評価関数の演算時間...

「駒割り」だけではどうしようもない(かと言ってボナ流評価関数を使う気も無い)のでチクチク書いていたわけですが、「演算時間」に無頓着でした。愚かなり。

盤面の複雑さに左右されますが、計測すると最長約0.8ミリ秒(0.0008秒)掛かっています。これでは「超遅すぎ」です~。嗚呼...

仮に3手読みでも 80 x 80 x 80 = 512,000回 計算するならば(実際の計算呼び出し回数は数分の一で済みますが) 512,000 x 0.0008秒 = 409.6秒...と笑えない結果になります。数日死んでいました。

ボナ流評価関数は(玉以外の手なら)「差分計算」が利くのでサクサク更新できますが、我の場合そうもいきませぬ。

...よって評価関数の再構築中なのね。なんとか速くなりますた。

投稿者: webMaster 投稿日時: 土, 01/15/2011 - 17:03 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

予定に

入れましたが、連休真っ最中なのね。
ほかの将棋イベントに重ならないように祈るのみ。

有給

>それは羨ましいですなあ。

年末は祭日以外休暇を取らずに我慢の子でした。

>また応援に行く予定です。

お待ちしておりまする。

>今度は早稲田ですよね?

...ですね。詳細は... http://www.computer-shogi.org/

評価関数をまたいじってますが、あっというまにまた遅くなってしもうた。 0.02ミリ秒に増加です。

有給ドン

それは羨ましいですなあ。

また応援に行く予定です。
今度は早稲田ですよね?

それはそれですね

...一年以上考えてやっとこさ実装したら結果がしょぼくて、再構築したら(予想に反して)結果が意外によろし...なんて、人生不条理真っ只中です。

...そんでもって来日まであと90日程度となりました。有給ドンと取ってPC担いで来ますので、ハイ。

意外と?

再構築の成果でしょ?
何かご不満でも?(笑)

...で、現在のところ...

意外と(?)計算値はまともな数値を返してきます。今までの苦労はなんだったのだ???

再構築

...して演算時間は(100,000回呼び出しで計測)0.007ミリ秒 = 0.000007秒程度に成りました。あっという間に100分の一ですか...

以前より綿密・丁寧に計算していませんが、「速し、よろし」と信じておきます。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。