抜群のブが予想します。終局は20:40です。

まだまだですか?

本日の関西将棋会館は福崎九段と斎藤新四段なのでぜひ行きたいですが、形勢は先手よしのようですが
決着まだまだでしょうか。
福崎先生の漫談も聞きたいのでぜひ粘ってほしいです。
ところで次の次の
第5局は関西将棋会館はお留守番で久保九段、豊島七段と豪華。
現地は山崎さん、阿部隆さんが新聞解説で室田さんの登場のようで。
あと立会いの桐山さんとBSは2名の予定のはずで第5局はどっちか迷うほど豪華です。
本日行けば福崎漫談と斎藤新四段のさわやか解説振りレポートです。

やはり先手良し?

後手も桂香を拾えるが、それでも先手の角得。
ただ、龍を作って、桂香を入手すれば、後手の攻めが切れることはなさそうです。

したがって、先手の角得VS後手の堅陣の戦いですが、個人的には、先手の駒得が大きいと見ます。

昼休後(64~71)

△7七歩▲7九歩

ここで△2六飛という露骨な手が「もしかすると」的な感じです。うるさい手かも、という意見が出ています。

△2六飛▲7三馬△2八馬

ここで▲8四馬が遠く3九まで届く好手、ということでしたが

▲同 金△同飛成▲5九銀打

普通に見れば、今の瞬間先手は角・桂・香得です。

めしは

松花堂弁当vs海鮮丼です。
どちらもおいしそうです!1!!!1!

陣中見舞い

後手負け?

お昼の食べ物は?

昼休

でも終局が早そうだと言われています。

後手敗勢?

現局面は、先手の銀香得。
後手に勝ち目があるとは思えないが、、、

よくなる(53~63)

▲5八香

イメージがない、後手どうするのか、とのことです。このままだと角損に進んでいきます。

△7六銀 ▲同 金 △同 飛 ▲同 銀 △8七歩

この進行は先手よしとのことです。

▲同 金△2七金▲同 飛△同角成▲3九金

最後の▲3九金で後手に攻めの手段がなくなったのでは、という感じで書かれています。

扇子はもらった(47~52)

▲同 金

30本もろたら皆さんに分けます。(30%)
着払い!(100%)

△4九角▲6八歩

後手が攻めきれなさそうな局面だそうです。
羽生さんの構想が注目されています。

△2二玉

この手は意外な、というかこの手順が意外なようです。
手としては、角を切った後の王手なんじゃら取りを避けていたりする手のようです。

▲9一角成△4二金上

ここで(46)

△8八歩

封じ手になりそうです。
そしてここは、▲8八同金しかなさそうです。
そうなってくると、徳のあるブが扇子を二・三十本当てるのはほぼ確定で、(略)

ではまた後ほど。

後手(45)

▲同 歩

何も手がなければ先手がよくなる局面だそうです。
羽生さんが成算あっての進行だとは思うのですが、それにしては。今、1時間以上の長考中です。

乱戦へ

確かに、△3三銀は図々しい手ですね。
自分だけ5筋の歩を交換して、角を2手で7三まで移動させ、先手には2筋の歩を交換させないんですから、先手が怒るのも無理ないでしょう。
△4二金上とされると後手玉が安定するので、先手はここで動くしかありませんね。

▲8二角で部分的には、馬作りを防げませんが、先手玉も入城していないうえに、飛車の横利きがないので、かなり怖いですね。

斬り合いに(38~44)

△3三銀 ▲6五歩 △同 銀 ▲7三角成 △同 桂▲8二角△8六歩

進んでいきそうです。羽生さんの△3三銀が切り合いへの誘いの手のような感じです。

考え中

わたいがさぼっていた訳ではありません。
羽生さんが考え中です。

スビバセン

先ほどの▲7五歩はそんなに古い手ではないようです。
どーもスビバセン。

なお、現局面はこれと同じだそうです。
(棋譜でーたべーす様、いつもお世話に、...)
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=73212&teka...

昼休(30~37)

△8四飛 ▲7四歩 △同 飛 ▲5六歩 △3一玉 ▲2五歩 △5一金 ▲7六歩

今日のは棋譜コメントが難解でわたいのは正しいのか怪しいですが、▲7五歩は古い手だとしてもその後は古い将棋ではないようです。△5一金で竜王戦⑥と同じになっていて(その将棋を入れて前例3局)、羽生さんはそこで▲2四歩としましたが短手数で負け。その将棋以降の2局は▲7九玉と▲7六歩だったのだそうです。
森内さんは▲7六歩としました。
その局面で昼休です。

別件ですが、学術的だったわい!1!!

第70期 名人戦 第3局 森内俊之名人 - 羽生善治二冠

どよめきが(26~29)

△7三角▲4六角△6四銀▲7五歩

最後の▲7五歩は実戦では久しぶりの仕掛けだそうです。指したい手があったのは森内さんのほうだったかも。

なお、学術的に重要な場所に行ってきます。昼休まで来られません。学術的です。ほんとです!

ほぅ

急戦矢倉ですか!?
羽生挑戦者、用意してきましたね。

渡辺-羽生の竜王戦以降、一時流行しましたが、最近は先手の対策が進んで、採用率が下がっているというイメージでしたが。

羽生挑戦者に何か試してみたい手があるのでしょう(多分)。

急戦矢倉(1~25)

棋戦:第70期七番勝負第3局
先手:森内 俊之名人
後手:羽生 善治二冠

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金 ▲7八金 △4一玉 ▲6九玉 △7四歩 ▲6七金右 △5三銀右 ▲2六歩 △8五歩 ▲7七銀 △5五歩

郷田流か阿久津流か、あのやつです。

▲同 歩△同 角▲7九角

しかし

18手目、△5三銀右。
今度は急戦矢倉かも。

いま

17手目▲6七金右まで進んでいます。
第1局とここまでは同じだと思います。

矢倉に

進みそうです。
やっぱり人間の将棋はいいですな。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。