遠山雄亮のファニースペース

コンテンツの配信
日本将棋連盟棋士。五段。2010年4月から日本将棋連盟モバイル編集長、そして2014年4月からはプロデューサーという肩書も増えました。
最終更新: 1時間 13分前

本日19時から、新宿・紀伊國屋サザンシアターで将棋イベント開催です!

火, 09/02/2014 - 11:42
いよいよ本日開催です。19:00開演なので、お仕事帰りでも大丈夫です!
当日券もございます。多くの方のご来場をお待ちしております。

私はトークショーの司会を務めることになりました。
知と美にあふれた女流棋士の皆さんの素顔に触れていきたいと思います。


「将棋対局 ~女流棋士の知と美~」 9/2(火)新宿・紀伊國屋サザンシアターにて、女流棋士の公開対局開催!(将棋連盟のお知らせ)
将棋対局~女流棋士の知と美~公開対局 香川愛生女流王将 対 室谷由紀女流初段(2014年9月2日)(紀伊國屋書店HP)
Twitter公式アカウント:@shogi_taikyoku


それではまた
カテゴリ: 棋士

福崎九段戦

月, 09/01/2014 - 10:47
振り駒で先手になり、流行の中飛車左穴熊を採用。
といっても穴熊に組む直前に動かれて乱戦模様に。

最初のチャンスを逃してしまい、そこからはいい場面がありませんでした。
対局中は悪いながらも難しいと思っていた図。しかしここで好手を指されてしまいました。
先手▲が私です。





△4一桂が好手。5三と3三の両方を受ける、一石二鳥の手になっています。
ここからも猛攻を仕掛けるも、あと一歩届きませんでした。

翌日はちょっと寄り道をして夕方に帰京。
先日メインPCがおかしくなってしまい、出発前日に発注したドスパラの新PCがちょうど届きました。
それらの設定に悪戦苦闘しているうちに日付が変わり、今も一部解決出来ず。。
おかげで更新も遅くなってしまいました。

調子上がらず悪循環に陥ったままですが、苦しい時ほど改善の道が見つけやすいもの。色々と取り組みながら次に向けてまた頑張ります。


それではまた
カテゴリ: 棋士

明日対局

金, 08/29/2014 - 16:04
明日は第27期竜王戦4組昇級者決定戦3回戦、福崎九段戦です。

福崎九段とは初対戦。子供の頃、妖刀使いとしてタイトルを獲得していた姿を見ていました。
またプロになってからは何度かテニスをご一緒する機会があり、それが縁でお話をするようになりました。
非常に楽しみにしていた対局です。
頑張ります。

今日はこれから大阪に向かいます。
先ほどまで電王戦についての記者会見を観ていました。詳細はリンク先で。
2015年春「将棋電王戦FINAL」開催、2016年「電王戦タッグマッチ」の本格開催が決定
9/20より記念イベント「電王戦タッグマッチ2014」開催、電王戦公式スマホゲーム"モリシタ集め"本日リリース
(日本将棋連盟のお知らせ)


それではまた
カテゴリ: 棋士

9月2日にサザンシアターで将棋イベントを行います!

火, 08/26/2014 - 08:00
9月2日(火)の夜に新宿サザンシアターで将棋イベントを行います。ねこまどさんが主催ですが、私も運営側のお手伝いをしています。昨日最終打ち合わせに行ってきたので、ここで告知を。

「将棋対局 ~女流棋士の知と美~」 9/2(火)新宿・紀伊國屋サザンシアターにて、女流棋士の公開対局開催!(将棋連盟のお知らせ)
将棋対局~女流棋士の知と美~公開対局 香川愛生女流王将 対 室谷由紀女流初段(2014年9月2日)(紀伊國屋書店HPより。チケット購入はこちらから)
Twitter公式アカウント:@shogi_taikyoku

女流棋士の対局を演劇を観るように楽しんでいただく、ということをコンセプトに、大人の将棋イベントを目指しています。
対局者は香川女流王将と室谷女流初段。同年代のライバルが素敵なお着物で対局を行います。
解説は森下九段と、前期までNHKで聞き手を務めていた矢内女流五段。
このメンバーによるトークショーとサイン会も行われます。

19:00開演ということで、お勤め帰りにピッタリの時間です。
ゆったり将棋を楽しみたい方は勿論、落ち着いた雰囲気なので初めての方にもオススメです。
ぜひ足を運んでください!

最後に昨年足を運んでくださった方のエントリを。
『将棋対局~女流棋士の知と美~』に行く8/12
こちらで雰囲気を味わってください。
ただし写真撮影は今回からトークショーと対局中は禁止になりますのでご了承を。


それではまた
カテゴリ: 棋士

コメント・トラックバックの受付を停止します

月, 08/25/2014 - 21:06
ブログ開設からコメント欄を開放してきましたが、今後はコメント・トラックバックの受付を行いません。

開設時とはインターネットの状況も様変わりしており、多様性が増す中でコメント・トラックバックの管理が負担になっていました。
熱心にコメントいただく知り合いのファンの方も多く、1年ほど迷っていました。
しかしもうブログのコメントというものは現代のネット社会では役目を終えているように思います。

今はTwitterやFacebookでファンの方と交流する機会が増えています。
ブログのエントリに対するご意見等は、そちらでお寄せください。
Twitter:@funnytoyama
Facebookは知り合いの方、大歓迎です。

今後もブログの更新は続けていきますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


それではまた
カテゴリ: 棋士

西尾六段戦

土, 08/23/2014 - 14:51
後手でゴキゲン中飛車を採用すると、1戦目の村田(顕)五段戦の持将棋指し直し局と同様、▲5八金右型の超急戦に。

前回は完敗だったので、先に手を変えました。
今年の棋王戦で渡辺棋王が指した手ですね。





私自身も昔指しており、久しぶりの採用。
この手は積極的な手ではありませんが、じっくりした戦いになるので長い持ち時間向きの手だと見て研究を重ねていました。

しかし途中で研究に齟齬があることに気が付き(実際に悪いかは難しいところだった)予定変更。
以下はやや分の悪い戦いとなり、押し切られてしまいました。

ゴキゲン中飛車、そしてこの形はかれこれ10年以上指されていて、ずいぶん研究しました。それを活かして得意にしていましたが、ここ最近は連敗です。
全体の進歩に乗り遅れ気味だと自覚しています。この将棋もまさにそうでした。一時期勉強に身が入らなかったのがここにきて響いてきているようです。
最近は勉強法を変えたこともあって手応えは感じています。また追いつけるように地道な努力をするよりありません。頑張ります。


それではまた
カテゴリ: 棋士

明日対局

木, 08/21/2014 - 12:04
明日は第73期順位戦C級2組3回戦、西尾六段戦です。

西尾六段とは前回も順位戦での対戦。その時は千日手指し直しで深夜の激闘となりました。
順位戦は今年も良くない出だしですが、ここから再スタートという気持ちで臨みます。
勉強も順調にこなしていて、天童から戻ってからは体を休める時間もとれました。
いい状態で明日を迎えることができそうです。頑張ります。

順位戦は日本将棋連盟モバイルと名人戦棋譜速報で中継をしています。
日本将棋連盟モバイルは順位戦は注目局のみ中継。
名人戦棋譜速報は順位戦専用サイトで、全局中継しています。スマートフォン&タブレットにも対応。
ぜひご活用ください。


それではまた
カテゴリ: 棋士

天童、将棋×サッカーイベントなど

火, 08/19/2014 - 21:23
16日(土)~18日(月)は天童2泊3日の旅でした。

16日は朝に出て昼天童着。お昼におそばを食べて、年に2回の子供教室の指導日。
夜は前乗りしていた野月七段と日本酒を一杯。

17日は午前中は子供教室指導の続き。ここで出演メンバーの波戸康広さん、広瀬八段、野月七段、佐藤慎四段が集結!
お昼におそばを食べて、午後からモンテディオ山形のNDスタジアムへ。将棋×サッカーイベントの開幕です。

15時からトークショー。
心配された集客も、多くの方にお越しいただいてホッとしました。
他県からサッカー観戦がてら来られた方もチラホラ。嬉しい限りです。

16時からは公開対局。波戸さんが広瀬八段に飛落ちで挑むも惜敗。
最後に桂が跳んで詰ました時に出た、野月七段の「ループシュートが決まった」は秀逸でした。



18時からは招待席でモンテディオ山形とコンサドーレ札幌の試合を観戦。間近でのサッカー観戦は贅沢そのもの。



しかも時折波戸さんの解説を聞きつつ!幸福な時間でした。
他にも色々ともてなしをいただき、感謝感激。
モンテディオ山形は現在9位ですが、なんとか入れ替え戦の6位に食い込んで欲しいものです。

夜はいつものお店でお疲れさま会。ここでも日本酒を一杯。
波戸さんはとても気さくな方で、沢山お話が出来ました。
仕事の面は見習う点が多く、またゆっくりお話したいものです。

写真はお皿に皆でサインを書いたもの。そのお店に行けば飾ってあるかも。関係者御用達のお店です。



18日は朝は市長を表敬訪問。こちらの様子は公式のレポートにあがると思います。その後観光へ。
写真は人間将棋の行われる舞鶴山公園で撮ったもの。
素晴らしい公園なのですが、いかんせん暑かった。。その前の2日間が秋の陽気だっただけに堪えました。



お昼にそば屋へ。天童といえばおそばですが、さすがに3日連続だったのでここでは違うものを。とはいえここのお店のおそばも美味しそうでした。

午後からイベントの第2幕。まずはペアマッチ戦。そこで次の一手得点王を決める戦いが行われました。
なおペアマッチは広瀬八段・波戸さんペアに勝利。ペアを組んだ山形県代表にもなった実力派の中学生に助けられました。

その後は指導対局会。いつも教えている子供達が棋士に挑んでいる姿はハラハラしました。
皆成長の跡を見せたようで何よりです。

帰京の新幹線ではいただいた日本酒を皆で一杯。3日間で10杯は飲みました。日本酒も天童の名産です。

イベントも成功裏に終わり、充実の3日間でした。来年もイベントが続くことを願います。
また9月13日(土)には波戸さんがアンバサダーを務める横浜Fマリノスで将棋×サッカーイベントを行うとのこと。続報に注目です!

イベントの写真は、天童市部のHPも合わせてどうぞ。


それではまた
カテゴリ: 棋士

将棋×サッカーイベント、8月17・18日に山形県天童で開催!

日, 08/10/2014 - 21:23
野月七段を中心に企画されている将棋×サッカーのイベントが開催されます!
将棋×サッカーコラボイベント特別企画第2弾
8月17日(日)は山形県天童市にあるNDソフトスタジアム山形で16時から。
18日(月)は天童駅1階にある交流室で13時から行われます。

17日はスタジアムのレストランでトークショーや公開対局がメイン。
18日は次の一手名人戦と指導対局がメインとなります。

棋士の出演は、広瀬八段・野月七段・佐藤慎四段、そして私の計4名。
スペシャルゲストで元日本代表の波戸康広さん!
波戸さんは横浜Fマリノスで長年活躍され、日本代表の経験も。現在は横浜F・マリノスでアンバサダーを務め、そして将棋親善大使でもあります。
昔から横浜Fマリノス好きだったので、波戸さんは憧れの人。以前お話した時は緊張しました。
今回はトークショーでご一緒できるので楽しみです。

当日18時から当地で行われるコンサドーレ札幌戦はモンテディオ山形「天童市民応援デー」。天童市内在住在勤で、高校生以下は無料、その他は通常の半額の1500円(税込)で入場可能となります。
多くの方のご参加をお待ちしています!


サッカーのネタを少し。
W杯で優勝したドイツの洗練されたサッカーにはうっとりさせられました。
ショートカウンターを武器に、ポゼッションからも点が取れる、この両立が出来るのは驚異的。
クラブチームレベルでは、昨年のバイエルン、今年のレアル・マドリーと、この両立に磨きをかけたチームがCLで優勝しており、今後のトレンドは間違いなくこの流れとなるでしょう。
チキタカ(ポゼッションに命をかけた戦術)を持ち味とするスペイン代表とバルセロナが好きなので複雑な気持ちもありますが、最強を誇ったこの2つに対抗するために生まれたのが上記の戦術なので、これもサッカーの進化といえそうです。
将棋で言えば、藤井システムが一世を風靡し、それに対抗する戦略が数多く生まれ、そこから振り飛車も進化した、という感じでしょうか。

ヨーロッパの新シーズン幕開けが待ち遠しい今日この頃。戦術やシステムが好きな私としては、このような新しい戦術がメインとなることでサッカーがどう進化するか、楽しみで仕方ありません。
特にリーガ・エスパニョールの3強の争いに注目しています。


それではまた
カテゴリ: 棋士

電王戦関連本

金, 08/08/2014 - 21:44
電王戦に関する記者会見が8月29日に行われることになりました。
将棋 電王戦に関する記者発表会2014(ニコニコ生放送)
今後の電王戦について、話が出ることでしょう。

いいタイミングなので、第3回電王戦に関する書籍をご紹介します。




献本いただいたこちらの本。第3回電王戦に出場した棋士と開発者へのインタビューが中心となっています。
実際に放送をご覧になっていた方だと、その時のことがまぶたの裏に蘇ることでしょう。
ここでしか語られていないことも多くあります。
好著でした。




こちらはコンピュータ将棋の歴史を綴った本と言えます。
内部事情的なことが多く書かれていて、事情通の方が読むと面白いと思います。

週末はこれらの本を読んで29日の記者会見へ思いを馳せるのはいかがでしょうか。


それではまた
カテゴリ: 棋士

堀口(一)七段戦

火, 08/05/2014 - 21:47
振り駒で後手になり、ゴキゲン中飛車vs▲4七銀型急戦に。
最近は▲3七銀型の超速系ばかりだったので、対策を思い出すのに苦労しました。
迎えた図。後手△が私です。





1歩でも渡せば飛が詰んでしまう格好。
見たことのある筋の仕掛けで、おぼろげに△5四歩が好手という記憶がありました。
帰宅後に調べると5年以上前に前例アリ。その当時勉強したことが月日経った今になって活きました。

△5四歩に▲4六金△6五歩▲同銀△5五歩▲5四歩△6四歩▲同銀△5四飛。長手数進めましたが、△5四飛までいくと飛が楽になりました。落ち着けば1歩得が生きてきます。
その後もまずまずうまく指せて制勝しました。

終了後は同じく対局だった大先輩の棋士と飲みに。
色々といいお話を聞かせていただき、モチベーションが上がりました。
楽しいお話もたくさんで、幸せな時間でした。


それではまた
カテゴリ: 棋士